• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

トヨタ「ハチロク」復活

トヨタ「ハチロク」復活 200万円台で車離れの若者にアピールへ トヨタ「ハチロク」復活へ…来春に200万円台 トヨタ自動車は27日、富士重工業と共同開発した新型の小型スポーツカー「86(ハチロク)」(排気量2リットル、4人乗り)の市販モデルを、富士スピードウェイ(静岡県小山町)で公開した。 12月3日に一般公開が始まる東京モーターショーに出展する。来年春に200万円台の価格で発売する予定で、車離れが進む若年層にアピールしたい考えだ。 1980年代に製造し、今も人気が高い「カローラレビン」と姉妹車「スプリンタートレノ」の 型式名「AE86」(通称・ハチロク)の名称を受け継いだ。 富士重が得意とする水平対向エンジンの技術と、トヨタの直噴技術を組み合わせた エンジンを開発し、コーナーの走りを安定させた。シャープな外観が特徴で、燃費は 「同じ排気量のセダンと同等」という。 スポーツカーは、市場規模が小さく、環境規制への対応も難しいため、撤退するメーカーが 相次いでいる。トヨタも2006年に生産終了した「セリカ」以来、距離を置いていたが、 「スポーツカーは会社の看板」と方針を転換した。 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111127-OYT1T00507.htm?from=navlp 皆は今の時代にスポーツカー売れると思うかな?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1294
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

若い人の車離れにしたのは車のデザインや経済的な問題の他にもう一つあるのではないかと思います。 それはここ25年位前から繰り返しテレビで放映された車バッシング、ドライバーバッシングが大きく影響している様に思えるのです。 最初は無謀運転、新入禁止への侵入、違法駐車違反、マナー違反運転などを繰り返しテレビでバッシングしてきました。 その映像による洗脳が車を忌避する様に仕向けたのではないでしょうか? 極めつけが駐車監視員による規制強化です。 そう見てみると昔流行っていたデザインを復活させても今の若い人には懐かしいとは思わないし果たして関心をもつのだろうか疑問に思います。 車のメーカーは四苦八苦している様ですがその原因に根本的に見落としているものがある様な気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「新ハチロク、開発目標はドリフト性能世界一」…トヨタの開発リーダー

