• ベストアンサー
  • 困ってます

アメリカ大統領選挙、日本にとっていいのはだれ?

  • 質問No.7685756
  • 閲覧数1945
  • ありがとう数9
  • 回答数4

お礼率 99% (1744/1746)

アメリカ大統領選挙ですが、ズバリ!
日本にとってメリットが最大にあるのは
どの候補者が大統領になることでしょうか?

簡単な理由も教えてください!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 21% (1316/6194)

ロムニー
 基本的に米国の二大政党『共和党』と『民主党』
で共和党のほうが親日派であり、経済優先型政党です。
対する民主は今回のオバマの社会保険制度をみるように米国の弱者救済型です。

 なので日本にとって経済および政治において『共和党』の大統領のほうがいいです。
例えば今回のロムニー氏はQE3に反対、バーナンキを再任しない方向であり、強いドル復活を明言しています、これは日本にとって対米ドルは円安になります。
 つまり日本の対米貿易にとってもロムニーにほうがよいです
お礼コメント
dokidoki777

お礼率 99% (1744/1746)

よくわかりました!
回答ありがとうございました。
投稿日時:2012/09/08 03:08

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 35% (584/1656)

 伝統的に労働組合が支持する民主党は保護貿易に偏りがちで、日本に対して警戒的です。また、中道左派が強い欧州に親和感を持っているようです。

 孤立主義的な共和党は欧州とはうまくいかないことが多く、鳩山内閣は別として米国に逆らったことのない日本への信頼は厚いといえます。

 しかし、米中2極時代になって、日本の位置取りは難しくな^るでしょう。どちらが勝つにせよ、両国の谷間で振り回されるのは確実です。欧州は、早くからECを砦にしましたが、日本はどうするか。韓国といがみ合っている時代ではないはずですが、あちらにその気がないのが問題でしょう。

 結論 どちらになっても不利。
お礼コメント
dokidoki777

お礼率 99% (1744/1746)

回答ありがとうございました。
投稿日時:2012/09/08 03:08
  • 回答No.3

ベストアンサー率 19% (2184/11066)

歴代のアメリカ大統領の対日政策を振り返ると、民主党大統領が日本に対して厳しくあたり、共和党大統領が比較的日本に好意的な傾向がありました。日本に対し最も辛く当たった民主党のルーズベルト大統領は、石油禁輸などで日本を戦争に追い込み、その後継のトルーマン大統領は広島長崎に原爆を落としました。最近ではクリントン(民主党)、ブッシュ(共和党)の差が歴然です。クリントンは経済や安保で日本に辛く当たりましたが、ブッシュは小泉首相との関係で分かるとおり、日本に好意的でした。今のオバマ(民主党)も、中国に接近し、比較的日本には冷淡です。アメリカ国内の指導力は別として、日本にとっては共和党政権が望ましいです。その意味では、次の選挙でぜひ共和党のロムニー候補に勝ってもらいたいものです。
お礼コメント
dokidoki777

お礼率 99% (1744/1746)

ロムニーさんですね!

回答ありがとうございました。
投稿日時:2012/09/08 03:09
  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (7191/21832)

共和党ですね。
昔から、共和党は親日で、民主党は反日
と言われています。

第二次大戦参加は、民主党のルーズベルトが
積極的であったことが知られています。
お礼コメント
dokidoki777

お礼率 99% (1744/1746)

共和党ですね!

回答ありがとうございました。
投稿日時:2012/09/08 03:09
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