• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

税理士について

税理士の試験について興味を持つ一法学部生です。 税理士試験に5科目合格した後のことについて教えて下さい。 試験で合格した後は実務で2年以上経験を積まねばならないということですが、一般的に合格された方は合格後にどのような形態で税理士の業務に就かれているのでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数70
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#106145
noname#106145

開業するためには2年以上の実務経験を要します。 開業が目的ではなく、資格というなら、5科目合格時点で税理士です。 さて、暖簾分けというのを、こころよくしてくれる会計事務所はまずありません。 有資格者を必要とする事務所はそれなりの規模があり、勤務税理士を求めているわけで、事務所の顧客をとられたくはないでしょう。 長年勤務した後なら別ですが、2年たったら独立しますなんていう有資格者を雇うことはあまりありません。 実務経験は通常、無資格または科目合格のうちに積んでおきます。 合格後2年以上ではなく、経験2年以上ですから。 開業してからの顧客は自分で広告、営業するか、税理士会に登録しておけば、相談に来る人もいますし、また、実務経験中に気に入られたところがあるなら、開業の案内をだせば、切り替えてくれるところも。 この場合、3年たってから、完全に自分の関与先になります。 というのは、3年間は遡って追徴できるので、前の事務所でそれなりに節税していたところを、もし、リークされたら困るので、新しいところにきりかえても、前のところにも顧問料を支払っておくことが良策だからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

税理士の資格もやはり取得したからといって楽に安定した収入を得られる資格ではないのですね。 自分で営業したり、修行を積んだ上でやっと一人前なんですね。 卒業後就職先として会計事務所などに入り、働きながら試験を受けていくというのがやはり王道なんでしょうか? 回答ありがとうございました

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • 2kt
  • ベストアンサー率38% (55/144)

聞きかじりで大変申し訳ないのですが、一般的には、勤務税理士としてXX会計事務所に雇用されると思います。一人(ワンマン)事務所は、比較的有資格者を必要としません。従って、大きな会計事務所に就職され、その後、暖簾分けと言う形をとり、独立するというのが理想ですね。 ただ、税理士業界もここ10年来、構造不況業種と言われ続け、かつ、税務署退官者の登録増加・税理士法人の創設により監査法人等からの参入が予想されるなど厳しい業界です。 私は仕事上、税理士の方々と話をする機会が多いですが、将来について不安をもっている方が少なくありません。

参考URL:
http://www.nichizeiren.or.jp/04seido/houkaisei.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですか、税理士も不況業種だったんですね・・・。 勉強不足でした。 2年の実務を積むということは、試験合格後に会計事務所ではなく、一般企業の企業法務等に税理士の資格を持つものとしては就職できないということですよね? 片手間に取れるような簡単な資格ではないと覚悟はしていましたが、苦労してとっても先行き不安というのがあらかじめ分かってしまうとどうにもリスクを積む気にはなれないものですね。 司法書士と税理士と、どちらを目指そうかと考えていましたが行政書士を目指してみようと今腹を決めました。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 税理士登録について

    税理士の登録は、 税理士試験に合格し、2年以上の実務経験を持つ者と あるのですが、例えば 既に2年の実務経験があり試験に合格したら そのまま登録できるのでしょうか? それとも、合格後に2年間実務が必要、という意味でしょうか?? お手数ですが、ご存知の方ご回答等 よろしくお願い致しますm(__)m

  • 税理士試験に関する素朴な疑問

    税理士試験は5科目合格が必要ですが、いつとってもいいのですよね? 例えば10年・20年かかっても5科目に合格すれば税理士になれます。 そこで疑問なのですが・・・ 1年に一科目ずつとる場合など、すでに合格した科目の内容は忘れてしまわないのでしょうか?いくら実務が2年間必要であるといっても、 ずっと前に合格した科目の知識はほとんど残っていないと思います。 実際はどうなのでしょうか? 現役の税理士の方、回答よろしくお願いします。

  • 税理士試験と実務

      税理士試験というのは一度合格した科目は一生有効ということですが、例えば、10年かかって全科目合格したとして、その場合、始めの方に合格した科目なんてほとんど忘れて覚えていないような気がするのですが、いかがなものなのでしょうか?そんな状態で税理士登録したとして実際に実務をやっていけるものなのでしょうか?

  • 税理士試験の「実務で役に立つ科目」について

    税理士試験の参考書などを読んでいると、 "実務で役に立つ科目→相続税、消費税法・・・" などという記載を目にしますが、それはどの程度役立つのでしょうか。 逆に言えば、「実務で役立つ科目」を勉強しないとすれば、業務上支障があるレベルなのでしょうか。 自分は働きつつ勉強するので、合格を優先させるため、酒税法など学習期間が短い科目に合格し、合格後に業務に必要であれば必要な科目を勉強すれば問題ないのではないか?とも思います。 このような認識で、将来税理士として業務を始めるのは、リスクが高いでしょうか。このように考えて税理士になった方々は多いのでしょうか。 ご回答、よろしくお願いいたします。

