• 締切済み
  • 暇なときにでも

バーネット 免疫理論

ある抗原が侵入した場合,それに対する抗体を産生する リンパ球のクローンが選ばれて増殖して抗体を産生するという クローン選択説、これは現代医学で証明されていますか。 私がこの本を読んだのは30年以上も前のことです。 ちょっと思い出したもので。

noname#151690
noname#151690

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数220
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#194289
noname#194289

免疫グロブリンというたんぱく質もほかのタンパク質と同じようにセントラルドグマに則って作られているという意味でクローン選択説の正しさは立証されていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 詳しくは知りませんが利根川博士の 研究とも関係ありそうですね。

関連するQ&A

  • 細胞性免疫は体液性免疫と似ている?

    「細胞性免疫は、体液性免疫あるいは抗原抗体反応と似ている」という内容の文章を見かけました。 それによると、 1、体内に侵入した抗原を食細胞が分解 2、抗原の情報がヘルパーT細胞に届く 3、ヘルパーT細胞がその情報をB細胞に伝える 4、B細胞が抗体の産生や抗体情報の記憶を行なう 5、食細胞が抗原を攻撃 ・・・といったプロセスを、細胞性免疫もだいたい同じように辿るとのことでした。 この文章の中では「目立った違いといえば攻撃役が小さな食細胞か大きなキラーT細胞かということくらい」とされていたのですが、 私としては ・細胞性免疫にB細胞は関与しないはず ・キラーT細胞は本当に食細胞より大きいのか、具体的に両者はどの程度の大きさなのか といった疑問が残りました。 どちらか片方でも構いませんので、どなたか回答よろしくお願いします。

  • 現代医学とその他の医学

    世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。 今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと悲劇的なことを言われても、多くの人は現代医学の治療法を受けます。ほかの医学に目を向ければ何か道が開けるかも知れないのに、目の前には現代医学しかみえていません。 皆様、がん患者や、慢性の腰痛の患者、難病の患者、原因不明の病の患者の人たちが、医者に「治らない」といわれてもなお現代医学に頼るのはどうしてなのでしょうか?現代医学しか知らないからなのでしょうか?ほかの医学は、科学的証明に希薄なため信用がおけないからなのでしょうか?現代医学にだって解明できていないことはたくさんあるし、病に関することすべてが医学的、科学的な根拠で立証できるものではないのでは・・・? ほとんどの人が現代医学だけにしか頼らない、という現状についてなにか意見を下さい。よろしくお願いします。

  • 中2です。東野圭吾さんの『分身』で読書感想文を書いています。

    中2です。東野圭吾さんの『分身』で読書感想文を書いています。 今、あらすじで1枚半書いたところです。 書こうかなと思っていることは、 ・この本の内容についての感想 ・進みすぎた現代医学や禁断とされているクローン技術について ・もしも自分にクローンがいたら 全部書くとすると、どうやって話をつなげればいいのか分かりません・・・ 1つだけ書くとしても、テーマが決まりません。 そもそも読書感想文って何を書くのが正しいのでしょうか? どなかたヒントください! よろしくお願いします!

  • ワクチン接種と抗体産生の機序

    ワクチン接種からの抗体産生の機序について以下文で間違いがあったら教えてください! (1)樹状細胞がワクチンを外因性抗原としてとりこむ (2)MHCクラスIIに抗原提示する (3)クローン選択されたヘルパーT細胞がCD4で抗原認識 (4)ヘルパーTのIL-4によりB細胞活性化。IgM抗体産生 (5)B細胞が1次濾胞に移動。 (6)T細胞のCDLとヘルパーTのCD40によるT-B間相互作用 (7)これによりB細胞が増殖しだすと、樹状濾胞細胞と共に杯中心を形成 (8)分化増殖したB細胞のうち形質細胞はクラススイッチを起こす。 (9)抗体の可変部ではなく定常部において遺伝子の再構成が起こり、IgG抗体産生 (10)分化したB細胞のうちメモリーB細胞になり、リンパ節に残った者は2度目の感染に備える また、(1)の行程で、B細胞が直接BCRを用いて抗原認識する、と書いてある参考書がありますが 何が違うのでしょうか??

