• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

交通事故の実況見分について

交通事故(人身事故)の調べについて疑問を持つに至りました。下記の例について教えてください。 車(左折)VS自転車(直進)の左直事故・・・自転車側が骨折のけが。 実況見分調書をみると自動車の走行経緯と衝突箇所のみ記録し、自転車の走行の経緯は一切記録に残しません。警察の主張は「自動車の運転手の刑事責任を問うためのものなので、自転車の走行経緯は必要ない」とのこと。 ・自転車の走行経緯がないと本当に衝突や進路妨害等の両者の関係あったのかわからない。 ・自転車が故意にぶつけたり無謀運転や不規則運転等、自動車が避けられないもの(不可抗力のケース)を見逃すことになる。 自動車の刑事責任を問うのであれば、上記についての調査は必要ではないでしょうか? そもそも本当は事故に関係していないとしても明らかになりません。 ===== 今回のケースに限って言えば、現場は歩道もセンターラインもない道路で自動車と自転車は進行方向が同じ。自転車は路側帯を走行して自動車の左後方から追い付いてきたケースです。 ただし警察が衝突したとする地点の10m手前に路側帯を完全にふさぐように道路標識があるので、自転車が一度路側帯から車道へ出た(その瞬間、自動車の後方を走った)ことは間違いありません。その時すでに左折ウィンカーが出ていたことは証言でも明らかです。さらに左直事故になるには自転車が30km/h以上で突っ込んでこないと追い付いてこられませんが、40代女性がそんなことをしているとは思えません。。 そのためそもそも左直事故かどうかも疑わしい案件です。 ==== 交通事故の捜査を考えていくうちに痴漢の冤罪を生む構造と非常によく似ていることもわかってきました。もちろん被害者側が証拠を残すことも難しいので疑わしきは罰せずでは困りますが、現在の行政の対応はずさんなように思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数742
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>自動車の刑事責任を問うのであれば、上記についての調査は必要ではないでしょうか? 「刑事責任を問う上」では、まったく必要ありません。 警察の言い分は「簡易裁判で済ませて、罰金刑をそのまま受けるんなら、自転車の走行経路なんか関係ねえよ。自転車の走行経路がどうなってようが、罰金刑の重さは怪我の程度と示談の有無で決まるから、そんなん調べても意味ねえよ」って事なんです。 つまり「刑事責任を問う上では、被害者側の行動は調べる必要はない」のです。だって「自転車側が怪我しているのは揺ぎ無い事実」であって「過失致傷」なのは絶対であり、決して無罪にはならないのですから。 被疑者(加害者)が「調査が足りない。簡易裁判の結果に不服がある」と思ったら、簡易裁判に不服を申し立て、正式な刑事裁判に持ち込み、弁護士を立てて、必要であれば、被疑者側で独自に調査して自転車側の走行経路を調べて証拠として提出すれば良いです。 ただし、正式裁判に持ち込むと、9割以上が「加害者としての反省が足りない」として、簡易裁判の判決よりも重い判決(例えば、執行猶予付きの懲役刑になる)を受け、行政、警察に「犯罪者登録」されます。 >交通事故の捜査を考えていくうちに痴漢の冤罪を生む構造と非常によく似ていることもわかってきました。 不服なら正式裁判に持ち込んで、自身で、または、自身が雇った弁護士に頼んで、必要な証拠を揃えれば良いだけです。 痴漢の冤罪も、終始一貫して犯行を否定して裁判に持ち込んで、必要な証拠を揃えれば良いだけです。 なお「自転車の走行経路がどうだったか」は、ほぼ「民事賠償責任のみに影響する」と言っても過言ではありません。 つまり「自転車の走行経路がどうだったか」は、民事で「過失割合を決める時」くらいにしか、意味は無いのです。 民事で「自転車側が100%悪い」って言う過失割合になっても、民事と刑事は「まったく別に審理するのが基本」ですから、刑事で真逆の判決が出る事もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変丁寧な説明とご回答ありがとうございます。 本件、刑事ではそもそも呼び出しすらなく不起訴になっています。刑事裁判はありません。ただ実況見分調書があまりにも矛盾や間違いがあって、かつ状況を理解するには必要事項が足りません。自分の処分に不満というよりも社会的意義の問題です。これでは痴漢と同じく冤罪を生む構造になっていると思って質問しました。 今回問題なのは事故の過失割合よりも、本当に事故があったのかどうかの部分です。事故が本当にあった場合には、自転車の運転が無茶だったり運転技量が未熟でぶつかってきた場合でも車の運転手に責任を負わせる法体系(法運用?)になっていることは知っています。 本件に限って言えば被害者側の証人2人と被害者本人の供述が何か所も矛盾しています。実況見分等の録音も全て残っているので立証可能です。(刑事裁判に秘密録音が原則証拠採用されないのも承知) >なお「自転車の走行経路がどうだったか」は、ほぼ「民事賠償責任のみに影響する」と言っても過言ではありません。 自動車側からすると不可抗力や自転車側が故意にぶつけた場合をどのように判定するのでしょうか? これをきちんと調べないと自転車側がやりたい放題になってしまうと思いますが。 極端な例を言えば、北朝鮮の工作員がホームレスや多重債務者を雇って失脚させたい公務員(えらい政治家ではなくて、所轄の警察署の幹部職員とかでも十分)の自動車の通勤経路の左折時に自転車で突っ込ませれば一丁上がりです。あるいは弱みを握る手段にも使えてしまいます。歌舞伎町で勢力を伸ばす海外出身の勢力なんかがやりそうです。

