天気予報の信頼性が低下した理由

このQ&Aのポイント
  • 本当に信じてもいいのでしょうか?最近お天気予報がさっぱり当たりません
  • ビジネスをしている我々からすると売り上げを左右し人の生死を分けるくらいの重大な判断材料となるものです。例えば明日一日雨の予報と出ていた場合これを信じてもいいのでしょうか?
  • なぜコンピュータが発達した現代社会において天気予報のあたる確率が悪化したのでしょうか?
回答を見る
  • ベストアンサー

本当に信じてもいいのでしょうか?

最近お天気予報がさっぱり当たりません ビジネスをしている我々からすると売り上げを左右し 人の生死を分けるくらいの重大な判断材料となるものです。 例えば明日一日雨の予報と出ていた場合 これを信じてもいいのでしょうか? 先日も雨の予報だったのに 数時間にわたり雨も降らず、時折晴れ間さえ垣間見られました。 ほんとスーパーコンピュータじゃぁ!ビッグデーターじゃぁとか だかなんだか知りませんが 昔の天気予報好きの人がテレビで解説していた時代の方がはるかに 信頼性が高いように思えます。 そこで質問ですが なぜコンピュータが発達した現代社会において 天気予報のあたる確率が悪化したのでしょうか? よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • mym46
  • ベストアンサー率36% (234/650)
回答No.13

 私は毎日、インターネットでW系とT系のピンポイント天気予報を見比べています。  テレビの天気予報もW系とT系にわかれていて、NHKはその前者です。  当地区(〒)でこの2系統の予報を比べると、天候・温度にかなり差があります。  地形によるのでしょうが、当地区(〒)ではT系の方が当たる率が高いです。  予報の当たる確率は確かによくなっています。  5時間後までの雨の予想なら、「雨雲レーダー」の「これからの動き」が良いですよ。  http://weathernews.jp/radar/

daigakudaigaku
質問者

お礼

提示のサイト面白いよね

その他の回答 (14)

  • iwaotie
  • ベストアンサー率0% (0/3)
回答No.15

今年の入梅入り宣言のあった日の天気図覚えてますか。5月27日、日本海の真ん中を南北に寒冷前線が張り付いてましたね。 それが大陸からの高気圧に押され東へ移動し太平洋へ抜けるまで関東も雨が降りましたね。 それをもって気象庁は梅雨入りと宣言しました。案の定前線が太平洋へ抜けた翌日以降ズーと好天が続きましたね。 四国九州方面はともかく関東は梅雨とは程遠い状況でした。梅雨とは普通南の高気圧に押された前線が本州南岸にへばりついて北の高気圧とのせめぎあいで居座ってしまう状況を言います。このようなこととは全く違う天気図なのになぜ梅雨入りなのか大変不思議に思ったものでした。このことに疑問を呈した民放の天気キャスターは一人もありませんでした。 何とその後苦し紛れにナンと「梅雨の中休み」ならぬ「梅雨のズル休み」などと言い出し梅雨入り宣言がはやまったと訂正、謝罪は全くありませんでしたね。因みに某テレビ局で長いこと天気予報をやってる女性、テレビに出始めの頃「観天望気」 と言う言葉を知らずこれが気象予報士なのかと仰天したものでした。粗製濫造の気象予報士では気象庁発表のデータや自分の会社のデータを分析し独自の予報を判断できる資質がないと思います。 そんなことでテレビで見る天気予報ははずれが多いと感じるのではないでしょうか。

  • kame100
  • ベストアンサー率12% (44/358)
回答No.14

最近とは10年単位の前とかでしょうか。 それなら向上していると思いますが、 この季節のことなら外れる事は良くある事かと思います。 理由は天気は西の関西の天気が、偏西風で安定して移動し 翌日関東の天気になる。 なので、東への移動が遅れても、時間がずれて予想の天気どうりになる事が多い。 しかしこの時期の天気は、西から東になるのは同じだが 山陰の前線が太平洋側に下がるとか、反対に上がるとかもする。 前線が山陰なら雨の筈が、南に下がれば晴れになる。 下がった内に東に流されれば予想が外れる、と云う事になる。 前線の上下の移動は、偏西風の影響でなく気圧のバランスなので 予想が難しい様でよく外れる。 以上、農家のオッサンの何の根拠も無い自己判断。 そんな事は、先生はとうに承知の上での質問かも。 失礼しました。

