• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

第一生命の保険料更新料について質問します。

15年前から第一生命の終身保険に加入しています。 加入時の担当者からは、保険料の支払う金額は年齢換算して計算すると言われました。 そして決まった金額は毎月15000円を30年間支払う話で契約しました。 それが今年の3月に突然このような通知が来ました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 特約更新のお知らせ ・お客様のご契約に付加されている更新型の特約につきましては以下の ・更新後の保険料は現行の保険料率で算出していますが、  保険料は更新日現在の保険料率により今後変更になることがあります。  また、更新後の特約には更新日現在の特約条項が適用されます。 ・ステップ期間の終了に伴い終身保険の払込保険料はステップ期間中より高くなります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 更新後の保障内容の合計保障金額を見ましたら来年から、 7000円も保険料が高くなっていました。 ただでさえ加入時の時よりも給料が下がり毎月15000円を払うのも苦しい状態なのに それが7000円も高くなったら生活がかなり苦しくなります。 こんな不況の時代に保険料値上がりなんておかしいです。 今までギリギリの状態でも一生懸命支払ってきたのにこんな勝手なことをされたら 納得がいません。 保険会社は保険金が支払いたくないから解約か保険料の減額を求めているのでしょうか? 生命保険というのは保険料を勝手に値上がりするのが普通なんでしょうか? 保険について私が勉強不足ですみませんが教えて頂きますようよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2488
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • aozou3
  • ベストアンサー率28% (87/310)

質問者さんの保険は、契約当初から変わっていないはずです 保険証券や契約書類をよく読んでみて下さい ではなぜ加入時の担当者の説明と食い違っているのか? それはただ単純にその担当者が知識不足だったからでしょう 昔の(一部は今も)保険屋というものは、 暇そうな専業主婦を外交員として雇用しては、親類縁者に知人友人までをも保険に加入するよう拝み倒させ、 つてが切れて契約が取れなくなったら雇用終了→自動解雇というやり方を取っていたので、 販売している外交員本人は保険の仕組みなんてものなどまるで解っていなかったのです 今でも、「大体解ってはいると思う」程度の外交員も多いはずです 本部からノルマが「新商品が出たから新契約を1ヶ月に○本取りましょう!」とか 「月額保険料○円以上の保険を○歳以上の男性から○本取りましょう!」とか絶えず来るので、 みんな「あなたにはこの保障じゃないとだめなんです!」と如何にもな理由を作っているだけです 頭の悪い外交員ほど、保障内容や仕組みなどの自社商品知識より、それらしく聞こえるような話術が長けているのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

終身保険・終身医療保険=契約時の保険料は払込満了までずっと保険料は一定です。 定期保険・定期医療保険=定まった期間後の更新で(その時の年齢に基づき)保険料が上がります。 日本の保険会社の保険は基本的に主契約(終身保険)と特約に分かれています。 保険証券を見て下さい。 主契約の保険期間は「終身」となっていて、特約は10年もしくは15年となっているはずです。 つまり主契約以外は全て更新型の定期保険と定期医療保険の組み合わせになっているということです。 納得いこうがいくまいが、それが貴方の保険の内容です。 本当に保険が必要となるのはいつごろからか、このまま継続していったらどうなってしまうのか、わからなければ保険ショップなど代理店をいくつか回って保険に対する知識を深めるしかありません。 いかに無駄な保険を続けていたかを知ることも今後の貴方のためにも重要なことと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

勝手に値上がりはしていないはずです。 とくにステップ払のようなので、最初は保険料を抑える変わりに 更新後は高めという払方です。 そんな説明を受けていないと訴えたとしても、 結果はそういう契約なのでどうにもならないですよね。。。 更新直前になる前に転換や見直しの案内などは来ませんでしたでしょうか? 減額するのか、終身保険の金額にこだわりがないのであれば、 解約して返戻金をもらって、他の会社の保険に入りなおすとかですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 生命保険の保障毎の保険料について

    生命保険の保障毎の保険料について 平成2年の定期付終身保険(パスポート21)の契約の際、”保険料を終身保険、定期保険と医療特約に分けて教えてほしい。”と要望したところ、”パック商品なので分けられない。”との回答でした。 平成14年の転換契約の際は、設計書に保障毎の保険料が記載されていました。 いつ頃から、生命保険会社(第一生命)は保障毎の保険料を開示するようになったのでしょうか?

