• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ、厳罰化や不審者狩りが増えているのでしょうか?

犯罪認知件数によると、日本の犯罪は減少傾向にあると言われています。 しかし、それにも関わらず、ことあるごとに厳罰化が行われたり、また近頃はちょっとした事で不審者扱いしたりするケースが増えているのはなぜでしょうか? 防犯に心がけるのは確かに大事な事ではありますが、過ぎたるは及ばざるがごとしと言う様に、やり過ぎは社会不安や、不満を高めるだけで、かえって治安を悪化させる事になりかねません。 まず、軽微な事を何でも刑事罰化する、厳罰化を行うと、当人の償いが終わった後も社会的制裁が止まる事がなく、最初よりより悪質な再犯に走る事になりかねません。 また、ちょっとでも変わった人を見ると、直ぐに不審者として警戒・通報するケースも多いですが、これはオタクや変わった主義主張の持ち主、(無害な)カルト集団の人などに対しての、差別やいじめにすり替わる事にもなります。 中には、善意の気持ちで声を掛けた人が不審者として通報されたなんて話も聞きます。 これでは、困っている人が居てもうかつに助けられません。 こんな状態では社会が助け合い精神を失う事になりますし、治安がより悪化するだけと思います。 アメリカであったコロンバイン高校銃乱射事件って奴、調べると元々学校の校風が体育会系に傾いていて、オタクに対しての差別が高まっており、それに対して不満を持っていたオタクの犯人が暴動を起こした物であるという情報を見ました。 差別やイジメはこういった悲惨な結果を生む事になりますし、やり過ぎってどうなのかなと思っています。 厳罰化といえば、警察は軽微な交通違反でも、切符をすぐ切りますし(家人で交通量のかなり少ない裏通りで、一旦停止を「徐行」で通ってしまっただけで切られた事がある。しかも停止線の位置や道の形状が悪く、そこで停車しても視界は良くない)、職務質問も高圧的で強引だという声をよく聞きます。 いざ何らかの事情で任意同行されてしまうと、(容疑確定前でも)逮捕されてしまうと、取り調べが恐ろしい、という問題もよく耳にします。 でも、あまりやりすぎると警察が市民に信頼されない機関になりかねません。 そうなると何かあっても相談しづらい物に化したり、最悪人が自力救済へ走る危険性を感じます。 やり過ぎな防犯対策(というか目的がもはや別方向へ行ってる気がします)といえば、ここ数十年は、プリクラコーナーに男性だけでは入れなくなっている所が多いです。 表向き、軟派や盗撮を防ぐため、という話を聞きますが、実際問題、店員がチェックをするなり、お客さんもその手の迷惑行為を見て見ぬ振りをしない様にすれば、予防出来ると思います。 逆に男を締出した所で、この手のトラブルが根絶されるかといったらされないと思います。 (女同士ならトラブルが起きない訳でもないし、カップルを装った盗撮集団かも知れないし、盗撮画像を売って一儲けしようとする女も考えられます) 結局、店員や客の心がけで何とかなるものを、こんな強固な態度で望んだら、不満が高まるだけではなかろうかと思います。 俺も、そのやり方が増えてからは、非常に不快なので、ゲーセン自体に行かなくなりました。 Twitterを見ていても、さすがに強引だと思うという意見も多かったです。 また、一度Twitterで流れて来たこの手の警告掲示で「男だけでのプリクラお断り、もし発覚したら撮影したプリクラも没収する、返金しない」と書いている所もありました。 これはもはや、目的が違う所に行っていて、納得のできない対処だと思います。 そもそもそれは、軟派や盗撮をする連中が悪いのであって、全うにプリクラを撮ってる男性に対してやるのは筋違いだと思います。 なぜ、ペナルティとしてこんな対処を取るのか不明です。 取り締まりの矛先を間違えていると感じました。 フォロワーさんとこの事について話したら、殆どの人が「おかしい」「間違ってる」「単なる差別」という意見が多かったですよ。 こうやって、何でも無い人をグイグイ締め付ける様なやり方を取っていると、いずれ我慢の限界に達して、社会に対して何らかの危険なアクションを取る人がいるかも知れません。 「あ、不審者だ!」と、高圧的な態度や、不用意な発言をしたり、相手のその振る舞いを人格否定する様な行動(これは特に好ましくないのですが、多々そういう人がいます)を取った所、元々なんでもない人だったのに、その対処自体に腹を立てて、大喧嘩になるかも知れません。 そうなってしまうと、起きなくて良い犯罪が発生する事になると思います。 どうしてこんなにも不寛容になったのでしょうか? どうしてこんなに人が信頼出来ない世の中になったのでしょうか? どうして助け合いが出来なくなったのでしょうか? どうして、タダの「変わった人」が不審者呼ばわりされたり、弾圧を受けたりなんて事になったのでしょうか? どうしてこんなに厳罰化が進行する社会になったのでしょうか? これで本当に治安は改善するのでしょうか? 不思議です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数847
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • kyo-mogu
  • ベストアンサー率22% (3398/15359)

