• 締切済み
  • すぐに回答を!

第一生命『堂々人生』⇒『順風人生』下取について

46歳男です。 今まで何も考えずに継続していましたが、 担当者から3年後(50歳)の更新にあわせて下取りを提案され悩んでいます。 (月払\24000程度の『順風人生』逓減タイプを提示されてます) 子供の成長に合わせて、死亡保障額は大きく必要ではなくなってきています。 また、家計の負担も大きいことから、減額もしくは解約をと考えています。 ご指摘をお願いします。 【現契約】 月払額・・・\23,136 堂々人生『保険工房』10年更新65歳終身移行 5年ごと利差配当付更新型終身移行保険 ●主契約  保険金    4200万  年金     年額240万(5回)  生存給付金 48万 ●死亡、高度障害保障等の特約  介護らぶ   年額60万(5回)  シールド特約 300万  スーパーリライ 300万 ●災害・疾病関係等の特約  障害特約   100万  医療特約   日額5000円  生活習慣特約 日額5000円

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3

こんにちは。 まずは「主契約」の4,200万円は勘違いではありませんか? この保険の主契約は「終身移行保険」ですので、主契約は単純に保険会社に積み立てているだけで、今のところ保険でもなんでもなない、いわば付くかどうかもわからない利差配当付きの貯金のようなものです。 主契約は、65歳まで毎月1,000円~2,000円程度を積み立ててそこで貯蓄された積立金で一時払終身保険に変えましょうというものです。 仮に2,000円×12ヶ月×25年=60万円ですね。この60万円を一時払金として終身保険に変えようとするわけですが、せいぜい買い取れる終身保険、いわゆる一生涯の死亡保障は80万円程度でしょう。葬式代にもなりません。これもあくまでも65歳まで継続できたらの話です。 ほとんどの場合、更新毎に高くなる保険料を安くするためにこの積立金を下取りされてしまうため、積立金は貯まりません。そのまま65歳を迎えると全ての保障は終わり、一銭も残らないようになっているのが実情です。保険会社は儲けすぎですよね? 更に言えば、65歳以降最も必要になるであろう医療保障は、80歳まで延長できますが20年間一括で支払って下さいというものです。保障内容にもよりますが、65歳で再設定された一括納入の保険料は200万円前後になると言われます。しかも80歳で保障は完全に終わります。80歳以降に入院しても何も保障はありません。 残りの2万円強は残念ながら全部カケステです。ですから解約して戻ってくるのはこの積立金の部分だけです。もしかすると今の保険の前は「定期保険特約付終身保険」だったのではないでしょうか? だとすると多少良心的な営業担当者であれば、今の保険に契約転換する前、積立に補充していたかもしれないのでプラスαはあるかもしれませんね。 『堂々人生』⇒『順風人生』に変えても全く同じです。 違うのは営業の方の報酬だけです。新規の契約としてカウントできますから(笑) 1社に任せたいなら、日本の損保系生保(あんしん生命とかひまわり生命など)、ソニー生命やアリコジャパンは希望すれば担当者を付けてくれます。 複数にまたがって良いなら街の保険ショップに行くと良いでしょう。 終身保険はA社、収入保障保険はB社、医療保険はC社という風に組み合わせれば、相当保険料を抑えることができるでしょう。 しかも希望すれば保険料の上がる心配のない、しかもmartinhiroさんの希望する保険を提案してくれるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • RXH7
  • ベストアンサー率18% (216/1186)

ライフプランに基づくマネープランや必要保障額算出も大事ですが、 まずは保険の基本から・・・ 生きるための保障(医療保険やがん保険等)と 死亡保障は、分離するのが基本です。 同じ保障額、保障期間なら、保険料もそんなに変わりません。 保険会社を変えることで、むしろ安くなるケースもあります。 それぞれを独立した契約にすることで、将来的なライフプランの変化に応じて見直しの自由度が広がります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

