• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

数II・三角関数

【問1】x≧0を満たすすべてのxに対して、 不等式xcos^2α+2√3xsinαcosα-(x-4)sin^2α-1>0…(1) が成り立つようなαの値の範囲を求めよ。ただし、0≦α≦π/2とする。 (1)の左辺をxについて整理すると (√3sinアα+cosイα)x+(ウsinα+エ)(オsinα-カ)>0であり、 x≧0を満たすすべてのxについて(1)が成り立つ条件は √3sinアα+cosイα≧0かつ(ウsinα+エ)(オsinα-カ)>0が成り立つことである。 これより、求めるαの値の範囲はπ/キ<α≦クπ/ケコである。 【問2】0≦Θ<2πのとき、y=sin2Θ+2√2sinΘ+2√2cosΘ-4とする。 x=sinΘ+cosΘとおくと、2sinΘcosΘ=x^ア-イであるからy=x^ウ+エ√オx-カである。 ここで、x=√キsin(Θ+π/ク)であるから、xのとりうる値の範囲は-√ケ≦x≦√コである。 したがって、yはΘ=π/サのとき最大値シをとり、Θ=スπ/セのとき、最小値ソタをとる。

noname#180299
noname#180299

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数192
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ferien
  • ベストアンサー率64% (697/1085)

>【問1】x≧0を満たすすべてのxに対して、 > 不等式xcos^2α+2√3xsinαcosα-(x-4)sin^2α-1>0…(1) > が成り立つようなαの値の範囲を求めよ。ただし、0≦α≦π/2とする。 >(1)の左辺をxについて整理すると >(√3sinアα+cosイα)x+(ウsinα+エ)(オsinα-カ)>0であり、 > x≧0を満たすすべてのxについて(1)が成り立つ条件は > √3sinアα+cosイα≧0かつ(ウsinα+エ)(オsinα-カ)>0が成り立つことである。 xcos^2α+2√3xsinαcosα-(x-4)sin^2α-1>0…(1)より、 (cos^2αーsin^2α+√3・2sinαcosα)x+4sin^2αー1>0 2倍角の公式より、 (cos2α+√3sin2α)x+(4sin^2α-1)>0 (√3sin2α+cos2α)x+(2sinα+1)(2sinα-1)>0   ……ア=2,イ=2,ウ=2,エ=1,オ=2、カ=1 > これより、求めるαの値の範囲はπ/キ<α≦クπ/ケコである。 合成の公式より、√3sin2α+cos2α=2sin(2α+π/6)≧0より、 sin(2α+π/6)≧0 ……(2) 0≦α≦π/2より、π/6≦2α+π/6≦7π/6 だから、 (2)を満たすαは、単位円を描くと、π/6≦2α+π/6≦π よって、0≦α≦5π/12 ……(3) (2sinα+1)(2sinα-1)>0より、sinα<-1/2,sinα>1/2 0≦α≦π/2より、0≦sinα≦1だから、sinα>1/2 ……(4) (4)を満たすのは、単位円より、π/6<α≦π/2 ……(5) (3)(5)の共通範囲は、π/6<α≦5π/12 ……キ=6,ク=5,ケコ=12 >【問2】0≦Θ<2πのとき、y=sin2Θ+2√2sinΘ+2√2cosΘ-4とする。 y=2sinΘcosΘ+2√2(sinΘ+cosΘ)-4 ……(*) >x=sinΘ+cosΘとおくと、2sinΘcosΘ=x^ア-イであるからy=x^ウ+エ√オx-カである。 x^2=sin^2Θ+cos^2Θ+2sinΘcosΘより、2sinΘxcosΘ=x^2-1 ……ア=2,イ=1 (*)より、y=x^2-1+2√2x-4=x^2+2√2x-5 ……ウ=2,エ=オ=2,カ=5 > ここで、x=√キsin(Θ+π/ク)であるから、xのとりうる値の範囲は-√ケ≦x≦√コである。 合成の公式より、 x=sinΘ+cosΘ=√2sin(Θ+π/4) ……キ=2,ク=4 0≦Θ<2πより、π/4≦Θ+π/4<9π/4 ……(1) だから、 -1≦sin(Θ+π/4)≦1より、-√2≦√2sin(Θ+π/4)≦√2 よって、-√2≦x≦√2 ……(2) ……ケ=コ=2 > したがって、yはΘ=π/サのとき最大値シをとり、Θ=スπ/セのとき、最小値ソタをとる。 y=x^2+2√2x-5=(x^2+2√2x+2)-2-5=(x+√2)^2-7 だから、 最小値は、(2)より、x=-√2のとき、y=-7  このとき、√2sin(Θ+π/4)=-√2だから、sin(Θ+π/4)=-1  (1)より、Θ+π/4=3π/2より、よって、Θ=5π/4 最大値は、(2)より、x=√2とき、y=(√2+√2)^2-7=1 このとき、√2sin(Θ+π/4)=√2だから、sin(Θ+π/4)=1  (1)より、Θ+π/4=π/2より、よって、Θ=π/4 以上より、 Θ=π/4のとき、yの最大値は、1 ……サ=4,シ=1 Θ=5π/4のとき、yの最小値は、-7 ……ス=5,セ=4,ソタ=-7 でどうでしょうか? 公式など確認してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 三角関数の問題です。

