• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ おじ捨て山 おば捨て山がなくなった?

2040年は日本の人口の30%が高齢者になるそうです。 これでは年金制度も破綻し、社会で支える勤労者側が不足します。 既に人生を謳歌し、人生の目的を果たした方(もしくは 目標に向かう事を止めた方)には 退場さいていただかないと社会がもちませんね。 昔は 若い人の為に最後の役割として、おじ捨て、おば捨て山へ自ら向かったのですが。 今はそれが無くなってしまい、無為な最期を待つだけになってしまいました。 これからの日本のためにも このおじ捨て山、おば捨て山を復活させるべき、と思うのですが、、。 自分の子や孫の世代の事を考えて、、、。 なぜこの各山は無くなってしまったのでしょうか? (追記、その 山ができ、その時が来ればもちろん私は行くつもりです)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数18
  • 閲覧数849
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.17

2040年には私は生きてるか死んでるかわかりませんが、貴方のおっしゃる事はなんとなくわかる気がします。 「おじ捨て、おば捨て山」の考え方は、今では「死にたい自由、死なせてもらう自由」すなわち「安楽死させて欲しい」と言う事になるのだと思います。どなたか「自然界では食べれなくなれば死ぬ」とおっしゃっていましたが、治る見込みもないのに、いたずらに延命処置を施すのは高額な医療費や治療費がかかり、老人にとっても迷惑です。 医者と病院と生命保険会社等が儲かる仕組みが出来上がり、死ねば葬儀関係者(僧侶も含む)が儲かり、老人患者が高額年金受給者であれば、子孫は親が生きている間、その幸運にあやかれる。・・・等々。利害がからんでいるので簡単にはいかないんでしょうね。 私は船井幸雄氏がおっしゃっているように大麻を解禁して「死ぬ自由」を取り戻したいものです。宗教学者のどなたかが、おっしゃっていましたが「死期が近づくと少しづつ食をへらしてミイラのように安らかに死んでいくのが理想」と・・・・私も同感です。 生まれ変わるか、千の風になるのか、永遠の眠りにつくのか知らないけれど・・・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • おじさま・おばさま!!(´∀`●)

    自称おじさま・自称おばさまのみなさンゎ どぅいった音楽を聴くンですヵ?? 率直に有名でいぃので教えてくださぃ><; ついでに 次の1,2,3を部分的にでも視聴して 聴くに耐えるかどうかといぅ簡単なコメントいただけるとありがたぃンですが・・・; 1 Karate High School 'Good News and Bad News'←シンセポップ、ポップパンク 2 Ellison - Joanna, Open Your Eyes←エモ 3 Lupe Fiasco ft. Pharrell - I Gotcha←ヒップホップ ユーチューブとかで聴けますッ!! ぁぃわローリングストーンとかレッチリとかの良さがまったくわかンなぃ悪ぃ仔なンです。・゜・(*ノД`*)・゜・。 シクシク

  • 苦労したこと、辛い経験したことの体験を聞きたいです

    皆さん(特に高齢者)どんな苦労や辛い事を経験しましたか教えて下さい。 先月温泉で77歳の女性に20才代の子供2人をガンで亡くした経験談 を聞きましたが、気持的にはこれ以上の悲しさや辛さはないだろうと 思いました。 今の時代高齢者が多すぎて国の財政を圧迫すると言いますが この戦後の日本を作ったのもこの高齢者達です。 今の高齢者がどんなに苦労と辛い思いで戦後の日本を作ったか 私の体験した文章を読んで欲しいです。(でも戦中の死ぬか生きるか の時代を体験した方達から見たらお恥ずかしい体験ですが。) 今の高齢者達は大なり小なり皆同じような辛い経験しているはずです。 若い人からみたら私達高齢者の辛い経験は想像すら出来ないと 思います。 日本国の財政が破綻寸前です。 破綻しても戦争と違いインフラは残るし山河?はそのままだし でも、辛い経験したことがない若い人達には相当キツイと思います。 私はどんな貧乏にも耐えられる事が出来ます。 それでも、昔の餓死するか、どうかの時代よりははるかにましです。 昔のようにはならないと思いますが、でも心配ですね。

  • おば捨て山はいつごろまであったのか

    おばすて山っていつぐらいまで存在しましたか? また捨てられた老人は飢え死にしていったんでしょうか 現代社会もお金のない老人はおばすて山状態だと思いますが またおじ捨て山という呼び名ではないので捨てられたのはおばあさんだけなんでしょうか

その他の回答 (17)

