-PR-
解決済み

扶養家族の内職

  • 困ってます
  • 質問No.856263
  • 閲覧数1675
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

現在、派遣で一日4時間の仕事をし、主人の扶養家族に入っています。扶養家族に加入したのは今年4月です。年収は100万弱程度です。
月に5万円程度の内職をしようかと思っていますが、そうなると、2箇所から給与を受けることになり、103万を超えるのでどうなりますか? 扶養からははずされますか?
税金等はどうしたらいいですか?
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 44% (26/59)

また補足です。
100万は住民税の壁、103万は所得税の壁、(年間所得が103万円以内の場合は、所得税が課税されません。つまり、所得は何も差し引かれることなく、手元に入る。103万円を超えてしまうと、所得税が課税されるだけでなく、多くの企業では「家族・扶養手当」を支給しないらしい。)
次の壁が、130万円。130万円以上超えると、社会保険(医療保険と年金保険)が適用になるので、所得税のほかに更に保険料を支払うことになります。

その他気にすることは配偶者特別控除が無くなった?ため、旦那さんの税金が前年と同じ100万の収入しかなくても今年から増えると思います。年金法も改正される?された?ので、今後状況はいろいろ変わってくると思います。派遣会社の経理の方が詳しいです。

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 32% (1162/3624)

年収が、派遣100万円+内職60万円になりますから、

1)103万円を超えますので、ご主人の税扶養からはずれます。
⇒ご主人の年末調整の際に精算。おそらく所得税額が増えます。
2)130万円を超えますので、ご主人の厚生年金・健康保険の扶養からはずれます。
⇒usaayausaさんが、国民年金と国民健康保険に加入すことになります。ご主人の職場によっては130万円がしきい値ではないかもしれませんので要確認。
3)おそらく所得税を納税する必要が出てきます。
⇒他に控除するものがなければ納付しなくてはいけないと思います。確定申告するのかな。そして、来年は、住民税を払うことになると思います。

----
でも、5万円/月の内職ってどんなものですか?
いい手取りだなと思いました。
補足コメント
noname#107550

ご回答ありがとうございます。
補足で申し訳ないのですが、内職の方へ税金のことを少し聞いてみたところ、その会社は、会社全体で申告をしているので、あなたが表に出さない限り、税金はかからないと言われたのですが・・・
また、2箇所からなのでどちらで控除を申告しないといけないでしょうか??
投稿日時 - 2004-05-15 14:57:02
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 32% (1162/3624)

あ、補足。

1)と3)は、年末調整時および確定申告時に関係しますが、2)だけは、年収が130万円超える状態になったらすぐに、つまり月収10万8333円以上になるとわかったら手続きする必要があります。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 32% (1162/3624)

>内職の方へ税金のことを少し聞いてみたところ、その会社は、会社全体で申告をしているので、あなたが表に出さない限り、税金はかからないと言われたのですが・・・

ホントかなぁ....
かなり不思議な感じですが。

>2箇所からなのでどちらで控除を申告しないといけないでしょうか?

合算した所得から控除することになります。
ですので、確定申告するのかなと思ったしだいです。
内職の方の所得が、派遣の方の年末調整時までに確定して、源泉徴収票が出ていれば、合わせて年末調整してもらうこともできるはずです。
  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 37% (416/1114)

2カ所以上からお給料をもらっている人は確定申告が必要だと記憶しています、

収入の総額が103万円を越えれば扶養からははずされます。

今回の内職は5万円ということですので、年収は130万円を越えますので、社会保険の扶養からもはずれます。

そうなると、以下のようなことが発生します。

(1)夫の扶養からはずれたため、扶養控除がうけられなくなる。

(2)夫の社会保険がうけられなくなるので、国民保険または、派遣会社の社会保険に加入しなくてはならない。

(3)夫の扶養からはずれたため、国民年金または、派遣会社の厚生年金に加入しなくてはならない。

(4)住民税を支払わなくてはならなくなる

>あなたが表に出さない限り、税金はかからない

これは、ご存じのとおり脱税になります。
これがバレると、税務署の方からご主人の会社の方に、扶養者の変更の連絡が行きますので、ご主人の会社にもバレます。

ご主人の会社の担当者にとっては、複数種類の書類(所得税関連書類、扶養関連書類、住民税関連書類)の書き直しと計算のやりなおし、社会保険への連絡等、よけいな手間をかけさせてしまいますので、会社によってはペナルティがある場合があります。

