• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

化石燃料

自分が子供の頃に化石燃料の石油やガソリンはあと50年とかでなくなるって授業 で受けた記憶があります それから20年以上経って今の小学生の授業でもあと50年とか60年で底を尽きるって言う 一向に減ってないやん! 結局なくなる事ってないんではないですか? また10年20年だってもまだ50年は取れるとかって感じになるじゃないですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • mekuriya
  • ベストアンサー率27% (1118/4052)

近年、新油田の発見が相次いでいます。例えば2007年ガーナ沖合いで油田が発見されて、それが開発されGDP成長率が13.7%にもなるという大騒ぎです。ガーナチョコレートどころではありません。もちろん、そんなことは20年前には誰にも分からなかったことなのです。といって今後も新油田の発見が続くのかは誰にも分かりません。そうかも知れないし、そうでないかも知れません。未発見の油田を充てにして計算に入れるなんてことはできません。供給側には技術の発展だけでは計算できない変動要因があるのです。 需要側にも技術の発展だけでは計算できない変動要因があります。例えば日本は一時期石油火力で70%発電していました。それが石油の価格高騰を受けて、石炭火力、ガス火力、原子力発電、風力発電などにシフトして今では石油火力の依存率は10%を切るぐらいにまで減少させたのです。そういう政策的なシフトは発電だけでもありません。たとえば自動車でもそうです。オイルショックを機にサトウキビやトウモロコシを原料とするバイオエタノールがガソリン代替燃料として脚光を浴びました。電気自動車や天然ガス自動車、LPG自動車へのシフトも進みました。石油の価格が上がれば上がるほど、代替燃料の技術開発が促進され、代替燃料へのシフトが推進されるのです。それは日本だけでなくどの国も同様です。価格だけでなく、地球温暖化問題や大気汚染問題などの環境問題も脱石油への後押しになるのです。 小学生の授業でどこまで教えられているのか私は知りませんが、ここには書ききれないぐらいの多様な脱石油への取り組みが世界中で推進されているということなのです。小学生だって、いつまでも小学生ではないはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

太陽はあと50億年後には、核融合反応も終わって消滅すると言われています。そのころには、化石燃料も既になくなっていると思います。これは、間違いないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • fisker
  • ベストアンサー率31% (103/324)

40年前の技術と、当時の原油価格に見合う採算性で採掘可能な原油はほぼ採掘し尽くしています。技術の進歩でより深い地層や海底の原油を採れるようになったことと、原油価格の高騰で精製にコストのかかる低質油やオイルサンドでも採算が合うようになったので可採埋蔵量が増えたのです。 将来価格が更に高騰すれば採算ラインは変わりますが、どこかで頭打ちになることは目に見えています。貴金属などと違い、エネルギーの場合は採掘、精製にかかるエネルギー(投入エネルギー)が利用できるエネルギーを上回った時点でそれ以上の開発は意味がなくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#143164
noname#143164

そもそも、石油って化石燃料かどうかもわかってないんですよね。 生物由来説(有機成因論)、無機成因論、石油分解菌説等ありますんで… ですので、根本がわかってないので、従来の算出方法で計算すると おかしな事になるのだと思います。 そもそも、一度枯れた油田からまた石油が出たりしますんで 埋蔵量の推定自体も怪しい所がありますし… まぁ石油より、リン鉱石の方が深刻ですしね…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

何か化石燃料(原油)は、化石からできたものじゃないいう論文も・・・ どうやってできたものかさえ解っていないのですから 尽きるかどうかも解らないと思われます。 ただし、CO2は確実に増えていますよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#181872
noname#181872

石油などの化石燃料がどれだけ埋まっているかという量は可採埋蔵量と原始埋蔵量が あります。原始埋蔵量はいわゆるどれだけ埋まっているかという量なのですが、 可採埋蔵量とは、技術的、経済的に掘り出すことができる量になります。 なので原始埋蔵量≧可採埋蔵量となります。 で、もともと原油があるのは分かっているのに技術がないから掘り出せない というポイントがあったとします。ここで技術が上がればその原油が掘り出せるので、 可採埋蔵量が上がります。 また技術的に掘れるけどコストがかかり過ぎてペイできないというポイントが あったとします。そのとき原油価格が急に10倍になり、コストがかかっても 十分ペイできるようになればやはり可採埋蔵量が上がります。 そんなことから、可採埋蔵量は増えているのですが、 石油が枯渇するという話は、ローマクラブが原始埋蔵量と可採埋蔵量を 勘違い(センセーショナルにするためわざと取り違えた?)をしたことが 発端と思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