 まず、犯罪の進化というか、明かなというのがありません。普通の人が犯罪をしているという状態になっています。見た目などでは判断出来ない状態です。  また、犯罪を犯すにはそれなりの理由もありますが、その理由が欲求からではなく「なんとなく」という形も多いようです。  少年補導で万引きのケースで「欲しかったから」「お金が無かったから」は動機としてわかりますが、最近は「お金がもったいないから」というケースも有るようです。お金を持っていてもです。  つまり、判断出来ない状態になっているので、誰もが不審者に成っているのです。  厳罰化することで、被害者側が安心出来る要素を高めた。なぜ安心出来るのか、犯罪者の心理が読めないからより怖いから。従来の犯罪者の心理と異なる部分も多いからね。  それと、地域での人のつながりの薄さもある。本来なら村八分とかの言葉有るように、地域でのまとまりの強さもあったから、その中に入れないと困るのでルールを守るという考え方があった。しかし、人のつながりを軽視してきたので、犯罪をしてもとがめられない。人ごとになっているんです。関わりたくないと。そういった環境になると歯止めが利きません。止める人が居ないから。これは子供でも同じで、止める力が無いのです。その力を法的な強化で押させようとしている。法治国家ですからね。法で裁くしかないので。  今は、子供の安全をということで地域のつながりを高めようとする地域もあります。プライバシーの問題も有りなかなかですがね。  それと、便利にお金で解決出来ることが増えた。人を頼るというのではなく、お金を頼るような形になってしまったので、人との関係も出来なくなっているのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 地域の人の繋がりの薄さ、これは本当に強く思います。 少々変人がその地域に居たとしても、地域の人がそれを理解していれば、無用に恐れる事もないのになと思ってしまいます。 しかし、今の防犯対策が、繋がりを良くして行くどころか、「(行過ぎた)声かけ事案」なんていうくせ者もあるらしく、どこへ行くつもりなんだろうと思っています。 初対面の人とは、雑談も会話もできないじゃ、果たしてって感じっすね。

関連するQ&A

  • 少年法の厳罰化

    私は少年法の厳罰化には大賛成です。 未成年だからと甘えたことをぬかす連中をこれ以上 のさばらせるのは愚の骨頂です。 悪いことをしたら大人と同じ罰を受ける。 前科が残って、まともな暮らしもできない。 この条件で、少年犯罪は間違いなく半減します。 飲酒運転に対する厳罰化で、飲酒運転は激減しました。 昔は、ゴルフして一杯飲んで運転して帰るのがふつう だったそうですが、そんな人も見なくなりました。 厳しい罰則があれば、人間悪さはしなくなるものです。 職場のセクハラを見てもわかりますよね。 話は戻りますが、日本の少年法の問題点は、法律が加害者の立場に立って 作られている点です。 凶悪な犯罪の被害者にとって、加害者が大人か少年かなど 何の関係もありません。 少年だからと刑を軽くするのは、偏った法律だと思っています。 よって少年法の厳罰化は当然であり、被害者や被害者親族の 気持ちに沿ったものだと確信しています。 教育などで少年の凶悪犯罪が少なくなる事は無いでしょう。 むしろ少年の凶悪犯罪の罰を軽くすることで、より増えていく のが、犯罪先進国のアメリカで証明されています。 そしてアメリカでは少年犯罪の厳罰化が増えています。 欧米の長年の研究で100人中4人ぐらい、良心を持っていない 人間の存在が証明されました。 良心の無い人間に教育で良心を持たせる事は不可能でしょう。 それよりも凶悪犯罪を2度起こさせないような法律が 必要な気がします。 実際に殺人で服役後、出所してまた殺人・殺人未遂を犯した例が 幾つもあり、少年犯罪でも同じ例があります。 ぼくは高卒で感情論でしか物事を考えられない馬鹿ですが、有識者の皆さんは、どう思いますか?