  • 税理士について

     大学に入学したばかりの勉強やる気満々の1年生です。 税理士の資格を取りたいと思っているのですが、 いくつかお聞きしたい質問がありますので皆さんよろしくお願いします。 1:試験勉強はスクールか通信教育を受けないと実際問題厳しいのでしょうか? 2:スクール・通信教育だと一科目(1年)当たりいくら位お金が掛かるものなのでしょうか? 3:独立開業をしていない税理士の皆さんの年収はいくら位なのでしょうか(例えば40歳くらいで)? 4:税理士試験合格後の「実務経験2年以上」についてよくわからないのですが、   どこかの税理士事務所に2年以上勤務するということなのでしょうか?  (それとも何処の一般企業でも良いので2年以上?) 5:4の続きなのですが、「実務経験2年以上」は試験に合格した後に2年以上勤務が必要なのでしょうか?  皆さん変なこと言っているかもしれませんが、 どうぞよろしくお願いします。

  • 公認会計士と税理士試験&2年以上の実務経験について

    こんばんは 税理士試験と公認会計士になるための試験は違うのでしょうか? ウィキペディアには、「税理士試験に合格し、2年以上の実務経験をもつもの」「公認会計士」「弁護士」「税務署員(天下り)」が、税理士になれると書いてありました。 質問1、税理士の資格と公認会計士の資格の違いはなんでしょうか? 質問2、税理士になりたい人は一般的に、公認会計士の資格取得を目指す。で合ってますか?(税理士試験に合格して2年以上働こうとする人はいますか?) 質問3、税理士になりたければ、公認会計士の資格さえあればいいのでしょうか? 簿記などは必須ですか?

  • 税理士になるための実務経験とは

    こんにちは。私は会社を経営しています。 将来に不安があるので、税理士試験に挑戦してみようと 思っています。ただ、現在39歳なので、仮に5年で取得 できたとしても44歳・・・仕事もそれなりに忙しいので 50歳過ぎでの合格になるかもしれません。そうなると 税理士事務所に就職するのは難しい年齢なので、 できれば今の仕事をしながら、その人脈を利用して 税理士事務所も新たに開業したいと思っています。 そこで質問なのですが、 「税理士となる資格を有する者」としては、税理士試験に合格し 2年以上の実務経験を持つ者 とありますが、私の様な会計事務所での勤務経験がゼロでも、 会社を経営している、つまり、日常的に会計業務に携わって いる者もこの「2年以上の実務経験」に当てはまるのでしょうか? ちなみにどの程度会計業務に携わっているかというと、 税理士事務所と顧問契約を結んで年間50万弱を支払っている ので、領収書を貼ったりなどといった、一般的なレベルでの 携わりです。 ちなみに自営として開業してから丸10年、法人成りしてからは 丸8年くらいです。 よろしくお願い致します。

  • 税理士までの道のり

    現在大学2年で今年3年になります。 将来税理士になりたいと思い、今年の6月に日商簿記1級と7月に全経上級を受験する予定です。 また、今年の9月頃から専門学校で税理士科目の簿記論と財務諸表を勉強しようと考えています。 試しに今年の税理士試験を受験しようと考えているのですが、大学の友達から、酒税法などの比較的ボリュームが少ないものを今から勉強してみればといわれました。 しかし、税理士科目を勉強すると日商簿記合格が厳しくなるのではないか、日商簿記・全経・税理士試験すべて不合格という最悪のパターンになるのではないかとも思っています。また、酒税法などは税理士試験の1科目だが実際に実務ではあまり使わないと聞いたので、どうしようかと思っています。 大学卒業してからは専門学校で勉強し、税理士試験合格を目指そうと考えているのですが、来年からの受験では順調にいっても24~25歳での合格になります。苦戦すれば26歳以降での合格になりますが、この場合の年齢でも税理士としてやっていけるでしょうか? 今年の8月に税理士試験合格を狙ってみるか、それとも日商簿記1級・全経上級に全力を尽くすべきか迷っています。 長文になりましたが、現在税理士として活動の方や目指している方など、アドバイスをいただけたらと思います。

  • 税理士資格について

    現在、税理士試験の勉強をしています。同時に資格取得のための実務経験2年を得るために就職を考えています。そこで質問ですが、この実務経験は会計士・税理士事務所の経験でなくてはいけないのでしょうか?例えば、一般企業や経営コンサルタントでの経理・税務業務では認められないのですか?実務経験が認められるときの諸要件などを教えて下さい。

  • 税理士の試験

    税理士に興味があり、今後取得したいと考えています。 税理士はかなり合格率も低く、難関資格であると思います。 税理士試験は、5科目に分かれていて1科目ずつとっていって、何年かけても全5科目取れたら税理士の資格が取得できるとのことですが、この場合、例えば1年丸々1科目に集中して勉強していった場合、各科目の難易度は、他の国家資格レベル程度になるのでしょう?? 普通一般的には、一発で資格を取ろうとすると思いますが、仮に上記のような場合、どうなのでしょう? ふと疑問に思ったので質問させていただきました。 よろしくお願いします。