  • 次の問題を解いて下さい。

    I,(1)食事の後血糖が異常に上昇したときにフィールドパックの結果放出されるホルモン名を全てあげよ。また、(2)24時間絶食して血糖が異常に低下したときにフィールドパックの結果放出されるホルモン名を全てあげよ。 (1)(    ) (2)(    ) II,空腹状態のとき、食後の満腹状態のときに活性化する自律神経の種類とそれらの神経が作用する内分泌線を全てあげよ。 空腹状態:神経の名称(   ) 内分泌線(   ) 満腹状態:神経の名称(   ) 内分泌線(   ) III,免疫の仕組みに関する次の文を読み、次の問いに答えよ。  生物は外界からの細菌やウイルスなどの異物の侵入に、絶えずさらされている。そのような異物からからだを守る働きを生体防御という。体内に侵入した異物はまず白血球にとり込まれ、排除される。このような仕組みは自然免疫とよばれる。これで防ぎきれない病原体などは、リンパ球の働きにより、特別な仕組みで排除される。このような仕組みは(ア)免疫とよばれる。  (ア)免疫反応には、抗体とよばれるタンパク質で抗体を排除する(イ)免疫と、リンパ球が直接抗体に作用して抗原を排除する(ウ)とがある。(イ)免疫を担っているのは(エ)とよばれるリンパ球で、(ウ)免疫を担っているのは(エ)とよばれるリンパ球である。両者とも抗原が排除されたあとその一部の細胞が(オ)細胞として残り、抗原が再侵入したときには、速やかに排除することができる。そのため、2度目の侵入においては発病しにくくなる。このような、2度目に起こる早い反応を1度目の反応に対して(カ)という。 (1)文中の( )に適語を入れよ。 IV,免疫の仕組みを利用して病気の予防や治療方法が行われている。以下の文章を読み。( )にあてはまる適語を答えよ。  麻疹やインフルエンザ、結核では人為的に(ア)細胞を形成さえせ、(イ)を獲得させることができる。このような目的で用いられる病原菌を殺したものや弱毒化したものを(ウ)とよび、(ウ)を注射することを(エ)という。  また、ヘビ毒による中毒やジフテリアの治療のもくてきだで用いられる薬剤を(オ)という。(オ)は病原体をウマやウサギに死なない程度注射し、その動物の(カ)細胞がつくった(キ)を血液からとり出し、薬品として利用する方法で(ク)療法とよばれる。 回答用紙などがないため、答え合わせが出来ず困っています。 宜しくお願いします。

  • B型慢性肝炎について

    出来れば、専門家の方、教えていただけないでしょうか? 私の婚約者は31歳でB型慢性肝炎です。正常値ですがAST<ALT,γ-GTPは正常値です。HBe抗原は0.6で(-),HBe抗体は83%(正常値の上限は60),HBV-DNAは4.3LGE/ML(正常値の上限は3.7)。。。 本を読むと、HBeAbへの転換は、症状が落ち着いているという反面、ウィルスゲノムの宿主DNAへの組込みの開始の証明と書いてあります。ということは肝硬変へ進みはじめたということですか?HBV-DNAが高いということも、肝臓のHBVの増殖力が強いということで、それは肝硬変へ移行するタイプの慢性肝炎と覚悟しておいた方がよいですか? 彼は慢性活動性肝炎ですか?非活動性ですか? セロコンバージョンしても、安心できませんか?彼ははやく死んでしまうのでしょうか・・・悲しいです。今、遠距離中で不安と心配だけが募ってしまいます。

  • HIVはエイズの原因ではないというのは本当ですか

    ノーベル化学賞受賞者のキャリー・マリス氏の著書(マリス博士の奇想天外な人生)によれば、HIVがエイズの原因である、ということを証明した論文は存在しないそうですが、本当でしょうか。 1984年のCDC(米国疾病コントロールセンター)のレポートで初めてウィルスが発見されたと報じられていますが、発見されただけで、HIVがエイズの原因となる科学的根拠はないそうです。 エイズの原因は「わからない」というのが現代医学/科学の答えなのでしょうか?