  • 飲酒運転の厳罰化で飲む機会が減った人

    今年の6月1日から、飲酒運転に対して、厳罰化が行われます。0.25以上の飲酒により一発免許取り消しになります。車は扱い方を間違えれば大変危険ですから、免許も必要ですし、飲酒運転は殺人未遂と同じだと思います。飲酒運転でも免許取り消しにならないというのは変だと感じていましたので、厳罰化は大賛成です。 何年か前、福岡の市役所職員が時期を起こし、飲酒運転が社会問題となり、厳罰化がされました。その後なのですが、厳罰化のせいで、「外で飲む機会が減った」と言う人が出てきました。 もともと、飲酒運転をしないのであれば、厳罰化といっても、生活は一切変わりません。外で飲む機会が減ったという人は、飲酒運転をしていたと思って間違いありませんよね? http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4871853.html で質問したとき、No.4の方の文章を見て、疑問を思いました。厳罰化で収入が減った飲み屋は飲酒運転を容認していたわけで、社会のバランスって何なんだろう・・・と思ってしまいました。モラルのない人は、罰則の力で抑えるしかないのでしょうね。 もともと飲酒運転をしなかった人、周りの人にさせなかった人ならば、厳罰化で飲む機会が減りませんよね?!

  • 凶悪犯罪に対しての処罰への厳罰化

    俺も含み多分、みなさんも、多くの凶悪犯罪に 巻き込まれていない普通に生活をおくれている ものが、凶悪犯罪に対しての処罰への厳罰化を 望んでいる。 (日本:死刑制度賛否89%が賛成) 死刑を反対している方々の中にある意見で 凶悪犯罪者の人権を唄い更生の道を模索する 声も有る様だが、死刑制度に賛同する多くの ものは、死刑に対して罰の意識が高い。 極論を言えば、害動植物の駆除と同じ。 危険な輩は、抹殺しなければならない。 人権を犯した凶悪犯罪者の人権を守るのか? 小鹿がライオンに食われても親鹿は仇討しようなんて 考えない考え及ばない。ただ自然の摂理に従うだけ 動物的思考 人権を犯した凶悪犯罪者へ究極の罰を与えるか? 多くの者は、愛する者へ万が一、被害が有ったと 仮定したならば、死刑以外の罰を考える余地には 至らない。普通の人間的反応だと思う。 人間は、感情の動物、更に団体生活・社会生活を 取り、文化的に暮らすシステムを選択した。 死刑廃止を唄われる方々は、その方々だけの社会を 今の社会地域以外で構築すればエエねん! そこで質問ですが、みなさんは 凶悪犯罪に対しての処罰への厳罰化どう思いますか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#160070

>これで本当に治安は改善するのでしょうか? どんどん治安は悪化してまさに、天安門事件のようなことになりかねないでしょう。 日本人心理はアジア的で陰湿、隠蔽体質だと思います。 マスコミも、去年の事件があってから、必要以上に、本題から外れるようなカテゴリーにしか 手を出さないようですし。 簡単にいいますと、アメリカみたいに、なんでもOKですよ。みたいな感じにすれば、より住みよい 国に変わると思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 アメリカ程なんでもOKってのは一足飛びには難しいでしょうけど、ある程度の自由を認めて欲しい気がしますね。 他にも、法律が原理主義化して、それが点数稼ぎや別件逮捕の要因になるのは、避けられればと思ったりします。

  • 回答No.4
  • jh4lt7f
  • ベストアンサー率15% (19/120)