  • 第一生命の終身保険について

    27歳女 既婚者(子供なし)の者です。昨日、第一生命の終身保険に契約したのですが契約後の今、契約前に疑問に思っていた事が再度、心配になり解約も考えています。続けていても内容に問題ないでしょうか 保険内容 「堂々人生」       5年ごと利差配当付更新型終身移行保険     (10年満期)指定年齢40年後      保険金額      10,000,000円      生存給付金     100,000円     <以下10年満期>      特定疾病定期特約    1,000,000円      障害保障特約      1,000,000円      総合医療特約       5,000円      女性医療特約       5,000円      特定損傷         50000円      入院時給付特約(5日以上)  7000円      合計死亡保険金      12,000,000円      毎月支払額          6,513円 死亡保険金は12,000,000円はいらないと伝えた所、加入後半年位たてば減額できると言われたので後で変更する予定です。あと保険料が更新時、高くなる事についても金額を変えなければそのままの保険料で大丈夫と言われ、医療保障もずっとそのままとの聞いたのですが本当に可能なんでしょうか?可能な場合でも後に死亡保険も減額する予定ですし、ほとんど掛捨て状態になるという事ですか? 長々とすいません セールスさんにも沢山質問したもののいまいち理解できてなく相談させていただきました      

  • 生命保険の更新で新しい保険に勧められて

    生命保険に関して全然知識もないしのでアドバイスをお願いいたします。 平成8年9月に加入  住友生命 愛&愛ヤングスーパー  ステップ払 リガード特約(定期タイプ) Vガード特約付 保険料11200円  更新後11690円 死亡保障3300万円 内訳  終身保険    1072円  定期保険特約   996円  収入保障特約  4032円  リガード特約  1530円  Vガード特約  1550円  その他の特約  2020円 以上が保険内容です。記入不足などありますでしょうか? 10年前の保険なので保険会社が何度も更新ですし今の保険は入院保障が5日目からですから新しいライブワンにしたら良いかと思いますがといってきます。私も支払いがあまり変わらないなら1日目からの保障がいいかと思っています。 古い保険を切替するのは、損だからと聞いた事がありまずが私の場合どのようにすれば良いのでしょうか?少しネットで調べてみたのですが、終身保険だけ残し後は全て解約して入院保障が1日目からの保険に別に入ると言う事が書いてありました。この場合収入保障特約も解約した方が良いのでしょうか? 以上です。宜しくお願いします。

  • 生命保険の更新について。

    生命保険の更新時期が近づいています。 更新後の保険料が今の倍程になる為 とても同じ条件での更新は苦しいです。 更新後の保険料を 今と同じほどの金額に下がる様にして 新しいプランをもらって検討中なのですが こちらで皆さんの保険に関する質問を拝見させてもらっているうち 過去に今の保険も更新時期が来る前に今の保険に切替たことが もったいなかった様な疑問がわいてきました。 当方 恥ずかしながら保険に関して 今まで関心が無く 無知も同然です。 保険員の勧められる保険をそのままに 切替をしてきたように思います。 安心を買うつもりで無知のまま 加入してきたことを後悔しています。 今回 適切な保険に更新するか 解約し掛け捨ての保険に入るか 悩んでいます。 どなたか 良きアドバイスを頂けますよう よろしくお願いします。 主人 54歳  妻 子供3人(中高生) 保険料  21,000円    55歳更新(H6頃加入 H15今の保険に切替) がんを原因とする入院のみ終身保険です。 短期入院特約  新災害入院特約 新成人病入院特約 定期保険特約 3大疾病保障特約 生活保障特約年金   などが特約として付いています。 死亡時は 650万+毎年260万(10年間)です。 変更後のプランは 死亡時1500万  病気やけが入院一時金 25000円 総合医療特約 日額5000円 がん入院(終身)5000円 以上 分かりにくいかも知れませんが よろしくお願いします。

