• ベストアンサー

米国特許法改正 先使用権について

先日、米国特許法の改正が発表されました。 その中の先使用権(セクション5)の施行日はいつになるでしょうか? 施行日一覧表に先使用の項目が無いと思われるのですが・・・。 できれば根拠もいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.1

弁理士です。 Section 5の(c)に施行日が規定されており、「この法律の施行日又はその後に発行された特許に対して適用される」と規定されているので、2011/9/16以降に発行された特許に適用されると思います。 http://www.uspto.gov/aia_implementation/bills-112hr1249enr.pdf Section 5 (c) EFFECTIVE DATE.—The amendments made by this section shall apply to any patent issued on or after the date of the enact- ment of this Act. 参考: http://skiplaw.blog101.fc2.com/blog-entry-334.html

bzousan
質問者

お礼

早急な回答ありがとうございました。 大変助かります。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 米国特許について

    米国特許について 先日 ある日用品のアイデアを思いつき、早速電子図書館で検索して そのアイデアが既にあるかを調べたら同じようなアイデアはなく これはイケルかも!と思っていた矢先に100均でそのアイデアと全く同じ商品がありました。よくみると 米国特許取得。と表示してありました。 こういう場合はやはり 日本で特許をとる事はできないんでしょうか?

  • 法人税改正について

    法人税改正について 過去の法人税改正をまとめた一覧表を探しています。 横軸に年度、縦軸に改正の項目が書いてあるような表です。 財務省か、経済産業省で見つけたのですが、見つかりません。 よろしくお願いします。

  • 具体的な特許権利について

    特許について2つ質問したいことがあります。 1、AとBが同じ発明について特許出願をした。Aの特許出願の日はBの特許出願の日よりも遅いが、Aは発明の完成日はBよりも早く、その証拠も残っている。その証拠を提出する事でAは特許を受けることができるのか? 2、学会での発表前に特許出願をしたが、既に、学会の発表前にインターネット上で予稿集が閲覧可能となってしまった。しかし誰も見ていなかったと思われるので、これにより新規性が否定されることはないか? また、それはどの条文が根拠になるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 米国特許出願のIDSについて

    A社の米国特許出願で審査中の案件があります。 拒絶理由通知に対する応答もしており、そろそろ特許査定が 出てしまいそうな段階です。しかし、内容があまりに陳腐で 仮に特許になってしまうとかなり権利範囲が広くなってしまいます。 なんとか食い止められないかと思案しております。 その特許出願にかかる発明とほぼ同一の内容が記載され、その出願日より 3年前くらいに出された刊行物をもっております。 時期的に情報提供はできませんが、その刊行物をA社に内容証明つきで 送れば、A社は無視できないのでIDSとして出さざるを得ない状況にもちこめる のではないかと思います。 このような手法は通常取られるのでしょうか? 弁理士に聞いてもあまり聞いたことがないと言うことですが、 理論上は有効な手段ではないかと思うのですが・・・。 詳しい方、ご回答頂けると幸いです。

  • 適用法について

     間接侵害に対する適用法の考え方をお教えいただけるでしょうか。  特許法が改正された場合、改正(施行)以降に出願されたものに対して適用されるのが原則だと思います。  そこで、特許法101条の侵害とみなす行為に関する規定で、間接侵害の規定が改正されましたが、この場合、判断は出願日により判断が分かれるのでしょうか、それとも行為が行われた時期によって判断が分かれるのでしょうか。  考え方、根拠などをお教えいただけないでしょうか。