  • 回答No.18

賛否両論ですよね、この話題は。 ちょっとズレるけど、どこかで逆の話は見たことがあります。 助産婦の話です。 昔は助産婦が赤ちゃんを取り上げることが多かったです。 産まれてきたとき、生まれつき障害を持っている子だと分かった場合は、その場で助産婦さんがキュっとしめていたそうです。 そして母親には「死産」として報告。 その子と親の今後を考えたら、親がいなくなったときこの子は独り立ちできない。 それを見極めるのも助産婦の責任だ。 みたいなことをどこかで読んだ記憶があります。 (しっかり覚えてないので使ってる表現は違うけど、ニュアンス的にこんな感じでした) 私の母はとっても元気だし、まだまだ若いですが、 「元気な時に言っておくね。延命治療はいらないから。」と私に言いました。 一人になったとき涙が出ました。 でももしも、もしもそうなってしまった時は母が言ってた事を尊重したいと思います。 私は母を尊敬してます。まだまだ甘ったれだし、いなくなったら困るし寂しいし、お母さんの話の映画だとかテレビとか見ちゃうとすぐ泣いちゃって全然見れないんだけど、言われた母の言葉はしっかりと心に留めておこうと思います。 そして、自分にもそういう時期が来たとき、もし子供がいるのなら同じ事が言える様に、成長していきたいなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.16

視点が違うと思います。真の資本主義に失業保険や退職金、年金制度はありません。馬鹿な野郎が福祉、福祉と喚いて年金制度を創った。定年まで働いたら後は遊んで暮らせる、働かない者に金を渡していたら財政が破綻することぐらい判るでしょう。しかも団塊の世代は多い。零細企業は死ぬまで働いてますよ。年金も少ないし、退職金も少ない、出ないこともある。貴方の視点は企業を中心に考えておられる、元気でリタイア、それがそもそも間違いです。何でもかんでも国や企業に賄わせて、国や労働組合に踊らされて、適当に楽しんでその結果が楽あれば苦ありです。人間死ぬまで働けば捨てられることはありません、突然死にます、元気で死ねます。延命治療も必要ありません。働かないで楽しもうは結果であって、国が用意するものではありません。宗教と同じです、人間さま様という考え方、おごりです。食わんが為に働いて、働けなくなったら逝くのです。地球上の生物はみんなそうしています、人間を崇高な生物と特別視するから方向を間違えるのです。零細企業を見習えです、生きることに安心なんてありません。生きる事を否定するような馬鹿な制度を導入したことを恥じるべきです。と思うのですがどうでしょか、言い過ぎですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.15
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21832)

”なぜこの各山は無くなってしまったのでしょうか”     ↑ これは物語です。 実際にあったかどうかは判っていません。 アニメをみて、あのような素晴らしいヒーローが いたのに、どうして今はいないのだ、と いうようなものです。 現代の、豊かな日本を造ったのはお年寄り達です。 お年寄り達の若い頃のは貧乏でした。 持ち家などほとんどありません。 みな、トイレも風呂も無い借家住まいでした。 食べ物だって貧しかったのです。 お陰で、今の年寄りは身体が小さく短足ばかりです。 海外旅行や車など夢の又夢です。 着衣などはみな兄弟のお下がりです。 そういう人達が歯を食いしばっていまの豊かな 社会を築いたのですが、それに貢献したお年寄り達は その豊かさを味わう時間がありません。 歳を採ると欲しいものも無くなってきます。 その反面、いまの若い人は、豊かさには何も貢献して いないのに、豊かさを享受しています。 これは非常に不公平です。 その不公平は、今の劣化した若者がその豊かさを味わう 資格があるのか、という疑問を感じる時、倍加します。 何も貢献しないで豊かさを享受しているのですから、お年寄りの 面倒ぐらいみるのは公平で当然だと思うのですがどうでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.14

現状の住める空き物件は15%程あると言われてます。 食べ物も廃棄される量はトンデモない量で、医療に関しては日本だけが唯一胃瘻で、病気でない老人に延命措置をする。 海外では口から食べられなくなった食欲減退老人は入院させる様なマネはしない。 胃瘻には誤嚥性肺炎を起こして拷問になるし、その前段階であるだろう継続的な栄養点滴についても、多くの老人は副作用として気が狂う程の頭痛吐き気。目めまいの拷問さらされる。 海外では日本のこの様な終末的治療は非人道的でありえないとされてる。 この治療行為を無駄とし、もし、「してはいけない」という法律を作ったら、日本から相当の医療負担が減る。 つまり、今の日本においては、日本が工夫さえすれば、叔父捨て叔母捨てする必要性なんて無いのです。。 親の面倒を観るのを放棄したら罪人になるという社会構造で、脳梗塞とかで倒れたりして下手に生き長らえたら介護する方は大変。働いた給料が全てデイサービスで飛んで行ってしまうし、遊ぶこともできない人生になりうる。 親に甲斐性があったならまだしも、そうでないならと考えるとゾッとする。 だから親の介護で本当に駄目感を感じたら、私は親を見捨てて犯罪者になるのも悪くないと思う。 現状の問題性を社会は知るべきだろうし、裁かれれるべきは実は、社会も同価値にあるのではないかと思うから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13
  • kanden
  • ベストアンサー率21% (176/802)

