• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

大変困ってます…ライブディオの

ピストンリングについて 質問させてもらいます。 ライブディオのエンジンを買いました。 ついでなんでオーバーホールもしようと思い、 デイトナ製の ピストンのオーバーホールキットを購入しました。 こつこつ掃除から始め、 シリンダーヘッドを抜き シリンダーを抜き ピストンを外して ピストンリングを交換しようとした その時 説明書に… 向かってクランク側のピストンリングの内側に リングよりもさらに細くて角張ったようなリングというよりも、針金を入れると書いてありました。 が、2枚入ってます。 もちろん2枚入れてからピストンリングを入れました。 説明書の通りに… が… シリンダーを入れるとき、圧がかかりすぎていたのかピストンリング割れてしまいました(笑) とりあえず、内側の2枚ある細いリングの1枚を抜き、 古い方のピストンリングを入れてシリンダーが入ったので、そのまま組み付け本日の作業は辞めました。 そこで質問なんですが、ここで書かせていただいた細く角張ったリングのような針金は一体何なのでしょうか? また、何の役割をしているんでしょうか? 最後に、わたしの組み付けた方法でもエンジンは動いてくれるのでしょうか…?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1978
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • LTdog
  • ベストアンサー率78% (303/385)

それはエキスパンダです。 まあ、セカンドリングのシリンダー内壁への密着性を高めるものです。 他の車種では波型だったりしてオイルの流れを制御する構造のエキスパンダもあります。 エキスパンダが2つ? 本当に説明書読んでますか? http://www.daytona.co.jp/files/manual/29365/29365.pdf?1 説明書には商品内容が記されています。 エキスパンダ 数量1 ではありませんか? 純正のエキスパンダを外して商品のエキスパンダをつけろと書いてありますが、説明書通りやりましたか? 外さないで付けたとか、外したやつもつけたとか、そういう無茶をしていませんか? 現在は、新しいトップリングとエキスパンダが1つと純正のセカンドリングが入っている状態ですよね。 同時に交換するのが理想ですけど、実働エンジンだったなら、動くでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

説明書には数1と書いていましたが なんと2つ重なってたので つけました…。(笑) 間違いなく2つ入っていたので 生産の段階でのミスでしょうか。 で、わたくしエキスパンダリングを抜いていません… ということは古いのがまだ入っている可能性があります。 ま、しかし古いすり減ったピストンリングを入れたのでスッポリ入りましたが… 心配なのは、圧縮がかかりすぎていないかってことですね… どうもありがとうございました。 いつもいつもこちらの方々にはお世話になってばかりです…

関連するQ&A

  • 大変困ってます!!ライブディオについて

    困ってます すごく まず、クランクからの異音が出ていた為に実働のエンジンを購入しました。 その日に通勤で使用したライブディオのエンジンとそのまま乗せ換えました。 新しく組んだ部品は腰下とオイルポンプだけです。 ピストン、シリンダ、ヘッド、キャブ、マニホ、ホース類、プラグ等は全てその日に通勤していたディオの物を使用しました。 が、エンジンかからず… 点火 圧縮 吸気 問題なく、爆発だけしません。 キックも3時間以上は蹴っています。 プラグにガソリン飛んでました。 キャブまでガソリン来てました プラグ点火してました シリンダ等は傷なくピカピカです。 もちろん通常通り組みあげたつもりです。。。 わかりません。 詳しい方、文字だけの説明っ分かり辛いかと思いますが、なんとか助けてください。

  • ライブディオ ZX エンジン不調

    AF35ライブディオZX後期規制前のエンジン修理にて困っています。 中古のZXをオークションにて購入したのですがエンジンの調子が悪く困っております。 状態 かなりアクセルを開けた状態にしないとエンジンがかからない。 エンジンがかかってもアクセルをかなり開けた状態でないとエンジンが止まる。 アクセルを全開状態にしても全く吹け上がらない エンジンがかかってもアクセルを一定に開けた状態でも安定しない。 整備は次のことを行いました。 キャブレター分解整備 駆動系分解整備(ローラー、ベルト交換) シリンダー交換(中古特にピストン、シリンダーに傷はありません) リードバルブ部分の分解点検(特に異常はありませんでした) キャブレター、駆動系整備の時点でエンジンはかかったのですが吹き上がりが悪く全く全開状態になりませんでした。 そこでシリンダーを点検してみるとデイトナのピストン42パイのボアアップキットが付いていたのですがピストンに傷が多くありましたので これが原因と思いノーマルのシリンダーピストンに交換 無事エンジン始動し若干高いアイドリングしておりエンジンがあったまってきたのでアクセルを徐々に上げて行きました。 はじめの一回は全開状態になったのですがその後急にエンジンの吹きが悪くなりはじめの状態と同じになりました。 インマニ部分(リードバルブ等)の不良かと思いインマニ部分の分解点検を行いました。 エンジン始動一回目は調子いいのですが後ははじめと同じ状態になりました ライブディオ他ホンダ原付2ストのエンジンは何機か整備をしており全くに素人ではないと思いますが今回は原因が全く解りません。 とても困っておりますどちら様か原因、対策を教えていただけないでしょうか。 最後に原因かわかりませんがプーリー整備時にクランク部分のガタがあったと思いますがクランクベアリング音はしていませんでした。