保険は、基本が重要です。 では、基本とは…… 保険とは、何かあったときにお金をもらうこと。 ならば、保険とは、トータルのマネープランの中で考えること。 つまり、トータルのマネープランを持っていなければならない。 マネープランがなければ、ニーズもわからない。 保険(商品)ではなく、保障(ニーズ)を考える。 保障内容を先に決めて、保障内容に合っている保険を選ぶ。 死亡保障と医療保障は、目的が異なる保障なので、保険も別々にする。 まずは、いくらの保障が必要なのか、それをはっきりとさせてください。 どんなに良い保険でも、いざというとき、保障金額が不足していれば、 それは役に立たない保険です。 どれだけの保障が必要か、ということは、今後、どれぐらいの収入があり、 どれぐらいの支出があるのか、というマネープランを持っていなければ わかりません。 まずは、キャッシュフロー表を作るのがわかりやすく、また、基本です。 http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/080704.jsp http://www16.plala.or.jp/comet/cashfuro.htm#cashfurohyou2 http://www013.upp.so-net.ne.jp/Go-planning/lifeplan.htm つまり、予算表です。 万一のときのシミュレーションは…… 夫様の収入を遺族年金にする。死亡退職金、葬儀代を計上。 住宅ローンがあればゼロにする。生活費から夫様の分を引く。 などの操作をすれば、万一のときのシミュレーションになります。 このときのマイナスを補う方法の一つが、生命保険です。 必要保障額とは、このようにして計算するのが基本です。 このようにして、必要な保障は、何で、いくら必要なのか、 ということを決めます。 また、キャッシュフロー表を作成すれば、お金には出て行く順番が あることもわかります。 老後のための貯蓄をしながら、住宅ローンや教育ローンを組むことは、 穴の開いたバケツに水を貯めるようなものだということが良くわかります。 一方、住居費は大きな出費なので、住宅を持つことは、ローンを組んでも 大きな保障になることもわかります。 住宅ローンがあっても、万一のときは、団信で残高ゼロになります。 賃貸に済んでいれば、夫様が死亡して収入が減っても、 住居費は安くなりません。住居費を減らすには、転居しかありませんが、 転居するにも費用がかかります。 つまり、賃貸に済んでいるならば、住居費の保障が必要ということになります。 実家に戻るというのも、保障の方法の一つですが、 お子様が中学・高校となると、それも容易にはできないことになります。 などなど、保障とは何か、ということをこの機会に考えてください。 保険の見直しをするのは、その後で十分です。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 第一生命 堂々人生「保険工房」解約は更新まで待ったほうがよいですか?

    悪名高い第一生命の堂々人生の入ってしまっている41歳の男です。 教えていただきたいのです。 どこで調べてもいい話の聞かないこの保険を解約して他の保険に入ろうと思っています。 (妻も子供も保険に入っておりませんのでこれを気に一緒に。。。) ただ更新が平成24年7月でまだ2年以上あります。解約しても大した払戻金がないのは 噂で聞いてショックをうけ知っておりますが、更新までは続けたほうがいいのか、今すぐ解約 したほうがよいのかアドバイスがいただきたいです。 よろしくお願い致します。 【現契約】 月払額・・・\10,385 堂々人生『保険工房』10年更新74歳終身移行 5年ごと利差配当付更新型終身移行保険 ●主契約  保険金    1500万  年金     年額300万(5回)  生存給付金 12万  終身保障 112万  リビングニーズ特約  予定利率1.65% ●死亡、高度障害保障等の特約   シールド特約 300万  スーパーリライ 200万 ●災害・疾病関係等の特約   医療特約   日額5000円  生活習慣特約 日額5000円  保険料払込免除特約

  • 転換の手続きをしましたが・・・(第一生命)

