• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

またもや、佐世保で悲惨な事件

またもや、佐世保で悲惨な事件が起きましたが、自分に対して価値を見いだせない人間に「(他人の)命は大事」など教育したところで無意味でしょう。 このての事件が起きると決まって命の尊さを言われますが、それ自体がそもそもピンぼけた方向ではないかと思いますね。 極端な話、自分の命が大事だから周りを破壊するんではないでしょうか?周囲の環境により心理的に自分が押しつぶされてしまう前に。人を殺してみたいというのも自分を取り巻く環境を破壊し、自分を助けたい衝動ではないかと思いますけど。 命の尊さを教えるのはいいですが今の教育はただ黙って耐えろと言っているようにしか聞こえないですね。なぜ人を殺さなければならないかというところまで掘り下げて考える必要があると思いますが、今の日本では難しいでしょうね。事件が起きればモノのせいにしがちですからね。ですから今後もこのような事件は起こると思いますし、むしろ増えてくると思いますよ。 なるべくしてなった、起こるべくして起きた事件といったところではないでしょうか。 加害者を死刑にした方がいいかというと色々あると思います。 命の尊さは伝わるかは何ともですね、特にこれから事件を起こそうとする人間には。 ただ私も死刑はありかと思いますね。少なくとも死刑という宣告により否応なしに、現在の自分から切り離されざるを得ない(ある意味解放)となることを期待できるからです。それによって初めて自分を客観視できるのではないかなと思います。 たまに更生したのだから死刑にしなくてもとか言われますが、それは死刑になったから初めて更生が可能になったのではないかなと思います。極論になりますけど少年犯罪の方がむしろ死刑を必要とするんではないでしょうか。 そこで質問ですが、今回の佐世保の事件について みなさんは いかがお考えですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数178
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

精神科で働いているものです。 患者さんは先天的なものに環境因子が加わって精神病になる場合が多いです。 彼女の状態(サイコパス)もそういったたぐいと思われます。 環境因子として父親が原因の部分が大きいでしょう。 精神病患者の思考と健常者の思考は全く違います。 健常者に死刑を宣告して自己を客観視できるようになるからといって 精神病患者に死刑を宣告して同じ考えにはならないでしょう。 また、現在の状態の彼女が言う言葉は 話半分に受け取るくらいがちょうどよいです。 佐世保で2回も起きたのはたまたまではないでしょうか。 過程が全く違いますから。 それにしても胸くそ悪い事件です。 父親に刑事責任はないので、民事で被害者に慰謝料払って終わり。 しかも、精神科医や教育機関、児童相談所などに責任を転嫁することで 慰謝料を安くし、精神鑑定で責任能力なしと娘の無罪を勝ち取れば、 父親の弁護士としての箔がついたも同然。 家庭環境は変わりそうにはありませんね。 ですが、精神科患者にこういった最低な家庭が多いのも事実。 加害者の罪がなくなることはないのですが、加害者もまた被害者のような気がしてなりません。 加害者をそんな状況にした、周りの環境(特に父親)にも罪があると思うので。 精神科は入院を勧めることはできますが、決めるのは保護者ですしね・・・。 死刑にするよりも、加害者は医療機関の心のケアにより何年もかけて考え方を正常に変えてもらって、 まともな精神状態を取り戻してから、反省してもらいたいところです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 今回の佐世保市の高一女生徒の殺人事件

    佐世保では10年前にも小六女児の殺人が有ったそうです。それ以降佐世保市は命を大切にする教育を行ってきたと聞きます。 なぜそんな教育をしていながら今回の事件を防げなかったのでしょうか。命を大切にする教育って何だったのでしょうか。お教え願います。

  • 【命の尊さ】とは?

    今日の朝、新聞の第1面で大きく報じられていました。 「えっ!?また佐世保? 」というのが、正直な感想です。 私が、何故、「えっ!?また佐世保?」と思ったかと言うと、10年前(2004年)に、同じ佐世保市で【小6女子児童殺害事件】が起きていたからです。 この10年間、佐世保市は、子どもたちに【命の尊さ】を懸命に伝えてきたようですが、このようなことになってしまい、結果としては、功を奏さなかったということですね…。 しかし、そういうのは 加害者の少女を死刑にして、 子供に 【命の尊さ】を教えるには 加害者を死刑にして 命は命で償うという思想を教えた方が よっぽど 効果的だと思うんですが、みなさんは どう思いますか?