まずは年金のすり替えの反論です。 最初会社に入って年金の説明があった時「これは将来定年後の生活安定の為の積み立てですよ」と社会保険事務所から説明を受けたのです。大半がそうでしょう。従って運用益を除いた積み立て分を当然の如く貰っているつもりです。 一体何時から今の若い世代の世話になっていると言う事になり、あなたの様にそれが常識の如く思い込んでいるのか不思議です。これはすり替えですよ。年金が破綻したのは大金かけてハコモノを作っては二足三文で売り払って損失を出したりズサンな運用をしてきた結果なんですよ。 私はまだ老齢と言う域に入っていませんが延命までして生きたいと思わないので自分で食事できない様になったら安楽死を望んでいる事を書き残しています。 でもね、私が経験した家族ですが夫婦に子供7人両親の親4人の農村家族がおりました。総勢13人、それぞれがそれぞれの出来る仕事を分担して実に活気ある家族でしたな。 そこに行けばあなたの様な不健全な考えから目覚めるかもね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.12
noname#194996

>このおじ捨て山、おば捨て山を復活させるべき、と思うのですが、、。 自分の子や孫の世代の事を考えて、、、。 冗談を言ってはいけません!年金破綻は老人の責任ではあありませんよ。あなたがたこそ、昔は自分の責任で老人達を丸かかえで死ぬまで世話したのです。それをせずに死ねとは、鬼にも勝る極悪ですね。 がんばって時代を築いた老人達を大事にせねばならないとは思いませんか? >その 山ができ、その時が来ればもちろん私は行くつもりです 提案者なら当然です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11

No-1,2,3、の回答は爺婆が居なくなれ、とあなた同様。  No-7さんが最高に面白い傑作賞。  さて、ごめんなさいね、爺いで~す。  私も、あなたの主張は理解できる。したがって、動けなくなったら潔し、覚悟は抱いております。したがって、全ての医療は自ら止めるつもりです。  さて、この問題はNo-2さんが言う、人権保護政策に関する医療形態が異常であることから、これを何とかしなければならないかもね。  看護に疲れた高齢の人達が、思い余ってこの世から離した行為も犯罪とされるなど人権保護に関する75歳以上については考慮する必要性はあるかもしれませんね。  ただし、高齢者が邪魔であると考える人達が増えることは、社会性が歪んでいるのが背景にあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

>なぜこの各山は無くなってしまったのでしょうか? 山間部まで宅地開発が進み、土地が無くなったからではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • hunaskin
  • ベストアンサー率30% (1855/6064)

もともと姥捨て山なんてものはありませんでした。 そんなものが実在したと思い込むのは桃太郎の鬼退治を史実と考えるのと同じレベルです。 と、いうわけで、前提からして大間違いなので、この質問は無意味という事になります。 所謂、馬鹿の考え休むに似たり、ってやつですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

間引きと口減らしは日本中であった事実ではありません 一部の東北地方の寒村での慣習です とは言え それを復活すると言うのは今の高齢化社会の本質的解決策ではありません 以下は質問文本文です ※既に人生を謳歌し、人生の目的を果たした方(もしくは 目標に向かう事を止めた方)には 退場さいていただかないと社会がもちませんね。 社会から退場させる事と殺す事は根本的にも方法論的にも全く違う概念が実行させる行為です 今でも老人は老人ホームと言う反社会的施設の中に居り 社会とは隔絶していますが それが今や社会を活動的に動かしている原動力にもなりつつあることも 併せて知る必要があるのではないでしょうか ※老人の存在が社会と言う生き物の餌にさえなっていると申し上げています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「おじ」「おば」の書き方

    親戚のオジ・オバに手紙を書いているところです。 オヤジよりも年長なので、オジのほうは伯父と書き、オバの方は年下だから叔母と書こうとしてハタと気づいたのですが、この二つが混在している状態ってよく考えると字面的にちょっとヘンな気も・・・。 こういう場合、伯父・伯母で統一するとまずいでしょうか?