    [1] cos2x=cos3x (1) 2x=ア+2nπ (n=0,±1,±2,・・・) アにあてはまるものを次のうちから選べ。 0→ ±3x 1→ ±3x+π/2 2→ ±3x+π 3→ ±3x+3π/2 したがって、0<x<πの範囲で(1)を満たすxは x=イπ/ウとx=エπ/オの2個存在する。 [2] イπ/ウ=α,エπ/オ=βとし、 |sinα|=a,|cosα|=b,|sinβ|=c,|cosβ|=d とおくと,a~dの大小関係は次のようになる。   カ<キ<ク<ケ カキクケにはa~dのうちから適するものを選べ。 センター試験レベルですが解説つきで教えてくださいいい。 あとやってみた感じの難易度もおねがいします。

  • 三角関数

    0<θ<πとして y=cos(πsinθ)sin(πsinθ) ア<sinθ≦イであるから、y>0となるのは、θについて 0<sinθ<ウ/エ が成り立つときである。 したがって、y>0となるのは 0<θ<オ/カπ、キ/クπ<θ<π のときである。 という問題ですが。 ア0 イ1までしか分かりませんでした。 どなたかよろしくお願いします。

  • 三角関数が分かりません(;o;)

    明日 数学で当たるのですが 数学が嫌いなので ぜんぜん わかりません (;o;) そこで よかったら 途中の式も入れて カタカナの部分を求めるのを お願いします! △ABCにおいて、∠B=Θ、∠C=π/2、AB=2sinΘ とする。 このとき l=sinアΘ-cosイΘ+ウ =√エsin (オΘ-π/カ.)+ウ よって、Θが 0<Θ<π/2の範囲で変化するとき Lは Θ=キπ/ クのとき、 最大値ケ+√コをとる 明日までにお願いします!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