    No.1927751でお世話になった者です。現在32歳女性 ●現在の契約(契約年齢25歳):保険料毎月:7291円 第一生命・テンダーU(15年更新型、60歳振込満了)・死亡・高度障害時:1500万円・終身保険:100万円・定期保険特約:800万円・特定疾病保障保険:300万円・障害保障特約:300万円・障害特約:200万円・障害入院特約 日額:5000円(継続5日以上の入院)・疾病特約 日額:5000円(継続5日以上入院)・女性医療特約 日額:5000円(継続5日以上入院)・通院特約 日額:3000円・特定難病特約:300万円・特定傷病特約:5万円・リビングニーズ特約 特約は40歳満期 ●転換をすすめられた契約(契約年齢32歳):保険料 毎月:13526円 私の華道(20年更新型、80歳振込満了)・死亡・高度障害時:2170万円・終身保険:10万円・定期保険特約:1000万円・年金払定期保険特約(5回)年額:200万円・特定疾病保障保険:100万円・特定状態乳乳保障特約年額:60万円・入院時保険料相当額給付特約[ペイサポート]月額:15000円・障害特約:100万円・傷病障害特約:100万円・総合医療特約 日額:5000円(※終身、継続2日以上入院)・女性医療特約 日額:5000円(※終身、継続2日以上入院)・女性特定治療特約:100万円・特定傷病特約:10万円・保険料払込免除特約・リビングニーズ特約 特約は52歳満期 月々の支払い保険料は払っても一万までと言ったら、差額の3526円は、一年間自分(担当者)が持つと言われました。自分の査定に響くのでそうして欲しいとの事。その代わり、一年経ったら、死亡保障を減額したりして保険料を9800円くらいにしますと言われました。果たしてこれはお得なのでしょうか?今はやはり十分な医療保障があれば良いと考えております。保険料が上がらないものに新規加入した方が良いでしょうか。

  • 生命保険はこのままでは払いきれない

    日本生命から「ご契約内容のお知らせ」が来ました。 終身保険(重点保障プラン)EX 死亡1000万円+毎年220万円(10年間) 主契約保険金額(終身保険金額) ★3大疾病保障定期保険特約保険金額        400万円 終身 ★疾病障害保険定期保険特約保険金額        300万円 50歳更新 生活保障特約年金年額               220万円 50歳更新 介護保障特約重点介護年金年額(II型)        120万円 50歳更新  うち基本介護年金年額             (60万円) 50歳更新 災害割り増特約保険金額              500万円 50歳更新 新障害特約保険金額                500万円 50歳更新 特定損傷特約給付金額                5万円 50歳更新 新災害入院特約日額               10000円 50歳更新 新入院医療特約日額               10000円 50歳更新 通院特約日額                  3000円 50歳更新 以上 月々の保険料は23000円ですが50歳から38000円になります。 50歳以降は払える自信がありません。 製造業に勤めてますが、不景気で50歳以降はリストラに合う可能性が高いです。 出来る限り保険料を押さえたいと思ってます。 労働金庫などは保険料に比べ保障金額が良いと聞いたのですが、どこが良いかまったく分かりません。 どなたかアドバイスをお願いします。

  • 第一生命 堂々人生の保障内容の意味を教えて下さい

    宜しくお願い致します。 保障内容に疑問が生じたので、相談させて下さい。 堂堂々人生 5年ごとの配当付き更新型終身移行保険 終期:2019年で10年満期 主契約:夫 34歳 指定年齢:40年後 保険金額:2000万 生存給付金:15万 (更新時15%増額方式) 5年ごとの配当付き特約 終期:上に同じ 特定疾病保障定期保険契約:特約保険金額100万 特定状態収入保障特約 有期年金(支払期間10年) 特約年金額:80万 特約 終期:同じ 新総合医療特約D(本人型) 入院給付金の支払限度の型120日型 入院給付金日額:5000円 となっております。 疑問1 この保険は、10年で満期となり、次の開始年齢時には、今より保険料が上がり、保障内容はそのままなんでしょうか? 疑問2 生存給付金というのは、第一保険期間だと、10年生きていれば15万、第二保険期間15%増額となるようですが、このお金は、一般的な貯蓄のように満期になれば自由に使えるのではなく、終身保険に移行する為用のお金なんでしょうか?ですから、使ってしまうと終身保険には移行出来ないというものですか? 疑問3 では、生存給付金が終身保険契約をするため用のものなのなら、このお金で毎月の保険料を引いてくれるものなんでしょうか? で、そのお金がなくなり終身保険を継続するためには、きっと高くなった月額保険料を、新たに出さなきゃいけないというものですか? 疑問4 もし、生存給付金を満期ごとに使ってしまった場合、終身保険に移行出来ないのでしょうか?その時、別途支払いが必要になるのでしょうか? 疑問5 終身保険に移行とありますが、その指定年齢になった時の終身保険契約内容と保険料は、その年齢になるまで判らないし、決まっていないものなんでしょうか? 取り敢えず、ここまでお願い致します。