石油輸出国は石油の値をつり上げるため、「残りが少ない」と言います。 ここまでは本当です。 ここからは妄想です。 これはまったくの私見ですが、石油を「化石」燃料と言いますが、 本当に生物由来なのか疑わしいと思っています。 無尽蔵に地中から湧き出るような気がします。 マントルと同じくらいあるのでないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも無くなるとか言ってるのに全然減らない 採掘量が増えてる国もあるそうですし 限られた資源でしょうが ぜったいまだまだありますよね

  • 回答No.1

採算が取れる採掘可能な量と、消費量で決まります。 技術の進歩で採掘可能量が増えれば、おのずと残存使用年数が変わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「化石燃料」について教えてください。

    以前 「石油」は恐竜の絶滅により地下で油となった。 「石炭」は地球が隕石の衝突で火達磨になったとき地球上の森林が木炭になり化石化した。(これはなんかわかる気がする) と言うことをどこかで教わったことがあります。今更ながら素朴すぎる疑問というか愚問ではありますが、 「石油」について、これはホントなのでしょうか? 疑問1:油は水に浮く性質なのに何故海底地下に埋蔵されているのか? つまり恐竜は地上で絶滅したのに何故海底の下の更に地下に燃料となるものが入り込むことが出来るのか? 仮に海底生物が燃料化したにせよ同じ疑問が浮かびます。 疑問2:大変不謹慎と承知の上での疑問なのですが、2年ほど前東南アジアで大津波があったとき、20万人以上の人が海にさらわれてしまい帰らぬ命となってしまいましたが、あの被害に遭われた方たちはサメにかじられてしまう以外、化石燃料の一部と化していくのでしょうか? 教えてください、宜しくお願いいたします。

  • 地球温暖化の原因として二酸化炭素が問題とされており、化石燃料の消費を抑

    地球温暖化の原因として二酸化炭素が問題とされており、化石燃料の消費を抑制すべきと言われています。しかしながら石油(原油)はガソリンや重油以外にもポリエチレン等のさまざまな重要な化学製品の原材料であり、これらが不要になる事はありえません。従って石油はこれからも採掘され続けるわけですが、精製の過程で地球環境に悪影響を及ぼすCO2発生源の化石燃料のみを除外する事が出来るのでしょうか?もし除外出来ないのであれば、同時に精製されてしまう訳ですからこれを自動車等の燃料として使わずにCO2が発生しない何かに使用しなければならない訳ですが、どういう可能性があるのでしょうか?それが出来なければ燃やしてしまうという事になってわざわざハイブリッド車や電気自動車に代替させる意味はないような気がしますが、、。どなたかよろしくご教示下さい。

  • 化石を探せる場所を教えてください。

    小3の息子が博物館で小さなアンモナイトを買ってきてから、化石にはまっています。いくつかネットショップで購入してあげたのですが、一度自分で化石探しをしたいようです。私が子供の頃には木の化石(本物かどうかは?)など見つけていた気はするのですが、今ではその記憶も???です。 福岡近郊で化石を見つけることは出来るでしょうか? よろしくお願いします。

  • ガソリンを作り出すことって可能ですか?

    ガソリンを石油や天然ガスなどの化石燃料を使用せずに作り出すことって可能なのでしょうか? もしできるならば原料は何になる思いますか?

  • 化石のでき方を知りたい

    子供の頃から、どういう経過で化石ができるのか イマイチ理解できないまま現在にいたっています。 図書館で化石に関する本を一抱え借りだしても、 種類や分類や時代の事は見事に詳しく書かれていても、 どのようにしてできるのかが、曖昧模糊としている感 じなのです。 羊歯の葉っぱなど、なぜ残るの?と思っていたら、 「雨粒の化石もあるんだよ」などと言われ、ますます ???です。 (その人は言いっぱなしで去っていってしまいました。) 天文学的な確率の偶然のなせる業、と言った人もいて、 それなら納得するしかないと思いますが、どなたか 教えていただけませんか。

