• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

40歳サラリーマンです。 契約内容確認活動で生保の営業の方から転換を進められました。 独身時代に契約した保険です。 6月に結婚し、妻と2人の子供が家族となりましたので保険の見直しを考えております。 皆様のアドバイスをお願い致します。 平成11年12月契約(31歳時)に契約した終身保険です。 ○ニッセイ終身保険(重点保障プラン) ・生活保証特約       120万(年間)x10年 ・新生存給付金付定期特約  100万 ・定期保険特約      1000万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 100万 ・疾病障害保障定期保険特約 100万 ・介護保障特約       120万 ・特定損傷特約         5万 ・新成人病入院医療特約  5000円(5日目から) ・通院特約        3000円 ・新災害入院特約     5000円(5日目から) ・新入院医療特約     5000円(5日目から) 保険料が¥13,961 47歳時更新(15年)で保険料が¥27,355 今回、下記保険への転換を勧められています。 ○ニッセイふれあい家族EX ・生活保証特約       220万(年間)x10年 ・定期保険特約       200万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 200万 ・疾病障害保障定期保険特約 200万 ・特定損傷特約         5万 ・新災害入院特約α    7000円(1日目から) ・新入院医療特約α    7000円(1日目から) ・がん入院特約     10000円(1日目から) 保険料¥13、980 50歳更新(10年)で保険料が¥27,814 他に下記のガン保険に加入しています。 ○スーパーがん保険 特約MAX 主契約2口 終身 ・診断給付金   200万 ・入院給付金     3万 ・在宅療養給付金  40万 ・通院給付金     1万 ・死亡給付金   300万 ・死亡払戻金    30万 特約MAX184日 疾病入院給付金    5000円(1日目から) 手術給付金   5.10・20万 災害入院給付金    5000円(1日目から) 保険料¥4、915 生保の営業は、転換しても「予定利率は良くなる」とか「200万位の終身の 予定利率を気にしてもねえ」等と言葉巧み?に転換を勧めてきます。 気になっているのは、今現在の保障だと入院が5日目からの支給となっている部分と死亡保障が2700万な点です。 何分、勉強不足で保険に関しては無知なので、アドバイスいただけたら ありがたいです。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数524
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • kamochi
  • ベストアンサー率41% (282/677)