関連するQ&A

  • 実況見分調書の間違いについて

    交通事故の実況見分調書について教えてください。 自動車(対自転車)の交通事故(人身事故)に関係しました。 不起訴になりました。 そこで実況見分調書を取り寄せました。 事実に関する記載が2か所ほど間違っていることがわかりました。 というケースの場合、これは訂正してもらったほうがいいと思いますが、 これは警察で訂正するのか検察で訂正するのか、どういった手続きになりますでしょうか。

  • 交通事故の実況見分調書と供述調書の閲覧について

    交通事故の賠償問題で訴訟を起こしています(原告) 別冊判例タイムズ16などで見ると私の方が加害者となるような事故の類型ですが、実際は相手が法令違反をしており、それが原因となって事故が起こっていると思われるので、判例タイムズの例をそのまま引いてくるのは不都合があると感じています。 裁判では事故の発生場所を特定する証拠として実況見分調書を提出したのですが、証拠として認めてもらえませんでした。理由は事故直後相手は救急車で運ばれており、立会いをしていなかったからです。しかし、警察は事故の痕跡(破片の発見)を見つけ、事故の発生場所を推定し、見分調書を作成しました。警察の説明では、私の証言で破片を見つける時間が多少短縮されたかもしれないが、全面的に私の主張どおりに作成したわけでない、と言われました。また、後日相手から実況見分調書に書かれた衝突位置と違う場所で衝突したとして過失がないと主張しはじめたので、警察に確認したところ、互いの主張に大きな食い違いがあったり、相手からやり直しを求められたりしないかぎりは、実況見分は直後に行われたもののみであると説明を受けました。 相手は、裁判で私を発見した場所や、その時に私がどうしていたのかということを詳細に述べましたが、これは今までの示談の場で出てきた主張とかなり異なっています。私の訴状を見て、その訴状に添うように自分の主張を変えてきているのが見え見えです。実は、私が相手を発見したとき、相手は下を向いていて、少なくとも私と視線は合いませんでした。相手はぶつかって初めて車が停車していることに気づいたようです。そういったことから、私の刑事処分は不起訴になっていますが、相手の供述調書の閲覧を許可してもらえないかと思っているところです。恐らく、今回裁判で聞いた発言は初めて聞いた証言なので、供述調書には別の発言が書かれている可能性は高いです。 交差点で優先道路を横断しようとして、優先車線に進入する手前の路側帯(歩道)部分で停止し安全確認していたところ、路側帯を前を見ずにスピードを出して走行している原付バイクに衝突されたのが、今回の事故です。車の右側に、バイク(前面破損)が90度の角度でぶつかっています。前方を見ていたのなら、十分避けることができるだけの余裕があったし(対向車も含めて走行している車両なし)ブレーキをかけることもできたと思いますが、かなりのスピードでノーブレーキで衝突しています。