思い当たる点は多いです 良く考えると犯罪者の様々なタイプが知られており いろんな方向から人を詮索してしまうため 当然のごとく神経質になっただけの事ではないでしょうか 米国西部劇の古い時代とて 町によそ者がくれば疑いの目でまず見ていたようですが 複雑化すればするほどビジネスに差し障りがないように 大雑把な規制になってしまうものではないでしょうか しかし、秋葉のオタク、NYで奇抜な恰好、皆が貧しい時代の物貰い、・・・場所を選べば嫌われてないですが 質問者さんのように すべてが認識された方ですと、どこでも寛容になれるようですね フランスなんかそうなのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >秋葉のオタク これはかなり嫌われてるというか、現在差別の対象になっているみたいですよ。 例の連続通り魔事件から、妙に警備が物々しくなり、単なる通行人や買い物客(大半がオタク)が職務質問されるという異例の状態になっています。 そもそもあの事件、私が思う限りだと、単にたまたま秋葉が現場になっただけで、オタクとかそういうのは関係のない様な気が...。 でも、オタクの若い男性ばかりがやられるそうです。 あまりに厳戒令紛いな状況なので、あの事件以降、現場付近の景気がとても落ち込んでいると聞いた事があります。 別の犯罪にならなければいいですけどねと思います。

  • 回答No.3
  • uronly
  • ベストアンサー率12% (113/891)

弱者を弾圧することで政治に対する不信の目をそらしたいのかもね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.2

どちらの地域にお住まいでしょうか? 当方は関西になります。 >警察は軽微な交通違反でも、切符をすぐ切ります ぜんぜん、そんなことは無いですね。 赤信号でもなかなか車は止まらないし、歩道は駐車している車で歩けません。 原付バイクが歩道を逆走していくし・・・ 横断歩道で待っていて車が止まってくれるのは、週に1回ぐらいかな?? 実際、こんな違法行為をやっているのは、普通の人が多いです。 パトカーは近道と称して、私道を通り抜けて行きます。 >ここ数十年は、プリクラコーナーに男性だけでは入れなくなっている所が多いです。 これは、知りませんでしたね。 >軟派や盗撮を防ぐため、という話を聞きます なら、普通にエスカレーターも乗れない世の中かな?? へんに、周囲を囲ってしまったのが失敗でしょう。失敗を認めないからおかしな方向へ行ってるんじゃないかな???

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

関西ですか。 こちらは福岡に住んでいます。 が、ネット上でもそういった話題は耳にするので、日本全体がその傾向にあると思います。 そちらの地域の場合、単に取り締まりの仕方にやや問題があると思います。 ただ変な人、というのではなくて、そういう違法駐車などで悪質な物とかで、本当に迷惑している・交通に危険を及ぼしているのであれば、それは警察に伝えた方が良いかなと思います。 改善するかどうかは分かりませんが。 エスカレーターまではさすがにそこまで馬鹿げた事はしていませんが、プリクラはそういう所が増えましたね。 特に大手のゲーセンがその方向に走っています。 小さな所や、スーパーのらんらんコーナーとかに置いてあるちょっとしたプリクラは、そういう事は普通はやっていません。

  • 回答No.1
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21843)

”どうしてこんなにも不寛容になったのでしょうか?”     ↑ 昔は、地域毎に共同体があり、それが防犯の機能を 有していましたが、今はそれが少なくなっているのが 原因だとおもいます。 ”どうしてこんなに人が信頼出来ない世の中になったのでしょうか?”     ↑ 個人の生活が原子化し、都会化したためだと思われます。 ”どうして助け合いが出来なくなったのでしょうか?”     ↑ 原子化し、都会化したため、隣人が得体の知れない存在に なったからでしょう。 ”どうして、タダの「変わった人」が不審者呼ばわりされたり、 弾圧を受けたりなんて事になったのでしょうか?”     ↑   上に同じ。 ”どうしてこんなに厳罰化が進行する社会になったのでしょうか? これで本当に治安は改善するのでしょうか?”      ↑ 割れ窓理論に基づき、小さな犯罪をこまめに 取り締まることにより、大きな犯罪も減少させることが 出来るからです。 この手法により、ニューヨーク、ロス、札幌、ススキノ などが大きな実績を上げています。 御指摘の通り、本来は道徳や倫理観によって犯罪の減少を 図るべきが本道なのですが、小手先の技術に走って、目先の 結果を出そうとしています。 嘆かわしいことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 しかし私が思うに、割れ窓理論ってのは理解出来ますが、あれは元々治安の悪かった地域の治安を「一気に」良くする為の特効薬・頓服薬みたいな物ですし、その分副作用もとても多いものじゃないのかなという気がします。 元々さして治安が悪くなかった所でそれを使った所で、果たしてどうかな、と感じます。 医薬品に例えると、ステロイドや抗生物質…かな。 アレルギーや自家中毒状態になってないか、というそんな気がします。

関連するQ&A

  • 飲酒運転の厳罰化によって倒産に追い込まれた飲食店ってありますか?

