• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

第一生命の終身保険について

27歳女 既婚者(子供なし)の者です。昨日、第一生命の終身保険に契約したのですが契約後の今、契約前に疑問に思っていた事が再度、心配になり解約も考えています。続けていても内容に問題ないでしょうか 保険内容 「堂々人生」       5年ごと利差配当付更新型終身移行保険     (10年満期)指定年齢40年後      保険金額      10,000,000円      生存給付金     100,000円     <以下10年満期>      特定疾病定期特約    1,000,000円      障害保障特約      1,000,000円      総合医療特約       5,000円      女性医療特約       5,000円      特定損傷         50000円      入院時給付特約(5日以上)  7000円      合計死亡保険金      12,000,000円      毎月支払額          6,513円 死亡保険金は12,000,000円はいらないと伝えた所、加入後半年位たてば減額できると言われたので後で変更する予定です。あと保険料が更新時、高くなる事についても金額を変えなければそのままの保険料で大丈夫と言われ、医療保障もずっとそのままとの聞いたのですが本当に可能なんでしょうか?可能な場合でも後に死亡保険も減額する予定ですし、ほとんど掛捨て状態になるという事ですか? 長々とすいません セールスさんにも沢山質問したもののいまいち理解できてなく相談させていただきました      

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1227
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>死亡保険金は12,000,000円はいらないと伝えた所、加入後半年位たてば減額できると言われたので後で変更する予定です。 なぜ半年後に減額なのかよく分かりません・・・。 半年後減額できるというのは、半年以内に減額されると担当者が困るということでしょうね。 いらない保険に入るほど無駄なことはありませんよ。 いらないのなら、すぐにでも減額したほうが良いです。 更新時同じ保険料で、同じ条件では更新できません。 27歳から36歳までに、死亡もしくは入院する確率と、 37歳から46歳、47歳から56歳に死亡、入院する確率って絶対、歳を取るほど高いですよね? なのに保険会社が同じ条件で更新させると思いますか? もしも、保険料が同じなら、保障内容が下がっているはずです。 保障内容が同じなら、保険料は上がります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自分でしっかり納得できる保険に入る事にしました お返事ありがとうございました

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

参考にしてください。

参考URL:
http://homepage2.nifty.com/urajijou/doudou.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。 ありがとうございました

  • 回答No.1

堂々人生は減額する際、「堂々ファンド」と定期保険特約などがセットになっており(これを主契約という)減額する際は同じ比率で減額することとなっています。多くの場合、堂々ファンドは最低基準保険金額に近く設定されている事があり、減額は難しいか出来ないケースもあります。(下記URL参照のこと) 堂々人生は10年更新しかなく、更新時には減額などの保障の見直しがない限り、保険料は上昇するのが普通です。 解約される場合は、堂々ファンドと掛け捨ての定期保険などがセットになっているので、数年は解約返戻金が出ないケースが多いと聞いています。

参考URL:
http://hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0111.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自分でしっかり納得できる保険に入る事にしました お返事ありがとうございました

関連するQ&A

  • 保険の見直し 医療保険と終身保険について(長文)

    保険の見直しで悩んでいます。調べていると、何がいいのか分からなくなってきました。宜しくお願いします。 ●31歳の主婦(パート) 子供なし(いずれは欲しい) ●現在の保険 第一生命 テンダーU→22歳の時に契約 [主契約]5年ごと利差配当付終身保険 保障額120万 保険料1,050 [死亡・高度障害の特約補償]定期保険特約 保障額3080万 保険料4,738、特定疾病保障定期保険特約 保障額300万 保険料795 [傷害・入院等の特約補償]傷害特約 保障額100万 災害入院特約 保障額5,000/日、疾病特約 保障額5,000/日、女性特定疾病入院特約 保障額5,000/日 →保険料計1,744 ※入院特約は5日以上の入院で5千円 ※主契約は払込期間が50歳で、37歳の時に保険料の改定があり、1,570円になる予定 ※傷害・入院特約は払込期間は終身で、37歳で保険料の改定があり、3,244円になる予定 ※主契約以外は更新型 ●比較中の保険 ソニー生命 [終身保険]変動終身型オプションA 保険期間:終身 保険金200万 保険料2900、傷害特約 保険期間:80歳 保険金200万 保険料159 [医療保険]総合医療保険120日型 保険期間:終身 保険金6,000/日、入院初期給付特約 保険期間:終身 保険金6,000円/日、女性医療特約120日型 保険期間:80歳 保険金4,000/日→保険料5,342 払込期間60歳 ●悩んでいる点 [医療保険]現在の保険は更新型で、保険期間も80歳までだが、37歳までの保険料は安い。37歳まで第一の医療保険で、37歳になってからの変更も考えたが、37歳になって加入する医療保険の金額を考えると不安。 [終身保険]現在の終身保険は、内容は悪くないと思うので残しておきたいと思うが、そうなるとソニーの終身保険に加入する必要があるのか。お葬式代程度の保障額を考えてるので、第一の終身保険+貯蓄にしたほうがいいのか。 [死亡~の特約]必要ないとは思うがセールスの方は、この保険料でこの保障額がある保険はないというので、どうすべきか。

