• 締切済み
  • 困ってます

微分とは何か

関数y=f(x)に対して、xの微分dxとyの微分dyはそれぞれ dx=⊿x dy=f´(x)dx と定義される、と教科書に書いてあるのですが、 このように定義することの根拠や妥当性はどこにあるのですか。 また、導関数を求める=微分する、と習ったのですが、 「微分すること」と「微分」とはどのように違うのですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数396
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.7

微分の根拠を経験に求めるなら、それは「速さ」 という概念を数学化する必要があったからだと 思います。 2点間の距離を△x、2点間の移動にかかった 時間を△tとすれば平均の速さは △x/△t ある位置(あるいはある時刻)での速さを求めるには 2点を限りなく近づければよいので 速さは lim[△x→0 あるいは△t→0]△x/△t とすればよいと考えたのでしょう。 このアイデアを最初に思い付いたはニュートン d×/dt というように記述法を決めたのは ライブニッツです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分を偏微分するには?

    たとえば以下のような式があります。     y(x) = ax^2 + bx + c このとき、yの導関数を、yで微分した値、つまり次式はどのように計算すればよろしいのでしょうか? ∂(dy/dx)/∂y = ? どなたかよろしくお願いします。

  • 微分する、とは?

    こんにちは 突然ですが、「微分する」、とはどのようなことなのでしょうか? 微分方法は分かるのですが、微分することによって何がどうなるのかがイメージできません。 辞書で調べてみると、微分とは「ある関数の導関数を求めること」と書かれています。 今度は導関数を調べてみると、「関数f(x)を微分して得られる関数f'(x)を、もとの関数の導関数という」と書かれています。 要は、導関数とは「関数f'(x)」のことでしょうか。 では、微分しこの導関数を求めることによって、何がどうなるのでしょうか? 何のために求めるのでしょうか? 私は数学にはあまり詳しくありません。(数IIに関する知識も殆ど忘れてしまっています;) ですので、出来ましたら端的にわかり易くご説明していただけると、とても助かります。 お手数ですが、よろしくお願いします。

  • 関数の導関数を求める方法(合成関数の微分を用いる方法)

    次の関数の導関数を求める問題なのですが、 以下の解き方であってるでしょうか? (1) f(x) = (2x+1)^3 f(x)=u^3, u=2x+1とおき、合成関数の微分を用いる。 公式 (dy/dx)=(dy/du)・(du/dx)より、 f'(x)=(dy/du)=3u^2 (du/dx)=2 ∴(dy/dx) = (dy/du)・(du/dx) = 3u^2・2 = 6u^2 = 5(2x+1)^2 (2) g(x)=1/(x^2+x+1) f(x)=u^(-1), u=x^2+x+1とおき、合成関数の微分を用いる。 公式 (dy/dx)=(dy/du)・(du/dx)より、 g'(x)=(dy/du)=u^(-1) (du/dx)=2x+1 ∴(dy/dx) = (dy/du)・(du/dx) = u^(-1)・(2x+1) = (x^2+x+1)^(-1)・(2x+1) = (2x+1)/(x^2+x+1)

  • 回答No.6

>なぜyの微分dyつまりyの微小変化がf´(x)dxなんですか。 微分係数のというのはこの場合、xの微小変化に対するyの 微小変化の割合なので、それをそのまま数式に しただけですね。 >また、yの微分がyの微小変化のことなら、dy=⊿yとしてもよさそうですが、 >それは挙げた教科書の中で否定されていますし、そのことは納得しています。 どんな文脈で否定しているか不明ですが △yを限りなく0に近づけたのがdy dy/dx=lim[△x→0]△y/△x が普通に使われている微分係数の定義です。厳密にはdxも△xと少々意味合いが 違うことがわかると思います。d×には限りなく小さくしたものということが含意 されています。dyも同様です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

>リンゴ1個とリンゴ1個を合わせてリンゴ >2個になるというような経験があるからです。 それは現実に対する利便性とでもいうべき ものだと思いますよ。 現実に対する経験に根拠を求めなければいけないのなら リーマン幾何や双曲線幾何はゴミです。 でもルールが無矛盾ならなんでも考えることができるのが 数学だと思います。その中から利便性や有用性のあるものが 生き残るのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>「xの微分」と「xを微分」とはどう違うのでしょうか。 xの微分とは dx つまり xのの微少変化のこと xを微分とは関数f(x)=×の導関数を求めることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

yの微分についてはどうですか。 もしyの微分がyの微小変化のことなら、なぜyの微分dyつまりyの微小変化がf´(x)dxなんですか。 また、yの微分がyの微小変化のことなら、dy=⊿yとしてもよさそうですが、 それは挙げた教科書の中で否定されていますし、そのことは納得しています。

  • 回答No.3

>理工系の数学入門コース1微分積分 このての本は数学的厳密性より実用性と 直感を重んじているはず。微分の定義なんて 簡単に済ませているはずですよ。 厳密にやりたいなら微積分学などの本を よんで下さい。 しかし数学の定義の「根拠」と「妥当性」って いったい何でしょうね? 私には皆目わからないです。 足し算の根拠・・・って???

