• 締切済み
  • すぐに回答を!

ライブディオ デイトナ71ccボアアップキット

ライブディオ デイトナ71ccボアアップキット を組んだエンジンを購入し、セッティングを出して乗っていたのですが、今日フルスロットルで走行していたら急にエンジンストップして止まりました。 焼き付いたかベルトがきれたと思い、とりあえずキックをおろして問題なく降りたのでエンジン始動しようと思いキックしたのですが、かかりませんでしたのでとりあえず家まで押して帰りました。 エンジンストップ前の音がベルトがきれたような音だったのでとりあえずクランクケースを、開けてベルトを見て見たのですが、きれとおりませんでしたので、マフラーを外して排気側を見て見たのですが、縦に傷がついているので焼き付いたようです。 キックがとりあえず降りるので抱きつき程度だと推測するのですが、(ヘッドを開けてないので確定できませんが…あした開けて見る予定です。)もし軽い抱きつき程度だと仮定した場合ピストンも再利用しようと思うとどれ位の鑢で、磨くのがよろしいのでしょうか?シリンダー側にあまり傷がないのでしたら軽く段取りする程度に磨く予定です。(400番程度)ピストンも磨く場合どれ位まで磨けば良いのでしょうか? どうぞお力をおかしください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数5005
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4

オイルは混合?分離? 分離なら混合併用が必要かも。これはオイルポンプの性能にもよります。 使用オイルは推奨グレード以上のもの? 燃調は濃いめで妥協しましょう。 ヘッドは純正?改造品なら圧縮高すぎませんか? CDIは社外品?社外品なら進角しすぎていませんか? ノッキングやデトネ起こしていませんでしたか? (カリカリ、チリチリ音) 抱き付きの程度にもよりますが、私は#800ペーパーで2stオイルを 付けながら両斜め方向に(ストロークに対して45度にクロス)研磨します。 これは当たりがきつい場合のいわゆる「誤魔化し」です。 でもこれで元気になったりするんですね。 各ポートエッジ部も面取り(バリ取り)しましたか? またキットでも稀にクリアランスがキツイ場合もありますので 組み込み時に注意が必要です。 リングの合口部、排気ポート周辺は抱きやすい箇所です。 爪が引っかかるほどかじっているなら潔く補修パーツに交換しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

その改造パーツに会わせてセッティングがきちんと出てなかったかその辺りは解りませんが始動は取りあえず成功したようですから抱きつき(軽い焼き付きです)を起こしたものと想像します。 そのような場合そのキットにオーバーサイズのピストンやリングが有れば良いのですが無い場合、シリンダー外して確認して程度が軽いようであればホーニングをします(これのやり方一つですぐに焼き付くエンジンにも馴らしの必要ないエンジンにも内燃機屋の腕次第)もちろんペーパーなんて私は考えたことは無いですが(ホーニングの意味が解ればしないはず)もし重傷ならボーリングしてその後ホーニングします(ただしオーバーサイズのピストンやリングが無いと出来ません)後はスリーブにも寄るかも(最近のメッキの物などは不可能だと思います)ただしこの辺りは昔の2ストのポートを弄ったりして乗っていましたが最近の物は整備経験がないので(特にアフターパーツは)知りません、そのキットを販売している所に問い合わせるのが一番。 もしそのようなパーツが無くダメージが有る一定以上だと新品で交換するしかきちんと修理する方法は無いと思います、もしスリーブのダメージが非常に少ないようならペーパー当てるよりもホーニングしましょう、もしくは何もしない方が良いくらいに私は思っています、もちろんピストンやリングはその場合新品交換です。 ただし追加で書けばそれ以外の場所も腰上を外しているときに出来るだけ確認しておきましょう(出来る範囲で)ローラーベアリングなども良く痛んでしまうパーツだと私は思っていますからピストン外せば必ず確認していました(ばらばらになってエンジン内部に落とさないように注意しながら)実際にばらばらに成ったことは有ります。 基本的にペーパーなどでごまかしたことがないのでその程度についてはどの程度作業とアドバイスは出来ませんがスリーブに下手にペーパー当てたらすぐに焼き付くようなトラブルになる可能性が高いと思っていますから(名称は忘れましたが潤滑のための目に見えないす用な溝が消えることで潤滑不良になる)このホーニングも大切な作業ですから・・・ もし試すのでしたら安いホーニング用の工具が最近はネットでも簡単に手に入りますからペーパーよりはましだと思います(私も含めて専門知識無しで作業してうまくいくとは思ってないですが)始動しているくらいなのでピストンの棚落ちなどは無いと思いますがこれも確認しないと解りません(以外とこれで始動不能に成ることも有ります)どちらにしてもノーマルのオイルポンプで調整も無しにくみ上げていたら次回もすぐに焼き付きを起こすと思います(純正のポンプが調整できればすること)もし駄目なら微量の2ストオイルをタンクに入れて混合も必要かも・・・ 原因を取り除いて置かないと次回新品を組んでもすぐに同じ結果になるおそれが高いので単に燃調だけでは2ストは排気量が上がれば持たないと思いますよ、私もそのような理由で排気量の増大は考えたことは過去にないです、もちろんポートの加工程度でも成功すれば全く別物のエンジンになりますから私はもっぱらそればかり・・・それでも純正のポンプだけでは怖くてしばらくは混合を給油して様子を見ながら混合の2ストオイルの比率を下げていました(最後はゼロになるように)もちろんレーサーでも無いので使いやすさと相談しながらです(全開走行なんてほとんどしませんしね)きっかけはトレール車でモトクロッサーに置いて行かれるのが悔しくて色々としていただけです。 ただし書かれていることから2ストと私が勝手に思っているだけなので4ストだと多少変わりますが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 もし、軽い抱きつきなら、ピストンとリングの交換をお勧めします。ペーパーは磨くというより、アテル程度で良いと思います。削らないといけないようなら、ボーリングして、焼きついた時用の少し大きいピストンセットあれば交換お勧めします。  もし、時間があって、お金を最小限で抑えたいなら、リングだけで試して観るのもアリと思います。    次にアクセル全開にする前に、ガソリン濃くしといて、試していくしかないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