  • おじ・おば・おい・めい

    「おじ・おば」というのは自分から見て親の兄弟のことですよね? で、ここからが疑問です。 例えば、自分より年下の「おじ・おば」も存在するのでしょうか? 祖母(37)―母(21)―自分(5)       └母の妹(3) ・・・とか。 なかなかありえない話ではありますけれども、出来ないこともないかなあと。 年上に向って「おい・めい」ていうのも不思議な感じがしますし・・。

  • 戸籍を取り寄せた。おじ、おばは?

    戸籍を取り寄せましたが、おじさん1人とおばさん1人が書かれていません。家族ではないのでしょうか。

  • 小論文の評価を宜しくお願いします。

    来月29日に受験が控えています。  試験科目は小論文のみです。  受験受けるにあたって必要なこと(例えば、本番時はあまり合否のことは考えずに落ち着いて書く)とか簡単でいいので小論文の評価と重ねて宜しくお願いします。   少子高齢化についてです。   資料1を見ると、合計特殊出生率は年々減少しており、平成16年には人口維持に必要な2・08を大きく下回る1・29まで落ち込んだ。その結果、年少人口と生産年齢人口が減少し、資料2から分かるように高齢者割合は他国と比べても急激に増加しており、2040年には日本の人口の3割が老年人口になると予想されている。私は、少子化に歯止めをかけなければいけないと考える。  以前の女性は、家事や育児に従事するものであったが、現在、男女雇用機会均等法が制定されたことにより女性の地位は向上され、有業率が上昇した。しかし、女性の社会進出を支える社会制度の不備が少子化につながっていると考える。 現在の女性は結婚や出産を期に離職しようとは考えていない。出産後も子育てをしながら仕事をすることを望んでいる。しかしながら、待機児童問題があるように保育施設が完備されていないのが現状である。また、養育費や教育費の負担増も現代の不況には深刻な問題である。よって女性は子供を生むことを避けている。その結果、少子化が進行している。このまま少子化が進めば、労働人口が減少し経済成長は停滞する。そして、所得税収の確保が難しくなり、国の税収は減少する。そうなれば、高齢社会における年金や医療などの社会保障制度の破綻が懸念され、国民の暮らしが危ぶむと考える。 日本はこれからの対策として、保育施設の拡充を行うべきだ。このように、女性が仕事と育児を両立出来るような社会環境を作っていかなければならない。また、定年退職年齢を見直し高齢者の再雇用を充実させることでこれからの問題になる労働者不足を解消出来ると考える。 少子高齢化がこのまま進行すれば経済成長は見込めない。政府は女性に対する支援をより強めていかなければならない。   宜しくお願いします。

  • 女性の活用が進めば少子化は酷くなるか

    安倍首相は成長戦略の一環で女性の活用を声高に訴え、実際に政策も打ち出しています。 しかし、女性が社会に出れば出るほど少子化は進むのではないでしょうか? 確かに女性も働いて収入を得ると、家計も潤い、一時的に税収も伸びるでしょう。しかし、長期的に見ると、働く事と家事、育児の両立に疲弊して今より子供を産まなくなり、少子化が酷くなり人口減少に繋がるのでは。またキャリアを優先するあまり、婚期や妊娠適齢期を逃して不妊がさらに増える懸念もあります。 そもそも、日本の女性は専業主婦志向とキャリア志向に二極化している訳で、前者の勤労意欲のない方々を無理やり引っ張り働かせるのはいくらお膳立てして制度を整えても無理なんではないでしょうか。 むしろ、専業主婦志向の女性には沢山子供を産んで子育てを謳歌して貰える様なサポートが必要では? お金がないから女性もバリバリ働く お金がかかるから子供は沢山産まない この2つのハードルをどうにかしない限り、日本の成長もヘッタクレもなく、人口は減り続けるのでは?