     「開発目標は、ドリフト性能世界一です。ゴルフのスコアで100を切れるくらいの運動能力がある人ならドリフトが決められる、そんなクルマを目指しているんですよ」。「FT-86 Concept(エフティー・ハチロク・コンセプト)」の開発リーダーを務めるトヨタ自動車BRスポーツ車両企画室の多田哲哉チーフエンジニアは、そう語る。  FT-86 Conceptは、トヨタと富士重工業が共同開発する小型FRスポーツカーのコンセプトモデルで、市販モデルは2011年末に発売と発表されている。 ネーミングの「ハチロク」は、83年にトヨタが発売した小型FRスポーツカー「カローラ・レビン」「スプリンター・トレノ」の愛称にちなんだもの。 比較的低価格でスポーツドライビングを楽しめるクルマとして、当時の若者たちの人気を集めたクルマだ。  コンセプトや企画、デザインはトヨタが行い、設計と実験、そして生産は富士重工業が担当。市販モデルはトヨタとスバルの両ブランドで販売する。 エンジンはスバル伝統の、水平対向4気筒エンジンを搭載している。  スバル「レガシィ」や「インプレッサ」の駆動方式は、FFまたは4WDだ。4WDのフロント駆動部分を取り除けばFRになるが、 FT-86 Conceptではそうした安易な方法はとっていない。FR専用にトランスミッションを新開発して、エンジン搭載位置も見直しているという。 前後重量配分にこだわってエンジンはフロントミッドシップ方式  多田氏によれば、「水平対向エンジンのメリットである低重心を確実に生かすために、エンジンの搭載位置をかなり低くしています」とのこと。 残念ながら今回はボンネットの中を見せてもらえなかったが、「何ミリ低くしたという具体的な数値は言えませんが、 レガシィやインプレッサのエンジンルームを見慣れている人なら、きっとその低さに驚くはずです」という。  エンジン重心を前車軸よりも後方に搭載するフロントミッドシップ方式にして、運動性能に大きく影響する前後の重量配分にもこだわった。 「スポーツカーといえば、前後重量配分50:50が理想的という意見がありますが、それは必ずしもベストではない。バランスをいろいろ変えて、 テストコースで走り込みと検証を繰り返して、車両の理想的な挙動を追求しています」(多田氏)。  水平対向エンジンは、自然吸気4気筒という以外の詳細スペックは未公表だ。 だがもちろん、21世紀のスポーツカーにふさわしい環境性能と高出力を達成するために、トヨタとスバルが持つ最新技術を投入する。 スポーツカーらしい馬力と低燃費をレギュラーガソリン仕様で両立  「排気量は2Lか、2.5Lにするかなどまだ検討中ですが、同じ排気量の実用車向けエンジンと遜色ない燃費を達成する。 そして経済性を考えれば当然レギュラーガソリン仕様で、スポーツカーに求められる馬力を実現するのが目標です。 そのためにはガソリン直噴システムはもちろん必須で、バルブタイミング制御にも最新の技術を投入します」(多田氏)とのこと。 燃費性能向上のために、アイドリングストップ機構の採用も考えているそうだ。  ショーモデルのトランスミッションは6速MTだが、イージードライブを望む人たちのためにオートマも用意する。 「個人的な気持ちとしてはMTだけでいいとも思いますが、市場を考えるとそうもいかない。CVTにするか、通常のATにするか、 一番気持ちいいのは何かを考えて決めていきます」(多田氏)。 ターゲットは40~50代の男性、価格は250万円くらい?  自らレースに参戦する豊田章男社長の意向もあるのか、最近のトヨタは「走る喜び」を積極的にアピールする姿勢が目立つ。 今回の東京モーターショーでは、3750万円のスーパースポーツカー「レクサスLFA」を披露したが、その対局にある身近なスポーツカーがFT-86 Conseptだ。 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091026-00000301-trendy-ind なにかと話題のFT-86ですが、 このトヨタ開発リーダーの考えはどう思いますか? このまま製品化されたらどんな車になると思いますか? この車は魅力的で購入するしたいと思いますか? それともこのようなとではなく別のほうがいいならば、 それはどういったことでしょうか? この内容はトヨタのものですが、 スバルならどう考えどんな車にしたいと思いますか? トヨタ版スバル版二者択一あなたならどちらを選びますか? その他FT-86に関してなにかあれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • スポーツカー

    (1)最近になって、86やシビックtypeRや90スープラ、s660などスポーツカーが復活しています。 今後も様々なメーカーでそういったスポーツカーを復活する噂を聞いたことがあります。 他の車と違い需要が低く、販売市場も昔と違い縮小しているこの時代(車離れ)に何故、復活させたのでしょうか? (2)復活したスポーツカーには共同開発で復活させているものもありたす。スープラや86は共同開発ということでエンジンがそれぞれbmwやスバルのエンジンを採用しています。何故、自社メーカーで復活させなかったのでしょうか? (3)今日に至るまで、一度も生産終了せずに製造がつづけられているスポーツカーも存在します。 (日産GT-RやスバルWRXSTI等) 何故、そういったスポーツカーは生き残れたのでしょうか?

  • ホンダはトヨタを敵に回して大丈夫か

    ホンダは大丈夫なんでしょうか。古くはシビックに始まり、近ごろのストリームなど、ホンダが隙間ヒットしたクルマはトヨタが本気になって排除にかかったといわれています。 日産がゴーン体制下で持ち直したといっても、新規開発の技術力や社会的なアピール度では、やはりホンダがトヨタの当面の「蚊」というか「蝿」でしょう。 フォーミュラ・ワンでの対決…ジャパン・フォーミュラへのエンジン供給…ホンダはトヨタと本気になって闘う場が目立ちますが、 企業のスケールからすればやはり一桁違うというのが本音。依然として独立独歩を指向しているかのごとくのホンダですが、頼みは北米市場のみ。このままで大丈夫なのでしょうか。トヨタはホンダをどう見ているのか気になります。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

