• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ライフタイムバリューに関しましての質問です。

LTVに関しましての或るページ( http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/ltv.html )の説明を拝見していました際に、 次の内容が気になりましたので、伺います。 ★新規顧客の獲得の為には、既存顧客の維持費の5倍のコストが掛かる、 という内容は一般的に証明されているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数40
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hymat
  • ベストアンサー率59% (95/161)

「顧客を新規に獲得するには既存顧客維持の5倍のコストが必要だとされる」 という記述ですね。 http://www.wunderman-d.com/column/2012/04/mapltv2012413.html (電通ワンダーマン)を見ると、 「新規顧客に販売するコストは既存顧客にかかるコストの5倍という「1:5の法則」…があります」 とあります。理論によるものではなく、だいたい5倍、という経験則のようです。 どのくらいのリピートが期待できる商品か、ブランド価値がどのくらい重視されるか等の個別の事情や、各社のコスト構造によって、かなりの違いが出ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

有り難う御座います。 非常に勉強になり、助かりました。

関連するQ&A

  • ポイント還元制

    ネットショップを運営しております。 新規顧客を獲得するために、ポイント還元制を既存の顧客に全員に案内しました:合計1万円以上お買上げの、新規顧客をご紹介いただくと、次回にお買上げの際に1000ポイント(1000円)をさしあげます。 その後、友人から既存の顧客が他人の連絡先を借りれば簡単に悪用されてしまうという指摘を受けました。 新規獲得ができない上、既存の顧客にさらに1000円割引にすることにひとしい!採算が合わなくなります。 さすがにそこまで予想できませんでした。たいへん困っています。 悪用防止ができ、確実に新規を獲得できる方法があったら、ぜひ教えていただきたいです。心より感謝!

  • 1:5の法則、5:25の法則について

    1:5の法則は、新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかるという法則 5:25の法則は、顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善されるという法則 この法則の提唱者と、どのような根拠でこの法則が導かれたか分かる方がいましたら、教えていただけますでしょうか。2:8の法則は提唱者の名前からパレートの法則とも言われそれなりの説明もあるのですが、上記の法則に関しては理論付けているサイトがなんとなくあったりはするものの、誰がどんな根拠で言い出したのかは分からず、もう少し深堀りしたいと思っています。 私のリサーチ力が足りないとは思うのですが、分かる方いましたら、よろしくご教授ください!

  • 某ショッピングサイトと自社ショッピングサイトのジレンマ

    ネットショップを開業しております。 某ショッピングサイトへ出店したところ、 自社サイトの売上が激減し、困っております。 狙いは、 某ショッピングサイト → 新規顧客獲得。 自社サイト → 既存顧客維持。 見事にこの構図が崩れました。本当は自社サイトで売りあげるほうが、 手数料少なくて利益高いのですが、、。 何か回避する方法はありますでしょうか?

  • OA機器の販売・レンタルの営業とはどんな仕事ですか

    仕事内容の詳細、やりがい、大変な部分、忙しさ、休日など、 どんなことでもいいので教えて下さい。 お願いします。 HPの求人を見ていてエントリーするか迷っています。 お願いします。 仕事内容は、 ・既存顧客対応研修 ・先輩から引き継いだ担当顧客先を定期訪問 お客さまとの信頼関係を築いて頂きます。 ・新規顧客開拓 当社の新規顧客獲得ルートは「既存顧客からのご紹介」です。 日常的な営業活動の中で、顧客との強固な信頼関係を構築していきましょう。 ・納品 納品の際は立会い、商品説明・仕様説明を同時に行います。 リース契約書や納品書を渡し、業務完了となります。 となっていました。

  • マーケティングにおいて、新規顧客:リピート顧客のコストで「1対5の法則

    マーケティングにおいて、新規顧客:リピート顧客のコストで「1対5の法則」といわれますが、これは具体的に誰が言い出したこと(証明したこと)なのでしょうか? 「一般的に」とか曖昧だったりして特定が難しいです。 ご存知の方はお教え願います。 よろしくお願いいたします。

  • 新規顧客獲得コスト

    日本のオンラインショッピングサイトで新規顧客獲得にどれだけのコストをかけているのかを調査しています。 ちなみに米国の情報は以下にありました。 http://bizit2.nikkeibp.co.jp/wcs/usn2/article/19990924/14.shtml 情報をご存じの方は教えてください。

  • 一アクセス獲得当たりのコスト

    ケータイサイトに新規のアクセスを獲得するためのコストを調査しています。 つまり、あるケータイサイトがあったとして、そこに一件の新規の顧客を呼び込むためのコストです。 通常の郵便によるDMならば、全通数×一通コスト÷見込み客数という計算で出ますが、ケータイサイトの世界ではどうなのでしょうか。 カテゴリーや告知の仕方でブレはあると思うのですが、通常、経験値としてどれくらいが“相場”なのでしょうか。 何かの指標等がありましたら、ご教授ください。 よろしくお願い申し上げます。

  • キャンペーンについて。

    新規取引顧客を獲得するため、キャンペーンというものを行おうかなぁ、と考えております。 資料請求で、ディズニー旅行、実際の取引実績についてコスト割引、などという、よくありがちなものです。これらについて、何か法的な手続は必要ですか?ディズニーに対しても、名前を出してキャンペーンをさせていただく、という通知なり許可が要るものでしょうか?よろしくお願いします。。

  • 中小製造業の新たな事業開発ついて

     現在、省力化機械製造業を 営んでいます。顧客の要望に応じて、材料、部品を仕入れて行う完全個別受注生産のため、製造コストがかさむ業態です。(粗利は20%) 社員は、多能工が多く、それなりのノウハウはあります。既存顧客、あるいは新規開拓を対象に収益性の高い事業、例えば機械のメンテナンスとかを考えていますが、新規事業への進出に関して、何かアドバイスがあればお願いします。

  • 営業用の電話で・・・

    皆様、どうか宜しくお願い致します。 下記の条件で、ベストなアドバイスをお願い致します。 1,営業用の新規電話番号を入手したいと思います。(回線数は1つでOK、携帯電話でも構いません) 2,上手く行かなかった場合は、1ヶ月程でも辞める可能性が有ります。 3,もちろんコストは初期、維持費共に安いに越した事は有りません。 どうか、宜しくお願い致します。