  • 忘れてはいけない、風化させてはいけない事件・事故・・・

    忘れてはいけない、風化させてはいけない事件・事故・・・ 国立大阪教育大学付属池田小学校児童殺傷事件が起きてから9年の月日が経過しました。その犯人、宅間 守が死刑を執行されてから6年になります(あと2ヶ月で)。 その死刑執行に関して「その憎むべき宅間は、この世からいなくなりました。 ◆でも、子供たちは帰って来ません! ◆命は決して戻っては来ないのです!」というブログに思わず私は涙してしまいました。 また、JR福知山線脱線事故(2005年4月25日)では一人の運転士の無謀な運転のために106名の乗客の命が奪われました(運転士も死亡)。その事故の原因はさまざまな要因が指摘されました。 凶悪犯罪や重大事故は後を絶ちません。あなたにとって忘れられない事件・事故、忘れてはいけないと思う事件・事故とは何ですか。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

起こると思った。という感じ。 凶器のスケールが小さいだけで、原理的には海外で良く起こる銃乱射事件(快楽犯)みたいなものじゃないかと。 教育業界はあれこれ理屈をつけたがるけど、結局、少年法の隙間を利用して遊ばれた作用が否めない 偉い人は、問題を複雑化して考え、言葉数を増やし、さも理屈めいてて悟ってる様に偉く見せるけど、本質はもっとシンプルだと思う。 単に”殺人以外の趣味を発見できなかった”のが正解ではないのかと。 だからといって、その問題にどうやって対策をとればいいのかとも思うけど 結局、少年法をいじるしかない。 でも、それをするという事は教育に携わる人が負けを認めないといけないという事。 「税金貰ってごめんなさい」と思えないといけない。 一般大衆より遥かに多くに人間に接してきた人々だろうから、プライドも遥かに高いだろう。果たして自分の過ちに気付けるかどうか・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.1

どうして事前に危ないと分かっていながら未然に防げなかったのかと感じます。 この加害者の生徒は、事件前に精神科を数件受診していて、人を殺す可能性があると危惧されていたのにも拘らず、どうして一人暮らしなどさせたのかという疑問です。 反社会性のある人格障害が認められていたのですから、入院させるなりして適切な治療をしていればこんなことにはならなかったのではないでしょうか。 まあ、何を言っても結果論になってしまいますが、対応次第では防げた犯罪だったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 死刑制度について

    突然ですが、皆さんは死刑制度というか、死刑について、賛成でしょうか、反対でしょうか。私は賛成です。ていうか、今の法律おかしすぎですよ。何で加害者ばかり、守られて被害者は、守られてないんでしょうか。人を殺した時点で、更生とかいう以前に、生きる資格はありませんよ。それは、いかに10代でも、その人の回りの環境が、悪くてもです。人の命を、誰も奪う権利はないからです。お金をもらう方法も、ありますが人の命は、お金にかえることは、出来ないと半分思います。それでも、更生が大事だというなら、10代でも名前と顔を、出すべきでしょ。その上で、自分が犯した罪を一生、背負いながら生きていくのが、普通だと思うんですが。皆さんは、どうお考えでしょうか?

  • 死刑は許されるべきか

    死刑は許されるべきか 自由に自分の意見を述べてください ただし、ちゃんとどういう原理に基づいているかを示してください 別にこの意見に対して書けという訳ではないですが、私の意見を下に書きます たとえどんな悪人でも、救われるべきだと思う なぜなら、その人が悪人になったのは、悪にならざるをえない過去があったから。 もしもその人に別の過去があれば、その人は善良で幸せになれたかもしれない。 もしあなたが、その人と同じ過去を経ていたら、今頃死刑になっているかもしれない 死刑は、その人に更正をする機会を奪うものである。 ただでさえ不幸な過去を生きた人間から、命まで奪うのか。 あなたはたまたま善良な人間になれるような親、教育、友達、環境、情報 を得た。 あなたが善人になれたのは、運がよかったから。 もし、そうでない、不幸にも悪人になった人間に、本当に再起不能な罰を与えるのか。