昔、KHで抱きついた真中のシリンダーを400番のペーパーで磨いて応急処置したって聞いたことあります。マルチシリンダーだと傷んでない気筒がまともに動くので結構走れます。が、単気筒は最低でもピストンとリングを交換しないとおそらく復活はしないでしょう。現状で始動しないのは圧縮がないからです。 シリンダーは磨けばピストンとのクリアランスが広がりますが、ピストンを替えれば圧縮もなんとか確保できるかもしれません。しかしピストンも磨いたら真円じゃなくなるので圧縮が漏れて始動すらしないか、始動してもアイドリングしないし回しても出てくるパワーはノーマル以下だと思います。ばらして見てからの話ですが、やっぱり完全に復活させるにはピストンとリングは交換、シリンダーは交換するかボーリングするなりしないといけないと思います。 昔乗ってた原付が質問者さんと同様に焼きついたことがあって、キックは降りるけど始動しない状態になり、バラしたらシリンダーとピストンがザクザクになってました。部品代より安く買えるバイクだったので自分は修理を諦めました。 シリンダーは400番くらいでいいと思います。せっかくなのでピストンもやってみて結果を教えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早急なご回答ありがとうございます。 記入忘れがありました。 ベルトがきれていないと確認してからキックして始動しました。 アイドリングはすぐ落ちてしまいますが、アクセルをゆっくり開ければ回りました。 このような状況です。 どうかよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • ライブディオ ZX エンジン不調

    AF35ライブディオZX後期規制前のエンジン修理にて困っています。 中古のZXをオークションにて購入したのですがエンジンの調子が悪く困っております。 状態 かなりアクセルを開けた状態にしないとエンジンがかからない。 エンジンがかかってもアクセルをかなり開けた状態でないとエンジンが止まる。 アクセルを全開状態にしても全く吹け上がらない エンジンがかかってもアクセルを一定に開けた状態でも安定しない。 整備は次のことを行いました。 キャブレター分解整備 駆動系分解整備(ローラー、ベルト交換) シリンダー交換(中古特にピストン、シリンダーに傷はありません) リードバルブ部分の分解点検(特に異常はありませんでした) キャブレター、駆動系整備の時点でエンジンはかかったのですが吹き上がりが悪く全く全開状態になりませんでした。 そこでシリンダーを点検してみるとデイトナのピストン42パイのボアアップキットが付いていたのですがピストンに傷が多くありましたので これが原因と思いノーマルのシリンダーピストンに交換 無事エンジン始動し若干高いアイドリングしておりエンジンがあったまってきたのでアクセルを徐々に上げて行きました。 はじめの一回は全開状態になったのですがその後急にエンジンの吹きが悪くなりはじめの状態と同じになりました。 インマニ部分(リードバルブ等)の不良かと思いインマニ部分の分解点検を行いました。 エンジン始動一回目は調子いいのですが後ははじめと同じ状態になりました ライブディオ他ホンダ原付2ストのエンジンは何機か整備をしており全くに素人ではないと思いますが今回は原因が全く解りません。 とても困っておりますどちら様か原因、対策を教えていただけないでしょうか。 最後に原因かわかりませんがプーリー整備時にクランク部分のガタがあったと思いますがクランクベアリング音はしていませんでした。

