• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

このつりあいの式がよくわかりません

質量Mのおもりが糸でつながれており、糸と鉛直線となす角をθとし図のようにつりあっているとする 張力をTとした時Tを求めよ なんですが この時鉛直方向での力のつりあいを考えると Tcosθ=MgよりT=Mg/cosθとなります しかし糸方向でかんがえると T=Mgcosθとなるのですがどこが間違っているでしょうか? たぶん糸方向でかんがえた場合T=Mg/cosθにならないといけないのでしょうが なす角θをなしている糸方向の質量Mの力は何度考えてもMgcosθとなり解けないです

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数5
  • 閲覧数737
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

>糸と鉛直線となす角をθとし図のようにつりあっているとする 図を見た限り釣り合ってないません。 つりあっているとするならば、図に記述されていない力が他にも働いているのではないですか。 その力次第でTはの大きさは変わりますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

遠心力か何かが働いていないとこれで釣り合うはずがないですけど。 なので、糸の方向には糸が伸びない限りつり合いは成立しますが、 鉛直方向のつり合いは成立しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 遠心力忘れてました だからとけなかったんですね

  • 回答No.3
noname#142849
noname#142849

Tcosθを正しく導けているのに、なぜ判らないのかが理解不能。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます

  • 回答No.2
  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7942)

学問のことはよくわかりませんが、 話を簡単にするため、重力は地面に垂直にかかるのでMgは議論の余地がないものとします。 あと、これも話を簡単にするため水平に力をかけるとすると、それがTtanθです。 糸方向で考えても、糸にかかっている力は T=Mg/cosθになってしまいます。 綺麗な直角三角形を書けば、頭がもう少し整理されると思います。 CADなどを使うのもいいでしょうが、三角定規を水平と垂直の関係を忘れず しっかり使って問題を検討しましょう。(ドラフタとかT定規があれば簡単なんですがね。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます

  • 回答No.1

図中の水色で書かれた、MgCosθは、Mg/cosθではないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます

関連するQ&A

  • 糸の張力の問題

    図のように糸で質量mのおもりをつり下げてθだけ傾け、おもりを放した瞬間の 糸の張力を求めよ、という問題です。 糸の張力をTとすると、張力の鉛直成分は上向きにTcosθになり、おもりは下向きにmgの 力を受けているので、Tcosθ=mgより、T=mg/cosθ とするのは間違っているということですが どうしてでしょうか? おもりを放した瞬間は加速度が0なのでつり合いの式が成り立つような気がするのですが。 正解は重力を糸の方向に分解してT=mgcosθとなっています。 以上よろしくお願いいたします。

  • 力のつり合いの問題です

    質量mのおもりを鉛直方向と45°および60°の角をなす2本の軽い糸でつるす。それぞれの糸の張力を求めよ。という問題で、 水平方向の力のつり合いの式は T1sin45=T2sin60 鉛直方向の力のつり合いの式は T1cos45+T2cos60=mg となって、これを解くと T1=√6(√3-1)mg/2 T2=(√3-1)mgとなるとあるのですがどう解いたら、こうなるのかが分からなくて、困っています。教えていただけたら幸いです。

  • 力学に関する問題です。

    長さXの糸の端に質量mのおもり、他端を点Oで固定し振り子とする。 糸が鉛直方向と角θをなすように点Aまで持ち上げて、静かに離した。 離した直後の糸の張力の大きさはいくらか? 私の解答 0=Tcosθーmg T=mg/cosθ 模範解答 0=T-mgcosθ T=mgcosθ 分解した力が違うだけで答えが合わなくなってしまいます。 もしかして力の分解の時に何か忘れている条件があるのかもしれません。 それも含めてご回答していただけると幸いです。 よろしくお願いします。

  • つりあいの式

    図のように質量mの物体A,Bが糸でつながれている状態で、 物体Aに水平方向の力Fを加えたところ、静止した。このときの糸の張力を求めよ。 という問題で、糸の張力をTとおいて、次のような釣り合いの式を考えました。 水平方向:F+Tcos(θ1)-Tcos(θ2)=0 鉛直方向:Tsin(θ1)+Tsin(θ2)-2mg=0 ・・・ (A) (右向き、上向きを正としています) ゆえに、(A)式より、 T=2mg/(sinθ1+sinθ2) と答えを求めたのですが、解答を覧てみたところ、T=mgsinθ2となっていました。 この考え方だと何がいけないのでしょうか?