  • 死刑は許されるべきか

    死刑は許されるべきか 自由に自分の意見を述べてください ただし、ちゃんとどういう原理に基づいているかを示してください 別にこの意見に対して書けという訳ではないですが、私の意見を下に書きます たとえどんな悪人でも、救われるべきだと思う なぜなら、その人が悪人になったのは、悪にならざるをえない過去があったから。 もしもその人に別の過去があれば、その人は善良で幸せになれたかもしれない。 もしあなたが、その人と同じ過去を経ていたら、今頃死刑になっているかもしれない 死刑は、その人に更正をする機会を奪うものである。 ただでさえ不幸な過去を生きた人間から、命まで奪うのか。 あなたはたまたま善良な人間になれるような親、教育、友達、環境、情報 を得た。 あなたが善人になれたのは、運がよかったから。 もし、そうでない、不幸にも悪人になった人間に、本当に再起不能な罰を与えるのか

  • 大阪寝屋川市の事件について

    大阪の寝屋川市で悲惨な事件がありましたが、 もし、自分が友達や恋人など、親しい間柄の人から「家に泊めて欲しい」と言われて、泊めることが不可能でないのに、自分のちょっとした都合で泊めなかったために事件に巻き込まれ、亡くなったら、自分は一生後悔し、立ち直れないと思いました。 犯人を憎むよりまず、自分を責めてしまうと思います。 事故で亡くなっても、そうかもしれません。 あまりに残酷なことだと、怒りよりもまず先に絶望感に襲われると思いました。 あの商店街での最後にとらえられた二人の様子を見るとあまりにも辛すぎます。 あの時点では普通に何事もなく居るのに、いろんな偶然がたまたま重なってしまったがために、数日後には変わり果てた姿で発見されたことを考えると言葉が出ません。 あと、親の責任もよく言われていますが、やはり犯人が100%悪だと思います。犯人がなにもしなければ、こんなこと起きなかったわけですから。 中学生が深夜に外出していたことは悪いですが、この事件の直接的な原因がこれではないと思います。 ただ二人が全く知らない人の車に自ら乗ったことは、不注意だったと思います。これだと時間帯を問わずいつ事件に巻き込まれてもおかしくありません。(大人であっても危ないことです)どんなに優しそうな人に声をかけられたとしても、全く知らない人の車に乗らない方が良いことは中1であれば、あらかじめ分かっておくべきことだったと思います。外をよく出歩くなら尚更です。それだけで今回の事件は防げたかもしれません。 犯人はおそらくほぼ、山田容疑者のようですが、そうだとすれば、あのふざけた数々の行為に絶対許せません。 罪の意識もあまりなく見えますし。 日本も仮釈放なしの終身刑をつくるべきではないでしょうか? 僕は死刑制度には反対です。 犯人をかばうつもりはありませんが、 どんなにとんでもない悪人でも故意に命を奪っても良い正当な理由にはならないと考えるからです。 実際、死刑制度のない国も増えてきていますし。 その代わり、寿命がつきるまでずっと、刑務所でじっくり自分の罪と向き合ってもらいたいと思います。 そっちの方が苦しいと思いますし 死刑は執行された犯人は罪から解放されるし、楽ですよ、それだけのことをしておいて。 色々書きましたが あくまでこれはひとつの考えです、皆さんはこの事件を見て何を思いましたか?

  • 人を殺したら死刑でなにが悪いのかさっぱりわからん。

    命には命をもって償うしかないでしょう? 人を殺してしまったら、良心があれば死んで償いますよ。 生きて償うと言ってる人は反省してない証拠です。 人を殺して自分は生きるなんてあってはならない。 死刑になるほど凶悪な事件を起こしたら、自分の身内であっても極刑を望みますよ。 そもそも日本では死刑のハードル高いんですから、更正の余地のないひとしか死刑になりません。 生善説説いてる人はちゃんちゃらおかしいなあ サイコパスもいるのにね みなさんは どう思いますか?

