• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

THE Tom's mom.

  • 質問No.778354
  • 閲覧数149
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 40% (13/32)

文法的には間違っている、正用法ではない、テストでは×、しかし、使う例は存在するという英語。

名前に THE がつく例、可能性はいくらでもある。
下に示した文例は、私がネットを使って教えてもらった、可能性がある文例だ。

不思議なのは、こんな話、「文法的には正しくないが、こんな例もあるよ」という話になると、「それは間違いだ」と強硬に主張する人間が現れることだ。

■ 質問1
「文法的に正しくない」ことを「明記」あるいは、「前提」にしているのに、それを人間は「なぜ」認識できないのでしょうか?

■ 質問2
英米人に尋ねます。あなたは if I WAS を使いますか?
また、使う理由、使わない理由などをお聞かせください。


※ 別の質問内で、「講談社の本で説明されているような例」---「誤用とはいえない例」を講談社が学習者に説明しているぐらいだからと、うっかり、「正しい」「文法的にただしい」とに書いてしまったので、質問として再掲する。細かいことを突っ込む人がいるから。

You are not the Tom I am looking for.
'He's the Tom i know'
"You're the younger Tom's mother."
"Your not the Mary that I was thinking of."
"Are you the same Miguel who posted earlier?"

A: "Tell Tom to report to the office."
B: "Tom Brady?"
A: "No, the other Tom."

A: "Whats your name?"
B: "Micheal Jordan."
A: "The Micheal Jordan."
B: "No."

David: Nagatos, George Bush is on the phone!
Nagatos: THE George Bush? (takes the receiver) Hello...?
GB: Hello nagatos, this is George, good morning.
Nagatos: Are you really THE George Bush? The President?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 63% (4601/7273)

Gです。

ああだこうだということをそのまま日本語の場合に言い換えれば,英語の正用法なんて言うものは英語を日常使っていない外人(自称専門家であろうと)が言う事じゃないんです.

この例は,使うことが正しいかどうかではなく,自分は使わないよ,と言う事が最後の一線なんです。 使われている事を知らないのならそれはそれで仕方ない事です. 決して恥ずかしい事でもなければ、教養が低いわけでもありません. 誰にでも知らない事は知っている事よりも多いでしょう.

大阪弁と言う標準語を東京でも面接では使わない方がいい、と知っていればそれでいいし,大阪では使ってもいいよ,と知っていればそれでいいのです. 面接者が大阪弁で面接しているならなおさらですね, それを,東京人が,面接では大阪弁を日本中どこでもどんな状況でも使ってはいけないよと「口喧嘩」するのはおかしい、と言うことですね,

正用法と言う物が本当にあるのか,と言えばたぶんないといわざるを得ない程,数え切れないほどの要素/状況が絡まってくると思います.

少し本題から離れますが,夜遅くなって,お母さんが子供に「ほら,早くお風呂に入って寝なさい!」といったとき,日本人の中でどれだけ違和感を感じるでしょうか.

外人が聞いたら(私もそう感じましたが)、「ちょっとまって,お風呂の中で子供を寝さすの,あなたの家では」という事になりかねませんね.

お風呂に入って(お風呂を使って),そして,出て,それから布団の中で寝なさい,と言っているわけですね.

どっちが正用法と言えるのでしょうか,

もちろん,普通に言う「お風呂に入って寝なさい」ですね. これを正用法とするのは,使われているからです. このことについて日本語の文法が説明していないとしたら,おかしい事です, また、入って、と言うことはenterと言う事ではなく,体をきれいにして,,と言うフィーリングで使われる時もある,と言う理解もできるわけです,

なぜ,この文章がちゃんと意味が通じるのかというと,これを言ってこの文章の言いたい事がわかるからであって,文法によると~~、ではないのですね.

この文章の持つ意味がわかるからです. 省略された形だとか言って「説明」するのは,単なる説明のための説明であって,理由ではありません.

THE George's e-mailと言って、ある状況で使う人もいるし使わない人もいる、と言うことです, 使わなくてはならない、と言うことではないですね. しかし、THEを使ってあるフィーリングを出そうとする人もいる,と言うことです。 それを間違っていると言う外人がおかしいのです,

I is hungryのレベルではないという事です,

それをTHEについてminaseさんや私が十分説明したわけです. だから,一つの知識として自分の物すればいいのです. 使いたくなければ使わなければいいのです, 他の言い方なんてたくさんあるわけですし.

回答になっていないかもしれませんが、私の自己主張ですが,参考になれば嬉しいです. (反論したがる方へ:私の書いたものを読まないほうがいいと思いますよ、精神上不衛生です.、、、と書いていて気がつきました, 読んじゃったんですね.)
お礼コメント
nagatos

お礼率 40% (13/32)

いつも、お世話になります。

しかし、Gさん、偉大ですね。私は日本のサイトでは、続きませんね。
※日本にインターネットはないんでしょうかねぇ???

自分が使っている言葉、「言葉というものは何なのか」ということが理解できない人がこんなに多いとは。

語学学習者の様々な解釈を聞いていた私には、外国人である日本人が「文章の解釈はひとつ」、「文法に従ったものしか使われない」というような考えは持ちようがありません。
このあたり、Gさんほどでは、ありませんが、学習者むけの例文や文法書ではなく、生の英語に触れつづけた結果だと思います。

英語では、文法無視、間違いはないというような話をきくと、「アメリカ人は路上駐車しない!」とむきになっているのと同じように感じます。

いずれにしても、文法書や辞書の解釈を振り回している人を信用しろといわれても。。。

私はGさんを尊敬していますよ。
英語を「死んだ言葉」として、使おうとしている人たちに囲まれながら、がんばっていらっしゃる。

最近は、語学教育もだいぶ変わってきたので、古いものが取り除かれ、まとも時代がくる日も近いかも知れません。

今後も、ご活躍を祈ります。SWATでも。
投稿日時:2004/02/14 08:23
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