-PR-
締切済み

人間不信から立ち直る方法

  • すぐに回答を!
  • 質問No.76156
  • 閲覧数628
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 22% (15/68)

生きていくのにも正直疲れてきました。甘ったれてるとは
わかっていますが、身近にいる数少ない友人さえも
信じることが出来ません。心を閉ざして残りの人生を
生きていくのがいいのか、またそれをする強さが自分には
無いように思えて・・辛いのです。決して傷つくのが怖いのではなくとにかく 辛いのです。
何でもいいですからアドバイスをお願い致します。 
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全7件)

  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 37% (184/497)

1ヶ月程前に、20年以上愛し続けた最愛の男性を亡くした者です。

「生きていくのにも正直疲れてきました」と言うことは「死にたい」という事ですか?「自殺」を考えていらっしゃるという事ですか?
もしそうだとしても、わたしはそれが、甘ったれていることだとは思えません。
人はそれぞれ事情があり、また仮に同じ苦い経験をしても受ける心の傷の深さは人それぞれ異なりますから。
わたしは1年程前に職場で上司達から話をでっちあげられ、陥れられたような形で左遷されたような状況下に現在あります。それはそれは一生懸命に働いていた為、受けたショックは相当のものでした。でも、自分は何も後ろめたいことはなかったので毅然として来ました。でも、それはそれでとても疲れる事です。
けれど、そういう事があった時って、わたしに対する態度が変わる人とそうでない人とに分かれ、その人その人の人間性がよくわかる機会でもありました。この人が・・・という意外性の発見でもありました。

kokoro123さん、人間、疲れた時には、休めばいいんです。
人が信じられなければ、無理に信じようとしなくてもいいんです。今の段階で、今後の人生を心を閉ざして生きるか、どうしようかを決めても決めなくてもいいんです。今はご自身の心のおもむくままに生きてみて下さい。

冒頭に書いたような状況下に現在わたしはありますので、わたしも今は毎日辛くて辛くて何をしても楽しくないし、何を食べても美味しくありません。できれば何もしたくありません。
でも、愛した彼は、心から仕事が好きな人で、責任感の強い人でもありました。
病の痛みをこらえながら亡くなる10日程前にも出勤したと人に聞きました。
病と戦い、生きたくて生きたくて仕方がなかったと思います。
でも、人生を生き切った人でもあったと思えます。

kokoro123さん、仏教では人生は四苦八苦だと言います。苦しみの方が多いんですね。それでも、自分なりに一生懸命に生きるのが、人生なのかもしれません。

今は、どうぞ、ご自分を思い切り甘やかしてあげて下さい。
いつかまた、違うご自分を発見できるかもしれません。
でも、それも生きていればこそ、できる事だとはお思いになりませんか?
お礼コメント
kokoro123

お礼率 22% (15/68)

アドバイスに対してのお礼が本当に遅くなってすみません
いまだに引き続き対人関係でもめているので一人になる時間がありません。もう少し人間不信になった原因を書けばよかったのですが、まだそれを書く勇気がありません。
ですから、親身になってアドバイスしていた方々に大変
申し訳ありませんが、今言えることは見ず知らずの方に
こんなに親身になっていただいて、少しだけ人が信じられるようになれる気がしました。本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-18 23:33:29
  • 回答No.7
レベル10

ベストアンサー率 32% (27/82)

私さ、一回自殺未遂やってるから他人事に思えなくてさ。書くね。

何があったのかわからないけど、生きていてね。
死ぬってのは大変だし、辛いのね、結構。私なんてそれで結局まだ生きてるし(笑)カラダは生きる本能を持ってるから、ココロが死にそうでも生きようゼ!って言ってくれる。とりあえずそれだけ信じようゼ。それに貴方が自殺を図ったら、そん時助けに来てくれるヤツがいると思うよ。
いつまでも変わらないなんてことはない。絶対にないよ。なんかしようなんて思わなくていい。周りの人間を疑いながらでもいいから、絵でも詩でも自分一人でできることとかやって、とにかく今だけ生きていなよ。どうせいつかなんとかなっちまうゼ。勝たなくていいから、とにかく負けるな!!
補足コメント
kokoro123