  • 「死刑制度」について

    死刑制度について、どう思いますか? 世論調査は81%が「場合によっては賛成」と答えていて。 「いかなる場合も反対」という人が6%。 その他の回答は「分からない」というものでした。 私は中学3年生です。 今年から初めて「公民」を習い。 裁判や政治のしくみについて簡単に学びました。 「死刑廃止」の活動について興味をもったので、自分で調べていると。 この世論調査を見つけ、そして先進国が死刑制度を廃止している中。 日本だけは死刑の数が増えていると知りました。 このことについてみなさんはどう思いますか・・? 死刑の執行方法が大きな苦痛を伴う「絞首刑」であることも知りました。 一番長い記録では14分も苦しんだ人がいるようです。 自殺しないように当日の朝に死刑執行を知らされ。 家族と立ち会ったり、遺書を書いたりする時間も与えられないと聞きました (数時間後、すぐに処刑されるため) 死刑について調べるうちに。 なぜ死刑制度はあるのだろう、と思いました。 遺族の立場にたってみると、「殺してやりたい」と思うと思います。 私も、もし家族が殺されたら絶対に殺したいと思います。 でも「殺してやりたい」と「殺してよい」は別ものだと思います・・ 「死んでつぐなう」という昔からある日本文化が受け継がれ、 先進国の中でも唯一「死刑制度」がある国。 という今の形になっているのでしょうか。 アメリカも死刑制度があるようですが、州ごとに廃止が進んでいると聞いています。 「無実だ!」と寸前まで叫んでいる人が死刑にされるのを考えると。 「死んでつぐなう」というより「殺してつぐなう」ための制度のように思います。 極端に言えば「死刑」より「殺刑」というほうが正しいような・・ 過激な言葉ばかり並べてごめんなさい。 たしかに死刑にされる人はそれほどのことをしたのかもしれません。 でも冤罪だったら、もう命は戻ってこない。 それに死刑制度がある意味が私にはあまりよく分かりません。 遺族の気を晴らすため・・・? 国民に対しての見せしめ・・? 文化的な考えの「死んでつぐなえ」・・? 更生するとは考えられない・・? テレビでよく「更生するとは考えられない、よって死刑」という裁判官の言葉を耳にします。 でも「更生できない」と、どうして裁判官が決め付けられるのかと疑問に思いました。 被告人とは裁判が行われてる時間しか関わっていないのに。 どうしてそんなことが分かるのかと思いました。 人は変わると思います。 いい意味でも、悪い意味でも・・・ この世界で一番してはいけないこと。 他人に対しては「命を奪うこと」 自分に対しても「命を奪うこと」 命はこの世で唯一無二のものだと私は考えます・・ でも死刑制度がある今の日本では 「どんなときでも人は人の命を奪ってはいけない、命はもっとも大切なものだ」と。 胸をはって言えない気がします・・ もし死刑制度が本当に正しいもので、必要なものなら、 たとえ日本以外の全ての国が制度を廃止したとしても。 胸をはって死刑を執行すればよいのだと思います。 日本は国際会議のときも他国から「死刑制度を廃止するように」と言われているらしいです。 でも世論調査の「国民の多数が死刑制度を支持している」と言って 他国の声を聞かないようです。 みなさんはどう思いますか・・ 私は公民を学び始めてから時事問題対策のためにニュースや新聞をよく見るようになりました。 そして今、さまざまな問題に関心を持ちました。 疑問に思うことや矛盾ではないかと思うこともあります。 これからもっと学んでいきたいと思っています。 もし質問文の中に間違えた点があれば、ご指摘お願いします・・ 中3で知識の浅いやつが何言ってるんだと思われるかもしれません、ごめんなさい。 でもただ純粋に疑問を持ったので、どなたか教えてくれると嬉しいです。 死刑制度について、どう思いますか。