新車から28年間ハチロクレビンに乗っていました。(3年前に三菱車に乗り換え) 当時のハチロクは面白い車でした。お金があれば完全にレストアしたかったのですが、車内の狭さに勝てず、泣く泣く買い換えました。 私の目から見ても今回の「ハチロク」は全く興味が湧きません。 所詮、技術の粋を持って作られ過ぎた車にしか見えないからです。メーターは260キロまで切ってあります。 当時のハチロクはそんなに速く走る車ではなかったけれど、「運転してる」って感覚が好きでした。 今の車はどこのメーカーでも感じますが、車に乗らされているって感じですね。 おまけに今回のハチロクは名前は違うけれど、富士重工からも同型車が出るんですよね。 今の時代、軽自動車でもガンガン走る車もたくさんあるし、今更って感じがします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

売れないでしょうね。 まず、若者の車離れは酷いものです。車のみならず単車離れを見ても分かります。エンジンの付いた機械物への憧れがなくなっていることを、単車離れが如実に物語っています。 昔はエンジンの付いた乗り物には誰もが興味を示しました。車好きの人は全部とはいいませんが、多くの人が単車にも他の種類の乗り物にも少なからず興味を示したものです。 単車の8時間耐久レースの観客も惨めなほど少ないです。また、そこに観に来ている観客の多くは私どもと同じ中年以降の人達です。 若者もいないことはないですが、このようなものは若い人の方が歳をとった者よりもっと沢山いて盛り上げるのが正常?なように思います。 今は物が溢れていて、且つ、すべてが高性能であまりに便利過ぎるので、物に対する有り難味や感動、所有する喜び、使う喜び、見る喜び等、すべての感動が薄れているのでしょうね。 皆さんもそうだと思いますが、私が若い頃はどんなボロ車でも感動し、心踊りましたよ。仕事以外のときはずっと運転していましたし楽しくて仕方がなくて、若者特有のエネルギーを抑えきれなかった。 いい加減寝なければならない時間がきても、運転席からなかなか離れられませんでした。 今そんな若者を見ることはほとんどなくなりました。時代の流れで仕方がないですが、今の若者は恵まれているだけに物事に感動が少なく、逆にかわいそうです。 若者だけでなく、そのような環境にいる現代人に売れるとはとても思えません。 添付された写真を見た感想も、ありきたりの他の車となんら変わらない没個性。 現代の車はすべてなめらかなラインの丸っこい車ばかり。ライト類も似たようなものばかり。洗練されたデザインだとそうならざるを得ないのかもしれませんが、今の車離れの状況に風穴を開けたいのならば、もう少し何らかの冒険はしてもいいんじゃないかな。 個性のなさが車離れの原因ではありませんが、あまりに右に倣え過ぎます。 ホイールひとつみても、今はどのホイールも前に出たオフセット。性能的な問題があるのかは私は知りませんが、昔のような中に深くえぐれたリムが光る、マイナス寄りのオフセットにすれば私の世代はかっこいいと思いますし、現代の他の車とも若干の差別化もできる。 その方がよしと言っているのではなく、何かしらの冒険を一切やっているふしが見えません。 他の車との差別化を何ひとつしていないのに何がしたいのでしょうか? 私が言っているのは、No.6さんが売れなかった例にあげた、MR2のような2シーターミッドシップなどの、ユーザーを限定し過ぎるような個性を言っているのではありません。当然それでは個性があろうが沢山は売れません。 誰もが日常生活に使う普段使いの車として選択できる車種で、もっと個性的で且つ魅力的な車造りはできるはずです。 また、規制が厳しすぎる世の中にダイナミズムは生まれてきません。自由が失われば責任も失われてしまう。それが現在の世の中です。 もっと個々の能力と責任で物事を対処して行く社会にしなければ、自動車業界に限らず、世の中はエネルギーが失われたままとなりかねません。 自動車業界を含め産業界が中心となって、自社の製品開発等と平行してやるべきことが他にもあるように思います。 現状のままでは、社会全体のバイタリティーと若者特有のエネルギッシュなパワーが沈んだままです。 車の質や個性、内容等よりも社会的な問題の方が重要だと思います。 このような現代社会において、漫画で少し取り上げられた程度の「ハチロク」は、86リアル世代すらからも受け入れられず、まず失敗に終わるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#184449