    昨年八月、痛ましい飲酒運転事故が引き起こされて、飲酒運転撲滅に対する世論が高まりを見せています。毎日新聞に掲載されていた世論調査によると、8割以上の人が引き続き「更なる厳罰化」を望んでいると書かれていました。店側で代行を頼んでも、酔っ払いが駐車場でキャンセルして、飲酒運転して帰るのだそうです。 そこで、疑問に思ったのですが、飲酒運転の厳罰化によって、倒産に追い込まれた飲食店は出てきているのでしょうか?実際に見たことがありますか? もし、あるとすれば、そういう飲食店は客の「飲酒運転」という犯罪を利用して、売り上げを得ていたわけで、アルコール提供者として共犯者であることは間違いないわけですが。

  • 性犯罪の厳罰化について

    性犯罪の罰則見直しに関する法務省の検討会の議論が終わって性犯罪の厳罰化がいよいよ本格化するというニュースを見ました。 強姦の下限が今の3年以上から5年以上になること。これはいいでしょう。軽いと思う人もいますが下限が5年以上って殺人罪と同じです。殺人罪と同じ下限になった時点で十分厳罰化が成り立っていると思います。 ただ私が驚いたことがあります。強姦罪が成立要件が変わり、今の「性交」に「強姦に準ずる行為」が追加されることが議論されていたことです。検討会の議事録を見たら性器への挿入無しでも口淫や尻への挿入へも強姦罪として処罰するとのことでした。そしてそれに加えて性器への指による挿入も強姦罪として処罰するということも検討するということです。 これが一番驚きました。今回は強姦罪の刑罰の重さと親告罪の有無辺りが変わるだけだと思っていたからです。しかし要件までもが変わるとなるとこれまでの強姦罪が根底から変わることになります。 強姦が絶対許せないことは百も承知で性器への挿入があった場合はかなり重い処罰にすべきだと思いますが、指を性器に入れたがケガもなく性器の挿入は免れた場合、すなわちこれまで強制わいせつ又は強姦未遂で裁かれた事件が、人を殺した場合とほぼ同じ量刑になりうることに少しばかり違和感を覚えてしまったのです。刑の均衡とかもろもろのことで・・ おそらくこの流れだと口淫、尻への挿入があった時点で強姦罪が成立することになると思います。加えて場合によっては性器に指を入れただけで強姦罪が成立することになる可能性もあるかもしれません。ここまで強姦罪が様変わりするとはと正直驚いています。これまで挿入があれば強姦、なければ強制わいせつになるのが当たり前だったので。 そこで性器に指を入れただけで強姦罪が成立することに賛成ですか?見知らぬ人に襲われ性器に触られてしまったとしてもケガもすることなくもちろん挿入はなく貞操だけは守られたケースが実際に人を殺した場合と同じ量刑になることがあり得ることに違和感を覚えてしまいました。性犯罪だけが他の犯罪よりも特別扱いされていると思ったのです。 そしてここまで今の強姦罪が影も形もなくなるほど様変わりしてしまうことになった背景はなんなのでしょうか?

  • 不審者を見たら通報するべきでしょうか?