  • 交通事故の実況見分調書

    私営バス車内で転倒して負傷しました。加害者が任意保険未加入なので自賠責から足が出た分について示談交渉しましたが、決裂して小額訴訟を起訴しました.これも拒否され普通民事訴訟に至っています. そこで質問です. 過失相殺を争う為、実況見分調書を相手弁護士が取り寄せました.そこには当方が主張した事故発生場所から100mほど先が事故現場となっていました.恐らく運転手の言い分を真に受けた結果だと思いますが、場所により乗車してからの時間が算定でき、座席に座ろうとするまでに過剰な時間がかかったと受け取られ、過失が問われる可能性が有ります.勿論、用法は速やかに着席しようとして転倒したことは間違いなく、運転手の言い分には矛盾が有ります. このような場合、事故現場周辺状況を説明して当方主張の妥当性を審判してもらえばよいのですか? 実況見分調書は加害者の刑事責任を問う為の書類で民事にはあまり有効でないと聞きましたが本当でしょうか? 過失相殺を問われないようにするにはどうすれば良いか、アドバイスをお願いします.

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

運転していて、交差点で左折する時は横断歩道に気を付けて行くのが基本ですよね? 例え、30キロで走っていたとしても車よりは遅く、左折する前に自転車を追い越していて直進しているのが確認しているはずです。 その安全確認をしていなかった事になってしまいます。 その自転車の女性が当たり屋のようにツッコんだか、死を覚悟してツッコんだとでも? それに自転車は「車」と付いているので本来は「車道」を走行する。とも言われています。 でも、その割には、どんな違反をしても車のような罰則はないのが正直な話し不公平感はありますけどね。 もし、自転車が赤信号(車より先に横断歩道の信号が赤になる)なのにツッコんできたなら、自転車にも多少は責任がでてくるかもしれませんが。 正直、自転車の信号無視は日常茶飯事で、その度に目くじら立ててもどうしようもない状態になっているのがおかしいとは思います。 自転車や歩行者のマナーにもっと厳しいルールがあっても良いとは思っています。 あくまでも私の経験による意見です。 ただし、今回の事は何を大きく取り上げたいのか? 痴漢冤罪まで言う事なのか? 申し訳ありませんが私にはわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今回のケースについて自転車を非難したいのではありません。どちらかというと警察の取り調べ姿勢が全般的に不十分であると思っています。 今回のケースに関して言えば 「本当は自動車が通過してしばらく経ってから自転車自身の自爆だったのではないか(つま衝突も驚愕転倒でもない、自転車の自爆)」 「あるいは後続車との事故だったのではないか」 という可能性が高いのですが、警察の硬直した取り調べ姿勢のせいでそのあたりが明らかにされないのが問題だ、という事です。 今のままなら意図的に狙って突っ込んだり、驚愕転倒だととられるタイミング、位置でわざと転倒したりすれば事件なんていくらでも捏造できます。もちろん巷でいくらでもやられて、それを警察はいくらでも見逃していることでしょう。 === もっと言ってしまえば、日常生活でちょうど骨折でも抱えた人が左折する自動車の左後方の数m以内で転んで医者へ行けば保険金ががっぽり稼げます。自転車が狙っていたのか、待ち構えていたのか、本当はその位置に居なかったのではないか、という整合性は一切問われません。 現在の警察の捜査方針・能力であればそういう事が簡単に可能であるという事がよくわかりました、という事です。