  • YAMAHA フォーゲル

    フォーゲルをレストアしてます いよいよエンジン腰上をばらすのですが シリンダーとシリンダーヘッドの間のガスケットは純正があるようなのですがシリンダーとエンジン?? のガスケットがないようなんです フォーゲルと同じエンジンのバイクってありますか?? とにかくガスケットとピストンピン、ピストンリングがほしいのですがなにかてにいれる方法ないでしょうか?? あとシリンダーヘッドとシリンダーが錆びてるので塗装したいのですが空冷なので間のさびの取り方を教えてください ご回答よろしくお願いします!!!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • Lupinus2
  • ベストアンサー率26% (1802/6710)

ピストンリングには名前があります。 上(ヘッド側)に入れるのがトップリング、下に入れるのがセカンドリング、 セカンドリングの内側に入れるものは、エキスパンダリングといいます。 張力の調整のために入れてるんですかね。 無くてもとりあえずエンジンはかかる、と思います。 無いエンジンもありますので。 入れる前提で設計されたピストンから抜いても、悪影響はあっても好影響は無いと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ライブディオ デイトナ71ccボアアップキット

    ライブディオ デイトナ71ccボアアップキット を組んだエンジンを購入し、セッティングを出して乗っていたのですが、今日フルスロットルで走行していたら急にエンジンストップして止まりました。 焼き付いたかベルトがきれたと思い、とりあえずキックをおろして問題なく降りたのでエンジン始動しようと思いキックしたのですが、かかりませんでしたのでとりあえず家まで押して帰りました。 エンジンストップ前の音がベルトがきれたような音だったのでとりあえずクランクケースを、開けてベルトを見て見たのですが、きれとおりませんでしたので、マフラーを外して排気側を見て見たのですが、縦に傷がついているので焼き付いたようです。 キックがとりあえず降りるので抱きつき程度だと推測するのですが、(ヘッドを開けてないので確定できませんが…あした開けて見る予定です。)もし軽い抱きつき程度だと仮定した場合ピストンも再利用しようと思うとどれ位の鑢で、磨くのがよろしいのでしょうか?シリンダー側にあまり傷がないのでしたら軽く段取りする程度に磨く予定です。(400番程度)ピストンも磨く場合どれ位まで磨けば良いのでしょうか? どうぞお力をおかしください。 よろしくお願いします。

  • YAMAHA JOG 3KJについて

    今、YAMAHA JOG 3KJのエンジン部分を分解し図面を描かなければいけないのですが、それぞれの部品の素材がわかりません。シリンダヘッド・シリンダ・ピストン・ピストンリング・ピストンピン・コネクティングロッド・クランク・クランクピン・クランクケースそれぞれの素材を教えてください。記号で教えていただけると有難いです。(アルミニウム→Alのような)

  • ライブディオ

    ライブディオのAF34前期型に乗っているのですが、クランクベアリングが破損したので、後期型のエンジンに乗せ換えました。 その時の改造点は、デイトナ赤デジタルCDI、デイトナデジタルタコメーター、イリジウムプラグ6番、120キロメーター、純正タイプの輸入品マフラーです。 エンジン載せ換えの際、クランクシャフトをZX用、ギヤ類は後期と前期の組み合わせでハイギヤ化、クラッチは前期のZX用、キャブレター前期用、デイトナパワーアドバンスハイスピードプーリーZX専用、ウェイトローラーはデイトナカタログの目安でデイトナ製7.5g×6個、NTBのZX用強化ベルトです。 ですが、60キロまでは普通に加速して、それから68キロまでは加速がかなり遅いです。速度は大体69キロくらいが限界でした。エンジン回転数タコメーター読みで、7800rpmくらいです。 僕が思うには少し遅いと思うのですが、ウェイトローラーが問題でしょうか? あと、リミッターカットしたらもっとエンジン回転数上がるもんですか?

  • モンキー シリンダーの選定について

    はじめまして。4STミニにはまってしまい某オークションでモンキー 6Vを購入しました。冬に入りオーバーホールした結果、武川の50mmクランクに52mm武川2リングピストンにキタコのシリンダー(108cc用?)にダックス70ヘッドになります。クランク・ピストンが武川製であることからシリンダーも武川製にしたいと思います。どの型番を買えば良いのかどなたかアドバイスよろしくお願い致します。

  • シリンダーの傷

    ホンダのAF27シリンダーとピストンを交換しましたがピストンリングの位置が悪くシリンダーに細い糸位の傷が入ってしまいました爪に引っ掛かりますシリンダーは駄目でしょうか一応エンジンはかかります?ペーパーで磨きリングの交換などでいけるでしょうか?それとそのままにしておいた方が良いか迷っいます、また知り合いにオイルのエア抜きが必要だと言われましたがエンジンがかからない様にしてクランキングではだめなのでしょうか?