  • 第一生命 堂々人生の保障内容の意味を教えて下さい

    宜しくお願い致します。 保障内容に疑問が生じたので、相談させて下さい。 堂堂々人生 5年ごとの配当付き更新型終身移行保険 終期:2019年で10年満期 主契約:夫 34歳 指定年齢:40年後 保険金額:2000万 生存給付金:15万 (更新時15%増額方式) 5年ごとの配当付き特約 終期:上に同じ 特定疾病保障定期保険契約:特約保険金額100万 特定状態収入保障特約 有期年金(支払期間10年) 特約年金額:80万 特約 終期:同じ 新総合医療特約D(本人型) 入院給付金の支払限度の型120日型 入院給付金日額:5000円 となっております。 疑問1 この保険は、10年で満期となり、次の開始年齢時には、今より保険料が上がり、保障内容はそのままなんでしょうか? 疑問2 生存給付金というのは、第一保険期間だと、10年生きていれば15万、第二保険期間15%増額となるようですが、このお金は、一般的な貯蓄のように満期になれば自由に使えるのではなく、終身保険に移行する為用のお金なんでしょうか?ですから、使ってしまうと終身保険には移行出来ないというものですか? 疑問3 では、生存給付金が終身保険契約をするため用のものなのなら、このお金で毎月の保険料を引いてくれるものなんでしょうか? で、そのお金がなくなり終身保険を継続するためには、きっと高くなった月額保険料を、新たに出さなきゃいけないというものですか? 疑問4 もし、生存給付金を満期ごとに使ってしまった場合、終身保険に移行出来ないのでしょうか?その時、別途支払いが必要になるのでしょうか? 疑問5 終身保険に移行とありますが、その指定年齢になった時の終身保険契約内容と保険料は、その年齢になるまで判らないし、決まっていないものなんでしょうか? 取り敢えず、ここまでお願い致します。

  • 定期保険特約つき普通終身保険の更新にあたり

    平成1年11月に契約年齢19歳(女性)で千代田生命の新医療保険付幸福の保険「リベラルメディカプラン」(新医療保険:主契約・入院給付日額5000円、死亡保険金額50万、特約・通院給付3000円、がん5000円、長期入院あり、毎期払込保険料6952円)(普通養老保険:主契約・満期100万、特約・定期保険900万+傷害500万、毎期払込保険料4590円)に30年払込・30年満期で契約してましたが、千代田生命の破綻により、エイアイジー・スター生命に保険が引き継がれ、平成7年2月に同社との保険契約を次のように結びました。 【現在】契約年齢24歳(転換前契約からの振替、充当額191618円) リビング・ニーズ特約付 新医療付生涯保障プラン プリEX Hiメディカル クラブデビュー(特定疾病保障定期保険)(新医療保険) (普通終身保険) 主契約(終身/60歳払込) 死亡保険金額1,999,991円(内・転換部分 521400円) 特約(平成22年1月31日保険期間満了日/15年払込) 定期保険 19,999,409円(内・平準払部分14,785,909円+転換部分5,213,500円    傷害 500万円 (特定疾病保障定期保険) 保険金額 300万円 (新医療保険) 主契約 入院給付金日額 5000円、看護給付日額 5000円、手術給付 あり、死亡保険金額 50万円 特約 入院初期給付 3万円、女性疾病 日額5000円、長期入院あり、通院給付 日額3000円、高度先進医療(10年満期)500万円 毎期払込保険料 普通終身保険5199円+特定疾病保障定期保険1056円+新医療保険3547円=合計9802円 【更新案】 同額更新モデル 病気による死亡・高度障害のとき 2374万円 災害による死亡・高度障害のとき 2874万円 更新後の保障内容 保険期間  保険金額(日額) 保険料 主契約      終身    941797円  1401円 定期保険特約(平準払)15年  1930万円  6446円 傷害特約     56年     500万円   220円 三大疾病定期保険 15年     300万円  2130円 新型医療保険(新医療保険から)15年5000円 2410円 新型通院特約   15年     3000円   816円 新型女性疾病特約 15年     5000円  1160円 長期入院特約   15年     5000円   265円 新型入院初期給付特約15年   30000円   315円 ★更新後保険料 15163円 ※定期保険特約(平準払)15年を500万円に減額更新すると10387円(他は同条件) 更新にあたり同額モデル等では保険料が1.5倍に跳ね上がってしまうので、医療保険は手厚いまま、独身なので死亡保険料は下げたいと考えています。独身で仕事も派遣ということで少しでも貯蓄に回したいので保険の無駄は極力排除したいです。また、エイアイジー・スター生命も経営的に厳しそうなので、他の保険会社も検討したいと思いますが、20年以上入っていた保険なので他社に乗り換えるのもどうかと思い、皆様からアドバイスをいただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 終身保険について