  • 回答No.5

>極端な例を言えば、北朝鮮の工作員がホームレスや多重債務者を雇って失脚させたい公務員(えらい政治家ではなくて、所轄の警察署の幹部職員とかでも十分)の自動車の通勤経路の左折時に自転車で突っ込ませれば一丁上がりです。 >歌舞伎町で勢力を伸ばす海外出身の勢力なんかがやりそうです。 その通り。そういうことが可能だからこそ、社長や政治家には「社用車」や「公用車」が用意され、本人が運転しなくても済むように「運転手を付ける」のです。 そうすれば、質問者さんの言うような「当たり屋」の罠にハマったりしません。運転の責任は「雇われた運転手」が取れば済みますからね。 日本は「まだマシ」ですよ。中国とかロシアとか行ったら、もっと酷い状況ですよ。 ロシアなんかは、相手がゴネるのが普通ですから、みんな、自分を守るため、ドライブレコーダー付けてます。この間の隕石の映像がたくさん撮影されたのも、ドライブレコーダーが普及してて、ドライブレコーダーに映像が残ってたからなんです。 中国なんかは「最初に現場にかけつけた公安」に10枚ほど握らせれば、事故そのものが「無かったこと」になっちゃいますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お付き合いありがとうございます。あまり笑えないご回答ですね。当たり屋も政府公認ということですか。すなわち事故の状況からは調べる気はないから回数を重ねるまでは当たり屋に利益供与することを約束しますと。金持ちが運転手雇って身を守るのは自由ですが、反社会勢力にお金が渡るのを野放しというのはいけませんね。 もちろん事故状況なんて第3者が全てを正しく理解する事はできないかもしれませんが、自動車も止まっているものにぶつかっているわけではない以上、被害者側の動きもできるだけ記録するのはごく当たり前の事だと思うし、それでわかる事もたくさんあると思うんですけれど。

  • 回答No.4
  • nik670
  • ベストアンサー率20% (1484/7147)

俺、、、バイクも乗るのでけっこう事故しましたが 過失割合を決めるのは保険屋同士です。 その時に警察の実況見分を元に決めるのでは無く 保険屋が事故車の状況や本人に確認しながら決めて いると思います。 すなわち事故証明書は何月何日に誰と誰が事故した という証明なだけなのではないでしょうか? だから被害者の状況はそんな細かく書かなくても 現状だけでいいような気もしてしまいます。 この調書を元に保険屋が過失割合を決めるなら 一部始終をきちんと書き留めてくれないことには 困りますけど、察するに警察の調書で過失割合を 決めているとは思えないのですけどね。 単に事故があったよの証明なのではないでしょう か? だから物損事故などわざわざ警察に届けなくても 保険使えるし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。民事に関してはおっしゃるとおりのようですね。ここではあくまでも刑事の冤罪を生みやすいのではないか、という事を問題にしています。 自動車の動きはこと細かく記載するのに自転車の動きは一切書かない。これでは本当の事故の原因の究明もできないし、発見できる冤罪もわからなくなります。

  • 回答No.2

必要ないし現場検証では解りませんね。 >その時すでに左折ウィンカーが出ていたことは証言でも明らかです。 ウインカーを出すことは左側不確認の免罪符にはなりません。 >さらに左直事故になるには自転車が30km/h以上で突っ込んでこないと追い付いてこられませんが、 それ以上の速度で左折していたのならそれだけで安全運転義務違反になりますね。 気に入らないなら公判請求して裁判所による検証を求めるか自力で検証するしか有りませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 実況見分によると自動車は10km/h以下です。それと路側帯の道路標識のところ(自転車が車の後ろについて追走した時)の車間距離から逆算して、自転車が30km/h以上になるという意味です。

  • 回答No.1
  • 1582
  • ベストアンサー率10% (293/2664)

思いません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 交通事故の実況見分についての質問

    この前の日曜日に交差点で自動車同士の衝突事故にあったものです。今日人身事故として警察署に出頭し、被害者として簡単な取調べを受けてきました。事故の状況から言うと相手側の信号無視で100:0のケースであるはずでした。その取調べでもこちら側には特別な非は無いでしょうというような話を担当の警察官の方が言っていました。この場合、相手の加害者側は被害者である私の言い分を元に交差点のどの位置で黄色信号でどの位置で赤になったのかなど、衝突までの両車の速度の関係から位置関係を図面化して相手に信号無視を認めさせるというような話を聞いておりました。しかし、今日相手の保険会社の担当者から警察の取調べでも黄色信号での直進で認めてもらったという内容の報告を受けたと聞きました。警察の取調べとはこんないい加減なものなのでしょうか?