今までの回答から、転換のしくみや更新型の定期保険については、ある程度理解されていると思いますので、医療(災害入院を含む)の部分について。 医療保険については、今のスーパーがん保険+特約MAXだけで十分だと思います。 3大疾病特約についてですが、個人的にはあまりお勧めしません。 脳卒中と心筋梗塞については、例えば「180日以上寝たきりの状態が続いたとき」など、受給できる条件が厳しくなっています。 せっかく3大疾病特約をつけても、脳卒中や心筋梗塞でもらえる確率はあまり高くありません。むしろ本当に寝たきりなら、死亡保険の「死亡または”高度障害”のとき」にあたるとして保険金を請求したほうがいいでしょう。 医療費負担には高額療養費の制度もあります。手術や入院などで医療費が1ヶ月100万円かかっても、実際に自分で負担するのは8万7千円ほどです。 スーパーガン保険についている特約MAXで、35万円(手術給付金20万円+入院給付金5千円×30日)を受け取れば、心配することはないと思います。 一方、がんについては、治療だけでなく診察にもお金がかかります。保険適用外の治療を希望することもあるでしょう。 なので、通常の病気とは別に加入しているのは正解です。 いまのスーパーがん保険で十分です。スーパーがんのデメリットは60歳以上になると保障が現在の半額になることですが、2口入っているなら、その点も問題ないのでは。 あえて言えば、治療のための通院の保障がない点でしょうか。通院給付金1万円は退院後の通院しか支払われません。通院で抗がん剤治療を受けながら日常生活を送りたいなどの場合は保障の対象にはなりません。 最近は入院日数を短くして(あるいは入院しないで)通院で治療をする傾向がありますから、もし心配ならこの部分を補完する特約もあるので検討されたらいかがでしょう。 スーパーがん保険は保険料は一生変わらないので、やめずに大切に持っておくといいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 最近、少し保険の勉強をしましたので多少は理解出来るようになりました。 スーパーがん保険のデメリット(60歳以降保障が半額)を補完する「充実 パック」なるものがありますが、スーパーがん保険を2口そのままにしておくのと、1口解約して「充実パック」を付加するのとでは、どちらが良いの でしょう? 1口解約して「充実パック」を付加して、日額5000円/60日の安い医療保険 (CURE,SURE等)に加入するのもありでしょうか? 通院特約?検討させていただきます。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    19年前に父親が知人の生保レディの勧めで、 第一生命の《テンダー》に加入してくれました。 その後、何度か見直ししていたようです。 現在加入の保障内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第一生命《テンダー》 定期保険特約付終身保険(S62) 毎年配当タイプ 60歳払い込み完了 ●主契約 終身保険(S62) 保障額1000万円 期間満了終身 保険料5320円 ●死亡・高度障害保障等の特約 定期保険特約 保障額2800万円 期間満了60歳 保険料11704円 ●災害・疾病関係等の特約 保障額400万円 期間満了60歳 保険料120円 ●傷害特約(S58)<本人型> 保障額100万円 期間満了60歳 保険料44円 ●入院関係特約 :災害入院特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料340円 :疾病特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料1785円 :女性特約疾病入院(S62) 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料680円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今回見直しをしたい部分は、2点あります。 まずは、保険料が高い保障額2800万円の死亡・高度障害保障特約の 定期保険特約11704円を今やめたら、愚かなことなのでしょうか? あと入院関係特約部分をそっくり以下の契約にする 【メディカルエース(終身型)C2型・120日型】無配当・終身払い込み :災害入院給付金 日額5000円 :疾病入院給付金 日額5000円 :女性特定疾病入院給付金 日額5000円 :手術給付金 10万円・2.5万円 :放射線治療給付金 5万円 合計4893円 現在20003円の保険料が、22081円となります。 50歳 女 既婚 です。 父が亡くなり現在の契約者は私で、受取人は未成年の子どもです。 私自身は最低限の保障で、死亡時の保険金より、 病気や手術入院の方に重点を置きたいと思っています。 見直しの2点以外に、具体的にどうしたらよいのか教えて 頂ければ嬉しいです。 どうか無知な私に良い知恵をお授けください。 .

  • 生命保険の内容について、アドバイスをお願いします。

    生命保険の掛け金を安くしたいので、下記の保険内容について、アドバイスをお願いします。 文字の配列が乱れ見難いかと思いますが、宜しくお願いします。 53歳 女 日本生命、ニッセイ終身保険[重点保障プラン] 終身保険(主契約)       230万円       保険料    511円   終身    定期保険特約          500万円       保険料   2665円   更新 3大疾病保障定期保険特約  300万円       保険料   4527円   更新 災害割増特約          500万円       保険料    155円   更新 新障害特約           300万円       保険料    132円   更新 総合医療特約[124日型] 日額  10,000円  保険料    6510円  更新 [入院治療給付金あり型][女性特定疾病倍増型]  新がん入院特約        日額  10,000円  保険料  1239円   更新 災害割増特約と新障害特約は似たようなものなので、障害の程度によって貰うことが出来る新障害特約を残して、災害割増特約は外すつもりです。 あと、新がん入院特約を  日額 5000円にしようかと思うのですが、どうでしょうか? よく、3大疾病保障定期保険特約は、必要の無い特約だと言われていますが、それはどうしたらいいでしょうか? また、自分の公的な保険は、国民健康保険です。 以上、宜しくお願いします。

  • 保険見直しのアドバイスお願いします!!