その昔、実際に「ハチロク」を売ってました。 その経験から・・・ >皆は今の時代にスポーツカー売れると思うかな? 無理でしょうね。 そもそも「自動車」自体、若者(特に都市圏)からは不要の烙印を押されているのに、そこに「絶滅危惧種」であるスポーツカーを投入したところで「売れる」と考える方が不自然です。 実際、当のトヨタ自身もこれでプリウス並みの販売は見込んでいないでしょう。 私が現役営業マンだった当時、「ハチロク」ともう一つ国産ミッドシップスポーツとして「MR2」という車も売っていましたが、そりゃ酷いもんでした。月にいいとこ1台。(営業所全車種合計で月に4、50台売れていた時) 買っていく人も、正に「好事家」といった感じの人ばかり。 そしてハチロクもそう。 私が現役営業マンだった当時はハチロクは晩年で、2年後には「92」モデルが発売になるころでしたが、まぁ、月に2,3台でしたね。 古臭いA4エンジンに重い車体。名ばかりの「ボーイズレーサー」は本当に売れなかったんです。 そんなハチロクも無くなる最後だけは「貴重な?FR」として一瞬花火が上がったように売れましたが、それもほんの一瞬でしたね。 トヨタが何故今「ハチロク」なのかはよくわかりませんが、日産の「GTR」のような伝説があるわけでもない1600CCの普通車の名前をまた付けるなんて・・・ 大方漫画の「頭文字D」によって生み出された「ハチロクバブル」に乗っかった「道楽」でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

トヨタが本気で良いスポーツカーを作ろう思った時には他社製のエンジンを起用するのですよ。 当然社内には反対意見もあって、「自社のエンジンで良いじゃないですか」と言う人は居たと思うのですが、今回は社長直轄プロジェクトで他社製エンジンの起用を決めた。今回は本気だということですね。 むかしトヨタ2000GTというスポーツカーを作りましたが、この時はヤマハのエンジンを起用しましたね。 この車は値段が高すぎてあまり売れませんでしたが、トヨタでもこれほどのクルマが作れるのだという評判になりました。 国内の自動車ユーザーは、低速走行、低燃費走行に慣らされておりますので、スポーツカーが売れる土壌はなくなりましたが、それでも、トヨタが他社エンジンを起用すればここまで出来るという、一つの基準にはなると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#155097

>今の時代にスポーツカー売れると思うかな? 昔ほどは売れないし、 トヨタが思うほども売れないでしょう。 若者は昔とずいぶん価値観が変わってしまっているので、 買う人は限られると思う。 しかし、その分、子育てが終わった40代、50代が 買うんじゃないかな。 貧乏な若者に200万円は敷居が高いと思う。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

トヨタのおひざ元の愛知県の三河地方在住ですが、いま車いじりをしてるのは日本の若者よりも、日系ブラジル人の方がおおいですね。 中国系の方は会社契約で自動車を禁止されてるのかしれませんが、自転車です。 日本の若い方はコンパクトカーかワンボックスが多いです。 車いじりって、自分がいじることができるから楽しいのであって、そうでなければ全然楽しくありません。 ブラジル人の方々も、古い車両を自分でいじってます。 「いじる」楽しさをどれだけ提供できるかが、勝負の分かれ目ではないですかね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

売れるかどうかは難しいでしょうね。 若年層の車離れは、魅力的な車がないという理由ではないですからね。 趣味の多様化や経済的な問題、必然性かと思いますから、これが出たところで、“じゃあ買おうか、乗ろうか”とはならないと思います。 そんなに生易しいものではないでしょう。 ただ、往年のレビンやトレノを知っているおじさん世代あたりは興味を示すと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 軽自動車、4WD、ディーゼルエンジン、ハイブリッド

    1.結論:上記の項目をすべて兼ね備えた車の開発、商品企画、発売の予定がわかっている方がいましたら教えて下さい。 2.理由・背景   (1)軽自動車、ディーゼルエンジン、ハイブリッドの必要性、実現性      この理想にもっとも近いのが、最近発売のマツダ、「SKYACTIV-D 2.2」。しかし、排気量が2200CC燃費もあり、諸税を安くするためにも、もっともっと排気量が小さいものがほしい。      マツダとトヨタが提携関係にあるのでマツダのディーゼル技術とトヨタのハイブリッド技術をって軽自動車を共同開発したら既存技術の応用で難しくないとおもいますが。      さらに、小排気量化によるパワーダウンは、フォルクスワーゲンのようにツインターボ、インタークーラーで対策すればよい。量産化によりコストアップは最小限にする。    (2)4WD化による販売台数の拡大      冬季雪道対策のため、本州以北で、日本海側、山間部の圧倒的数のユーザーは4WDがほしいはず。また雪の降らない地域、都市部でもでもアウトドア、釣り、スキー、キャンプ、登山などでもニーズは計り知れないとおもいます。   (3)最近の低燃費車の燃費は、以前のものと比較すれば格段に向上しているかもしれないが、小排気量で低出力の割に、燃費は高出力のプリウス並み、また2WDではまだ買う気がしないです。最近の電気自動車は200Km程度しか走れない。ユーザの統計データをもとに企画したのかもしれないが、車は高価な買い物、近隣の買い物だけでなく、たまには、温泉旅行、帰省で長距離走行もしますので、オールインワン的な車の発売が待ち遠しい。      