  • 化石燃料が枯渇して百年、太陽光発電主流の世界

    妄想してました。 容易に回収できる化石燃料がなくなって太陽光発電が主流になった世界では、 夜間の揚水発電は消防や警察や病院など社会的インフラのみに限定的に供給され、 夜は居酒屋もコンビニもシャッターが閉まってて車も警察車両や救急車以外は見ない。 夜間、自衛隊の輸送機が上空から写真を撮ったら、世界中が現代の北朝鮮みたいな真っ暗な画像になっている。 人類の繁栄は化石燃料が安定供給されてる今が最大ですか? この未来予想について勘違いや誤りがあったら指摘や訂正をお願いします。 石油やウランが尽きたあと、何十年も時間が過ぎて落ち着いた世界はどんな場所なのか知りたいです。

  • 燃料電池の効用について

    燃料電池が自動車のガソリンの代替等でクリーンエネルギーとしてもてはやされていますが、おおもとの水素と酸素を作るためのエネルギーはどうとらえているのでしょうか?本当に従来の化石燃料エネルギーを使わなくていいか 使ったとしてもさらにプラスのエネルギーは得られるのでしょうか? そこら辺のエネルギー収支はどうとらえて開発が進められているのでしょうか。水素と酸素を作るエネルギー源が 原子力や太陽光ということであれば話しはわかるのですが?以上教えてください。

  • 石油を人工的に製造する方法。

    最近石油は人工的に製造出来るっていう話を聞きました。その為にはプラントの設備投資等莫大なお金が掛かるのであくまでもコストを無視した理論的な話だそうですけど。でも実際そんな事は可能なんでしょうか。私は理工学に関しては全く分からないんで的外れな事を聞いているのかもしれませんが、私が子供の頃学校で教えられたのは、石油は恐竜等の化石が何百万年もの間に変化して石油になると教えられずっとそう思ってました。だから過去に堆積した石油は有限で(元となる恐竜がもう居ないんですから)いつか枯渇するんだ、と思ってました。 今回聞いた人工的に石油を作るという話は、化石燃料が出来る時の状況を人工的に再現するのではなく、非常にありふれた元素を化合する事で石油を作るんだそうです。そもそもそんな事は可能なんでしょうか。 質問1、前述の様に私は石油の原料=恐竜等の化石、と思っていましたが、この考えは正しいのでしょうか。 2、元素を化合して石油を作るという事は可能なんでしょうか。 3、もし2が可能だとすると、どんな元素の組合せになるんでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 航空燃料について

    どこのカテゴリーで質問してよいお題か分かりかねたので ここで質問させてください。 沖縄(那覇)空港での燃料漏れ事故は大変なニュースでした。 その航空機に使われる燃料なのですが、知人に聞くと、航空機は 日本で言う「灯油」を使っていると言うのですが本当でしょうか? 経費と安全性からだということですが、確かにタラップを降りる タイプの飛行機の外気は石油ストーブの匂いがしますし、ガソリンを 数十トンも民間機に搭載するのは確かに危険だとは思います。 先のチャイナエアラインも5トンの燃料が残っていたと報道されましたが 5トンのガソリンだったらあれ以上の爆発かな?とも思いますし 素人からは全く見えてきません。 どなたかご存知の方、よろしくお願い致します。m(__)m

  • 数十年後にはガソリンがなくなる!?

    子どものころ(1990年代前半)、学校の授業で「あと30年くらい経つと世界の原油が枯渇する。だからガソリンがなくなり、今の車が使えなくなる。だからガソリンに代わるエネルギーで動く車の開発が求められている。 」といった趣旨の授業を受けました。 それをずっと信じていて、最近のガソリン価格の高騰は「あぁいよいよ原油が底をつきかけてきたんだなぁ~」と思っていました。 しかしこの話はどうも本質を突いた話ではないらしい(というか嘘!? )のですが・・・ ・原油がいつかは枯渇するというのは本当でしょうか?(だとしたらいつごろ?) ・ガソリン(車の燃料)は原油以外から作れるのでしょうか?  (廃油やとうもろこしから車の燃料がつくれる、という話をどこかで聞いたような気がしますが) 素人じみた質問で申し訳ありませんが、ご回答お待ちしています。