    結婚で、彼の保険の見直しをしています。 現在何も知識がなく、勉強をはじめたところです。 足りない情報があれば教えて下さい。 お知恵をかしてください!! 独身時代の内容に肉付けしたかったのですが、それはできず 下取りにして、組み直しになると説明されました。 せっかく保険料が安いので、もったいない気がしますし、 生存給付金がなくなるのも、、、 ちなみに、私はパート程度。 自分名義の、1万円くらいの医療メインの保険を考え中です。 子なし、29才 家賃を除いた彼の収入、17万くらい。 内容 月額14000円(団体料金) 有配当終身保険(H11) 終身 主契約 払込40年 特約 払込20年 死亡、高度障害時 2000万 不慮事故による〃 2500万 約款3大疾病 500万 約款疾病傷害 500万 (終身保障)死亡約款高度障害時100万 特約生存給付金2年毎 10万 終身保険(主契約)100万 以下特約 定期保険 700万 新生存給付金付定期保険 200万 3大疾病保障定期保険 500万 疾病障害保障定期保険 500万 新傷害 5万 新災害入院医療 5日目から 日額1万 新入院医療 5日目から 日額1万 通院 3千円

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • kamochi
  • ベストアンサー率41% (282/677)

>スーパーがん保険を2口そのままにしておくのと、 >1口解約して「充実パック」を付加するのとでは、 >どちらが良いのでしょう せっかく今より若いとき(保険料が安いとき)に加入したのだから、解約はもったいないですよね。半額になっても診断給付金100万円、入院日額1万5千円もらえるのだから、十分なのでは? >医療保障5000円か一万円にするか悩んでおります。 >家計と相談して決めたいと思います。 ・・ですね。 お金をかければいくらでも保障は得られますが、普段の家計と万が一の備えをどうするかのバランスの問題ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 アドバイス感謝しております。 充実パックを付けないと、ご指摘のあった治療の為の通院で お金がおりないものですから・・・ 証券分割して1口だけ充実パックを付加する事も検討しております。 家計と万が一の備えのバランス難しいです。 多分、家計を取ると思いますが・・・

  • 回答No.8
  • kamochi
  • ベストアンサー率41% (282/677)

補足です。 医療保険の入院保障の日数ですが、今は医療費が高騰するのを抑えるため、長期入院はあまりさせてもらえません。60日以上の入院というのは、全体の5%ほどです。 特約MAXの184日の保障を超えるような入院は脳卒中くらいでしょうか。脳卒中で入院していても、3ヶ月もすぎれば「そろそろ症状が安定してきたので在宅か介護施設へ」と言われるはずです。 ただどうしても医療保障をもう少し確保したいというのなら、保険料が安い今のうちに終身で60日型の入院保障を日額あと5千円ほど新たに加入してもいいかもしれません。 可能性が低い長期の入院保障(保険料はその分高い)より、1日あたりの入院給付金を増やして短期入院ならそれでよし、もし長期入院になっても最初の60日のうちにもらった給付金の余った分で長期の入院費をまかなうという考え方もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足ありがとうございます。 医療保障5000円か一万円にするか悩んでおります。 家計と相談して決めたいと思います。

  • 回答No.6
  • toome
  • ベストアンサー率0% (0/1)

更新時に保険料の支払いが負担にならないかどうかの検討をしておく必要が有ると思います、出来れば更新型でないものの検討も比較してみてください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 更新後の保険料は負担になります。 色々と保険の勉強をして考えます。