  • 生命保険の更新時

    今月生命保険の更新があります。 定期保険特約付終身保険で、予定利率が5.5%の時代に入っているものです。今回、定期部分を減額する予定なのですが、終身保険の買い増しもどうか?との営業員の方の提案がありました。この場合の予定利率は加入時の予定利率が引き継がれるように説明されたのですが、送られてきた設計書では、買い増し金額と払込金額がさほど変わず、5.5%の利率ではないことは明らかでした。 更新時での終身保険買い増しはその時点での予定利率が適用されるのでしょうか? お教え下さい。

  • 第一生命の逓減定期保険について教えてください。

    第一生命の逓減定期保険について教えてください。 今入っているのは5年ごと利差配当付き更新型終身移行保険(堂々人生)というもので、これを順風人生(5年ごと配当付き終身保険)に変更を勧められています。現在37歳で3年目の見直しが一番下取りが高いらしく、更新を薦められています。(死亡保障2300万円)。今回の見直しで三大疾病の特約とかを含めると今のほ5000円ほど上がってしまうので、特約はできるだけ削除したいと思っています。10年ごと更新なので10年後に金額が倍くらいになるため、いろいろネットで調べて逓減定期保険のことを知りました。ただ第一生命のネットを見ると 逓減定期保険は40歳以上からとなっており特約となっています。 たとえば子供が成人する20年後くらいには保障が0近くになるように設定する場合、40歳まで待ってから逓減定期保険に入ったほうがいいのか、それとも今の保障を今のタイミングで見直して順風人生(5年ごと配当付き終身保険)に入りなおしたほうがいいのか、どうでしょうか?

  • 生命保険の更新のアドバイスをお願いします。

    こちらで少し検索して勉強しましたが、悩んでしまったので、アドバイスをお願いします。 (保険のオバサマと話しをする前に少し知識を・・・・) 主人の生命保険です。現在40歳、来年1月に誕生日で41歳。 現在加入の保険は、朝○生命 定期保険特約付き普通終身保険 あんしん倶楽部 26歳の時、h8年に契約しています。 来年6月末で特約は保険期間終了です。 主契約 普通終身保険 60歳払込終身、ステップ払込 300万円 特約   定期保険特約、長期保険特約、災害割増特約、傷害特約、 手術給付金付きし疾病入院特約、成人病入院特約  を付けてます。 以上で、現在の保険料、1万3千円強です。 プラン表の枠外の下に、保険料算出用利率は2.75%とあります。 保険のオバサマから新しい、二つのプランが送られてきました。 Aプラン 保険王プラス  契約転換制度 利率変動型積立保険 終身 新長期生活保障保険150万円 60歳まで。 普通終身保険(低解約返戻金型)200万円、終身払込終身 医療保険、生活習慣病(ガン保険的なもの)が 61歳まで。 保険料 1万8千円強  *一時金転換価格64万円 *積立金推移、19年後(60歳時)70万円 このプランの指定契約の保険料算出用利率は1.65%とあります。 Bプランは  普通終身保険(低解約返戻金型)200万円終身払込終身は同じ 新長期生活保障保険100万円で 60歳まで 普通定期保険が足されて、350万円 60歳まで 医療保険、生活習慣病(ガン保険的)が 70歳まで。 で、こちらは、積立金活用制度を利用してあり、 保険料2万円弱ですが、 積立金を利用し 1万五千円程度  *一時金転換価格180万円 保険料算出用利率は1.65%とあります。 *積立金推移、19年後(60歳時)100万円弱です。 単純な疑問ですが、 スタートが同じなのに、(元の契約は同じなのに)二つのプランでなぜ、 一時金転換価格が違うのでしょうか? 補償金額は、もう少し調整するとして、良心的なプランはどちらでしょうか? (Aプランの60歳で入院保障が切れてしまうのは不安の様な・・・・60歳で更新するのもそこからぐっと保険料が上がりますよね) 他の皆さまの質問の中に転換しない方が・・・・というお話もありますが、 普通終身保険 60歳払込終身、ステップ払込の場合は 転換しない方が良いという考え(保険料算出用利率が良いまま)は この場合当てはまらないと考えてよいのでしょうか? 転換しないとステップ方式はそのままで、15年後(55歳)に更新、上がると言うことですよね。 この二つのプランを出してきたということは、それぞれ、良い点、悪い点があると 思います。 皆さまのご意見をおしえて下さい。 言われるがままに契約しないようにと思っております。 主人は他に、朝○生命の 個人年金保険にも入っています。契約日が h5年です。 毎月5千円程度の保険料で、60歳から年額59万円(10年確定)と書いてあります。 (60歳前の死亡時の所定の死亡給付金は、今、手元にある表には書いてありません) 保険料算出用利率は5.5% とあります。 これは、そのままにしておいた方が、良いと思っていますが、皆さまのご意見をお願いします。 無知な質問かと思いますが、宜しくお願いします。