  • ボアアップ

    ライブディオzxにのってるんですが、そろそろボアアップしようと思っているのですが。エンジンの調子が悪く「が~~」という音がして車体がアイドレングジにエンジンのせいでガタガタするんですけどどこが悪いのですか?あとこのままボアアップしても問題ありませんかね?

  • AF35 ライブディオzxに乗ってます

    AF35 ライブディオzxに乗ってます 改造点は、社外CDI プーリー ベルトくらいです。 先日 原付が乗っていて急に故障しました。 なにか音が鳴ったわけでもなんでもありません 走行中に信号で止まり 発進しようとアクセルをひねったら エンジンストップします。 セル キックでエンジンをかけて 発進しようとアクセルをひねったらエンジンがまた止まります… キャブOHしましたが変わりません。 プラグ交換しましたがかわりません。 もしなにかわかる方いましたらお願いします。 別件でクランクシャフトがゆがむと 原付はどんな現象が起きますか? よろしくお願いします。

  • リード100 ボアアップ後のピストン穴あき

    質問お願いします。 97年式ライブディオZXにリード100エンジンを載せて使用しております。 流れとしては、1年程ZX用デイトナ赤CDIで他はノーマルその時は不具合ありませんでした。 1月にセルのブラシが断線した為、直そうと思いセルモーターを丸ごと取ってしまったのが始まりでした。 エンジンを掛けようと何十回キックしてもかからず 掛ったと思えばフルスロットルでも吹けず異常燃焼でマフラーは真っ赤。  で、マフラーが詰まってると思ってしまいスポーツマフラーに交換。 それでも改善せず、なんやかんやとプーリー ベルト クラッチ 外品に交換。  結局、セルモーターを取ってしまったのが悪かった様で セルを戻したら直りました。  で、60Km程度で走行中エンジン停止 ピストンに穴が…。 どうせならボアアップと あまり評判のよろしくない国の126ccキットを購入。 各部バリ取り後 オイルをたっぷり塗りながらセンターを出しながら組立。 ビッグリードバルブに交換 スロー10番 メイン20番アップ。 オイルの比率を多めに500Kmの慣らし運転。 セッティングを出す為 徐々にスロットルを開けた所、60km程で失火。 プラグに多少のカーボンが付着していた為 軽く磨いて発進。 また60km程でエンジン停止 ピストンに穴が…。 プラグは白っぽかったです。 プラグは8番 キャブ エアークリーナー ノーマル。  燃料は薄すぎではないと思うので プラグが近すぎたか、ZX用のデイトナ赤CDIでは点火時期が早すぎるのか、セルを取った時の不具合が尾を引いているのか…。 皆様の意見をお聞かせ下さい。 長文になりましたが、宜しくお願いします。

  • ライブディオZX

    最終型02年のZXなんですが セルでエンジンがかかりません。 キックだと何回やるとかかりますが スロットル回してないのに 勝手に回した状態になり アイドリングが高いのかな?とおもい 徐々に下げるとエンジンがきえます。 もう1回キックでかんばってつけて 走ってみたんですが 0~30でがぶります。 30キロ以上は普通に走ります。 キャブ掃除しましたがやっぱりだめでした。 キタコのパワーフィルターつけてたんですが 純正エアクリ加工したやつに変えてから 3日ぐらい立ってから調子が悪くなりました。 原因なんだとおもいますか? 改造点は べリアルグランドスラムマフラー ボッシュCDI デイトナハイスピードプーリー mj90 台湾製WR36グラム ライブディオ用純正ベルト 説明下手くそですがよろしくお願いします。