  • 祖父母、おじおばの香典について

    一般的に、祖父母が亡くなったとき、もしくはおじおばが亡くなったときについて、私の勤めている会社から香典はでるものでしょうか?参考までに教えて下さい。

  • 遠方の疎遠なおじ・おばの葬儀について

    近い将来必ずやってくる問題です。 というのも、おじの一人が今治らない病気だからです(義母からの聞きました)。 主人の親戚はみな同じ県に住んでいます。 そこは私たちが住んでいる場所から車で7~8時間、新幹線・電車と乗り継いだ場合は4時間前後(一人往復3万弱)のところです。 どのおじ・おば共、普段の付き合いは全くなく、義父の法事で顔を合わせても主人と私のことだけを完全無視するおじ達(主人と血が繋がっている)です。 私たちが挨拶をしても無視されます。 主人とおば達とは血が繋がっておりません(おじの配偶者)。 おば達とは話をすることもありますが、それはこちらが話しかけた場合で、あちらから話しかけられることはありません。 このような状況でも、おじ・おば達に何かあった場合は、通夜から夫婦そろって参列するべきなのでしょうか? 先日の電話で義母がそう言ってきました。 主人の仕事は無理をすれば休めないことはありませんが後でしわ寄せがあり、また主人が休むことによってかなりの人数に迷惑をかけてしまいます。 無理をしてまで数日の休みを取り、通夜から出席しないといけないものでしょうか? また、主人だけではなく、私も出席しないといけないのでしょうか? そして、おじおばの葬儀出席への休暇は通常何日ほど取れるものなのでしょうか? 両親の場合は1週間と聞いたことがありますが、おじおばだと1日だったという友人もいます。 お教えください。よろしくお願いいたします。 血の繋がったおじなので葬儀に出席するのは当然だとは思うのですが、遠方な上に無理をしてまで・・と普段の付き合いがないだけに思ってしまいます。(いけませんね。。)

  • 日本は人口減少しない方がまずいんじゃないですか?

    今いる人達を減らせといっているのではなく せっかく人口減少社会に入ったのだから無理に出生数を増やす必要性があるのかというのを 問いたかったのです。 日本は供給過剰、労働者過剰状態でのデフレに直入しています。 それもこれだけ女性の労働力率が世界最低水準なのにです。 これで女性の労働力率(社会進出率)が欧米並になってしまうと さらに労働者過剰になってしまいます、だからといって専業主婦を推進なんてしたら 税収も見込めないし、ただでさえ借金が増え続けている国でこれ以上社会保障費の 負担を増やすのも悪だとも思います。 日本はブラック企業や女性の労働力が低いからこれだけの低失業率に 現状は抑えられていると個人的には思っています。 今でも余ってる労働者がさらに機械化や省人化、グローバル化が年々進んでいるのだから さらに余ってきてしまいます。 日本の年金制度も失敗だったと思いますね。 欧州でも同じ事がいえますが 永遠に経済が成長するなんて事はありえない事だし 欧州は人口増加している時も日本と違って緩やかな上昇でしたので あまり高齢者比率は日本ほど酷い国はありません。 よって自転車操業的な年金制度はいつか破綻してしまうのは必然的な事で そろそろ年金制度廃止の方向を進めるべきとも思います。

  • おじ・おばの葬儀参列 遠方

    おじ・おばの死亡の場合(血族) 私の家からは、親が参列します(おじおばの兄弟) 気持ち的には参列したいのですが、遠方(新幹線等で5.6時間)なので周りは行かなくてもよいのではと言っています香典はつつみます。行かないほうがよいのでしょうか? 先方の準備等の関係でお金がかかるなど?なくなる前は行くつもりと話していたのですが・・・・それとも参列した方がよいでしょうか? 皆さんならどうされますか? お見舞いには一度行っています。 ちょっとした質問で申し訳ないのですが、ご意見お聞かせください  

  • 何で人口減少は悪いの?メリットの方が多そうだけど?

    行き過ぎた主義の成りの果てでの人口減少否定なのだろうけど 税収、市場規模の減少、年金しか否定する人ってださないけど、税収増えたって天下りなどに流れるだけだし、そもそも税収はプラスになるほど見込める人なんて総人口の2割程度。市場規模なら海外市場を拡大すればいい、年金制度など不公平な制度はなくせばいい。無職して控除うけて(専業主婦など)長生きする人間がメリットあるなんておかしすぎる。 むしろ人口減る事により、余剰社員の削減で他の社員の給与があがる、いきすぎた過剰競争が緩和し、若干労働環境が今よりマシになる、車の量が減り流通がスムーズになる、渋滞減少で通勤時間が縮小する、日本は都市圏集中がすごいから過密すぎる住宅密集が緩和し都市圏の景観がよくなり、超高い人口密度が下がりストレス軽減で若干幸福度などが上がるなどが思いうかぶ。またドイツ?みたいな皆勤労義務にすればよく、ニートや専業主婦などに罰金制度もうければ、労働力減少、税収減少も抑制できるでしょ。日本でまともにフルタイム労働しているのは総人口の6割程度で先進35ヵ国で下から2番目の比率ですし。労働力、税収見込めない人間(定年後の高齢者や未成年除く)なんて、正直、日本の高すぎる人口密度あげて、社会保証にだけは人一倍お世話になり他の労働者の負担になってるだけだし。