  • 死刑存続の意味

    ヨーロッパのほとんどの国では死刑が廃止されていますが、日本は相変わらず存続しています。 私は死刑には反対ではないんですが、死刑擁護のための強い根拠をお伺いしたいと思いましたので、 アンチテーゼを立てて立てながら質問をさせていただきます。 主に死刑賛成派の方にお伺いします。 ズバリ、あなたの見解では死刑存続の最大の意味は何ですか? (1) 司法による合法的な代理報復として・・・・“目には目を”の延長で “命には命を” ということになると思うんですが、イスラムの同害報復刑については賛成ですか? (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B9) もし、反対だとしたら、それはどういう理由からですか? (2) 社会的制裁として・・・・ 死刑はあくまで重大な犯罪に対する罰であり、被害者の命を贖うものではない。ただ、 この考え方だと 死刑を否定することにもなりませんが、肯定することにもならないような気がします。なぜ、終身刑でなく死刑である必要があるかなど 若干疑問が残りますが。 (3) 更生の見込みなしの犯罪者の処分として・・・・懲役は更生のための期間と考え、更生不可能と見切ったもの。 (4) 重大な犯罪の抑止として・・・・自殺志望者が他人を道連れにする場合や、重大な病気で余命の短い人間の犯行、また、獄中で自殺未遂を図るもの珍しくないし、効果を疑問視する人もチラホラおりますが。 (5) 刑務所の経費削減のため・・・・刑務所は全国でも不足しているし、終身刑の受刑者が増えると刑務所を維持する経費も馬鹿にならないので、重大な犯罪者から処分するという考え。 (6) 死刑賛成派だけど、その他。 (7) 死刑には反対である・・・該当する人は 冤罪の可能性とか、司法なら人を殺してもいいのかとか 月並みでない意見をお願いします。 あなたは、どの考えに一番近いですか?

  • 重大事件の弁護士の心中とは?

    先日、某重大事件についてほぼ死刑確定との記事が出ました。 これに対し、被告の弁護団は 「出来る限りの方法で対抗する」との声明を発表しております。 ここで前から私が疑問に感じていたことについて、 みなさまからご意見を頂きたいのですが、 このような重大事件において弁護を担当する際、 弁護士本人の心中とはいかがなものなのでしょうか? 今回の事件に関しても、世論に関してはそのほとんどが 「早く死刑にして欲しい」 というものなのではないかと思います。 また長引く裁判に関し、不満の声も多数聞かれます。 こういった、大袈裟に言えば国民全体を敵に回しかねない裁判でも 弁護士というのは被告の無罪を主張できるのでしょうか。 それとも、弁護を拒否した人が多く仕方なしに嫌々やっているのでしょうか。 1国民としてこの事件に大変な憤りを感じる自分としては、 この現状においても被告の無罪を主張し、 裁判を長引かせようとする弁護団の行動は正直理解を超えています。 弁護士がいなければ被告が不利になるという基本的なことは当然ですが、 ここまでの凶悪事件の場合、超法規的措置があってもいいかと思います。 しかし法の壁というのは、そこまで高いものなのでしょうか。 法律が人間のためにできているとは思えなく、矛盾を感じています。 長文になりましたが、みなさまの意見をお聞かせ頂ければ幸いです。 可能ならば現弁護士(見習い)・一般人など様々な見地から聞けると嬉しいです。