  • 車買い換えについてお願いします!2

    こんにちは。閲覧ありがとうございます! 前回の質問から、まだ決めなくてよかったーーーーと本気で思っております。 今回は候補車種が増えてしまいましたが、質問させていただきます。 1 日産 フェアレディZ(現行型) Brzは見かけ倒し、とのいけんが多かったのですが、さすがにこの排気量で見かけ倒しはなさそうです! この車なら用途はサーキット、遠乗りですね! かっこよさも申し分なく、素敵な男を演出してくれそう。 また彼女が二人のりだと最初は喜びそうです。(彼女も車好きです。) 2 MAZDA rx7 やっぱりスポーツカーといったらこれ、なイメージがあります。 見た目、ロータリーエンジン、速さ申し分ないのですが さすがに古さは隠せないのと、燃費の異常な悪さが気になります 普段使いでストレスがたまるレベルだと愛せないかも、、、 3 トヨタ86スバルbrz 上の2車種より維持費が楽そうで、改造の楽しみも残されていそうです。 自分と共に成長してくれそうな点がとても魅力的です メンテナンスを覚え、技術を磨き! 4スバル wrxシリーズ もとインプレッサの車ですよね? だとしたらこちらもスポーツカーの代名詞で、アーケードゲームの相棒でした! この車は実際に乗りたい憧れが強いです また、車を買い換えたらその車で北海道一周をしたいとおもっておりますので、運転して楽しい警察に目をつけられないなら最高です! バイクのツーリングを車でやることになります笑 スポーツカーに乗りたいので、スポーツカーからおすすめ、また候補のなかで優れているもの等アドバイス待っています!

  • 興味深いスバル車について

    先日TVカンブリア宮殿でスバル車について特集していました! 太平洋戦争に導入された戦闘機「隼」、 こだわりの「水平対向エンジン」、 路面を選ばない「4WD」、 「ぶつからないクルマ」という世界でも類を見ない独自の発想、 1958年に販売した「スバル360」以来消費者を魅了。 アメリカ市場でも、リーマンショックの嵐が吹き荒れた2009年には、ビッグ3や トヨタ・ホンダ・日産など大手が前年割れを起こすなか、15.4%増と唯一躍進、 2010年も前年比21.8%増と過去最高を更新しました。 GMやクライスラーは経営破たんに追い込まれ、苦戦を強いられる自動車産業で、 なぜ、富士重工業だけがアメリカ市場でのシェア拡大し続けられるのかといえば、 そこにはと脈々と受け継がれてきた技術の蓄積と革新と、森郁夫現社長が決断した 「強みを生かし、弱みを補う」経営戦略に秘密がありました。 ・走りを極めれば安全だ ・小さいメリットを生かせ 「走り」という魅力  むずかしい質問ばかりだった、と森さんは収録後に呟いた。  だが、やりとりはきわめて正確で、曖昧さが一切なかった。  音楽に関して、バッハとモーツァルトさえいればいいという人もいる。  だが、ドビュッシーやビートルズがいない世界は考えられないし、つまらない。  名戦闘機隼の伝統を受け継ぐ富士重工の技術は、魅力的な車の「走り」を  世に残すために、絶対に必要なものだ。 とても興味深かったです! スバル車についてこれ以外にも興味深いことがなにかあれば是非教えてください。 よろしくお願いいたします。 http://www.subaru.jp/