  • 交通事故

    交通事故のことでお聞きしたいのですが 自転車と原動付自転車の事故です。 自動車1台分が通れる車幅の道を原付が走行中、横から自転車が飛び出して衝突、 原付は法廷速度で走行、自転車は一旦停止の場所での飛び出し 原付運転者は軽い擦り傷、原付は部分的に壊れました。 自転車運転者は軽い打撲、自転車はぶつかった箇所が曲がりました。 警察の取調べでは 1・原付運転者は減速、もしくは、かもしれない運転を心がけるようにと 2・自転車運転者は一旦停止はきちんと停まり、確認しなさい 病院代はすべて原付運転者に請求、新しい自転車を買ってほしいとの事ですが、免許をもっている原付運転者が100パーセント悪くなるのでしょうか?

  • 自転車どうしの交通事故

    交差点での自転車どうしの交通事故に母親があいまして、相手は11才で警察は刑事責任をとえないといっています。母親は心臓の手術をするぐらいのケガをおいました。本当に相手にたいして刑事責任を問えないんでしょうか?

  • 交通事故の場合どうするべきか?

    自転車に乗っていて危ないと思うことが多々あります。 最近、車と事故りそうになったことがあり、もし事故をした場合どういう刑罰があり相手はどうなるか?自分はどうなるのか?逆に事故にあったときは自分はどうするべきなのか? そのような事が知りたくて質問させていただきます。 ■ケース1 見通しのよい交差点での場合。 自分は自転車なので、歩行者と同じ横断歩道の所にいます。 信号が変わり、歩行者や自転車が歩き出し始めるにも関わらず、車がそのまま急発進してきて左折してきた場合、これは「ぶつかる危険性が大で、事故が発生する可能性も大です」が相手は何も思ってないようで、急発進させてそのまま左折して通り過ぎていきましたが、顔を見ると「運転してるけど何か?お前らが止まればいいんじゃない?」という様な雰囲気でさっていきました。 この場合、事故した場合はどんな罰があり、どちらが悪いんでしょうか? ■ケース2 雨が降ってたので傘をさしながら自転車を運転していた場合です。 車の運転手は、携帯電話で話をしながら笑いながら喋っており、ハンドルは片手です。 見通しが悪い普通の道路で、自転車が大通りの方を走っており車がメイン通りに出る為に急に飛び出てきた場合、車と自転車が衝突しそうになったこともあります。 相手は当てなければ平気と思い、運転してるようですがもし接触したり事故が発生した場合は、どちらに非があり、どんな罰がありますか? この場合ことが発生すればどうすればいいんでしょうか?

  • 交通事故

    左折の際に運転が未熟の為 大回りで右によけて左折した時 後方の軽トラックと追い越し衝突。乗用車は、左前方 軽トラックは、右後方に衝突した保険会社の交渉では、50:50とされ双方で自車の修理をすることと言われました。 判例とかありましたら教えてください。

  • 仕事中の交通事故で加害者になりました

    私は、仕事中に交通事故をしてしました。 私は自動車で相手は自転車でした。 内容は、一方通行のところを5m弱くらい逆送し、左側を見らずに 左折して自転車の方と衝突して、1週間の怪我を負わせてしまいました。事故でかかったものは、治療費と自転車代、自動車の修理費(会社の車)です。会社側は、仕事中に負った交通事故だから、任意の保険は使用しないから、自賠責保険でオーバーした金額を全て私に払えといってきています。 私に責任があるのはわかりますが、仕事中にした交通事故なので、 会社にも何割か払っていただきたいのですが、一般的には職務中の交通事故の責任は、どのくらい責任を負えばよいのか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 自転車同士の交通事故