回答No.12

いまの天気予報をなじり、昔の天気予報をもちあげるなんて失笑、いや爆笑かな。 昔の予報は空を見上げて、雲の数を数えて、「占ってた」んです。 予報の間違いにさんざ迷惑をかけられるので、気象庁に抗議の手紙を出しました。 「昨日の天気予報が間違いだったら、きょうの予報をいうまえにまず謝罪しなさい。迷惑をかけたら、謝罪するのは世間の常識でしょう」 昔の予報を知ってるわたしからみると、いまの予報はよくあたる。

daigakudaigaku
質問者

お礼

回答者さんは古い世代の人間だからそう感じるのでしょうね なんでもデジタルが正しいと♪

  • reflector
  • ベストアンサー率7% (37/491)
回答No.11

>なぜコンピュータが発達した現代社会において >天気予報のあたる確率が悪化したのでしょうか? それは、簡単です。 入力したデータに基づき計算した為、間違った答えしか出力しない。 嫌味ではありませぬ!! コンピュータは素直ですからw ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

  • rokometto
  • ベストアンサー率14% (853/5988)
回答No.10

あくまで予報ですから。 はずれる前提でやってます。 気球の環境がくるって世界各地で異常気象が起きているので過去の経験や記録が役にたたないからでしょう。

  • nasi000
  • ベストアンサー率19% (100/514)
回答No.9

スーパーコンピュータの気象計算は将来の気象現象の傾向を探ることはできますが、予言をする事は不可能です。 現在では天気がビジネス上の売り上げを左右する人のために、保険商品が用意されていますので天気をヘッジしたければ保険を利用すると良いでしょう。また逆に天気予報が高い確率で当たるようになったなら保険に入ると損をします。

daigakudaigaku
質問者

お礼

私が激怒しているのは なにも数十分程度の予報や数時間程度の予報ではありません それは当てるのは無理だと最初から認識しています 激怒は 翌日の一日の予報が外れることです 雨と予報したのに 一日中降るとか 或いはその反対とかです

  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)
回答No.8

ウチの近所はバシバシ当たっている 「お昼過ぎから雨模様」なんて予報でお昼ご飯を食べ終わった頃にゴロゴロ・・・・ 怖いくらいの的中

  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21844)
回答No.7

"ビジネスをしている我々からすると売り上げを左右し 人の生死を分けるくらいの重大な判断材料となるものです。"   ↑ そういう人は、民間の予報会社と 契約すべきです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%88%E5%A0%B1%E6%A5%AD%E5%8B%99%E8%A8%B1%E5%8F%AF%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%80%85 公務員が当てにならないのは、今に始まった ことではありません。 ”昔の天気予報好きの人がテレビで解説していた時代の方がはるかに 信頼性が高いように思えます。”     ↑ 私も、そう感じています。 感じだけですが。 的中確率80%なんてのは、天気予報を やっている処で発表した数字ですから 信用できません。 ”なぜコンピュータが発達した現代社会において 天気予報のあたる確率が悪化したのでしょうか?”      ↑ 悪化した、という前提ですが、異常気象が 多発しているからじゃないですか。 だから、過去のデータが通用しなくなった ということが考えられます。