  • 生命保険の内容がいいのかわかりません

    主人29歳(子供1歳) 第一生命(堂堂人生)  5年ごと利差配当付更新型終身移行保険 ・ 死亡・高度障害時・・・640万×5+一時金1800万円=5.000万円 保険金部分:1200万円 年金部分 :年額520万円(×5年間) 生存給付金:13万円 年金払介護保障定期保険特約:年額120万円(×5年間) 障害保障特約(スーパーリライ):300万円 特定疾病保障定期保険特約(3大成人病):300万円 特定損傷特約:5万円 総合医療特約(病気・ケガ入院):日額5.000円 生活習慣病特約(成人病入院);日額5.000円 リビング・ニーズ特約つき 27歳で契約し、現在保険料14.354円 37歳更新時:20.539円 47歳更新時:37.391円 57歳更新時:76.456円 妻29歳 主人と同じ保険で ・ 死亡・高度障害時・・・200万×5+一時金1000万円=2.000万円 保険金部分:400万円 年金部分 :年額140万円(×5年間) 生存給付金:10万円 年金払介護保障定期保険特約:年額60万円(×5年間) 障害保障特約(スーパーリライ):300万円 特定疾病保障定期保険特約(3大成人病):300万円 特定損傷特約:5万円 総合医療特約(病気・ケガ入院):日額5.000円 女性医療特約;入院日額5.000円 リビング・ニーズ特約つき 28歳で契約し、現在保険料7.596円 38歳更新時:10.047円 48歳更新時:15.020円 58歳更新時:25.114円 夫婦共稼ぎで年収500万円ぐらいの家庭で、賃貸マンション居住ですが、今は払っていける金額なのですが、もう一人子供がふえたりという、将来的なことを考えると、この保険でいいのかどうか迷っています。主人のほうの保険料が更新ごとにかなり高くなり、払っていけるのかどうか心配です。やはり、5.000万円の金額は掛けすぎなのでしょうか?

  • 第一生命 堂堂人生について

    緊急の質問です。 今、どうしてもお金が無くて困っています。 なので生命保険をどうするか考えております。 説明を読んでもいまいちわかりません。 誰かわかる方教えてください。 第一生命 堂堂人生 月額12000円 10年満期 終身移行型 平成17年加入 主契約 保険2600万 生存給付10万 五年ごと利差配当特約 特定疾病保障定期保険特約100万 障害保障特約300万 無配当特約 総合医療特約 本人子型 5千円 生活習慣病特約5千円 特定損傷特約10万 入院時保険料相当額給付特約14千円 上記の保険なのですが、途中解約した場合、お金はどのくらい戻ってくるのでしょうか? 5年ごとの配当金があるらしいので5年待ったほうが良いのでしょうか? また、その5年ごとの配当金とはいくらくらいもらえるものなのでしょうか? 誰か教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 第一生命新堂堂人生 転換 今週金曜日までに回答と言われても。。。

    ●H14.8.1に加入した内容 堂堂人生保険工房74歳終身移行 死亡高度障害のとき 年金として490万円×5年間 一時金として2400万円 一時金として180.84万円  受取総額4850万円 保険料毎月17149円 次回更新44歳 H24.8.1 33803円 ↓ ●今回提案内容 堂堂人生保険工房75歳終身移行 死亡高度障害のとき 年金として500万円×5年間 一時金として1750万円 一時金として138.81万円※指定年齢時に終身保障に移行した場合。  受取総額4250万円 シールド特約200万円 スーパーリライ0円 インカムサポート200万円×5回 保険金部分 1350万円 保険料 19979円 年払なら237048円 次回更新48歳 H28.8.1 44634円 年払なら529849円 今までの保険料払い込み免除特約にプラスして、インカムサポート(死亡給付金)200万円×最長5年間 をつけるという提案。 Q.これはいい特約と進められましたが本当によいのでしょうか? Q.75歳終身移行と移行時期が1歳延びています。総保険金額51650500円!と小さい文字で書いてます。通常、終身移行までこんな保険料は払えず、0になってしまうのでしょうか? Q.終身保障が180.84万円から138.81円に下がっています。 Q.転換による保障見直しとあり、 保険金に対応する部分347万、年金に対応する部分128.87万円、、、とあります。 担当が毎回替わりケアもなく、契約更新の時だけ都合よくセールスレディが来ます。 Q.8月1日以降は年齢があがり、月々の保険料がアップするので、7月15日までに回答要とせかされています。 19979円が2万円超えるそうです。8月以降にもしも転換した場合、月々の保険料でどれくらいの差がでるのでしょうか。 保険のことがわからず困っています。助けてください。お願いします。

