解決済み

腕にできているブツブツを治したい(毛孔性たいせん)

  • 困ってます
  • 質問No.7808
  • 閲覧数102435
  • ありがとう数72
  • 気になる数1
  • 回答数6
  • コメント数0

いつから出来たのかわかりませんが、皮膚科に行ったら
タイトルに書いてある病名(モウコウセイタイセン)と
言われました。
頬にも同じ感じのブツブツがあります。
ひどい人だと、背中や太股にもできるそうです。

先生は30歳を過ぎたら自然になくなると言うのですが、なにか良い方法をしっている方がいましたら、教えて下さい。ノースリーブを着るのが夢なのです。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆あまり詳しくはないのですが、「毛孔性苔癬」のことですね。
思春期から30代の女性に多く、自然に治る角化症の一つです。

「毛孔性苔癬」は特に珍しいものではなく、軽いものでしたら、女性の半数ぐらいはあります。
治療法としては、サルチル酸ワゼリンを塗る。ビタミンAを摂る、などがあげられますが、病院では何も処方してくれませんでしたか??

下(↓)の参考URLも、どうぞごらんになってみてください。
お礼コメント
noname#2761

Nakaさん、早速のお返事どうもありがとうございます。
病院ではしっとりするクリームをもらいました。ただそのクリームには「乾燥をふせいで肌がしっとりする」と書いてあったので、専用の薬ではないのかと思っていました。
参考のHPも見ました。私以外にも悩んでいる人はいっぱいいるんだなーと思いました。
ホントありがとうございました!
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 36% (291/804)

こんばんは、yodaです。
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は皮膚科のドクターがおっしゃるように、毛孔の角化症で思春期から30代まで目立ちますが、それを過ぎると目立たなくなります。
特に両上腕・両大腿・臀部に出来ますが、尿素入りの軟膏を使用する事で目立たなくなります。
もしも、処方されていないのならば、薬局へ行って尿素入りの軟膏を買って使用する事をお勧めします。
薬についての説明は、他のエキスパートの回答を待つのも1つの手です。
以上。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 9% (18/183)

すみません。回答ではないです。

Nakaさんの参考URLを見てびっくりしました。
私もそうだったようです。
そう言えば小学生高学年の時に足などが
ぶつぶつしているのでポリポリしていたら
くるくる丸まった毛が出てきたので
「なんだか毛穴が詰まってる。こりゃ面白い」と暇つぶしにポリポリしたのを思い出しました。

思い出したので久しぶりにやってみようかと思ったらいつのまにか消えてなくなっていました。
ちなみに私は32才になりたてのほやほやです。
今まで気にもとめていなかったのですが、そういう名前なのですね。
  • 回答No.4

こんばんは、kesuです。
わたしも、小学校から高校くらいのときまで、ありました。

病院には行かなかったですが、大学でならってわかっらんですが。(大学は医学部でした。皮膚科は専門外ですが・・)

治療は、ビタミンAなんかの、塗り薬が中心ですが、yadaさんや、nakaさんのおっしゃるとおりだとおもいます。
で、してはいけないことをお教えしたいのですが・・・毛穴にたまった角質はとても気になると思います。
でも、ほじくっちゃだめですよ。
私はすねの毛穴にたまった角質を針でつついていたんですが、結局、ものすごく毛深くなっちゃって・・・
普通の男の人より毛深くなりました。
ほんとうに、もじゃもじゃ・・ってかんじ。
いまは、エステで永久脱毛しましたが、あのときあんなことしなければ・・・と、後悔しました。

で、結論は、保湿にきをつけて、いじくらないで(きにしないで)お肌を大切にして、苔癬が消えるのを待っていた方がいいかなーってとこです。
お礼コメント
noname#2761

kesuさんお返事ありがとうございます。実は私もなんどかいじっちゃって血が出てきたことがあるのです。最近はもう諦めていたという感じだったので気にはしていなかたんですけど、皮膚科でもらったフェルゼアで頑張って保湿していきます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.5

毛孔性苔癬は良性の、多くは遺伝性の疾患で(常染色体優性遺伝)あり、毛包漏斗部の開大と角栓が特徴です。特に若い女性に多く、割と太った人に多いと教科書には書いてありますが、日常診療をしていますと、それだけではなく、通常よくみられるものです。大体加齢とともに軽快はしていきますが、この程度は各個人によって違い、実際問題としてなかなかよくならない方がいることも事実です。
 さて一般に加療方法としては、皆さんが書いていらっしゃるとおり、1)尿素軟膏外用;医者での処方ではケラチナミンコーワ軟膏(これは同じものが市販しています。)、ウレパールLもしくはウレパール軟膏(これらは濃度が10%です。)これらが一般的です。2)次いで無効ならサリチル酸製剤(いろいろあります。);ただし、実際に角質を溶かすものなので刺激があることがおおいです。3)Vit A服用;あまり効きません。 ただし、すべてが即効性はなく、また効果がでない人もいます。
 即効性を求めるなら「垢すり」ですが、数日で元にもどりますので何か大切なイベントの前には効果があるでしょう。当然、肌にあわずかぶれる人もいますが。はっきりいって、お困りでしょうが気長に外用をして、あまり気にされないようにされるのが一番です。(気にはなられるでしょうが・・・。)
  • 回答No.6

追加させていただきます。皮膚科にてフェルゼアをもらったとの事ですが資生堂薬品のフェルゼアハンドクリームの事でしょうか?これならば尿素20%配合でケラチナミンコーワ軟膏と変わりませんし基剤が現在最もよいものです。ただし、保険が効かなかったんではないでしょうか?先に記したものなら、保険適応あるので皮膚科で処方してもらえればとても安いですよ。^^
追加でした。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