• ベストアンサー
  • 困ってます

受験が終わってから勉強への欲が出てきました。

  • 質問No.8527702
  • 閲覧数95
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 55% (15/27)

春から大学生のものです。
自分はバカではないとは思いますが、勉強が嫌いで、授業こそ真面目に受けていましが、受験勉強も12月に日本史を詰め込んだ以外なんにもしていないくらいでした。
とはいえ、運も良く、詰め込んだ日本史でセンター満点を取り、やや簡単なところですがMARCHのある大学に合格することができました。
その後、調子に乗って、ちょこちょこと赤本研究をして早稲田を受けてみたのですが、一時間目の英語の時間で早退しようかと思ったくらいの大惨敗でした。
まあ、その大学は立地も良く、就職にもMARCHの中でも強いらしいので、学歴的にどうかとかはわかりませんがほとんど勉強せずに合格したんだし、ラッキーくらいに思って早稲田から帰宅後、すぐにお金を振り込んで春休みを満喫していました。
ですが、最近、ある友達と遊びに行ったとき、仲良かった別の友達が早稲田に受かったという話を聞きました。その友達は自分の知っている限りではそこまで自分と変わらなかったのに、自分が英語で帰りたくなったようなあのテストを突破したのか?と思い、純粋にそいつのことがかっこいいと思いました。
今更ながら、勉強できる=かっこいいということに気づき、勉強が自分を高める行為だということに気づきました。
そういう中で始めて自分の中で勉強への欲が出てきました。
とはいうものの、お金を振り込んでしまったし、大学自体が気に入らないわけでは、ないのに今から浪人しようというのは、あまり賢明とは思えません。
ですが、大学に行ってからその欲を満たす機会があるのか?、あっても大学受験ほどに発揮しきれるのか?、大学受験ほど今後の人生に繋がっていくのか?などという思いはあります。
結局、そういう目的で勉強するのかと言われてしまいそうですが、やはりどうせなら就職などに繋がっていけばという思いはあります。
浪人せずとも、これからに繋がっていく勉強をすることはできるのでしょうか?
下手くそな文章で伝わりにくいと思いますが、回答よろしくお願い申し上げます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 38% (2787/7213)

ビジネス・キャリア カテゴリマスター
なんか勘違いがありますね。

大学入学がその後の人生を決めると思っていませんか。
大学受験ほど今後の人生に繋がる、というような言い方が、大人から見ると不思議です。

大学受験自体はその人間の価値を決めるものにはなりえません。
受験をしたときのことを自慢話にしているおとながどこかにいますか。私はひとりも知らない。

少なくとも、大学卒業のほうなら、公務員になろうというときには重要かもしれない。
上に行きたいとおもったら学歴がものをいうと言う世界は他にはありません。

政治家は東大卒多いけど、東大出ていないと総理になれないなんていうことはありません。

人生は実力の世界です。
どんな学校にいたかなんて関係ないと、そろそろ気づいてください。
勉強したい。それが一番大事です。実力は勉強と経験から作られますから。

大学という場が与えられるなら、そこでばりばり学んでください。
いままでは教科書があってそれに基づく問題に答え、それが決まった正解と一致すればよかった程度のレベルの低い教育しか受けていないでしょう。
まあ覚えるだけがほとんど。あとは計算が合うかどうかだけ。

大学からはそうではありません。
何を切り込むか、どう考えるかを仲間で議論し、あらたなことを作っていくのが勉強ということになります。
どういう学部かわからないので例を出しにくいけど、先生が本に書いていないことを試してみようというような発想は常に起きないといけない。

自分が大学時代は仲間と連日議論ばかりしていた。
くだらない雑談ももちろんしたけど、議論には熱がはいりましたね。
相手を説き伏せるために調べなければならない。計算したり仮説をたてたり、それがプレゼンの実力になっていきます。

浪人して別の大学に入るなんていうのは思い切りくだらないことです。
人生の時間を無駄にすることはよしましょう。
補足コメント
zeit_no_one

お礼率 55% (15/27)

回答ありがとうございます。
自分の中には、その発想はもちろんありだから浪人には積極的ではないのです。
そして、勉強したか否かなんかは別として、結果的には自分を合格にしてくれた大学であるし、周りの評価はわかりませんが勉強する場としては気にいってはいます。
ただ、現実的な話、自分に本来10の力があったとして、それを最大限に発揮せずに7の力で入れる所では、10の力を持っていても活用しきれないのでは
と思っています。
かといって、浪人してみて必死でやっても7の力しかなかったとすれば笑い話であるから浪人は、再三言うように消極的です。
ただ、現実的に、具体的な方法としてどのようなものがあるか、つまり自分の勉強欲をどのようにぶつけるべきかそういったヒントを教えていただきたいというつもりでこの質問を立させていただきました。
投稿日時:2014/03/25 11:51

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 40% (212/523)

気持ち的にはNo1の方と同趣旨ですが、もう少し現実解を提案したいと思います。

まず、今回の入試の経験を考え、早稲田に確実に合格するための勉強期間を考えます。
まさか、1年みっちりではないでしょう。MARCHの上位に楽々合格する力が有るのなら、3ヶ月一筋に勉強すれば、十分かと思います。
次に、それをまず、夏休み、冬休みに割り当てます。
そうすると、それ以外には直前の1ヶ月弱で十分ということになるでしょう。

ということで、まずは、夏休み前までは、せっかく入ることになった大学でみっちりと勉強してみましょう。
夏休みに入る時点で、自分の進路を考え、受験し直すか、このまま大学で4年間勉強するか、決め直しましょう。
受験し直すなら、予備校の現役生向け夏休みコースを受けるのも良いでしょう。

このように、1年間のロードマップを描き、チェックポイント毎に、計画を修正すれば良いのです。
夏休みの前後にチェックポイントを置いて、それまで、その間は、迷わずに進みます。

このような計画・実行・振り返り・計画修正のサイクルを計画的に実行することを「PDCA」と言います。

ぜひ頑張って下さい。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