    23歳の息子のために終身保険(死亡保険金1千万)に大学入学と同時に加入しました。 保障は死亡保険金のみで医療保険は掛け捨てのものに加入しています。 保険料は約¥15,000です。 このご時勢、保険会社も利益が確保できなくなってきた昨今、倒産なども考慮して掛け捨てに切り替えたほうが良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 定期付き終身保険の見直しについて

     死亡保険金3000万円、終身200万、入院・医療特約付き、65歳払い済み、月払い22100円、32歳で加入し20年たちます。これを死亡保険金1500円に減額、払い済みを60歳とする見積もりを取った所、月払い12580円で「100万」の戻りがあるという見積もりがでました。転換や解約でなく、死亡保険金のみの減額で、100万もの戻りがあるのでしょうか。保険金の内訳、22100円の内特約保険料が19830円です。  保険会社に再度確認するとしたら、どのような点がありますか。教えてください。よろしくお願いします。

  • 1000万の終身保険の価値とは

    現在保険の見直し中なのですが、夫の終身保険について教えてください。 97年に当時25歳で死亡保障1000万の終身保険に入りました。 主保険 有期払込終身保険 払込期間60歳 月11700円 特約  災害死亡特約           月490円   特約  障害特約〔本人型〕        月690円 計12880円 普通死亡時に1000万、災害死亡時に3000万の給付金が下ります。 保険料の負担を減らそうと思いFPさんに相談したところ、 現在解約すると解約返戻金は\1118700 払い済みにすると\3393000の終身保険が残る。 死亡保障500万に減額した場合月保険料5850円です。 とのことでした。資料によると 60歳までの保険料累計は¥5409600 60歳時の解約返戻金は¥6004000です。 予定利率はちょっと判りかねますが。 正直、1000万の終身は必要ないのでは?〔葬式代位の終身で〕と思い 減額か払い済みにし、安い掛け捨ての定期を子供が大学卒業するまでかけようか悩んでいます。 しかし死亡してから子供に残せるひとつの財産かな・・・と思うと踏みきれません。でも今の保険料も負担ですし・・・ 私的には、終身は葬式代のみ。保険は掛け捨てと割り切って子供に保障が必要な期間、定期で掛ける。終身保険で積み立てせずに、こじんで積み立てしていく。 とこのような考えも頭をよぎりますが 皆さんはこの保険どう思われますか?

  • 妹の終身保険について

    たびたび恐れ入ります。 父(67歳)が妹(25歳)にかけていたニッセイの保険数件を まとめて1つの終身保険に転換契約しました。 その内容ですが ・終身保険2000万 (35歳払い込み満了・保険料22,435円) ・短期入院特約a日額5000円 (保険期間、払い込み期間共に80歳・保険料315円) ・新災害入院特約a日額5000円 (保険期間、払い込み期間共に80歳・保険料315円) ・新入院医療特約a日額5000円 (保険期間、払い込み期間共に80歳・保険料1,905円) 月額保険料24,980円 です。 私の見解は ・専業主婦の妹に2000万もの死亡保障は必要ないと思うので減額 ・医療保障は解約して別のものに加入 です。 そもそも、結婚した妹の保険の面倒を父が見る必要はないと思うのですが 解約するとかなりの損になりそうなので、上記のようにして月々の保険料負担を減らし その分を父の老後に備えてほしいと思ってます。 契約日は5月からになってるのですが、減額・特約の解約は1年後でないとできないのでしょうか? ご指導よろしくお願いします。

  • 転換の手続きをしましたが・・・(第一生命)