  • dragon-man
  • ベストアンサー率19% (2697/13622)
回答No.6

気のせいです。 昔よりはるかに当たる確率が高いです。 滅多なことで外れません。

回答No.5

回答ではありませんが・・・ 私も今の予報はひどいものだと思います。 昔の大したデータもなく、もちろんコンピュータの解析もない時代ならともかく まるで占いのような天気予報は、気象庁が独占の国営企業だからじゃないでしょうか。 民間企業ならもちろん、ほかの官庁だって、担当者はとっくに左遷でしょ! もともと「当たるも八卦当たらぬも八卦」的な部分を持ち、相手が大自然のため 国民も寛容になっていると思います。 でも、今はズバリ空から全容を見て、アメダスの無数ともいえるデータがあり、 外すほうが難しいのではと思ってしまいます。 一方で、天気予報打率は〝高い”と云うデータがありますが、 競馬予想だって本命対抗だけで言えばかなりの確率です。 つまり、絶対に晴とか絶対に雨みたいな天気は 誰でも予想できるので統計に入れないでほしいのです。 当てて欲しいのは、晴れそうだけど実は雨が降るとか、その逆とか 言ってみれば意外な、際どいところでの的中です。 野球のアンパイヤなら、明らかなストライクボールは誰がやっても同じで きわどい球で差が出ると思うのです。 わかりにくい全体の3割くらいの部分での的中率を向上して欲しいのです。 気象庁こそ分割民営化するか、第二気象庁を作って競い合わせるべきです。 ・・・と思っています。回答じゃなくてごめんね。

関連するQ&A

  • 数学問題確率

    明日の天気によりお弁当が500個売れるか決まる。お弁当が500個売れる確率は晴れの日に0.7で曇りの日は0.5で雨の日は0.2である。天気予報では明日は曇りになると予想している。一方この天気予報が当たる確率は0.7で過去のデータからこの季節では晴れが0.5で曇りが0.3で雨の日が0.2であった明日はなんかのお弁当を作るための材料を仕入れるべきか

  • 統計の問題です。

    ある都市で雨が降った日に天気予報が当たる確率が0.6で、雨以外の日に予報が当たる確率が0.7である。 この都市の雨の降る確率は0.2であるとき、天気予報が当たって雨が降っている確率を求めよ。 という問題です。 回答お願いしますm(__)m

  • 天気予報の降水確率はどのようにして計算しているのか?

    天気予報を見ていると、降水確率は10%と出ているとします。 10回中1回の確率で雨が降ると言うことですが、実際に雨になることもあります。 「おいおい、今日の降水確率10%なのに何で雨がこんなに降るんだ?」と思ったことはないでしょうか? 実際のところ、天気予報の降水確率はどのようにして計算しているのか、教えてください。

  • 降水確率について

    天気予報は雨なのに降水確率が10%とか20%の時があります。 雨が降らない確率の方が断然高いのに、なぜ雨の予報になるのでしょうか?

  • 天気予報の素朴な疑問…

    天気予報の降水確率ですが、降水確率ってことは、パラパラと少しでも雨が降るなら、降水確率は100%ですよね? 思うんですけど、天気予報の降水確率が10%ならパラパラ降る、50%予報の日は傘をささないと濡れる程度、90%予報ならザーザー降りというように、確率なのに、降水量になっている気がするのですが、皆さんどう思いますか?

  • 雨が降るとは?

    そろそろ梅雨ですね。天気予報で降水確率ってありますよね。たとえば50%なら、その意味は、天気図で同じような日が10日あるとすれば5日間は雨が降ると言う意味だと思うのですが、ここで質問です。たとえば降水確率10%でも、土砂降りの大雨が降る可能性があるわけですか?反対に降水確率90%でも小雨、霧雨で終わってしまっても、天気予報的には予報が当たったことになるのでしょうか。 基本的に私は降水確率が低いときに降る雨は、大量の雨は降らないと言う意味だと思ってます。 どなたか、降水確率と降水量の関係についてご存知の方、おしえてください。

  • 雨が降りそうなのに傘を持ち歩かない人

    天気予報を見てふと気になりました。 天気予報で雨と予報されていて、明らかに今にも雨が降り出しそうな天気の日ってあるじゃないですか。 そういう状況でも、現代人は結構傘を持ち歩かずに外出する人も多い気がします。 ちなみに私の場合、いつ雨が降っても大丈夫なように常に折り畳み傘をバッグに入れて持ち歩いております。 天気予報を見ない人なら居るかもしれません。 しかし実際に外へ出て見て、天気が悪ければ雨が降るかもしれない予測はできるのではないかと思います。 それにも関わらず、傘を持ち歩かない人の心理ってどうなのでしょう? 人それぞれだとは思いますけど、降れば結局必要になりますし好んで濡れる人も滅多に居ないと思います。 コンビニや100均へ駆け込んで、慌てて買っている人を良く目にします。 荷物になるのが嫌で持たないのでしょうか?雨が降って来たらその場でどうにかすれば良い、と言う感じなのでしょうか? ただこういう人が居ないとビニール傘が売れなくなったりもしますので、世の中的には必要な人種なのかなと言う気もします。 ただあからさまに降りそうだと分かっていて、持たない人って他にどのような理由が考えられそうですか?