  • 回答No.5

はじめまして。 転換というのは、解約払戻金だけでなく、積み立てられた配当金や、 予定利率のこと、特別な配当金等が含まれ新規に入るときよりは多少の優遇があるのは確かでだからこそ、その保障内容なんだとは思いますが。。。 10年ほど前の予定利率と200万の終身を気にされてもと 言われる担当者もわかりますが。 この保険が更新型だというのは承知の上でしょうか? はっきりとはわかりませんが、終身部分以外はすべて更新なのでは? だとすると医療保険部分も更新です。 次の次の更新(60歳前後の)は、4万円以上になるでしょう。 それは承知の上でしたら全然問題ありません。 そうでないのであれば、私ならば転換などせず、 現時点で、せめて医療部分のみでも解約し、別途終身60歳等にでも 入り直すと思います。 というのも定期部分(生活保障等)は一生涯更新する必要がないが、 (子供さんが手から離れれば一段落するため、以後200万でいいかどうかは別ですが・・・) 医療保険は生きている限りは続けるでしょう。 10年更新のたびに年齢再計算されるので医療部分はどんどん あがっていきます。 収入があるうちはいいですが、60歳以降はちょっと大変です。 しかし更新型は序盤が安いです。 収入の上昇に伴ってあがっていくので理にはかなっているとは思いますし今の時点ではまだ厳しいのであれば選択肢としてはありです。 そのあたりを家計を踏まえどう考えるかはあなた次第になりますので あくまで参考意見として載せさせて頂きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 おっしゃる通り終身部分以外は全て更新タイプとなっております。 医療部分の見直しを進めてみます。 何かオススメの商品等ありますでしょうか?

  • 回答No.4

ANo.3です。たびたびすみません。 下の回答の「転換すると60歳までに払う保険料が4~5百万増えることになりそうです。」は、 わたくしの勘違いでした。すみません。 そんなぼけたことをした後では、何を書いても信じてもらえそうにないですが、 やはりこの転換は、しなくてもいいのではと思います。 1)内容があまりかわらない 2)転換して間がない頃何かあったら「告知義務違反」と言われ、 保険金を払ってもらえないかも? 3)今の契約の方が解約返戻金がたまるはず ・・・・等々。 失礼いたしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

信じてもらえないなんてとんでも無いです。 またアドバイスいただけたらと思っております。 ありがとうございます。

  • 回答No.3

保険料は今とほとんど同じ、更新後の保険料もほとんど同じ、 死亡保障の総額は増え、入院も1日目から出ると、一見魅力的ですが、 転換すると60歳までに払う保険料が4~5百万増えることになりそうです。 保障内容も一見よく似ていますが、 生存給付金付定期特約がなくなった分、掛け捨て部分が増え、 定期保険の額が減った分、死亡直後(お子様もそれだけ幼い)に 受け取れる金額が少なくなっています。 転換するより今の契約をそのまま続けるほうがいいと思います。 あと、是非是非約款を読んで、今の保険の支給条件を確認してくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かに保険料変わらずに死亡保障が増え入院も1日目からという事で 魅力的に見えました。 おっしゃる通り生存給付付定期特約が無くなった分掛け捨て増えてますね。 約款読んでみます。 ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんばんは。 住宅ローン(今後の予定も含め)の有無が書かれていませんが、仮にあるとして、40歳、既婚、お子様2人ということであれば、死亡保障は3000万ぐらいが妥当と思います。 ただし、住宅ローンの残高やお子様の教育費といった質問者様の責任は、あなたが年をとるにつれて少なくなっていきますから、死亡保障は40歳時で3000万、その後は漸減していくタイプがよいと思います。 入院5日目からの支給ということをお気になされているようですが、 むしろ1日目からより5日目からのほうが良いですよ。保険料はぐっと安くなるはず。(自動車保険で対物の免責があれば保険料が安くなるのと同じようなことです。) そのようなことより、入院何日目“まで”保障されるかのほうがはるかに重要です。 従来、入院の保障は「120日目まで」や「180日目まで」が普通でしたが、最近、1回の入院につき60日目までしか保障しないタイプが増えてきましたのでご注意ください。 つまり、1日目~60日目まで、という保障は論外です。 短期の入院の場合は、保険金が下りなくてもなんとかなるものです。 本当に困ったときに役立つのが保険というものです。 「本人・妻型」というタイプが選べるようでしたら、それにするのも手です。 たとえば、奥様の死亡保障500万、奥様の入院保障はあなたの場合の7割、というものです。 なお、 「傷病手当金」という制度をご存知でしょうか? サラリーマンとのことですから、職場の健康保険組合ですよね? 病気やケガで欠勤すると、傷病手当金として標準報酬月額の3分の2を日割りした金額が健保から支給されます。(1年半が限度)これは、法律で決まっている制度です。 つまり、入院したときに補填されるお金というのは、生命保険からの保険金だけではないということです。 また、 「遺族年金」という制度もあります。おそらく、お勤めの職場でもあるはず。死亡保障がどれだけ必要かは、遺族年金も考慮に入れるのがよいです。 これらを踏まえ、過度に保障を充実させた契約をされないようにすることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 今は賃貸暮らしですが、近いうちにマイホームをと考えております。 今の保障は5日目~124日目までとなっています。 60日保障は論外ですか、確かに5000円を60日分くらいでしたら 何とかなりますね。 妻の医療保険を考えているのですが、安さに負けて60日を選んでしまう ところでした。再考します。 傷病手当等を調べた上で保障を見直します。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