    不審者を見たら通報するべきでしょうか? また不審者を見たらそんなに緊張感を高めなければいけないのでしょうか? それが社会の安全に本当に繋がるのでしょうか? 率直な意見を言うと、必要は無いと思いますし、そもそもが「不審者」という概念自体が有ってはならない物にしか思えません。 何故なら「不審者」という概念ですが、「気違い」という言葉とほぼ同じ様な語感で使われるからです。 今では差別用語として、気違いという言葉は使えませんが、早い話が「理解できない事をする人」「理解できない考えの人」という事ですよね。 これには精神障害者、知的障害者、躁鬱患者、その他オタクやマニア、またちょっと違うニュアンスとしては、機嫌が悪いとか嫌な事があったので、気が立っていたり独り言をブツブツ言っている、そういう色々な人がいて経緯も様々です。 これをひとまとめにして「気違い」と言ってしまうと乱暴な言い方ですし、根本的な解決になっていませんし、本当は複雑な物を勝手に一緒くたにして侮蔑している訳ですよね。 だから差別用語として使ってはいけない物なんだと思います。 さて、この「不審者」ですが、これも「気違い」に輪をかけるぐらいひどい言葉だと思っています。 要は「何をするか分からない、ひょっとしたら犯罪を犯すかも知れない、そんな得体の知れない、知らない人」。 これをひとまとめに「不審者」という訳じゃないですか。 あまりに広すぎる物を一つの物にしている訳ですよね。 またもっと厄介なのが不審者というのは「レベル」が色々な訳ですよね。 なんかキョロキョロしているとか、服装が普通の人と違うとか、単に同じところに居座ってるとか、そういう具体的な犯罪に結びつかないものの、神経質な人だとなんか気になる程度の些細なレベル。 かたや凶器を持ち歩いたり、性器を露出したり、通行人に猥褻な事を言ったりする、いわゆる軽犯罪法に抵触する微罪とはいえどれっきとした犯罪者レベル。 これが「不審者」という言葉で一緒くたになってしまっています。 これって危険だと思いませんか? 前者の取るに足らない人が、後者の様な犯罪者と同じ扱いを受ける、具体的にいうと不当な暴力を受ける、不当に名誉毀損される、下手をすると情報が錯綜したり被害妄想が原因で誤って逮捕される、更にはそういう事が「不審者だから」の一言で一方的に正当化されるという危険があります。 また、この不審者というのに神経質になると、自分と違う人、自分の知らない人、こう言うのに不審者という概念が誤って拡大解釈されます。 障害者、外国人、ホームレス、オタクといった人がまずは差別され、更にはそれがただの知らないおじさん、にまで行くともはやモラルパニックの世界です。 これって全然良くないと思うんですけどどうでしょうね? また正直思うのが不審者を見たら110番という話をよく聞きますが、これもどうかと思います。 上の様な感じだと、街じゅうは不審者だらけですし、それをいちいち110番したら警察の電話はパンクして、本当の重犯罪や事故などに必要なリソースが下らない事に割かれてしまいます。 お腹が痛いだけで119番に掛けたらいけませんよね? 110番も一緒じゃないんでしょうか? お腹が痛いから119番に掛けるのはダメなのに、どうしてただよく分からない人が居るだけで110番をするのは許されるのでしょうか? また、地域安全情報だの声掛け事案だのというのが有りますけど、それに警察への通報の結果、片っ端下らない事が載ったらどうなるでしょうか? 何も悪くない人がなんかの行き違いで不審者として通報されて掲載されたら、警察への不信感を抱くでしょうし、またひょんな時に職質や誤認逮捕をされるんじゃないかという精神的苦痛を与える事になります。 また、情報を見る側も下らない物ばかりだと情報を軽視する様になり、いざ注意しなきゃいけない事案でも狼少年状態になる事が予測できます。 また声掛け事案にあまり振り回されると、(特に女性や子供)人が困っていても善意で助ける人が減ってしまい、むしろ助かる物も助からなくなるのではないでしょうか? こんな社会は悲しい社会だと思います。 そんな訳で、無闇に不審者を恐れない様にして、心配ならば自分の中で注意するなりして処理する様にした方が良いと思うのですがどうでしょうかね? そんな事よりも、不審者がどうこうと過度に心配する割には、コンビニに車のキー開けっ放し、エンジン掛けっぱなしで買い物に行く人。 車に乗ってもドアをロックしない人。 レストランなどで椅子やテーブルにカバンや携帯を置いたまま離れる人。 貴重品が入ってそうなカバンが身体の前になく、後ろ向きになっていたり最悪チャックが開いていたりする人。 こんなあべこべな状況が不思議です。 一体全体どうなってるのでしょう? そもそも不審者をいちいち恐れる必要や通報する必要はあるのでしょうか? そもそも不審者という概念自体が必要でしょうか? 僕はNOだと感じますがどうなのでしょうか?