  • 【細菌学】株の定義は?【ウイルス学】

    基本的な質問ですみません。 例えば、メキシコ帰りのA君がインフルエンザに なったとします。当局は急いで、それがメキシコでの 豚インフルエンザと一致するかどうか調べますよね? 検出された株がメキシコの株と一致したから、A君は 日本で第一号の豚インフルエンザ患者になりました、という 話の中での株と言うのが、よくわかりません。メキシコで そのウイルスに感染した段階からA君の体内では、凄い 勢いでウイルスは増殖し、その中には遺伝子の一部が、 突然変異する一匹もいるわけですよね。たまたま、その 突然変異したウイルスがA君の中で優位になり(毒性や 形質等、意味のある違いは何もないウイルスとします)、 それが日本で検出されたならば、A君のインフルエンザは、 メキシコのものと違う、という事にも理論上なりえるわけ ですよね?一般的に言われている株というのは、遺伝子が 完全に一致しているものだけを言うのでしょうか? いわゆるクローンウイルス? しかし、そうだとしたら、1種のウイルスとか細菌につき、 天文学的な株数が存在することにはならないでしょうか? どのようなウイルスであれ、少しずつ、遺伝子の変異は 起きているのですよね? それとも便宜上、「特定の抗体を用いた抗原抗体反応で 同様の反応を示せば、同一株だ」ということにしている のでしょうか。 素人の質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

  • RNAワクチンの発現分子機序について

    アメリカなどのメッセンジャーRNAワクチンのニュースで中和抗体ができたとか、ワクチン開発が成功したと聞きますが、調べたところ、元のRNAは新型コロナウイルスの受容体結合ドメインの一部で変異の少ない箇所を何か所か選ぶはずです。この部分が何らかの変異なり翻訳後修飾変化すると感染性がなくなるからです。このRNAの断片は今のバイオテクノロジーで作成できますが、その後は、高分子ミセルと免疫賦活作用のあるRNA情報を追加して血液中に投入すると考えました。その後、高分子ミセルに標的抗原をつけて体内の標的細胞を選択してるのか選択していないのか分かりませんが、細胞内にエンドサイトーシスで侵入後に高分子ミセルは分解してmRNAを細胞に放出するところまでは分かりました。しかし、その後の、翻訳因子の発動とペプチドの発現に至る過程が今の科学で詳しく分かっていないはずです。なぜ、タンパク質が発現して抗体が確認できるのでしょうか?もし、仮設でも分かる人がいれば教えてください。

  • 母が治療不可能の末期癌と診断されました。効果のある療法をご存知ありませんか

    50代の母に7月に子宮頸がんが発見され、全身に転移していてかなりの進行です。 手術での根治治療、放射線治療、抗がん剤治療などの治療法が一切無駄のような無意味な末期癌と言われました。 先日、運悪く大出血を起こし、生死をさまよい、内腸骨動脈塞栓術により一命をとりとめました。 無理を言って放射線治療をして頂いたのですが、やはり効果は全くありませんでした。 癌は全身に増殖しています。主治医からは、痛み止めの緩和療法しかないと言われました。 ホスピスへの転院も勧められています。 現代医学が末期癌にはあまりにも無力なのを見て、自分ががんになった時のことを考えると恐怖で震えが来ます。 健康食品は様々なものを試しましたが効果はありませんでした。 「天国の青い蝶」の様な末期がんが奇跡的に治ってしまう民間療法や代替療法は無いのでしょうか。 ブラックジャクのような癌治しのプロがいないのでしょうか。 癌から生還した方にお尋ねします。 奇跡の治療法か療法の指導者を知っていたら、教えて下さい。