転換というのは、「今までのものを解約して、その解約返戻金を新しい保険の一部に充てる」というものです。 基本的には、オトクではありません。 今まで、貯めてきた部分を次の保険料に充てるわけですから。 次に保険を見直すのであれば、更新型ではなく、一生保障のあるものにしたほうがよいと思います。 なぜかというと、次に更新の際は、保険料が上がれば更新できますが、その次は、さらに上がるか、できなくなります。 つまり、保障が終わってしまうのです。 そのときになって、一生保障のあるものに加入したくても、保険料がとても高かったり、健康上加入できなかったりするかもしれません。 で、どうすればよいかと申しますと、現在のものは、更新しないでそのままにします。すると、一生保障のある部分だけが残り、一定期間のみの保証は、終わります。 そして、終身の必要な保障のみ(死亡保障・医療保障)を新たにご加入になるのが、もっとも合理的です。 具体的には、文字数的にオーバーですが、要するに、転換や解約はおトクではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 目先の保険料や保障額にとらわれてはいけないですね。 一生保障のある保険を検討したいと思います。

質問者からの補足

早速のご回答ありがとうございます。 更新しないでそのままと言う事は、47歳の更新が切れた時に 新たに終身の死亡保障・医療保障に加入するのが合理的との事ですか? 今の時点で特約部分のみを解約して、新たに死亡保障・医療保障に 加入すると言う選択肢も有りなのでしょうか?

関連するQ&A

  • 保険見直しでアドバイスお願いします。

    素人で保険の組み換えで悩んでいます。 自営業30歳 男 独身 実家  これは、勧められるがままに入ってしまった保険です。 今入っているのが太陽生命『組曲』 死亡保障              100万円 定期保険特約 10年更新型    3000万円 生存給付金付定定期保険特約     102万円 災害入院特約          日額5000円 疾病保障特約          日額5000円 生活習慣病入院特約       日額5000円 がん特約(A型)         日額5000円 特定疾病保障定期保険特約      500万円 月々保険料17000円 今度見直しを考えているのが 東京海上日動あんしん生命 長割り終身                     250万円 家計保障定期保険             給付金月額 20万円 メディカルミニ120日型       入院給付金日額7000円 がん保険 保険・支払期間共に終身  入院給付金日額10000円 月々保険料18000円 を勧めて頂きました。 太陽生命の定期保険は更新型で10年ごとに高くなり、支払が辛くなると思い解約しようと思っています。 東京海上の家計保障定期保険は一人っ子なので、今は両親の為に、後に結婚(未定)したら妻の為にと思っています。 入院日額は自営業の為、少し手厚くしたいと思っています。 色々考えると、訳が分らなくなってしました。 漠然としていますが、何かアドバイスがありましたら宜しくお願いします。

  • 生命保険の変更(見直し)出来ますか?

    第一生命 コーラス H4年契約 30年まで契約継続で16年目です。 終身保険200万円 定期保険1600万円 生存給付金付定期保険特約200万円 生涯特約 500万円 災害入院、疾病特約、女性疾病ともに、5千円日です。 現在年払いで173000円支払っています。 よく見ると、こんなに必要なのか? 特に死亡保障。 というほどの保障がありますし、退職して主婦にはキツイのです。 これを、保障のみ減額できないのでしょうか? 減額すると、不利な点はありますか?