  • 特許存続中の市販品を使用できる根拠について

    非常に基礎的な質問で恐縮です。 特許法第2条第3項には,「発明の実施」として,「物を使用する行為」が掲げられており,また,同法68条には,「特許権の効力」として,「特許権者は,業として特許発明の実施をする権利を専有する。」とあります。 そこで,例えば,「あるメーカーが,他社から購入した市売品(部品に係る特許権が存続中)を用い製作した商品を販売する行為」を実施した場合,同行為が特許権の侵害にあたらない根拠について,どう考えればいいのでしょうか? すぐに思いつきのは「消尽」ですが,なぜか「消尽」は特許法の条文には規定されておらず,最近になってようやく最高裁に認められたえいか,いまひとつスッキリしません。 「消尽」以外にも上記メーカーによる販売行為を正当化する根拠があればお教えいただれば幸いです。

  • 海外における特許侵害品への対応について

    中国のメーカーが弊社の所有する特許を使用し、ヨーロッパ、米国へ特許製品を輸出しているという情報を入手しました。特許侵害者が特定出来ていない場合、各国の税関他へどのような対応が可能でしょうか?ご教示頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

  • 特許 新規性の喪失 先願

    特許に関する質問です。 1.A氏が発明したaを、A氏が学会で発表し、新規性を失った後、6ヶ月以内にaを特許出願したとする。しかし、A氏の学会発表後、(それを聞いていた、もしくは、その情報を知った)B氏がA氏よりも先にaという特許を出願した場合、先願主義により、B氏に特許が認められ、A氏は特許を得られないということになるのでしょうか? また、もし、A氏の学会での発表を知らず、悪意なく、A氏の学会発表後かつ、A氏の特許出願前という間にB氏がaという特許を出願した場合には、どうなるのでしょうか? 2.Z氏が発明したzを、特許出願し、特許公開前にY社がzを使用した場合、Z氏はY社に何かしらの請求はできるのでしょうか? Y社がたまたま同じくzを発明し、Z氏が発明したことを知らなかった場合と、何らかの方法でzの情報を得、使用している場合とでは違ってくるのでしょうか?特許公開前でもZ氏はY社から補償金をもらえるのでしょうか? 大変恐縮ですが、ご回答いただけると非常に嬉しいです。宜しくお願い申し上げます。

  • 外国特許出願のofficial fee の一覧を探しています。 (特に中・韓)

    外国出願をする際に、各国の特許庁に支払う料金表 (USPTOでいうならば、<http://www.uspto.gov/web/offices/ac/qs/ope/fee2007september30.htm>のように、各国特許庁がオフィシャルに発表している料金体系一覧表のこと。) を探しています。(特に中国と韓国。もしご存知であれば他の外国もの教えて頂ければ幸甚です。) おそらくは、USPTOのように中国特許庁及び韓国特許庁のサイトのどこかに現地語で書かれた料金体系表が存在すると思うのですが、中国語・ハングル語が分からずにどこにあるのかが分かりません。 どなたか、ヒントとなるような知恵又は知識をお持ちの方、教えていただけないでしょうか? ※日本特許庁がPDFで公開していた主要国の出願費用表の存在は知っています。しかしながら、情報がアップデートされておらず、料金体系が古いままのため利用していません。

  • 法律の制定や改正の際の、発表・公示方法について

    1)新しい法律や法改正が国会で成立された際、公式的にはどのような形で国民に発表されていることになっているのでしょうか? 報道に任せて特に発表は無いのか? 議事堂前に掲示板でもあるのか? 議事録等公開請求をする資料に載るのか? など、何か決まった法律に基づいて公示方法などがあるように思うのですが、いかがでしょうか? 2)国会で成立した際には「来年の○月までに施行」となると思います。具体的に○月○日施行というのは、どういった機関がどうやって決めるのでしょうか? その際、考慮される事柄や、紛糾することもあるのでしょうか? また、1)と同じで、試行日の公示は公式的にはどのようにされているのでしょうか? 宜しくお願い致します。

このQ&Aのポイント
  • TS8330の電源を入れてもホーム画面が表示されません。
  • キヤノン製品のTS8330を起動してもホーム画面が表示されない問題が発生しています。
  • TS8330の電源を入れたが、画面が表示されずに困っています。
回答を見る