  • ハチロクに関して。

    58年式のカローラレビン(ハチロク)ですが、昨日ガス欠のような症状になって止まってしまいました。 ここ一ヶ月間で、2・3回同じような症状が起きていますが,いずれも5分から1日経つと、何もなかったかのように戻りましたが、今回はダメなようです。 最初にその症状がおきたときに、知り合いの自動車屋に聞いたら,「プラグの火が飛んでいるかどうか見て,飛んでなかったら燃料ポンプが原因だろう。」って聞きました。 プラグはまだ見ていませんが,おそらく問題はありません。 友達に聞いても、「ハチロクは燃料ポンプがダメになることがあるみたいだよ。」って聞きました。 と、すると、やっぱり燃料ポンプなのでしょうか? ハチロクの燃料ポンプは燃料タンクを外さないとダメなのでしょうか? 自分で出来ますでしょうか? 燃料ポンプの交換方法を教えていただけませんか? 設備は、ガソリンスタンドで働いているので,ワリといいと思います。

  • ハチロクについて。!!

    この前の質問者ですが聞きそびれた事があったので教えてください 新しいハチロクがでると聞いた話ですが それの名前と発売日と特徴を教えてください あと雑誌に載ってたと聞いたのですができれば雑誌の名前も教えてください… 何回もしつこくすいません

  • ハチロクって

    イニシャルDみてかっこいいと思ったのですが この車ってイニシャルDが始まったら中古の値段が上がったと聞いたのですが、連載以前はあんまり人気無かったんですか?それとも昔から人気があったのでしょうか?

  • マツダのイメージはいまだに悪い?

    最近新車に乗り換えマツダのCX-3に乗っている山口県在住の者です。 最近はスカイアクティブテクノロジーやクリーンディーゼルで国内でも人気が出て来て好調のマツダ。 しかし未だに「マツダは壊れやすい」「何でマツダなんて買ったん?」「マツダは下取り安いしトヨタとか買っておかないと。」「マツダの従業員と知り合いがいるからツテで買ったん?」「マツダなんてロータリーエンジンで壊れやすいやん。」「マツダなんてうちの会社の駐車場におらんやろ?」と日本人はマツダに対する評判は何ともぼろカスに言われます。 正直言うと一流の車を作っているのにブランドだけでぼろカス言われるのが悔しいです。 リコールも比較的少なく、壊れにくさも欧州が評価する日本車でナンバーワンで色々な賞も沢山取っています。(マツダはその辺はトヨタとかみたいに大々的に宣伝すれば良いのに販売方法が下手なんで。。。) ちなみにマツダの工場がある山口県防府市を始め周南市や下松市ではメチャメチャマツダの車を見ます。 特にスカイアクティブテクノロジーになって顕著に台数が増えているのが分かります。 2017年の日本でのマツダのブランド力は三流なのは認めますが車は技術力を結集し一流を作っていると自信を持って言えます。 特にデザインは国産で一番イケてる車を作っていると思います。 現に物に対してブランド力だけでは判断しない見る目が厳しい欧州ではナンバーワン外車メーカーと言われる時もあるマツダブランドは、時々アテンザセダンがベンツなどと比較される時もあります。 マツダの車は日本の大手三社より基本がしっかりしててデザインも完成度の高い車を作っていると思います。 トヨタの現社長もマツダのスカイアクティブ技術とデザイン、車に対する情熱は素晴らしくトヨタも見習いたいと言われております。 逆にマツダもトヨタのハイブリッド技術は素晴らしくリスペクトしており技術提供して貰う予定です。 トヨタはスバルと共同で作ったスポーツカー86を作る際、スポーツカーのノウハウを持つマツダの技術者にも技術助言を貰ったのも有名な話(メディアでは殆ど取り上げられませんでしたが。) 噂では時期86はトヨタ様がマツダの技術(特にエンジン開発技術)を認め共同で作るとも言われています。 マツダにとってはスバルの様にトヨタ様に認められ日本でのマツダブランドが上がるチャンスと思います。 確かに「一発屋」「マツダ地獄」と会社規模に対して中途半端な戦略で日本での販売方法がクソ下手なマツダが日本で侵した負の遺産がマツダブランドを急落しているんでしょう。 でも実際に昔からブランドだけで判断する日本人が僕は遺憾に思います。 今のマツダの会社規模を理解して台数を追わず、拘りのあるスカイアクティブ技術を武器にお客様に提供する事が出来ると、今から10年後にはマツダブランドは欧州の様に間違いなく日本でも上がると思います。 弱小自動車メーカーと言われるマツダですが(それでも一般企業からしたら売り上げ3兆円の超大企業です。トヨタとかと比較するから弱小になる。)山口県の経済にも貢献してくれているマツダをこれからも応援したいと思います。 僕はマツダに乗ってて日本人にはボロイと先入観で馬鹿にされたとしても車は一流で誤魔化しの効かない欧州でちゃんと認められたマツダブランドを誇りを持って乗ります。 皆さんはマツダブランドは今後どうなると思いますか?