  • 過去の天気概況は雨や雪やみぞれなど降水の文言で1か

    過去の天気概況は雨や雪やみぞれなど降水の文言で1か月の大半かそれ以上を占めることが多いのに、週間天気予報もそれと同じくらい雨や雪マークで占めるようにしないのはなぜですか。 普通に考えたら過去の天気概況と同じくらい予報も雨や雪マークがなければ降水予報は外れまくりと思えます。予報する側は当てることが大切なのになぜこうしないのでしょうか。 仙台の4月20日に発表されていた週間天気予報は7日後の27日まで全部曇か曇時々晴か晴時々曇で、降水マークが1つもなかったですが、結局、過去の天気概況は21日、22日、23日、24日、25日は雨が降りました。これら5日分の雨マークなしの予報は降水確率40%以下ということになりますが外れています。5割に満たない降水確率なら雨マークなしで予報して過去の天気概況に雨と書かれない日の方が多くなければならないはずですが、実際は雨と書かれる日が多いです。 外れることが多いなら、7日後予報から降水確率を70%や80%など高めにすれば予報と過去の天気概況が合いやすくなるので当たりやすくなるのに、なぜそうせず低い降水確率で予報してやっぱり外れましたとなることを繰り返すのですか。 天気概況は降水1mm以上だけでなく、1mm未満の日でも雨や雪やみぞれなど降水の文言が書かれることも多いです。初雪も降水1mm未満でも発表されます。

  • 気象庁の過去の気象データでは、雨が降らない日よりも

    気象庁の過去の気象データでは、雨が降らない日よりも雨が降る日のほうが多いのに、なぜ雨マークがつく予報が少ないのですか。実際に降水量が1mm以上だった日も週間天気予報で最初から雨マークの予報でスタートしてこなかった日が多いです。最初は曇や曇時々晴ばかりで、降水確率は40%から下で雨マークなしでした。 最初から雨マークの予報ばかりでも実際に降らなかったり晴れたりする方が安心するし、雨の予報が外れても怒る人はいないです。雨の予報は難しいといっても、実際に雨が降る日が多いなら雨の予報を増やせばあたる確率が高くなるのになぜそうしないのでしょうか。予報する側も当たらなければ儲からないでしょうし、それなのになぜ週間天気予報は最初から雨マークなしで曇や曇時々晴などの降水確率40%から下の予報でスタートすることが多いのですか。

  • 予報よりも過去の気象データの天気概況の方が雨や雪や

    予報よりも過去の気象データの天気概況の方が雨や雪やみぞれと書かれることが多いのに、週間天気予報では雨や雪マークのある予報スタートが少ないのはなぜですか。降水確率も40%以下で雨や雪マークがつかない予報スタートが多いです。 降水量が1mm以上の雨だった日も最初から雨マークの予報でスタートしてこなかった日が多いです。 冬も降水量1mm以上の雪の日が太平洋側でさえあるのに、太平洋側の雪の予報スタートはほとんどないです。 週間天気予報の予報スタートは曇、曇時々晴、晴時々曇などが多く、雨や雪マークなしの予報スタートが前提になるのはなぜですか。週間天気予報は過去の天気概況よりも雨や雪マークが少ないです。なぜ週間天気予報は降水を考慮しないのですか。 過去の気象データの天気概況で雨や雪やみぞれと書かれることが多いなら週間天気予報も雨や雪マークがつく降水確率50%以上で予報スタートを多くしなければいけないはずなのに、なぜ過去の天気概況から考えて予報しないのでしょうか。 過去の天気概況は雨や雪やみぞれが観測される日が多いのに、なぜスーパーコンピューターの分析結果は雨や雪となる要因を捉えられる日が少ないのですか。 雨や雪マークのある予報ばかりしていて外れて降らない方が安心しますし、雨マークがなかったのに雨が降ったじゃないか、と文句を言う人も減るのになぜそうしないのでしょうか。