  • 転換を奨められています。

    7年前に入った保険の転換を奨められています。 夫の保険(本人型)です。 子供無し(今後も)夫婦二人。 現在の保険内容 第一生命 わんつーらぶU(10年更新) 死亡保障 定期 900万      年金払定期 120万×10回      特定疾病保障(特約)「シールド」1000万 終身保険 100万 医療保障       障害特約 500万      疾病障害特約「リライ」 500万      災害、疾病入院 どちらも日額5000円      成人病特約 日額5000円 保険料(団体扱い)月11952円 奨められているのは 堂堂人生(10年更新) 定期保険800万 年金払い定期 240万×5 特定疾病保障保険(定期)「シールド」 300万 障害保障特約「スーパーリライ」 100万 特定状態収入保障特約「インカムサポート」 (10年有期年金)年額100万 終身保険特約(生存給付金に対応する部分) 15万円 終身保障 86.41万円 入院時保険料相当額給付特約 月額 18000円 障害特約 500万 総合医療特約 日額5000円 成人病特約/生活習慣病特約 日額5000円 保険料(団体扱い)16212円  転換のメリットはあるのでしょうか? 「予定利率」は現在が2.9%、転換後は1.65%。 希望は現在の保険継続で定期2000万、終身300万に変更。(しかし終身を増やすのは更新時しか出来ないと言われました。しかもかなり支払いは増えると) 「以後の保険料はいりません」は今の保険に付加できるらしいけど(インカムは付加できないらしい)この特約はつけたほうが良いのでしょうか? もうすぐ40才になので今が最後のチャンスのような気もします(健康体です、今は) *別にがん保険に入っていて、そこからも疾病日額5000円でます。

  • 第一生命の逓減定期保険について教えてください。

    第一生命の逓減定期保険について教えてください。 今入っているのは5年ごと利差配当付き更新型終身移行保険(堂々人生)というもので、これを順風人生(5年ごと配当付き終身保険)に変更を勧められています。現在37歳で3年目の見直しが一番下取りが高いらしく、更新を薦められています。(死亡保障2300万円)。今回の見直しで三大疾病の特約とかを含めると今のほ5000円ほど上がってしまうので、特約はできるだけ削除したいと思っています。10年ごと更新なので10年後に金額が倍くらいになるため、いろいろネットで調べて逓減定期保険のことを知りました。ただ第一生命のネットを見ると 逓減定期保険は40歳以上からとなっており特約となっています。 たとえば子供が成人する20年後くらいには保障が0近くになるように設定する場合、40歳まで待ってから逓減定期保険に入ったほうがいいのか、それとも今の保障を今のタイミングで見直して順風人生(5年ごと配当付き終身保険)に入りなおしたほうがいいのか、どうでしょうか?

  • 生命保険の見直しを迫られています。

    今入っている生命保険の更新がせまり、2~3日中に 手続きするようにと新しい商品を勧められています。 現在、38歳の会社員(独身)です。 現在の保険: ■パスポート21 定期保険特約付終身保険 15年更新型※平成4年に契約。 死亡・高度障害保障3000万、終身保障300万 災害割り増し特約1500万 傷害特約500万 災害入院特約1日5000円 疾病特約1日5000円 ※終身に移行は55歳 月々の保険料 現在13009円->更新後15806円 勧められている保険: ■堂々人生 5年毎配当付更新型終身移行保険 10年更新型※69歳終身移行 死亡・高度障害時2300万 (一時金1100万+年金として240万×5年) 終身保障:299万 *3大疾病などになった場合 シールド特約300万 傷害保障特約200万 インカムサポート100万×10年 ペイサポート月16000円 新総合医療特約1日5000円 新生活習慣病特約1日5000円 特定損傷特約10万 となってます。※月々の保険料 14238円 月々の保険料は若干安くなりますが、10年後の更新時は 倍以上になってます。あさってまでに返事してと期日が 迫っています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願い致します。