解決済み

社会保険と扶養内

  • 困ってます
  • 質問No.4053629
  • 閲覧数487
  • ありがとう数4
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0
今までずっと主人の扶養内でいました。
6月からある派遣会社で就業することになりました。
今年に入って仕事をしていないので5月末まで収入はありません。
派遣会社から、社会保険(厚生年金と健康保険)に加入するよう言われています。
おそらく12月までの収入は103万に全く満たないのですが、主人の扶養から外れて大幅に損しないのか不安です。
派遣会社に問い合わせたところ、社会保険の加入で扶養から外れるのと、所得の扶養から外れるのは違うと言われました。
お恥ずかしいのですが、保険や税金に無知なので教えていただけると幸いです。社会保険に加入しても、所得が103万に満たなかったら税金のほうは大丈夫なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 47% (10403/21780)

>今までずっと主人の扶養内でいました…

税金のカテですが税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>12月までの収入は103万に全く満たないのですが、主人の扶養から外れて…

配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

>社会保険に加入しても、所得が103万に満たなかったら税金のほうは…

社会保険と税金は全く別物です。
相互に因果関係はありません。
ただ、会社によっては、事務処理の都合からか、あるいは誤解からか一緒でないとだめと言うところもあるようです。

なお、【所得が103万】ではありません。
「給与収入のみなら 103万」で配偶者控除はアウト、141万までなら配偶者特別控除です。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
お礼コメント
noname#81759
知りたかったことが全て理解できました。
お恥ずかしいのですが、今まで社会保険と税金を一緒に考えていました。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2008-05-27 15:59:17

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 49% (3865/7826)

税金の扶養については、もう回答がされていますので、税金以外の「扶養」について書きます。

一口に社会保険といっても、大企業だと会社独自でもっている〇〇健康保険組合になるし、中小企業だと政府管掌保険(社会保険事務局が保険者)、公務員なら〇〇共済組合、というように種類があります。

ご主人がどの保険に加入しているのかわかりませんが(保険証の保険者のところをみればわかります)、政府管掌保険や共済組合、そしてほとんどの健康保険組合では、一年間に換算して130万円(月額にして108,333円)を超える収入が見こまれる人は「被扶養者」にはなれません。
たぶん、貴方の場合はこれ以上の収入見込みだと思います。
逆にいえば、これ以内ならご主人の扶養に入れ、保険料も貴方が払わなくてすみます。
しかし、扶養から外れれば払わなければならなくなります。

それと、会社から、ご主人には貴方の「扶養手当」が支給されていると思います。
これは会社により支給基準が違うと思いますが、保険の扶養に入っていれば支給され、外れれば支給されない、というケースが多いのではと思います。
それは、会社に確認すればわかると思います。

ですので、103万円の壁、130万円の壁といわれています。
130万ちょっと超えた収入なら、それ以下のほうが得だ、ということも出てくるでしょう。
これらを参考に、今後の働く時間も調整されるといいと思います。

参考までに
http://tmbt.net/130wall.html
  • 回答No.3

ベストアンサー率 68% (3287/4771)

>派遣会社から、社会保険(厚生年金と健康保険)に加入するよう言われています。

社会保険の加入は以下のような条件です

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

収入の金額ではなく就業している時間及び日数です。
ですから年の途中であろうと、それに該当する時間で働けば加入するようになります。

>おそらく12月までの収入は103万に全く満たないのですが、主人の扶養から外れて大幅に損しないのか不安です。

103万と言うのは税金の面の扶養(配偶者控除)ですね。
こちらは1月から12月までの合計の収入ですから、その金額が103万以下であれば扶養を外れることはありません。

>派遣会社に問い合わせたところ、社会保険の加入で扶養から外れるのと、所得の扶養から外れるのは違うと言われました。
社会保険に加入しても、所得が103万に満たなかったら税金のほうは大丈夫なのでしょうか?

そうです、上記のように社会保険の加入は就業している時間及び日数であり、税金の扶養は年間の合計収入です。
ですから年の途中から働き始めた場合は、社会保険の加入条件である時間及び日数に該当していても、年間の合計収入が103万以下で税金の扶養になるということはあるのです。
お礼コメント
noname#81759
非常にわかりやすく教えていただきありがとうございました。
はじめての事で戸惑っていたので助かりました。
本当にありがとうございます。
投稿日時 - 2008-05-27 15:53:46
  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (12261/49027)

税金は所得に応じて負担すべきものです。損をするという考えは誤りです。103万円に満たなければ所得税の負担はありません。
お礼コメント
noname#81759
そうですよね。
あいまいな知識のままおかしな発言をしてしまいました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-05-27 16:01:24
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