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>足し算の根拠・・・って??? 足し算の根拠や妥当性、 例えば、1たす1がなぜ2になるのか、あるいはそう考えるのが妥当かというと、 例えば、リンゴ1個とリンゴ1個を合わせてリンゴ2個になるというような経験があるからです。 もし、リンゴ1個とリンゴ1個を合わせてリンゴ3個になるということが多くの人の共通認識ならば、 1たす1が2になることの根拠や妥当性がないので、 足し算の定義は否定されるでしょう。

  • 回答No.2
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3454/9586)

補足において、「xの微分」と 「xを微分」を混同しておられる時点から、ご自身が定義やその妥当性を見失っているだけに思われます。 そもそも、ご質問のような定義をしている教科書があったら、書名・出版社・出版年をお聞かせいただきたいくらいです。(参考書なら、そういういい加減な説明もあるでしょうが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>補足において、「xの微分」と 「xを微分」を混同しておられる 補足での間違いは投稿後に気づきました、すいません。 訂正前:xを微分した結果dx=⊿xはxの導関数あるいは微分係数なんですか。 訂正後:xの微分dx=⊿xはxを微分した結果、すなわちxの導関数あるいは微分係数なんですか。 「xの微分」と「xを微分」とはどう違うのでしょうか。そこがわかりません。 >ご自身が定義やその妥当性を見失っているだけに思われます。 見失っているというよりも、そもそもそれがわからないので、質問しました。 >ご質問のような定義をしている教科書があったら、書名・出版社・出版年をお聞かせいただきたいくらいです。 理工系の数学入門コース1微分積分・岩波書店・1988年 ちなみに、当の定義があるのは、69ページから70ページにかけてです。

  • 回答No.1
  • hg3
  • ベストアンサー率42% (382/896)

単純に日本語の問題です。 「定義する」というのは、物事の意味や内容を明確に決めることです。 dx=⊿xを「xの微分」、dy=f´(x)dxを「yの微分」と呼ぶことに決めた(名称を決めた)のですから、根拠とか妥当性はありません。 (微分を考えることに意味がないと言っているのではありませんよ。) 「微分する」と「微分」の違いは、「計算する」と「計算」の違いと同じと考えれば理解しやすいのでは。 「計算」とは計算することあるいは計算結果のことを意味しますよね。 ですから「微分」とは微分することまたは微分した結果(=導関数や微分係数)のことを意味すると考えれば良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

何かを定義するときにその定義が妥当なものかどうかを考えることは必ず必要だと思います。 そう定義することが多くの人が妥当だと考えるからこそ、そう定義できるのだと思います。 点とは部分をもたないものであるとか、線とは幅のない長さであるなどは、そう定義することが妥当だからそう定義したのです。 >「微分」とは微分することまたは微分した結果(=導関数や微分係数)のことを意味する xを微分した結果dx=⊿xはxの導関数あるいは微分係数なんですか。 むしろxを「微分する」と1になると思うのですが。

関連するQ&A

  • 数III微分法の問題についての質問

    関数f(x)=2sinx-sin2x (xは0以上π以下)について (2)f(x)の最大値、最小値を求めよ。                                     という問題なのですが、 以下解答の一部↓ (f(x)の第一次導関数)=-4(cosx)^2+2cosx+2 (f(x)の第一次導関数)=0とすると、cosx=-1/2、1 (xは0以上π以下)より、x=2/3π、0 となっているのですが、これだとx=0で微分していることになります。 x=0は定義域の端であるのに、どうして微分可能なのでしょうか?

  • 逆関数の微分 dy/dx=1/(dx/dy)

    逆関数の微分はdy/dx=1/(dx/dy)と表せるらしいですが混乱してしまいよくわからなくなってしまいました。混乱の原因となった問題を通して教えてください。 (1)(x^3)'=3x^2 dy/dx=1/(dx/dy)を用いて、y=x^3の逆関数y=f(x)の導関数を求めよ (2)rが有理数の時、(x^r)'=rx^r-1を証明せよ。 (1)例えばy=h(x)逆関数というのはこれをxについて解き、yとxを入れ替えて求めますよね。(1)の場合y=f(x)はx=y^3⇔y=x^(1/3)ですので、これを微分してy'=とすれば答えは求められるようです。でも、dy/dx=1/(dx/dy)を使う場合がわかりません。 df(x)/dx=1/(dx/dy)=1/3y^2=3^(-2/3)と書いてあります。 (2)はpが自然数のときy=x^(1/p)とするとx=y^pなので、dy/dx=1/(dx/dy)=1/py^(p-1)・・・・=1/px^(1/p-1)と回答が始まっています。 (1)(2)では逆関数の使い方がそれぞれ異なる気がします。簡潔にいうと「dy/dx=1/(dx/dy)の(dx/dy)の部分に来るものがわかりません。」(1)では逆関数(xについて解いてそれをさらにxとyを取り替えたもの)がその部分に来ているのに(2)ではただ単にxについて解いたものがきていますよね(xとyを取り替えるといる作業がない)。 まったくわからないので教えてください。ほんとによろしくお願いします!!