  • スカートの中(長文)

    東京でも女性専用車両が導入されましたね。駅や車両内には「痴漢や盗撮は犯罪です」の文字が躍っています。こうした動きにあわせ、盗撮を厳罰化する法案の検討も進められているとききますが、これについて主に女性の方の意見を伺いたいと思います。 インターネットでは、女性のスカート内を撮影した写真が多数出回っています。顔も分からない誰とも知れないパンツの写真などうれしくもないし、通信販売のカタログなどではきれいなモデルさんの下着姿がいくらでも見られるのに、こんなもので喜ぶのは、性に興味津々の中高生だけだと思います。 お聞きしたいのは、女性にとって、こうした写真をとられることがどれくらい恥ずかしいのか?ということです。気持ち悪いとか不愉快だというのは理解できますが、誰とも特定できない太ももと下着だけの写真を撮られることが、そんなに恥ずかしいことなんでしょうか?痴漢は他人に触られるという直接的で深刻な被害ですから、これを厳罰に処すのは理解できます。けれど、撮影されたとも気づかない間に撮影される盗撮が、はたして厳罰化する必要が有るほどの犯罪なんでしょうか?かつてのビニ本や裏本のように、裏社会の資金源になっているわけでもないし、盗撮犯がやがて痴漢やレイプ犯に過激化するという統計的根拠があるわけでもないのに、厳罰化は少し過剰反応のような気もします。男の私としては、警察には、そんなことよりもっと他にやるべき仕事があるだろう!と言いたいのですが、女性としては、やはり厳罰化を望まれるのでしょうか?

  • 「飲酒運転を抑止する為に厳罰化」は嘘じゃない?

    交通事故の原因は脇見運転、居眠り運転、一時不停止、速度超過、信号無視等、いろいろ有ると思います。 よく取り締まっているのは一時不停止、速度超過、どうやら警察はこの二つの犯罪を取り締まりという方法で抑止しようとしているようです。 だったら、飲酒運転を厳罰化するよりは取り締まりを強化すればよかったのではないでしょうか? もしくは、一時不停止、速度超過も厳罰化すれば抑止が期待できたのではないでしょうか? 平成18年の法令違反別・年齢層別死亡事故件数です。 http://www.npa.go.jp/toukei/koutuu1/01home/hourei.htm 分かりにくいので取締りを強化できそうなものを合計しました。 飲酒運転:115+?件(75歳以上が判別不能) 速度超過:524件 信号無視:227件 一時不停止:285件 飲酒運転をしている人自体が少ないので死亡事故の確率も低いのでしょうが、普通に考えたらそれよりも件数の多い速度超過、信号無視、一時不停止も抑止しなければ意味が無いと思います。 飲酒運転の厳罰化の本当の理由は何だと思いますか?(抑止以外の理由があると思う人) 飲酒運転を抑止する為以外に無いと思う人はなぜ速度超過などの他の違反は厳罰化しないのだと思いますか? よろしくお願いします。 (補足) 「日本の最高速度は他国の水準よりも厳しい」等と言った理由も良く見ますが、「日本の酒気帯の基準は他国の水準よりも厳しい」らしいです。 他国と比較する場合は他の部分も注意して比較してみてください。 飲酒運転の場合「つい」「うっかり」が無いから悪い等という話も聞きます。 でも、速度超過や信号無視で捕まっても「つい」「うっかり」は通用しないという事を考えると、「つい」「うっかり」の話は屁理屈だと思います。

  • 凶悪犯罪者のような危険な輩は敵です。

    平和で実直な生活を営んでいる平凡な市民を 家族もろとも地獄に堕とす存在です。 市民の敵なのです。 死刑廃止を唄われる方々は、犯罪の無い社会に尽力もしないで、ただ 死刑廃止を訴えるだけです。 もちろん、犯罪者の更生にも手を出しません。 安全なところから、きれい事を述べているだけです。 家族を殺されて、死刑賛成に転向した「岡村勲」 という弁護士もいましたね。 また、厳罰化は 凶悪犯罪に限定する 必要は無いと思います。 汚職とか詐欺も厳罰に処すべきです。 これらの、知能犯、計画犯に対して、厳罰化は 非常に効果的であることが知られております。 かつて英国では汚職が多かったのですが、キーラー 嬢事件をきっかけにして、厳罰に踏み切ったところ 激減しました。 日本で問題になっている振り込め詐欺などは、厳罰化は 効果的だと考えられます。 みなさんは どう思いますか?