  • 物理I 力のつりあい

    物理I 力のつりあい 天井から質量mのおもりを糸でつるし、ばね係数kのばねを用いておもりを水平に引くとき、糸が鉛直とΘの角をなしてつりあった。重力加速度をgとして次の問いに答えよ。 (1)糸の張力の大きさを求めよ。 (2)ばねの伸びを求めよ。 という問題で、答えが(1)mg/cosΘ (2)mgtanΘ/k です。 なぜこの答えになるのか、解説をみてもわかりません。 解説お願いします<(_ _)>

  • 滑車にかけられたおもりの問題

    1つのなめらかで軽い滑車に糸をかけ、糸の両端に質量がそれぞれm、M(m<M)のおもりをつけて静かにはなす。おもりの加速度はいくらか。また、糸の張力はいくらか。 僕が考えた解答は以下のとおりです。 質量mのおもりに対する運動方程式は(張力T、重力加速度gとすると) T-mg=m(-a) 質量Mのおもりに対する運動方程式は Mg-T=Ma しかし、解答を見てみると、 質量mのおもりに対しては T-mg=ma 質量Mのおもりに対しては Mg-T=Ma となっていて、質量mに対する運動方程式の中で、加速度に-(マイナス)がついていません。 m<Mだから質量Mのおもりのほうが下に下がる。よって力が下向きに生じているため加速度の+の方向を下向きとすると、質量mのおもりに生じる加速度は大きさは同じであるが向きが逆。したがってマイナスをつける・・・と考えたのですが、僕の考え方は、どこが間違っているのでしょうか? また、糸の張力はどちらのおもりでも等しい、ということが良く理解できません。糸の両端に同じ大きさの力が働いているなら、両端の張力は等しいということは分かるのですが、なぜ、両端に大きさの違う力が働いていても張力は等しいのでしょうか?

  • つりあいの式

    以下の図のような状況でAからCまでの長さは2/3Lです。 A点での床の垂直抗力、支えによる水平方向の力、C点におけるひもの張力を計算していただきたいのですが CDと円直線との角度をφとおいて(もしかしたらφ=θですか?) それぞれMg-3/4MGcosθcosφ(上向き)、3/4Mgcosθcosφ(右向き)、3/4Mgcosθ(図上での矢印の向き) であっていますでしょうか?

  • 円運動のときは常に中心方向で考えないといけないの?

    大学受験対策の物理の問題にこんなのがありました。 「単振り子における最高点での糸の張力Tを求めよ。ただし、最高点での鉛直方向に対する糸の角度をθ、おもりの質量をm、重力加速度をgとする。」 円運動でかかる力は円運動の中心方向とそれに垂直な方向に分解すると習ったので、上記の問題をそのとおりやってT=mgcosθとなり正解でした。でも、力を鉛直方向と水平方向に分解したときに求められるT=mg/cosθではなぜいけないのでしょうか?最高点では遠心力もかかっていないのでいい気がするのですが。よろしくお願いします。

  • [至急]物理の問題で質問があります

    (1)質量mのおもりを3つの紐で吊って釣り合いの状態にしたところ、図のように上の2本の紐の角度が直角になった。紐1の張力を求めなさい (a)mgtanθ (b)mgcosθ (c)mgsinθ (d)mg/tanθ (e)mg/cosθ (2)質量mのおもりを水平な天井から3つの紐で吊って釣り合いの状態にしたところ、図のように上の2本の紐の天井からの角度がθ、φとなった。紐1の張力を求めなさい (a)mgcosθ/sin(θ+φ) (b)mgcosφ/sin(θ+φ) (c)mgsinθ/sin(θ+φ) (d)mgsinφ/sin(θ+φ) (e)mgtanθ/sin(θ+φ) という問題なのですがよくわかりません。回答よろしくお願いします。

  • 力のつり合いについて

    質量mのおもりが、天井から糸でつるされている。このとき、糸がおもりを弾く力の大きさを求める場合、模範解答には、”mg”と記載されていますが、"-mg"でない理由が知りたいです。というのも、おもりにはたらく力がつりあっているのであれば、おもりにはたらく合力が0であるからだと思うのですが(mg-mg=0 の式が成り立つと考えております)。 初歩的な質問でお恥ずかしいですが、こんなところで物理に躓きたくないので、お知恵の拝借をお願いいたします。