• ベストアンサー
  • 困ってます

自己株式の取得と純資産評価

私の取引先である会社(A社:非上場)の資本金は資本金5千万円で、社長が80%、友人が20%保有していました。このたび、社長が持っている株を自己株式としてA社に売却したため、株主構成はA社65%、社長15%、友人20%となりました。 この場合、自己株式の32.5百万円は純資産として認められないと解釈して正しいでしょうか? また、A社の筆頭株主がA社ということで違和感を感じますが、非上場会社の自己株式の償却方法等法律の定めはあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1658
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

平成13年の商法改正で、自己株式の取得・保有・消却・処分は原則自由となりましたね。 ただし、この自己株は金庫株と呼ばれ、議決権も利益配当も認められません。 以下簡単にご説明します。 1.買受けの手続き  定時株主総会で、(1)買受け予定者(2)株式の総数(3)買受け総額の決議を行うこと。  取締役会は、この決議の株数・買受け総額の範囲内で、執行すること。 2.買受け予定総額の限度額    配当可能利益(一般的には剰余金の金額)が限度となります。 3.自己株式の表示(貸借対照表) 資本の部に「自己株式 △×××」として表示されます。 4.買受け価格と税務上の処理例 (1)買受け価格 適正時価(参考条文 法基通9-1-14) (2)買受け時の処理例 買受け時は、買受け価格を資本等の金額の部分とみなし配当の部分(=買受け価格-資本等の金額)に区分します。 例えば、買受け価格を資本等の金額の倍額に当たる100とした場合の処理は次の通りです。 A・資本等の金額の部分 自己株式  50 / 現金預金  50  B.みなし配当の部分 利益積立金 50 / 現金預金  40            / 預 り 金  10←みなし配当の源泉税(20%) 5.株式を売却した株主の税務上の処理例 前記4(2)の株主は、株式売却代金100を株式譲渡部分とみなし配当部分に区分します。 例えば、売却株式の取得価額を60とした場合の処理は次の通りです。 A・資本等の金額の部分 現金預金  50 / 株  式  60 譲渡損失  10 / B.みなし配当の部分 現金預金  40 / 受取配当  50 源泉税   10 / では次に自己株式の消却・処分の取り扱いについてです。 1.消却の手続き(登記事項)  取締役会により、いつでも自由に行うことができます。  上記以外の株式消却は、減資(株式強制消却)となります。 2.消却の処理例 自己株式50を消却し、未処分利益で補填した場合の処理は次の通りです。 A.会計処理    自己株式消却損 50 / 自己株式 50 B.自己株式消却損の表示(損益計算書)    当期利益     ×××    前期繰越利益   ×××    自己株式消却損  △50    当期未処分利益  ××× C.税務上の取り扱い  税務上の自己株式消却損は「資本積立金の減少」となります。 3.処分の手続き(登記事項ではありません) 取締役会の決議(譲渡制限の定めがある会社では株主総会特別決議)により、第三者割当増資と同じ手続にて行うこととなります。    4.処分価格と処理例 (1)処分価格 … 適正時価(参考条文 法基通9-1-14) (2)処分時の処理例    処分価格110の場合(自己株式の帳簿価額50)の処理は次の通りです。 A.会計処理   現金預金 110 / 自己株式        50              / 自己株式処分差益  60 B.自己株式処分差益の表示(貸借対照表)  資本の部の「その他の資本剰余金」として表示されます。 C.税務上の取り扱い  税務上の自己株式処分差益は「資本積立金の増加」となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

長期出張だったものでお礼が遅れすみません。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 自己株式取得の仕分

    市場から自己株式を取得する際の仕分けを教えて下さい。 B/S上に自己株式取得分はマイナス(純資産)で記載されますが、仕分けの流れは下記のようになるのでしょうか? 株式発行時 借 現金/貸 資本金等 自己株式取得時 借 資本金等/貸 現金 上記の資本金等が純資産側に記載されるのでマイナスとなっているのでしょうか? また、自己株式の消却(この世から無くす)は上記の仕分けで完了するのでしょうか? 基本的な事で恐縮ですが、よろしくお願いします。

  • 自己株式と減資

    現在自己株式を取得して資本の部に▲で記載しておりますが、今後資本金をその▲で減少させたいと考えております。その場合自己株式(非上場)を取得した価格そのものを資本金と相殺しても良いのでしょうか? 少し高い額で買いとっております。