  • 微分するとはなんぞや?

    微分するってどういうことでしょうか? その際に導関数や極限値などの単語を使うとき その意味も教えてください。あと、教科書見てくださいという 解答はやめてください。教科書は定義っぽくて よくわかりません。さらに限りなく近づけるって どこまで近づけるのかっていうのがわかりません。 数では表せないのでしょうか?

  • 陰関数の第2次導関数の証明方法

    陰関数の第2次導関数の証明のやりかたなのですが、 dy/dx=-f(x)/f(y) ですので、 d^2y/dx^2 は d(dx/dy)/dx = d(-f(x)/f(y))/dx となり、後は f(x)/f(y)を微分するだけなのはわかるのですが、 一般的な微分公式にあてはめた場合、 -f(xx)f(y)×f(yx)f(x)/f(y)^2 と成るはずなのですが、 答えは d^2y/dx^2=-( f(xx)f(y)^2-2f(xy)f(x)f(y)+f(yy)f(x)^2 )/ f(y)^3 となり、途中の計算課程が分かりません。 私は何の認識を誤っているのでしょうか? 詳しく教えてください。よろしくお願いします。

  • 逆関数の微分 (数III)

    (x^3)'=3x^2 dy/dx=1 dx/dyを用いてy=x^3の逆関数y=f(x)の導関数を求めよ。 dx/dyを使わなくていいなら・・・ x=y^(1/3)として x'=1/3x^(2/3) という風にすぐもとまるのですが・・・。 模範解答は y=f(x)についてはx=y^3であり、・・・(1) y=x^(1/3) df(x)/dx =1/(dx/dy)・・・(2) =1/3y^2 = 1/3x^(2/3)・・・ (3) 疑問点があるところに○で番号を振りました。 (1)について、 逆関数とはy=~ という関数x=~という風に書き換えてからx,yを入れ替えるものですよね? (2)f(x)はy=x^3の逆関数なんですよね?  ってことはf(x)の逆関数は1/f(x)でありf(x)ってのはyの逆数であるから1/yがf(x)? なんか混乱してしまいました・・・(すみません汗 (3)y=x^(1/3) を代入したのでしょうか・・・?これってy=x^3の逆関数ですよね・・・? 模範解答の作業中にいつのまに逆関数y=x^(1/3)を求めたのでしょうか・・・? 回答よろしくおねがいします!

  • 微分について質問です。

    微分について質問です。 f(x)=3√3x+1に対して、4次導関数を求めよ。 ※3は√にくっつている小さな数字です。3倍してるわけではありません。 これは、f(x)=(3x+1)^1/3 に直せますよね。ここから微分しようとすると、 1階微分=1/3*3=1 という風になり以後、微分できなくなってしまいます。 どうすれば4次導関数まで求められるのでしょうか? どなたか解説をよろしくおねがいします。

  • 導関数 微分係数

    この問題が解けずに困っています。 次の関数の導関数を定義にしたがって求めなさい。 また、x=4における微分係数を求めなさい。 ・f(x)=1 自分的には両方とも0になると予想していますが・・・ この問題を解いてください。 あと、途中計算もできれば書いていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • いたる所微分可能で、導関数が連続でない関数は?

    ある開区間Iで微分可能な関数fでfの導関数がIで連続でないようなfはあるのでしょうか? 微積の教科書で、C(m)級関数の定義を言う時に、 「m回微分可能で、m次導関数が連続な関数」 という言い回しがあるのですが、 m回微分可能なのに、m次導関数が連続でないような例を発見できないので、 質問しました。

  • 定義の微分

    f(x)=x^2+1を定義に従い微分せよ y=3x^2とかは dy/dx=3×2xとするように言われたんです。 つまりdy/dxと置けという事です。 でもf(x)=x^2+1はdy/dxと置けないですよね? 普通にf`(x)=~から始めちゃダメなんですかね。 でも、y=3x^2とかは y`(x)で始めないでdy/dxで始めろって言われましたし

  • 微分の問題

    f(x+y)=f(x)f(y)-g(x)g(y)…(1) g(x+y)=f(x)g(y)+f(y)g(x)…(2) f(0)=1,g(0)=0 (1) f'(0)=2,g'(0)=1、f(x),g(x)はすべてのxで微分可能であるとき、f'(x),g'(x)を求めなさい。 (2) F(x)=log[{f(x)}^2+{g(x)}^2]とおくと、その導関数は定数となる。F'(x)を求めなさい。 (3) F(x)を求めなさい。また、{f(x)}^2+{g(x)}^2を求めなさい。 この問題をどう解けば良いか分かりません。 解く過程を教えていただきたいです。 よろしくお願いします。