  • 佐世保の女子高生事件

    様々な憶測が繰り広げられ、 父親が一番悪いとする世論が起こっていますが、 子を持つ親としての意見をお聞かせいただければと思います。 私自身、娘はいませんが、 息子二人育てていて、また息子の友人の様子などを見ていると、 男の子には何らかの征服感や、残酷さを持っているような気がします。 たとえば、夏ならばカブトムシを育てたい。 色々な昆虫を捕まえて、標本にしたり。 爆竹や花火などで、カエルや魚や虫などの破壊。 散々見てきました。 小学校4~5年生頃に友達と一緒の時にすることがありました。 でも、一人ですることはほとんどなく、 誰かと一緒に楽しみといった様子です。 また、後悔したりもあるようです。 男の子のそういったことをやみくもに禁止するより、 してしまいたい衝動、またしてしまった時の後悔をへて、 そういったことをだんだんとしなくなり、 大人になった時に、そんなことしたよな。という男たちの話は見てきました。 またこれは男の子には限らず、女子でもあるかもしれませんが、 圧倒的に男の子だと思います。 そう思うと、今回の女子高生は 女の子と言う性ですが、実際は男の子の性だったのではないかと思うのです。 そして、本当に殺したかったのは誰かじゃなく、自分自身だったのではと思うのです。 どこまで行っても認められない自分自身との葛藤。 親への殺意はそんな分を産み落としたことによる復讐だったのかと。 母親は、命を懸けても自分が産んだ子供に責任を持とうとすると思いますが、 父親はもてあますと思います。 しかも、見た目は娘なので、どうしても理解できない。 冷たい氷のような娘の心。 ズタズタにさせる親としての思い。 けして、放置したわけではなく、狂いそうなほど理解できない思いを抱いたのではと思うのです。 でも、娘と言う立場が変えられず、お金と言うもので解決しようとしていたと思います。 いつかきっと、普通の娘になってくれるのではと思って。 でも、娘は人を殺したいと言って、本当に殺したいのは自分自身という事に気づかず、 人を殺したいと言う思いを実行に移してしまう。 いまだ謝罪の言葉がないと言うのは、 死んだのは友達ではなく、自分の一部なのではないかとの錯覚もしているので、 人の命を奪った自覚がない。 誰がが自分を愛しているとの思いを抱けなかったので、 被害者を愛している人がいることにも思いが及ばない。 加害者は、本当に殺したいのは自分だとしても、 けして自殺は出来ないと思います。 自殺するのは愛されたことがある人だと思います。 その実感があって、申し訳ない気持ちを持つから 優しい気持ちがあるから自殺をするのではと思います。 愛された経験があるから、絶望もあり、 だから命を辞めることがあるのだと思うのです。 加害者は愛されていると言う実感が全くなかったと思います。 それは自分の性に違和感を抱きながら生きてきたから。 学べば何かわかるかもしれないけど、 学ぶことを馬鹿にされた経験はずっと自分を否定していく 基盤になってしまったと思うのです。 親が抱く、優秀な子供になってほしい思いは、 優秀でも愛されないになってしまったのではと思うのです。 夏休みで、子供たちは否応でもこのニュースを目にすると思います。 全国に居る、愛されていると言う自覚がない子供が 刺激を受けないか心配されます。 息子はこのニュースを見ても、まったく加害者の気持ちが理解できないそうです。 なぜ猫を虐待するのか、なぜ親を殺そうと思うのか、 なぜ友達を殺してしまったのか。 このニュースを見て、まさかわが子がと思う親は多いと思います。 親はちゃんと子供を愛していたのではと思うのです。 でも、小学校高学年で事件を起こしたけど、 多分、幼稚園の年長ぐらいから違和感がずっと合ったのではと思います。 なんかしらの出来事がそのあたりにあって、 ずっと勉強することで打ち消していたのだと思います。 いい成績で親が喜ぶから。 でも、思春期になると、親に褒められてがんばるから 親に反抗したくなる気持ちが出てくると思います。 その時に、急におかしくなったと感じると思いますが、 本当はもっとずっと前に、きっかけや原因があったと思うのです。 このニュースを見て、 子供を育てる立場のかた。 自分の子供も危ないかもと思った方はいますか? また、自分自身がそういった衝動がある方はいますか?

  • 子供の数が1万人居れば

    子供の数が1万人居れば0.5%位は不良品や箸にも棒にもかからない出来損ないが居る事を我々大人は理解しなくてはいけません。 その昔の神戸で起こった「サカキバラ」事件でも分かるように子供でも異常者は居るのですよ。 「命の尊さ」をカリキュラムに組み込んで教育? 普通の子供には必要無いと思う、ってか無駄な時間や労力なんだよね。それが証拠に今回の佐世保市の事件だろう? 普通の大人が教育出来るのは普通の子供であって、異常者に対しては無理です。 命の尊さを教えるとは「命には命で償う」大人だろうがガキだろうが関係無いと思う。 もしも加害者であるその異常者にも人権が有るなんて言う輩には「それ言うなら殺させれた被害者の人権回復してから言えよ!」って言ってやる。生き返らせてから言えよってね! 精神異常者だから無罪?違うだろう?精神異常者だから抹殺して廃棄すべきですね。二次被害者出さないためにもね みなさんは どう思いますか?