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 生命保険の見直しお願いします

    長文失礼します。 42歳独身女です。現在下記の保険に加入してます。 日本生命終身保険 保険料12,354円/月払 (75歳払込終了) 終身保険200万円 (55歳更新特約) 定期保険2400万円 三大疾病200万円 疾病障害200万円 障害給付金200万円 入院日額(1日目から)1万円 入院療養給付金5万円/回 手術給付金20万円/回 放射線治療給付金10万円/回 更新後保険料が倍に上がるので、見直しを考えてます。 [絶対条件]保険料総額15,000円以下*保険期間終身*60歳払込終了 素人なりに下記保障が必要と考えましたがどうでしょうか? (1)死亡時、葬儀費用及び整理資金相当(300万円くらい?) (2)入院時1万円/日(1入院:日帰り入院~120日迄) (3)公的医療保険制度対象手術の給付金(1回に付き20万円) (4)技術料と同額の先進医療給付金 (5)ガン診断給付金(100万円/回)他ガンの保障 絶対条件をふまえて上記保障が組める保険はあります?(日本生命以外で考えてますがどうですか?)それはどんなプランですか? (日本生命で上記保障にするには、一旦解約して加入し直すしかないようですが、保険料が絶対条件に合わなくなる気がします) 無理なら、どの保障条件を変えたらいいですか?またどんなプランですか? 退職後は貯金と年金での生活になるので、必要最低限の保障を今から確保したいです。ご教示よろしくお願いします。 読んでいただきありがとうございました。

  • 生命保険(定期保険部分)の見直しについて

    現在月払い約16000円/15年更新型(30年)の定期保険特約付普通終身保険(朝日生命・ロイヤルワイドキング)に加入しています。 今年15年目で更新の必要があり、このまま継続ですと保険料が約29000円となってしまいます。 1.この際見直して定期保険をできるだけ削って、でき れば現在の月払いより安く更新したいのですが可能 なのでしょうか?(入院特約等は残して) 2.ちなみに定期保険は現在4000万円で約13000円程度の 保険料ですが500万円程度ですとどのくらいになるの でしょうか? いろいろな質問を見ていると定期部分を全部ではなければ削れるのかなとは思うのですが。 同じ保険で同じことをやったことがある方・この会社の違う保険で経験あるかた等に回答いただけたらと思います。 現在: 終身保険500万円 定期保険特4000万円 災害割増・傷害・災害入院・手術給付金付疾病入院・成人病入院特約あり よろしくお願いいたします。

  • 旦那の生命保険 見なおししたいが

    旦那 40歳 国内の生命保険に入っています 月々の支払い 18500円 もう少し 月々の支払い 安くするにはどうしたら 良いでしょう 終身保険死亡保険金額    1800000円 定期保険特約死亡保険金額 10200000円 家族保障特約基本家族年金月額 120000円 傷害特約災害保険金額    1000000円 災害特約入院給付金額日額     5000円 疾病入院特約入院金額日額     5000円 成人病入院特約 入院給付金    5000円 通院特約 通院給付金日額     3000円 がん特約 がん入院給付金日額   5000円 払込期間は 60歳までです 宜しくお願い致します

  • 生命保険の見直しについて

    はじめまして。26歳の独身女性です。 今回、母が私のために加入した保険について相談させて頂きたいのですが、 H19年にニッセイ終身保険(重点保障プラン)に加入しました。保障としては以下になります。 終身保険(主契約) 600万 保険料8568円 (60歳払い込み) 介護保障定期保険特約 400万 新傷害特約 200万  特定損傷特約 5万 総合医療特約 日額5000円 新がん入院特約 日額5000円 (特約に関しては、全て20年更新) この保険を続けて行ったほうがよいのか、新たに終身医療保険に加入し直した方がよいのかわからずにいます。 どのようにするのがよいのか、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直し