  • 日産自動車のキャッチコピーが「技術の日産」たる所以は?

    日産自動車は自社のキャッチコピーを「技術の日産」としていますが、どこら辺の技術が他の自動車メーカーに勝っているのでしょうか? NHKに戦後、高度成長時代の工業製品の開発秘話を扱った「プロジェクトX」という名物番組がありました。国内の主要自動車メーカーも取り上げられていましたが私の記憶では 富士重工 スバル360(低価格の量産車実現) マツダ ロータリーエンジン(困難だったロータリーエンジンの量産化) 本田技研 CVCCエンジン(米国の排ガス規制をクリア) など、他社が技術系の話題だったのに対し、日産は フェアレディZ(ポルシェをしのぐスポーツカーとして大人気) というように、販売での苦労、ボディスタイルの開発の部分に重点が置かれていたように思います。実際、スタジオゲストも当時のカーデザイン担当者だったし。(まあ、あの番組が自動車業界すべてを克明に描写しているわけでもないが。トヨタ車の紹介の回は見ていないので内容がわからない。) 「日産車は他社と違ってここがすごいんだぜ!」 というところを、一発お願いします。

  • 新型インサイトはプリウスの真似?

    本日車雑誌を見ていましたら、来春発売予定のホンダインサイトは新型プリウスの真似をしている。 とうとうホンダが逆にトヨタの真似を・・なんて載っていました。 空力を追求するとあのフォルムになるのは分かりますし、細部やインテリヤのデザインも全く違います。 写真ではイメージしか分かりませんが、サイズも排気量もホンダの方が少し小さいようです。 ハイブリッドと言えばプリウスがと一般的に認知され、技術的にも出遅れたホンダは焦っているとも言われています。 正式発表はまだですし、私は技術的なことは専門外で分かりませんが、ホンダとトヨタはハイブリッドに関する基本的な考えが違うように思えます。 ホンダインサイトはモーターショーで発表したCR-Z(このデザインを元にインサイトは開発したように思いますが)もスポーツタイプで誰もが運転して楽しくしかも経済的に誰でもが手に入れる事が出来るようにとサイズもメカも決めているようで、200万円前後で発売されそうです。 トヨタは新型も3ナンバーサイズまで幅も広げ価格もインサイトよりは数十万円高い設定のようです。 トヨタはハイブリッドがエコですとメーカーイメージを上げると共に、少しでも値の高い車を売って売上を上げたいとしか思えません。 現在のプリウスも、本当はそれほど必要でも無い高所得者や立場上その手の車に乗るほうが良い人、あるいは通勤などでよほど走行距離の多い人が主に買っているように思います。 トヨタほどの企業ならハイブリット部にかかる金額を半分か1/3程度にしても、特別に価格を抑え、そんなに距離を走らない低所得者にも買えるようにして、世に貢献しても良さそうなものです。 他に3ナンバーの大型車にもハイブリッドを設定し更に高額の車を買わそうとしているとか思えません。 同じ人数と荷物を積めてももっと軽量でシンプルな車にすれば高いハイブリッドを付けるよりいくらでも低燃費な車は出来ると思います。 ハイブリッド神話が一人歩きしているように思います。 インサイトがその意味で本当に低所得者にも優しく受け入れられるハイブリッドならエコ目的ではプリウスより遥かに先を行き、単なる格好の真似かどうかの問題ではない気がします。 それでも真似をしてると思われるのかどうか教えてください。

  • ハチロクのようなバイク

    今年トヨタが86を発売しましたよね。バイクにも今リバイバルされて発売が決まったら話題になるような単車はありましたか? 皆さんが是非リバイバルしてもらいたいと思うオートバイでも構いません。 よろしくお願いします。