  • 大変困ってます!!ライブディオについて

    困ってます すごく まず、クランクからの異音が出ていた為に実働のエンジンを購入しました。 その日に通勤で使用したライブディオのエンジンとそのまま乗せ換えました。 新しく組んだ部品は腰下とオイルポンプだけです。 ピストン、シリンダ、ヘッド、キャブ、マニホ、ホース類、プラグ等は全てその日に通勤していたディオの物を使用しました。 が、エンジンかからず… 点火 圧縮 吸気 問題なく、爆発だけしません。 キックも3時間以上は蹴っています。 プラグにガソリン飛んでました。 キャブまでガソリン来てました プラグ点火してました シリンダ等は傷なくピカピカです。 もちろん通常通り組みあげたつもりです。。。 わかりません。 詳しい方、文字だけの説明っ分かり辛いかと思いますが、なんとか助けてください。

  • 原付のボアアップについての質問です。

    スーパージョグZR 3YKに乗ってます。 最近、エンジンのパワーが出ないため エンジン腰上バラして点検してみた所、ピストンに深い傷が入り、ピストンの先端が欠けていました。 抱き付きと思うのですが・・・ そのまま走っているといつかトラブルが起きそうなのでボアアップしようかとおもいまして・・・ ここで質問なのですが 今予算が少なくてシリンダーヘッドだけ付属されていないボアアップキットを購入しようと思っているのですが 68ccボアアップにシリンダーヘッドだけ純正で組んでも問題無いでしょうか?

  • 大変困ってます…ライブディオの

    ピストンリングについて 質問させてもらいます。 ライブディオのエンジンを買いました。 ついでなんでオーバーホールもしようと思い、 デイトナ製の ピストンのオーバーホールキットを購入しました。 こつこつ掃除から始め、 シリンダーヘッドを抜き シリンダーを抜き ピストンを外して ピストンリングを交換しようとした その時 説明書に… 向かってクランク側のピストンリングの内側に リングよりもさらに細くて角張ったようなリングというよりも、針金を入れると書いてありました。 が、2枚入ってます。 もちろん2枚入れてからピストンリングを入れました。 説明書の通りに… が… シリンダーを入れるとき、圧がかかりすぎていたのかピストンリング割れてしまいました(笑) とりあえず、内側の2枚ある細いリングの1枚を抜き、 古い方のピストンリングを入れてシリンダーが入ったので、そのまま組み付け本日の作業は辞めました。 そこで質問なんですが、ここで書かせていただいた細く角張ったリングのような針金は一体何なのでしょうか? また、何の役割をしているんでしょうか? 最後に、わたしの組み付けた方法でもエンジンは動いてくれるのでしょうか…?

  • 中古で買ったエンジンを積んでボアアップキットを組んで試しに走行したとこ

    中古で買ったエンジンを積んでボアアップキットを組んで試しに走行したところ、普通に走りだしそこそこ加速もして停止しようと思ったところでエンジンがとまりました。。。 その後もキックを蹴ってもエンジンはかかりませんでしたが一回だけやたらアイドリングが高い状態でついてまた数秒後にエンジンがとまりました。 キックを蹴ってみると圧縮はしているようでマフラーからも空気が来ます。 キャブにはガスが入っています。 しかし、プラグが点火していません。プラグを変えても点火しません。。。 走行中に急にプラグが点火しなくなる症状にはどんなものがあるのでしょうか? というかプラグが点火しなくなる症状にはどんなものがあるのでしょうか? 気になるのとしてはキックを蹴ったあとキックが戻る再何か壊れたモーターのような音がしています。 高速で回転する何かと何かが擦れ合っているような音です。 ただこれはキックが戻らなくなった再に補修した時の組み付けの不良のせいかもしれません。

  • ライブディオ

    ライブディオのAF34前期型に乗っているのですが、クランクベアリングが破損したので、後期型のエンジンに乗せ換えました。 その時の改造点は、デイトナ赤デジタルCDI、デイトナデジタルタコメーター、イリジウムプラグ6番、120キロメーター、純正タイプの輸入品マフラーです。 エンジン載せ換えの際、クランクシャフトをZX用、ギヤ類は後期と前期の組み合わせでハイギヤ化、クラッチは前期のZX用、キャブレター前期用、デイトナパワーアドバンスハイスピードプーリーZX専用、ウェイトローラーはデイトナカタログの目安でデイトナ製7.5g×6個、NTBのZX用強化ベルトです。 ですが、60キロまでは普通に加速して、それから68キロまでは加速がかなり遅いです。速度は大体69キロくらいが限界でした。エンジン回転数タコメーター読みで、7800rpmくらいです。 僕が思うには少し遅いと思うのですが、ウェイトローラーが問題でしょうか? あと、リミッターカットしたらもっとエンジン回転数上がるもんですか?