-PR-

全国土木建築国民健康保険組合 扶養

4月からパートを始めました。主人から『扶養控除内で!働きすぎると、損するぞ!!』と、言われ。扶養控除・配偶者控除・特別控...

noname#212174 さんからの 回答

  • 2012-06-13 22:05:01
  • 回答No.6

ANo.4です。
お礼いただきありがとうございます。
「厚生年金」加入とのことなので回答を補足させて頂きます。

---------
まず、現在のご夫婦の年金の種別を以下のリンクを参考にご確認ください。ご主人が「2号」で、charming-girlさんが「3号」になっているはずです。

『~被保険者の種別、1号、2号、3号被保険者とは?~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso02.html
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html

「3号」の「国民年金保険料」は年金制度から拠出されているので夫婦ともに負担がありません。

この「3号」の条件は前回の回答でご紹介した健康保険の「被扶養者」の認定基準とほぼ同じになります。具体的には「協会けんぽ」という健康保険の条件と同じです。

『健康保険(協会けんぽ)の扶養にするときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
『国民年金第2号被保険者が、配偶者を扶養にするときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1795
≫4.留意事項
≫協会けんぽ以外の健康保険(健康保険組合など)の被保険者の配偶者が被扶養者の場合は、「国民年金第3号被保険者該当(種別変更)届」のみを日本年金機構に提出してください。

『従業員の被扶養者に異動があったときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2041
「(1)被扶養者の削除」の(イ)・(ウ)の規定により収入が増えると削除の対象となります。
「(1)被扶養者の削除」の(エ)の規定により「(厚生年金&職場の)健康保険」に加入すると削除の対象になります。

なお、「健康保険・年金」制度の「収入」に対する考え方は税金とは違います。1月~12月で区切るとも限りませんし、(課税・非課税も問わず)規定にもとづき「収入とみなす」ものが収入です

条件を満たさないことに気づかず放置しているとさかのぼって削除になる場合がありますので、収入が増える【見込み】になったら早めに「年金事務所(日本年金機構)」に確認しておいたほうが良いです。(年金事務所は理由無しにcharming-girlさんの収入を調べることは出来ませんので自動的に削除とはなりません。自己申告が原則です。)

(エ)の規定は収入ではなく現在お勤めの【パート先の事情】によって変わってきます。パート先で「厚生年金(&健康保険)加入」となった時点で削除です。

この場合は会社を経由して2号への切り替えが行われますので自分で手続きする必要はありません。ただし、加入後、国保組合に脱退の届け出を行う必要があります。

『パートタイマー等と社会保険の適用』
http://www012.upp.so-net.ne.jp/osaka/pa-toshakaihoken.htm
『厚生年金|適用事業所と被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1962
『厚生年金:悪質加入逃れは告発、企業名公表も 厚労省方針』
http://mainichi.jp/select/news/20120504k0000e010143000c.html

厚生年金と健康保険の保険料はこちらで試算できます。

『社会保険料(等)計算ツール』
http://www.soumunomori.com/tool/
※「協会けんぽ」の場合

---------
まとめますと、
○現在

国民年金3号:保険料負担なし
国保組合:国保組合の規定する保険料

○3号の基準を超える収入

国民年金3号→1号:保険料負担あり(定額)
国保組合:国保組合の規定する保険料

『国民年金保険料|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3763

○勤務先で厚生年金&健康保険に加入(セットです)

国民年金3号→2号:保険料負担あり
国保組合→健康保険:保険料負担あり
(保険料は給料をもとに算定、労使折半)

いわゆる130万円は2番目のケースでよく出てくる数字です。
国保組合ではなく「健保の被扶養者」だった場合は、年金と健康保険の両方の保険料の負担が(一気に)増えるので「働き損」などと言われるわけですが、自ら2号になれば以下のリンクにありますように保証が手厚くなるので「損」と切り捨てるのはどうかと思います。(どうせなら2号にならないと損と言ったほうが良いかもしれません。)

『国民年金と厚生年金の比較(違い)』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/kouseinenkin-hikaku.html
『厚生年金の障害厚生年金とは?』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/shougai-kouseinenkin.html
『障害年金の制度をご存じですか?がんや糖尿病、心疾患など内部疾患の方も対象です』
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201201/2.html
『健保と国保、どちらがお得?|吉田社会保険労務士事務所』
http://www.h2.dion.ne.jp/~chimaki/ws/pan/ken_a.htm
※市町村国保との比較

情報が多いので不明点はまた補足してください。
お礼コメント
charming-girl

お礼率 100% (6/6)

丁寧な説明に感謝します!!

『健康保険・年金制度』の『収入』の考え方が税金とは違う!と、いうこと。
4月~の最初の月給は13万円(交通費除く)でした。と、なると、すでに130万超の見込み!ということになってしまうのでしょうか?
初めのうちは、短い勤務・休みをもらう等調整するべき?だったのでしょうか??
もう、遅いですけど・・・・・・

扶養から外れる。や、会社の保険・厚生年金に加入しなければならない状態になったら、それは、会社経由で通達のようなものがくるのでしょうか?それとも自治体から?それとも、自己申告?なのでしょうか。
投稿日時 - 2012-06-13 23:39:29
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
-PR-
-PR-
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