  • 自己株式の取得について

    債務超過の状態である同族会社の株主から株式の取得請求の依頼があって、会社もこの自己株式を取得しようとする場合、税務上の自己株式の取得対価の問題はあるものでしょうか? 例えば、1株500円×10,000株=5,000,000円の資本金の会社で複数の株主によって構成される場合、このうち1,000株所有の株主(設立当初1株500円で取得)から下記の3パターンの対価を申し出た場合、どのような影響がでるものでしょうか? 1. 債務超過のため1株0円で自己株式を取得する場合 2. 出資当時500円の額面だったので1株500円で自己株式を取得する場合 3. できるだけ高く買ってほしい旨の要求に応えるため1株1,000円で自己株式を取得する場合 税務上の影響を考えて価格を決めたいと思っております。

  • 自己株式 償却後の1株当りの額面

    当社は資本金5千万円の非上場会社です。 出資者はA社が80%(@500円×80000株)、 B社20%(@500円×20000株)です。 今回B社の20%を買い戻し(自己株式)すぐに償却を行いました。 資本金は変更せず5千万円のままになっており、株式発行総数はA社の80000株だけです。 この場合、1株当りの額面は@625円になるのでしょうか? また授権資本が400000株なのですが総額は@500円で求めるべきか @625円で求めるべきか教えてください。 わかりにくい文章ですいませんがよろしくお願いします。

  • 自己株式と増資

    自分が代表取締役兼100%株主の会社で増資(資本金を10,000千円→100,000千円)したいのですが、出資に充てるものを何も持ってないので、 自己株式90,000千円 / 資本金90,000千円 のような処理をしようと思いますがこれって会社法上・税務上なにか問題はありますでしょうか?

  • 自己株式の取得について

    非上場の株式会社ですが株主の方から株式の買い取りを求められています。 そこでこの株式なのですが以前別の株主から発行価格で買い取ったものに、少し上乗せして売ったものでその際 現金10000/自己株式8000 /自己株式処分差額2000 で仕訳をきっています。 今回 自己株式8000/現金10000 自己株式処分差額2000 として10000円で買い取ることは可能でしょうか? その場合税法上税額が発生するのでしょうか? 税理士さんは自己株式の相続税評価額は8500円だからみなし配当になるといってますがなにぶん高齢の先生で少し不安なので詳しい方教えていただけると助かります。

  • 自己株式について

    いつもお世話になってます 自己株式が資本の部てことは分かったのですが、 たとえば現金1000万資本金1000万だけの会社が自己株式を1000万購入したら資産の部、資本の部はゼロということでしょうか?

  • 自己株式(金庫株)の担保価値と評価

    自己株式の取得について勉強中ですが、 発行済み株式総数の60%を自己株式(金庫株)として所有しております。自己株式には配当を受ける権利や議決権を行使する権利が無いことは勉強いたしましたが、会社の資金調達の担保としてこの株式を差し入れることはできるのでしょうか?また、できるとしたらその評価額は如何ほどなのでしょうか、不動産評価や有価証券評価を考えずに会社の純資産だけからの評価を教えてください。 現在の会社の貸借対照表の純資産は以下の通りです。 (1) 資本金      発行済株式総数 500株  \ 25,000,000 (2) 利益準備金                    \ 6,250,000 (3) 当期未処分利益(当期利益金を含む)    \ 135,000,000 (4) 自己株式          (自己株式300株) \ ▲27,000,000 平均1株の取得価額 \90,000

  • 貸借対照表の純資産の部の自己株式について

    初心者です。 貸借対照表の純資産の部の自己株式がマイナスの値になっているのはどのような意味があるのでしょうか(株主の観点から)? 1.自己株式のマイナス値は買取株式数×買取価格の値でしょうか? 2.この自己株式は再度売却するまで貸借対照表にマイナス値として   残るのでしょうか? 3.自己資本は自己株式のマイナス値により減少しますが   市場で流通している株式数が減少するので株主としては   良くも悪くもないということになるのでしょうか? 4.それとも一株あたりの収益があがるので株価が上がる可能性があるなどのメリットがあるのでしょうか? 任天堂の貸借対照表で財務状況を確認して疑問に思いました。 http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2009/090129.pdf

  • 自己株式の取得の税務・会計処理について

    資本金2000万の株式会社です。以前に株主から要請があり、自己株式200万を額面で買取しました。その時には、貸借対照表の「資産の部」に計上し、そのままになっています。自己株式の取得について新会社法では「資本の部」の自己株式の減少として表示することになったようです。会社法が改正になってから、初めての申告を迎えております。今期の税務、会計上の処理方法をご指導ください。