  • 極端な厳罰化

    目立つ書き込みをする極端な思考をしている少数ネット民の意見を反映して 全ての犯罪の刑罰を一律に死刑にすると 治安は良くなると思いますか?

  • 警察の言う不審者の見分け方は事実か

    https://www.secom.co.jp/homesecurity/bouhan/c/bouhan018.html これなんですけどスーツが怪しいというのは嘘ではないですか? このページを不審者が見ることを期待してそういう常識を流布したい情報戦の意図を感じません? そもそも不審者というのは気持ち悪いと思う人のことであって泥棒はただの窃盗犯です。 貧しい家に住む財産がない人には関係がありません。 痴漢や性犯罪者のほうがよほど社会の脅威ですがそういう人もスーツを着るのですか? 考えを教えてください

  • 江戸時代の厳罰主義について

    このカテでいいかどうか分からないのですが、質問させて頂きます。 江戸時代の警視庁、すなわち南北の両奉行に勤める与力は50騎、同心でもわずか250人の人数で、当時の100万都市の治安を担っていたと聞きます。 今では、警視庁の警察官の数も4万5000人に上るそうです。 江戸時代の100倍以上ですね。 当時と比べて人口は10倍にしかならないのに、それでも検挙率が落ちているとの報道があります。 なぜ江戸の町奉行がそんな少人数で治安を保つ事ができたか、その理由は、厳罰主義に徹底していたからと聞きます。 10両の金を盗めば打ち首とはよく言われていますよね。 その他にも、真犯人に間違いないが物的証拠に欠ける時は拷問にかけて白状させる事が許されていました。  入獄すればしたで、釈免されるまで地獄のような毎日をおくっていた事と思います。 一方、極刑が言い渡されれば、市中引き回しや、はりつけ、獄門など、犯罪者にはとても厳しい時代だったと思います。 現在、厳罰主義を訴えると必ずと言っていいほど 「人権蹂躙、警察による管理社会の再来、自由に物が言えない暗黒社会」 と言って、いわゆる人権派団体から大反対されるのがオチです。  つまり 「厳罰主義 = 悪」 という考え方なのですが、それでは当時の江戸市民は実際どのような生活をおくっていたのでしょうか? 結構、江戸文化が花開いた時代だったように思うのですが、やはり人権派の人たちが言うように暗黒社会だったのでしょうか?  一般市民でも与力や同心に監視や圧迫を受けていたのでしょうか? 警視庁と東京都民、町奉行と江戸市民、この二つの関係に決定的な違いは何かあるのでしょうか?

  • 少年法

    少年法を厳罰化するよりなくす方が良いのではないでしょうか? 少年だからといって欲望の赴くまま人を騙したり、奪ったり、傷害を加えたり、殺害までこなす獣達に更生の余地など考える必要があるんでしょうか? 多くのメディアでは厳罰化するということでさえ『死刑のある国とない国を比較しても凶悪犯罪率に変化がないんだから厳罰化の意味はない』と言ってます。 そして『むやみに罰を重くしたら更生の余地を奪いかねない』と言います。 何故、殺人などの凶悪な暴力により傷ついた被害者の心情を慮らないのでしょうか? 死人は永久に黙ってるから無視していい、殺人者でも生きてる命をより大切にしたいとか本気で思ってるんでしょうか? 自分としてはやむをえない状況とかだったなら更生の余地を議論してもいいのでは?と考えます。 凶悪犯罪を犯した悪魔達は少年だろうと大人だろうと健常な臓器を取り出して移植に回す献体としてもいいのでは?とさえ残虐にも考えてしまいます。 まともに教育を受けている日本人なら凶悪な犯罪など犯しにくいと思ってます。 こういう生粋の日本人なら罰の軽さゆえに犯罪を犯す犯罪者達に襲われたくないと考えたことがあるんじゃないでしょうか? 自分は犯罪に巻き込まれないか不安はあります、厳罰化に意味がないと言われようが恨みを買わないように生活してれば厳罰化によって少しは安心して暮らせます。 厳罰化は感情や欲望で歯止めがきかず犯罪を犯すものは別として組織的に凶悪犯罪をしてる連中への牽制にはなると思いますし。 いつの日か自己の欲望のために犯した凶悪犯罪者たちなんか即決裁判で即刻死刑にするようになってほしい。