お礼率 22% (15/68)

 アドバイスしてくださった、皆さん全員に言えること
 なのですが、本当に親身になってくだって
 ありがとうございました。

 今は、人は人 自分とは違う・・それに、無理して
 付き合う必要はないのだと、思えるように
 なりました。大切に思っていた友人と完全に
 付き合いが、なくなりましたが
 それも、仕方がないと 前向きに考えて
 生きていこうと、少しずつですが努力しています。
 後で、笑い飛ばせるように頑張ります!
 本当に、ありがとう・・。
投稿日時 - 2001-08-01 04:14:23
  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 24% (15/61)

大変な落ち込みようですね。

私もそのような経験があるので、どのようにアドバイスをしたらよいか考えています。

人間は社会的な動物なので、人との関わり合いを持たないと生きていけないのが辛いですね。
私の基本的な考えは次のようです。
・自分のことは自分で行う。自分が生きる以上に何かができれば、周りの人に施す。
・周りの人が自分をいじめるようなことがあれば、その人にはそれなりの原因がある。性格的にいじめる人は、いじめることによって心が安定するから行っているだけだ。
・自分の生き方は、誰の行き方より自然で素晴らしい。
・困難は、自分の見識を広くし、より施しができる力をつけるもの。困難は私を成長させるための学習である。

このように、自分に自信を持つことが困難を乗り越える支えでした。
ネット上でトルストイ研究会のサークルを作っています。是非、生き方を考えてみませんか。
  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 29% (5/17)

動物はお好きでしたら猫か犬を飼ってはいかがでしょう。子供たちが巣立ちした我が家では猫を飼っています。浅い人間関係に比べ、この猫に、我々に対する無条件の愛を感じます。
お礼コメント
kokoro123

お礼率 22% (15/68)

動物は大好きで、実際に犬を7匹飼っています。(^^ゞ
投稿日時 - 2001-05-19 01:36:52
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 38% (5/13)

たいへんに辛い状況のようですね。このような場合やはりエネルギーが湧いてこないものです。気持ちをできるだけ空にし目的を持たずに旅行に出ることをお奨めします。今はおそらく自分の周りの物いろいろをリセットしてしまうような必要があるのかもしれませんね。一人で旅をするということは自分のまわりの何者でもなく、自分というごくシンプルな単位で人と接しまた人も接してくれます。自分という単位で自らを見直す絶好の機会になりますし、他の一人旅をする人と話してみることでいい影響をうけたり、自分だけが悩んでるんじゃないだ等と妙に安心できることがあったりもします。もし不安が無ければ外国をお奨めします。日本には妙な価値観で固まっているような部分もありますし全く別の価値観の中で生活して人々と接してみるのがよいと思います。国内ならば沖縄の離島を民宿を転々としながら・・・というのがこのような場合有効かと思いますよ、経験上・・・。
  • 回答No.6
レベル12

ベストアンサー率 37% (184/497)

あのさー!
kokoro123さん、みんな心配していると思うよー!
「大丈夫」とか
「息はしている」とか
なんか一言でいいから、みんなを安心させてあげなよー!
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 19% (92/463)

人間一人で生きていける程強くはありません
誰かに寄り添っていかなくてはならないのです
その誰かを自分で見つけないと
本当に辛い生活が待っています
僕自身色々な事が有り、友人を一切絶った事が有ります
仕事もフリーだったので
有る意味孤独な時間を過ごしました
今の自分の周りにいる友人は
殆どが友達以上と言う感覚の人達に囲まれています
一切の交友関係を絶ってから7年目でしょうか
新しい仲間が増えました
今の環境は人には恵まれていると思います
殆どがネットで知り合った仲間ですよ
僕自身友好関係の一新は必要だと思っています
自分の観点を変えるだけでどうにでもなるのが
人間関係です
心を閉ざす必要は無いと思いますよ

・・・う~ん、アドバイスにもなってないなぁ~・・・
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