【問1】 xcos^2α+2√3xsinαcosα-(x-4)sin^2α-1>0…(1) (1)の左辺をxについて整理すると (√3sin(2α)+cos(2α))x+(2sinα+1)(2sinα-1)>0 ...(1)' (√3sinアα+cosイα)x+(ウsinα+エ)(オsinα-カ)>0 と比較すれば ア...2, イ...2, ウ...2, エ...1, オ...2, カ...1 x≧0を満たすすべてのxについて(1)が成り立つ条件は √3sin(2α)+cos(2α)≧0 かつ (2sinα+1)(2sinα-1)>0が成り立つことである。 (2sinα+1)(2sinα-1)>0, 0≦α≦π/2より (2sinα+1)>0なので  (2sinα-1)>0  ∴sinα>1/2 ∴π/6<α≦π/2 √3sin(2α)+cos(2α)=2sin(2α+π/6)≧0,π/3<2α≦πより π/2<2α+π/6≦π ∴π/6<α≦5π/12 >求めるαの値の範囲はπ/キ<α≦クπ/ケコである。 と比較して キ...6, ク...5, ケコ...12 【問2】 y=sin(2Θ)+2√2sinΘ+2√2cosΘ-4 x=sinΘ+cosΘとおくと、 2sinΘcosΘ=x^2-1=x^ア-イ ア...2, イ...1 であるから y=2sinΘcosΘ+2√2(sinΘ+cosΘ)-4 =x^2-1+2√2x-4 =x^2+2√2x-5 =x^ウ+エ√オx-カである。 ウ...2, エ...2, オ...2, カ...5 ここで、x=√2sin(Θ+π/4)=√キsin(Θ+π/ク)であるから、 キ...2, ク...4  -√2≦x≦√2 xのとりうる値の範囲は-√ケ≦x≦√コである。 ケ...2, コ...2 y=(x+√2)^2 -7 yはx=√2のとき(Θ=π/4=π/サのとき)最大値8-7=1=シをとり、 サ...4, シ...1 x=-√2のとき(Θ=5π/4=スπ/セのとき)最小値-7=ソタ、最小値ソタをとる。 ス...5, セ...4, ソタ...-7

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 三角関数の問題です

    問題がわかりません。教えていただくと助かります。 2cos^2θ-√3 sin2θ-(2a+1)(√3 cosθ-sinθ-1)=0 …(1) を考える。ただし、0≦θ<2π とする。 t=cos (θ+π/6) とおくと 4t^2=アcos^2θ-√イ sin2θ+ ウ であるから。(1)は t^2-(エ+オ/カ)t+ キ/ク = 0 a=3 のとき(1)の解は θ=π/ケ または コ / サ π である。 また、a=シ または スセ のとき(1)は 0≦θ<2π の範囲に3個の解をもつ。 (1)をどう、展開していけばいいのか教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 三角関数

    0≦α≦πとする。x≧0を満たすすべてのxに対して、不等式 2xsinαcosα-2(√3x+1)cos^2α-√2cosα+√3x+2≧0 が成り立つための条件は sinアα≧√イcosαウαかつ エcos^2α+√オcosα-カ≦0が成り立つことである。 これより、αの値の範囲は キ/クπ≦α≦ケ/コπである。 角がバラバラなので2倍角の公式等で揃えようとしましたが、私には無理でした。どなたか教えて下さい。

  • 三角関数

    大至急お願いします。数学の問題です Oを原点とする座標平面上に定点A(3,3√3)、動点P(p,q)をとる。 ただし、0≦θ<2πとして、 p=√3cosθ-sinθ q=√3sinθ+cosθ とする。 (1)線分OAの長さは(ア)であり、線分OAとx軸のなす鋭角はπ/(イ)である。 また、 q=(ウ)sin{θ+π/(エ)} と変形でき、同様に p=(ウ)cos{θ+π/(エ)} と変形できる。また、 OP=(オ) である。 (2)線分APの長さが最大になるのは、θ=(カ)/(キ)πのときであり、このとき、線分APの長さは(ク)である。 (3)△OAPが直角三角形になるようなθの値は、全部で(ケ)個ある。 途中式もお願いします

  • 三角関数について

    質問失礼します。 三角関数が苦手で下の問題が解けません。 やり方など教えてほしいです。 aを正の定数とする。点Oを原点とする座標平面において、中心がOで、半径が1の円と半径が2の円をそれぞれc1、c2とする。θ≧0を満たす実数θに対して、c1上の点をp(cosaθ、sinaθ)、c2上の点をQ(2cos(π-θ/2)、2sin(π-θ/2))とする。 (1)3点O、p、Qがこの順に一直線上にあるような最小のθの値はθ=アπ/イa+ウである。 (2)線分pQの長さの2乗pQ2乗は、エcos((オa+カ)θ/キ)+クである。 (3)θの関数f(θ)=エcos((オa+カ)θ/キ)+クとおき、f(θ)の正の周期のうち最小のものが3πであるとすると、a=ケ/コである。 以上です。 よろしくおねがいします。 長文失礼しました。