    こんにちわ。現在加入している生命保険の見直しを考えています。内容は、 D生命の定期保険特約付・終身保険で、 契約日は昭和62年10月1日で払い込み期間は25年(65歳)。 主契約の終身保険S62 720万円、定期保険特約2280万円 傷害特約S58(本人・妻)500万円 災害入院特約S62(本人・妻)8000円 疾病特約S62(本人・妻)8000円 災害割増特約3000万円、主契約終了後の特約保険料は満了時に一括前納する事となっています。現在59歳(男)54歳(女)の夫婦です。 S62年に転換し、その時一時金を入れた為、主契約の保険料は安くなっています。 来年更新の通知が来ました。このままの内容で更新すると定期保険特約の保険料だけがアップします。 フアイナンシャルプランナーに相談したら、主契約と疾病特約だけ残して他は全部解約して、新たに外資系の入院保険を夫・妻別々に入ることを勧められました。新たに入る入院保険の保険料は高額ですが、入院1日目から日額1万円出て80歳まで保険料は変わらないそうです。 保険料を上げたくないので、このまま定期保険特約だけ減額して継続するか、プランナーの勧めに従うか迷っています。 良きアドバイスあればよろしくお願いします。

  • 更新してしまった生命保険の内容と終身保険特約について

     45歳既婚。子供なし。11月1日に定期保険特約付終身保険の2度目の 更新時期を向かえ、変更することなく更新いたしました。内容は、   定期保険特約付終身保険「パスポート21」(S62)    主契約 570万(保険料171円)       定期保険特約 1000万(同5150円)       終身保険特約  430万(同10982円)    特約 傷害特約(災害保険金額) 100万(70円)       災害入院特約(入院給付金日額) 5000円(350円)       疾病特約(入院給付金日額)  5000円(1515円) 前回更新時、定期保険特約を大幅に減額し、終身の分を増やしたのですが、 お恥ずかしいことに単純に主契約を増額できるものだと思ったのですが、後に届いた契約内容を見て「終身保険特約」とあり、特約扱いになっていました。特約保険料は満了日以降も払う必要があるのではと本社に確認し、 主契約同様55歳払い込み満了時に保険料の支払いは完了するという回答を頂いたのですが、契約内容には主契約は「満了時払い込み終了」と記載されてますが終身特約の分については一切記載されていませんので今回更新時、再度担当の方にも確認をとったのですが何だか不安です。この場合、終身保険特約は主契約と同じと考えていいのでしょうか。今さらですが、終身保険特約の保険料も一万円強ですので終身部分は主契約のみでも充分だったのではと思っています。約款に保険料支払い後(26日引き落とし済み)7日以内なら解約可能とありますので見直せるものなら検討したいです。アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 生命保険会社を変えたほうがいい?

    現在入っている生命保険は月に26000円払い、更に年金保険13000円を払っているので家計を圧迫しています。保険の人に解約したいと言ったら何回も家に来て「辞めないで下さい。」と言われました。うちは小さい子供が居るのに21時頃に来てたり「子供が保険に入ると保険料が安くなる。」と言ってパンフレットを置いて行ったりしました。去年は3ヶ月払えないときがありましたが解約させてもらえませんでした。もっと安い保険に変えたいのですがなにかお勧めはありませんか?保険の人は近所に住んでいるのでまた解約したいといったらしつこく来そうです。 終身保険(主契約) 一時金 500万円 終身 生活保障特約(10年確定年金) 年額240万円 定期保険特約 一時金 2,000万円 新生存給付金付定期保険特約(2年給付金型) 一時金 200万円 新傷害特約(本人型) 一時金最高 500万円 3大疾病保障定期保険特約 一時金 500万円 疾病障害保障定期保険特約 一時金 500万円 介護保障定期保険特約 一時金 200万円 リビング・ニーズ特約 最高 3,000万円

専門家に質問してみよう