  • 夫の生命保険の更新について。

    夫の生命保険が平成23年に更新となります。現在加入している保険は平成3年に加入した定期付終身保険で、平成23年までは定期保険部分の3500万円の保障と日額5000円の医療保障があるのですがそれ以降は終身保険部分の500万円だけになります。 現在年払いにして16万4000円ほど払っているのが、そのまま定期部分を継続させようとすると更新後は25万5000円ほどになります。終身保険分の支払いは平成33年までで、定期部分を継続させないなら平成23年から10年間は年額4万5000円程度ですみます。 更新時、夫は43歳・子供は12歳と9歳になり、まだまだ保障がないと困るとは思うのですが、保険料金が急に上がるため何とかできないかと、昨年から夫の会社の共済に加入しました。月額4000円で2000万円の生命共済に加入しています。 そこでご相談です。当方としては夫の生命保険の定期部分は更新せずに終身保険部分のみの保険料を平成33年まで支払い続け、足りなくなる定期保障・医療保障は会社加入の共済にしたいと思っています。月額の掛け金は今よりずっと少なくすむと思います。また共済の生命共済の掛け金は今の倍額にすることも可能です。 この判断は正しいでしょうか?ご教示お願いいたします。

  • 生命保険更新時の見直しについて

    生命保険の更新時期がきます。 「死亡保障額を減らして、入院や病気時の補償を少し上げたい。 保険料は今と同じか下回るくらいにしたい」旨を伝えた後、担当者から提案をいただきました。 <現保険内容> 第一生命 生存給付金定期付終身保険(S62)コーラス (ステップ払込み方式 月支払い 10500円、10年後更新時保険料 12500円) ・死亡高度障害補償 2000万円 ・入院時補償 各5000円、手術給付金有 <おすすめプラン> 5年ごと配当付終身保険 順風人生 (月支払い 12800円、10年後更新時保険料 19500円、払込み満了 60歳) ・死亡高度障害補償 2000万円(シールド(特定疾病補償)特約定期 300万円、スーパーリライ(障害補償特約)100万円、定期保険特約 1480万円、終身保険(主契約)120万円) ・入院時補償 5000円 ・入院一時給付特約 5万円 ・手術時 20万円前後 収入が低く今後支払い能力に不安があり、子供がいないため死亡保障も極力減らし(葬式代くらいあれば十分)たいと、再度伝えたものの、 「コンピューターにエラーが生じてしまうので不可能。とりあえずはこの金額で更新をして、1年くらい経てば減らすのは可能。」 という返答でした。 死亡保障よりは老後補償を考えたいのですが・・・。 アドバイスを宜しく御願い致します。

  • 生命保険の最低保障金額について

    生命保険の最低保障金額について教えて下さい。 現在23歳で、終身保険、終身医療保険に加入したいと思っています。 ライフプランでは終身保険は500万円あれば十分です。 しかしその旨をN本生命のセールスレディの方に告げたところ、 保障の合計金額が2000万円を超えないといけないとの事。 定期保険で2000万は普通だと思いますが、終身保険の保険料が割高なので終身保険の500万円込みで2000万(三大疾病等合わせて)にするにはライフプランに合いません。 各保険会社で最低保障金額は違うのでしょうか? 例えば、1000万円から入れる会社はありますでしょうか? また、会社にかかわらず、終身保険に入る上でいい方法がありましたらご教授願えればと思います。よろしくお願いします。