また、社会保険においては、不正な使用ということで、被害をうけておりますので、厳重注意の上、医療費の返還を要求されるところもあります。

会社でご主人がそのようなことで叱責を受けるのは可哀想ですので、なるべくそのようなことはしないであげて欲しいです。

でも、年間60万円の内職のうち、半分以上が上記の(1)~(4)で消えてしまうので、せっかく働いても、内職の収入が半額以下になってしまいますので、本当に内職する価値があるのかどうか、考えた方が良いと思います。
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 44% (26/59)

えーっと、自信はないのですがまず私が思うのは・・・

>内職の方へ税金のことを少し聞いてみたところ、その会社は、会社全体で申告をしているので、あなたが表に出さない限り、税金はかからないと言われたのですが・・・

これって脱税じゃないかと思いますよ。黙ってればばれないって言ってくる会社ってどうなんでしょう?
ご主人の会社に提出する書類にも嘘を書くということですね?ご主人と相談なさっては?どこかしらでばれるものらしいですし、その時ご主人が知らなかったらかわいそうですから。もしご主人の会社から家族に対する扶養手当のようなものが支給されているとしたら、その支給も妻の年収設定は各会社ごとに異なるので、確認してくださいね。
我が家の場合、100万円超えると手当て分20万がもらえなくなっちゃうので、中途半端に100万超えると所得税+手当て無しで大打撃にあいます。

それから複数の会社に勤めても、控除?の用紙はだすか?と言うことですが、2箇所以上に勤めている場合には扶養控除申請の緑の枠で書かれた用紙は1箇所に出せばよいと言われました。そして別にこの用紙はいろいろな控除の申請をしてくれると言うよりは、会社側の申請用と聞いたことがあります。1年に2箇所以上勤務した経験がありますが、その場合には会社に年末調整をしてもらうのではなく、自分で確定申告に行かなければならないのかも?派遣会社にもよりますが、そんなに親切に年末調整までしてくれないかと・・・。頼みにくいでしょうしね。私は毎年自分で確定申告してますが、思っているよりずっと簡単ですから、自分で行ったほうが良いと思います。

内職の会社は会社全体でって言ってるので、個人の控除の用紙は逆に提出できないんじゃないでしょうか?だって誰が働いているかばれちゃうじゃないですか。パートなので内職ではないですが姉の友人が働いていて、会社全体で申請してると言われた会社が脱税で社長が捕まりました。確定申告をしてなかった人だけ事情聴取に呼ばれたそうです。
もちろん同じとは言いませんが、どうなのでしょう?
内職請ける前に根掘り葉掘り聞くとか、同じ内職をしている人に話が聞ければ聞くとかしてみては?

内職で5万円なんて、すごくいい仕事ですよね?
よほど資格とか技術とかお持ちなのでしょうか?
うらやましい・・・。
せっかくよいお仕事が出来るのだから、きちんとされた方がよいと思います。その方が気持ち良いですよ!

あー、だらだらとすみません。あと派遣法が変わって(変わるのかな?)健康保険とか加入条件が厳しくなったので、加入しなければならないかもしれません。(私のところでは収入に関係なく2ヶ月以上仕事を請けたら任意でなく強制になりました)健康保険は派遣会社とご主人の会社に確認した方が良いですよ。
お礼コメント
noname#107550

親切なご回答ありがとうございます。
やはり、脱税になってしまうんですよね・・・ 今は扶養家族なので、派遣の方で社保に加入するには契約時か次の更新時(来年3月)のみの為、今は無理と言われました。
よく考えようと思います。
投稿日時 - 2004-05-21 17:24:24
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