• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国会の議決について

国会の議決において、つぎの場合はどうなるのか、ご教示よろしくお願いいたします。 (1)「法律案」「予算」「条約の締結」「内閣総理大臣の指名」につき、まず、衆議院で否決された場合 (2)「法律案」「条約の締結」「内閣総理大臣の指名」につき、まず、参議院で否決された場合 【参考】 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c9&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S21KE000&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数86
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

まず、内閣総理大臣の指名に関して否決という事がない 衆参どちらも、その院で誰かを指名するのであって誰かが決めた候補者を承認するとかしないという話ではない 衆参で指名した人間が異なった場合と同じだった場合というのはあり得ても 法律案や条約承認に関しては、参議院で否決されても衆院で可決して両院協議会に持ち込むとか再可決の可能性があるのだから、参院で否決された場合には逆転の可能性があるかどうかを検討してから決める 衆院で先に否決されたって事は、ほとんど内閣不信任に等しい状況になるので 参院でどうするこうする議論するような余地はない 内閣の継続が可能かどうかを検討することになる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 また、何卒よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11762)

面倒なので総辞職

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 また、何卒よろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 現在、法学部学生の方へ

    近年、さまざまな消費者保護のための法律が施工されましたが、以下の法律は、授業において扱っていますでしょうか? ・消費者契約法 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=4&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H12HO061&H_RYAKU=1&H_CTG=34&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 ・電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=4&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H13HO095&H_RYAKU=1&H_CTG=10&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 ・特定商取引に関する法律(クーリングオフなど) http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=4&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S51HO057&H_RYAKU=1&H_CTG=34&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

  • 国会議員の怠慢、その能力、疑問である。

    国会議員の怠慢、その能力、疑問である。 憲法第六十八条【国務大臣の任免】1、 内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。とある。 その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない、非常に疑問である。 議員の中から選ぶ必要は無いのではないか? 議員ではなく、しかるべき専門家を当てる必要があって当然と思われる。国会議員は一般人が選んだのである。専門ではない人間が内閣改造と称して国務大臣を名乗るわけである。質疑応答が国民を愚弄したものにならないわけがない。 その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない、憲法、改正の必要は無いか? 総て専門家を当てるべきである? 憲法 第六十六条【内閣の組織】 1、 内閣は、法律)定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。 2、 内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。 3、 内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。 第六十七条【内閣総理大臣の指名、衆議院の優越】 1、 内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。 2、 衆議院と参議院とが異なつた指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて十日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。 第六十八条【国務大臣の任免】 1、 内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。 2、 内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

  • 衆議院の優越について教えてください

    行政書士試験の勉強をしている者です。 衆議院の優越が認められているものを、暗記・理解のために ・法律案の議決(59条2項) ・予算関係(60条1項、2項) ・条約の承認(61条) ・内閣総理大臣の指名(67条2項) の4つにしたとき、 優越の度合いが大きい順番は 1位 予算関係(先議権があるから) 2位 内閣総理大臣の指名(参議院の議決猶予が10日しかないから) 3位 条約の承認 4位 法律案の議決(衆議院はわざわざ再可決をしなければならないし、参議院の議決猶予は60日も与えられているから) というまとめで大丈夫でしょうか? 間違い箇所の指摘などを、よろしくお願いします。

  • フレーム有りのhtmlファイルをwgetでダウンロードする方法を教えて下さい。

    民法(民法第一編第二編第三編)の本文です。 "http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%dd&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=M29HO089&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1" よろしくお願いします。

  • 会社法124条2項()内について

    同項ではどうして「(基準日から三箇月以内に行使するものに限る。)」といった制限を付けているのでしょうか。 ご教示よろしくお願いいたします。 【参考】 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%89%ef%8e%d0%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H17HO086&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

  • 予算案の議決などにおける参議院の意味について

    予算案の議決などにおける参議院の意味について 予算案の議決、条約の承認、内閣総理大臣の指名を行うときは、参議院の議決によらないで、衆議院が可決することで決定されてしまうと思うのですが、それなのになぜ参議院で議決を行う必要性があるのでしょうか?

  • 国会の法律制定、条約承認、予算議決、総理指名 参議院が否決の場合

    日本国憲法の国会について勉強しております。 衆議院からの議案を参議院が※日議決しない場合に、   議案     ※日数    処理 ・法律案の議決  60日    参議院は否決したものとみなす。 ・条約案・予算案 30日    衆議院の議決を国会の議決とする ・総理指名    10日    衆議院の議決を国会の議決とする といった違いがあります。 なぜ 日数に差があるのでしょうか? それだけ重要度に差がある、というのは何となくわかるのですが、そう決まっていった具体的な理由など 教えていただけたら助かります。 なぜ 法律案の議決だけ 「参議院は否決したものとみなし、衆議院で出席議員2/3以上で再可決」となっているのでしょうか? 予算、条約締結、総理指名と同様に 「衆議院の議決を国会の議決とする」わけにはいかないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 内閣総理大臣の指名が行われる「国会」は?

    内閣総理大臣が指名される場合は、内閣が総辞職したときですが、 憲法70条では「内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後に初めて『国会』の召集があつたときは、内閣は、総辞職をしなければならない。 」 とあります。 この「国会」とは、(1)解散総選挙のあとは「特別会」ですが、その他の(2)「内閣総理大臣が欠けたとき」や(3)衆議院の任期満了による総選挙のあとの「国会」は何会と呼ばれるのでしょうか?((3)は「臨時会」と書いてある物もありました。) また、(1)の場合の開会までは選挙後30日以内で、(2)や(3)の場合は何日以内という決まりはあるのでしょうか? 長くなりましたが、ご存知の方、よろしくお願いします。

  • 会社法298条2項について

    同項の「ただし、当該株式会社が金融商品取引法第二条第十六項 に規定する金融商品取引所に上場されている株式を発行している株式会社であって法務省令で定めるものである場合は、この限りでない。」にある「当該株式会社が金融商品取引法第二条第十六項 に規定する金融商品取引所に上場されている株式を発行している株式会社であって法務省令で定めるもの」の内容が理解できません。 これにつき、やさしくご教示願います。 【参考】 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%89%ef%8e%d0%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H17HO086&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8b%e0%97%5a%8f%a4%95%69%8e%e6%88%f8%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S23HO025&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

  • 高校政治経済 国会の権能

    国会の権能は6つあります。 ①法律案の議決 ②条約の承認 ③弾劾裁判所の設置 ④内閣総理大臣の指名 ⑤財政の監督 ⑥憲法改正の発議 これらを2つのグループに分け、それぞれタイトルをつけて整理してください!