  • 三角関数の問題です

    0≦θ<πのとき、y=8√3cos2+6cosθcosθ+2√3sin2θは y=[ア]sin([イ]θ+π/[ウ])+[エ]√[オ]となる。という問題がわかりません。 (半角の2は2乗ということです。ウのところはウ分のπということです。) 2倍角、半角の公式を用いてsin2θ、cos2θの一次式に変形させて解くみたいなのですが、よくわかりません。 三角関数は苦手なので、細かい所まで教えていただけると助かります! 火曜日にみんなの前で解かないといけないので、よろしくお願いします!

  • 三角関数の最大・最小の問題がわかりません

    0≦θ<2πのとき、y=sin2θ+√2sinθ+√2cosθ-2とする。 x=sinθ+cosθとおくと、2sinθcosθ=x^2-1であるから y=x^2+√2 x-3である。 ここで、x=√2 sin(θ+π/4)であるから、xのとりうる値の範囲は-√2≦x≦√2である。 ここまではわかりました、何か間違っていたら教えてください。ここからがわかりません。 したがって、yはθ=π/ア のとき、最大値イをとり、 θ=ウπ、エπのとき最小値オをとる。 解法お願いします。

  • 途中まで解けたけどその後が・・・

    0°≦θ<360°の時、y=2sinθcosθ-2sinθ-2cosθ-3とする。 x=sinθ+cosθとおくと、yはxの関数アとなる。 x=イsin(θ+ウ°)であるから、xの値の範囲はエである。 したがって、yはθ=オ°のとき、最大値カをとる。また、yの最小値はキである。 ア~キまでを答えよ。 という問題なんですが、アは、y=x^2-2x-4と求まるのですが、 その後がわかりません。解説しながら丁寧に教えてもらえるとうれしいです。 お願いします。

  • 数I 関数について

    解説をお願いします。 関数h(x)を 1≦xのときf(x)=x^2-4x+4 x≦1のときg(x)=-x^2+2と定める。 問1 -t≦x≦t(t>0)において |h(x)|= 0となるような異なるxの個数は 0<t<√アではイ個、√ウ≦t<エではオ個、カ≦tではキ個である。 また、-t≦x≦tにおける|h(x)|の最大値が2tであるとき t=ク、√ケ+コである。 問2 -2≦x≦pにおけるh(x)の最大値がpであるとき p=-サ、シ、スである。 答え ア2、イ0、ウ2、エ2、オ1、 カ2、キ2、ク1、ケ3、コ1、 サ2、シ2、ス4

  • 3次関数y=x^3-2ax^2+a^2x (a>0)の0≦x≦1におけ

    3次関数y=x^3-2ax^2+a^2x (a>0)の0≦x≦1における最大値を求めたい。 まず、yはx=(ア)のときに極大値(イ)をとり、x=(ウ)のとき極小値(エ)をとり、さらに(ア)以外にy=(イ)となるようなxの値はx=(オ)である。 そこで、求める最大値をaの関数と考えてM(a)で表すと次のようになる。 a≧(カ)のとき M(a)=(キ) (カ)>a≧(ク)のとき M(a)=(ケ) (ク)>a>0のとき M(a)=(コ) という問題なんですが、(ア)~(オ)までは分かったんですが、 場合わけする部分がどうすれば解答にたどり着くか分かりません。 分かる方解説よろしくお願いします。 解答 (ア)a/3(イ)(4a^3)/27(ウ)a(エ)0(オ)4a/3 (カ)3(キ)a^2-2a+1(ク)3/4(ケ)(4a^3)/27(コ)a^2-2a+1

  • 自然対数の底の関数

    答えは あ5、い8、う6、え7、お5、か8、き7、く6 ア8、イ1、ウ2、エ8、オ1、カ6、キ1、ク2、ケ8 ですが、解き方が分かりません。

専門家に質問してみよう