  • 原付スクーターが壊れた

    ホンダディオのAF27に乗っているんですが、エンジンのどこかからカタカタというかガタガタというか何か振動音が聞こえるようになりました、アイドリング時だけ聞こえて、アクセルを開くと少し静かになりました、どこかのボルトが緩んで何か部品が揺れてカタカタ言っているのかと思い放っておきました、そしたら次の日エンジンが動かなくなりました、セルは押してもカチッとしかいわず、キックは固くて全く動きませんでした、焼き付いたのだと思い、シリンダーをバラしました、シリンダー内部にも、ピストンにも縦の線がたくさんついて、ピストンリングは触ったらポロッと折れました、焼き付きでした、シリンダーとピストン一式を交換して直せばいいと思ったんですが、気になることがあります、シリンダーをバラした状態でクランクの動きを確かめようと思い、フライホイール?(名前が分かりませんが手で回すとクランクが上下する円盤状の部品)を手で回したら、回るんですが、クランクが下がりきった処ですごく固くなり、力を入れないとクランクが上がってきません、その下がりきったところだけが何故か固いのです、それ以外は普通に回ります、これはクランクシャフトとかの異常なのでしょうか?キックを試したら手応えは普通でした、しかしセルがダメです、固くて回らない感じでした、スクーターのエンジンはバラしたことがなく知識もないので良く分かりません、もし腰下に異常があったら、シリンダーとピストン交換しても直らないのでどうしようか迷ってます、クランクケースをバラしてまで直せる自信はありません、廃車にしたほうがよいのでしょうか?スクーターのエンジンに詳しい方、教えてください、よろしくお願いします。

  • 4気筒エンジンのビストンとシリンダー挿入の方法

    はじめまして。 今、GF250SSと言う古い4気筒250CCのエンジンをフルオーバーホールしています。 全て分解清掃は、終わって後は組むだけですが、一番のネックはクランクケースまで組んだあとのシリンダーの挿入です。 普通は、クランクケースを組み終えてから、ピストンをコンロッドに組み付け、4つのピストンのリングを押さえながら被せていくのですが、 ピストンコンプレッターサーが無いので、大変だと思います。 そこで、下記のやり方では問題あるでしょうか? 1.アッパークランクケースにシリンダーパッキンとシリンダーを仮組みする。(スタッドボルトが長い分はスペーサーを使う。) 2.ピストンとコンロッド(下キャップ無し)を組み付け、4気筒別々にシリンダーに挿入する。(事前に、オイルを十分シリンダー壁に塗っておく) 3.エンジンをひっくり返し、クランクジャーナル部まで4つのコンロッドの大端部を合わせる。 4.各メタルにペーストを塗り、クランクを置く。 5.コンロッド大端部にコンロッドキャップを組み付けて、指定トルクで締め付ける。 6.ミッション等の部品をセットして、ロアクランクケースをセットして指定トルクで組み付ける。 7.後は、エンジンを元に戻し、通常通り部品を組んでいく。 つまり車のエンジンや最近のSS系のエンジンと同様に組む方法ですが この方法に問題は有るでしょうか?

  • ライブディオJ後期モデルについて

    友人のライブディオ規制後について、71CC にボアアップしています、 1回目71CCに伴いMJだけを78番から85番に変更して 慣らし後アクセル全開走行中エンジン焼けを起こしました。(プラグ色は 灰色) 2回目新たに71CC ボアアップキッド(シリンダーヘッド付き)を購入してMJ 100番 SJ 42番に上げて慣らし後アクセル全開で必ず70キロ以上出すと失速します、再度エンジンは直ぐにかかりましスピードも出ます、プラグ色は少し濃いめかなって思う位ですが この現象は燃料が薄いの?濃いの? 因みにピストンやシリンダーの傷は確認できい程綺麗でした。 補足 ネットで検索すると燃料が薄い場合も濃い場合もアクセル全開時失速すると有りますが…エンジン焼けした時は失速は有りませんでしたが、燃料が薄い為エンジンが焼き付けを起こしたと見られます、ノーマル規制後キャブです、よろしくお願いいたします。 ※2種登録済み。

  • エンジンオーバーホール時にピストンスリーブがシリンダーから抜けました

    エンジンオーバーホール時にピストンスリーブがシリンダーから抜けました 、このような時はどのように対処すればよいのでしょうか?車両はCB750 RC42です、オーバーホール理由は白煙が出てきたためオイル下がり、上がりを疑い、ステムシールとピストンリング交換するためでした、圧縮は正常 、白煙以外はとても調子のいいエンジンでした、スリーブは抜けはしますが自重で落下するようなガタガタではなく何とかすれば工具使わず抜けるといった具合です、そのまま組み込んでもいいんでしょうか?

  • エンジン腰上オーバーホールについて

    4スト2気筒エンジンの腰上オーバーホールを考えています。オーバーホール時にピストンリングのサイズアップとシリンダーのボーリングはやったほうがいいのですか。友人の一人は同サイズのピストンリングの交換だけでは1万キロしか持たないと言います。別の友人はシリンダーの内壁がキレイな状態なら同サイズのピストンリング交換だけで大丈夫と言います。教えてください。