    先日、自転車同士の交通事故が起きました。 その示談に向け、現在猛勉強中です。 事件の概要:  ○14歳以上の未成年(以後A)と70歳以上(以後B)の自転車同士による衝突。 ○Aは無傷、Bは入院中。 ○双方、保険加入なし。 以後、Bの関係者として記述します。 Bの証言によれば、Aはよそ見をしていた。そのうち近づいてしまい双方よけられず衝突した。 Aの証言は詳しく聞けていません。警察の現場検証の結果、「物損」扱いになっているようですが、 Bは、腰椎圧迫骨折による少なくとも2週間以上の重傷です。 ここで、最初の疑問点です。 1.自転車は、壊れているようには見えませんので物損というのもおかしな気がしますが、 相手が未成年で、自転車同士の事故だと物損扱い以上にはならないのでしょうか。 それとも、未成年という点が加味され、どっちもどっちと判断されたのでしょうか。 現場検証担当の警部補によれば、相手が未成年だから、の一点張りですが、 14歳以上から刑事責任をとれるはずだと思います。 もちろん、この場合、けがをさせた方が一方的に悪いわけではなく もっと早くよけていればよかったBともっとはやくBに気付いていればよかったAとの 過失割合の問題になると思いますが、どちらにせよ、椅子にも座れずベッドに貼りつけ状態に なり、いつ退院できるともわからない状態のBからみれば、物損で処理されるというのは どうにも解せないというところです。 ここで2番目の質問ですが、刑事責任は、それで納得する、と仮定します。 こちらも未成年に罪を負わせることが趣旨ではありません。問題は 賠償(民事)責任です。 これが、刑事における判定と無関係ではない可能性もあるので この点がおおいに気になるところです。つまり、物損扱いとなっている ケースで、民事責任においては、自動車事故に匹敵するような、もしくは それを参考にした賠償請求が可能かどうかという点です。 民事の場合は、刑事の場合と違い、刑事で問えなかった罪を民事で問える可能性があると 理解しております。つまり、刑事で、あいまいだった(確定しなかった)場合でも、どちらかが 負傷した場合、もちろん過失割合をもとにするのは言うまでもないですが、 怪我を負わせたほうが(このケースの場合、Aの親御さん)、負った方に賠償する 責任が生じるかどうか、です。さらにいえば、民事では、怪我をさせたほうが加害者、 した方が被害者と割り切れるのかという点です。 また、自転車事故では、後遺症認定は出来ないらしいという記述をネット上で見ましたが 逆に、自動車事故に匹敵するような怪我が生じた場合、自動車事故における 賠償を適応するケースもあるとの判例も見ました。 このあたりは民事責任の範疇だと思われますが、刑事責任上、物損と扱われているものに対して、 民事(賠償)責任においては、人身事故としての扱いが可能なのかどうか この点を特に知りたいと考えています。 2番目の質問がダラダラと長くなりましたが、刑事に於いて物損扱い=民事においても全責任の免れ、という事態を一番恐れている次第です。 有識者の方、もしくはご経験者の方からご教示いただければ幸いです。 本人の病状を心配する余裕がなく示談の準備に奔走しなければいけないことに 口惜しく感じております。

  • 交通事故について

    交通事故について 信号のない横断歩道で事故がおきました。 私が自転車で横断中に自動車が強引に直進してきて私が自動車の側面(ドア)に衝突しました。 過失割合割合はどんな感じですか? 病院に行きたいけど治療費建て替えるお金ないんですがどうしたらよいですか?

  • パンクは交通事故か?

    交通事故を起こしたら道路交通法に基づき警察へ届なければなりませんが、この場合の交通事故の範囲がよく分かりません。例えばカーブを曲がり損ね電柱に衝突するとか、路肩に転落するとかというのは自損事故として警察に事故届を出すというのは判りますが、 1道路を走っていて、前の車か対向車かよく分からないが石がはねてきてフロントガラスにヒビが入った場合 2道路に誰が落としていったか判らない板きれに釘があってパンクした場合 3ハンドル操作を誤り路側帯や中央分離帯にタイヤが接触しパンクした場合 これらの場合に交通事故としての届出は必要なのでしょうか? 保険での賠償を考えるのではなく、法律上の考えとして道路交通法の交通事故の範囲がどうなっているかということですが、教えてください。

  • 自動車の左折時の一時停止について

    自動車が歩道のない(路側帯のみの)道で左折して道路外の施設に入る際の話です。 路外の施設に入るので路側帯を横切ることになります。 一般に左後方から来るオートバイや自転車を左折時に巻き込まないように左端に寄せて隙間をなくしてから左折することになっています。しかし路側帯を横切る前には一時停止する義務があったと思います。 そうなると正しいのは、 1. ・一時停止 ・発進して路側帯に入り込むように寄せる ・左折 2. ・発進して路側帯に入り込むように寄せる ・一時停止 ・左折 理屈通りなら1.が正解でしょうか? しかし一時停止して左後方の安全確認後に左側のすきまを埋めるというのは意味がないような。