    No.1927751でお世話になった者です。現在32歳女性 ●現在の契約(契約年齢25歳):保険料毎月:7291円 第一生命・テンダーU(15年更新型、60歳振込満了)・死亡・高度障害時:1500万円・終身保険:100万円・定期保険特約:800万円・特定疾病保障保険:300万円・障害保障特約:300万円・障害特約:200万円・障害入院特約 日額:5000円(継続5日以上の入院)・疾病特約 日額:5000円(継続5日以上入院)・女性医療特約 日額:5000円(継続5日以上入院)・通院特約 日額:3000円・特定難病特約:300万円・特定傷病特約:5万円・リビングニーズ特約 特約は40歳満期 ●転換をすすめられた契約(契約年齢32歳):保険料 毎月:13526円 私の華道(20年更新型、80歳振込満了)・死亡・高度障害時:2170万円・終身保険:10万円・定期保険特約:1000万円・年金払定期保険特約(5回)年額:200万円・特定疾病保障保険:100万円・特定状態乳乳保障特約年額:60万円・入院時保険料相当額給付特約[ペイサポート]月額:15000円・障害特約:100万円・傷病障害特約:100万円・総合医療特約 日額:5000円(※終身、継続2日以上入院)・女性医療特約 日額:5000円(※終身、継続2日以上入院)・女性特定治療特約:100万円・特定傷病特約:10万円・保険料払込免除特約・リビングニーズ特約 特約は52歳満期 月々の支払い保険料は払っても一万までと言ったら、差額の3526円は、一年間自分(担当者)が持つと言われました。自分の査定に響くのでそうして欲しいとの事。その代わり、一年経ったら、死亡保障を減額したりして保険料を9800円くらいにしますと言われました。果たしてこれはお得なのでしょうか?今はやはり十分な医療保障があれば良いと考えております。保険料が上がらないものに新規加入した方が良いでしょうか。

  • JA共済(終身保険)の見直しについて

    結婚を機会に、夫の保険の見直しを考えています。 夫31歳・妻30歳、将来は出産(出来れば2人)と住宅購入を考えています。 JA共済(終身共済)で6年前に加入しており、年間12万円ほどの保険料です。 主契約終身:200万円 逓減定期特約(基本型)25年:2800万 災害給付特約: 500万円 災害死亡割増特約:500万円 全入院特約:5,000円 払込終了年齢:55歳 気になった点は以下です。 ・死亡保障 55歳以降の死亡保障ががくんと減るので、心配。 子供が独立していない可能性もあるので増やした方が良いか。 ・医療保障 5日以上の入院・80歳までの保障なので、手厚くしたい。 (1日以上の入院・生涯保障が望ましい) そして自分なりに調べてみまして、 死亡保障は増額(オリックス生命のダイレクト定期保険を検討中)、 全入院特約は解約、新たに終身医療保険に加入 (アフラックのEVER HALF、ソニー生命のSURE、オリックス生命のCUREを検討中) ではどうかなあと考えています。 私自身も終身医療保険に加入するつもりですので、保険料は年間15万円ぐらいに収めたいです。 保険についてはまだまだ疎いので、アドバイスやおすすめの保険があれば 教えてくださると嬉しいです。 それから、JA共済の特約についてはすぐに解約できるものなのでしょうか?

  • 第一生命「コーラス」生存給付金定期付保険の解約について

    はじめまして、35歳・独身女性です。 若い時に言われるがまま入った第一生命の保険を、この歳になってようやく見直すことにしました。 結婚予定もないため死亡保障は必要ないし入院等の保障を手厚くしたいと思い、他社の終身医療保険とガン保険を現在申し込み中です。 審査が通り次第、以下の保険を解約する方向で考えています。 ■保険名 第一生命「コーラス」生存給付金定期付保険 ■保険の内容(カッコ内は保険料) (1)主契約(終身) 1,000,000円(840円) (2)特約(定期保険特約) 18,000,000円(4,230円) (3)特約(生存給付金特約) 1,000,000円(3,159円) (4)特約(疾病特約) 5,000円(1,000円) (5)特約(傷害特約) 1,000,000円(44円) (6)特約(災害入院特約) 5,000円(345円) (7)特約(女性特定疾病入院特約) 5,000円(490円) (8)特約(通院特約) 3,000円(405円) ■保険金額 月払い 10,513円 ■契約期間等 (1)保険契約日 平成7年 (2)主契約:終身、特約:保険期間15年、平成22年更新 (3)契約年齢 22歳 そこで質問なのですが、 (1)色々検索していたら「この時代に入った終身保険はお得だから残した方が良い」という話も聞いたのですが、どうなのでしょうか。 100万あれば葬儀代程度になるかなと思うのですが、個人年金に入っているので、その死亡給付金が出れば残す必要もないでしょうか? (2)生存給付金付定期保険特約に入っていて、保険料が3,159円/月かかっています。次の給付まで1年半ほどあるのですが、今解約すると殆ど返還金はないのでしょうか?次のを貰ってから解約した方が良いでしょうか? (3)そもそも主契約だけ残して後は全て解約できるのでしょうか? 第一生命の窓口にも行くつもりですが、圧倒されてしまうんじゃないかと心配で・・・(担当の方は苦手なので、出来れば会わずに解約したいんですが) その前にこちらでアドバイスを頂いて、ある程度意志を固めたいと思っています。 長くなりましたが、どうぞ宜しくお願いします。