• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

細胞性免疫は体液性免疫と似ている?

「細胞性免疫は、体液性免疫あるいは抗原抗体反応と似ている」という内容の文章を見かけました。 それによると、 1、体内に侵入した抗原を食細胞が分解 2、抗原の情報がヘルパーT細胞に届く 3、ヘルパーT細胞がその情報をB細胞に伝える 4、B細胞が抗体の産生や抗体情報の記憶を行なう 5、食細胞が抗原を攻撃 ・・・といったプロセスを、細胞性免疫もだいたい同じように辿るとのことでした。 この文章の中では「目立った違いといえば攻撃役が小さな食細胞か大きなキラーT細胞かということくらい」とされていたのですが、 私としては ・細胞性免疫にB細胞は関与しないはず ・キラーT細胞は本当に食細胞より大きいのか、具体的に両者はどの程度の大きさなのか といった疑問が残りました。 どちらか片方でも構いませんので、どなたか回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数828
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • sphenis
  • ベストアンサー率50% (50/100)

>細胞性免疫にB細胞は関与しないはず はい、その通りです。 B細胞は、♯1さんの仰る通り、確かに抗原提示細胞としての役割を持っています。 しかし、それは『同じ抗原によって活性化された』ヘルパーT細胞に、自分を活性化して貰う為です。 要するに、ヘルパーT細胞を呼ぶ為の、言わば『目印』として抗原提示をするのです。 これは、あくまでも体液性免疫の一環です。 細胞性免疫の過程への影響が全くゼロかと言うとそうではないかもしれませんが、概ね『B細胞は体液性免疫にのみ関与する』という解釈で問題無いでしょう。 確かに、細胞性免疫と体液性免疫の過程は似ています。 しかし、体液性免疫で >5、食細胞が抗原を攻撃 といきなり書くのはちょっと微妙な気もしますね…。 B細胞が産生する抗体が抗原に結合(抗原抗体反応)する事で、食細胞による食作用を増強している、と言う方が正確でしょう。 また、体液性免疫において食細胞が関与しない過程もありますから…。 『小さな』食細胞という表現も気になりますね…。 T細胞よりは、マクロファージや樹状細胞などの食細胞の方が大きいと思います。(T細胞は大きい必要はありませんが、食細胞は大きくないと相手を『食べ』られませんから。) 具体的な大きさは調べないと分かりませんが…。 一つ可能性として考えられるのが、その文章の筆者が「『細胞性免疫』と『先天性免疫』をごっちゃにしているのではないか?」ということです。(まあ、きちんとした書籍ならその可能性は低いでしょうけど…。) 細胞性免疫や体液性免疫は、両方共『後天性免疫』です。 『獲得免疫』とも呼ばれます。 これは、抗原に対して特異的な免疫である、つまり、ある抗原が入ってきてから初めて、その抗原に対して発現する免疫だからです。 対して『先天性免疫』というのは、生まれた時から備わっています。 免疫の過程は特異的ではありません。 先天性免疫では、確かに(小さいか分かりませんが)食細胞達が活躍します。 好酸球や好中球などです。 また、食細胞ではありませんが、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる細胞による攻撃も、先天性免疫の一つです。 先天性後天性両方に関与する食細胞もいますし、キラーT細胞とナチュラルキラー細胞も名前が似てますし、その辺りがごっちゃになっている可能性は有り得ると思います。 ええと、こんな感じで良いのかな…。 分かりにくかったらすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど・・・大変詳しくありがとうございます。 B細胞の抗原提示も体液性免疫の一環なんですね。 確かに件の文章は専門書(というか、科学者・研究者による著作)などではありませんので、筆者が各種免疫について混同している可能性は考えられます。 しかし、実際に細胞性免疫と体液性免疫の過程が似ていることは初めて知りましたので、これについては抗体のはたらきと併せてもっと調べてみようと思います。 細胞の大きさについても、未だ具体的な値を示した資料を見つけるには至っていないのですが、やはりT細胞と食細胞の大きさの関係についての記述は不正確と見て良いようですね。 大変参考になりました。ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 体液性免疫と細胞性免疫の違いが分かりません。

    体液性免疫と細胞性免疫の違いが分かりません。 あと抗原抗体反応についても教えてください。 明日テストなので、今日中にお願いします(>人<;)

  • 細胞性免疫と体液性免疫の違いとは。

    細胞性免疫と体液性免疫の違いとは。 細胞性免疫が免疫細胞を直接異物を攻撃するのと、 体液性免疫が算出する抗体によって異物を攻撃する というのが、ノートには書いていあるんですけど、どなたか詳しく教えてくれる方はいらっしゃいませんか? お願いします。

  • 細胞性免疫って・・・獲得免疫なのでしょうか?

    参考書には、獲得免疫には細胞性免疫と液性免疫があり・・・ と書いてありました。 でも、細胞性免疫ではNK細胞が働くとも書かれていました。 NK細胞は自然免疫ではないのでしょうか? 「細胞性免疫では、NK細胞とキラーT細胞が働き ウィルス感染細胞などを直接攻撃する」…場合、 これは獲得免疫なのですか? くだらない質問だとおもわれる方もいるかもしれませんが、 どなたか教えていただけないでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

B細胞も代表的な抗原提示細胞なので、細胞性免疫にも関わっているはず・・・ 抗原提示細胞で調べれば何か出てくると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

抗原提示細胞について理解を深めるきっかけになりました。 回答ありがとうございました!

質問者からの補足

お早い回答ありがとうございます! B細胞も細胞性免疫に関与しているんですか! いただいたアドバイス通り調べてみます。 もしよろしければ、件の文章の内容 (「細胞性免疫は体液性免疫のプロセスと同様の段階を踏む」)が 妥当なものなのかどうかも御教授願いたいのですが・・・

関連するQ&A

  • 体液性免疫と抗原抗体反応の違いを教えてください。

    「体液性免疫」と「抗原抗体反応」は生物学のテキストでは、並列されて記述されていますが、 その内容に関しては、 両者とも、 「体内に侵入した抗原をマクロファージが取り込んで分解し、その情報をT細胞に伝え、それをさらにB細胞に伝えられ、B細胞が形質細胞に変化し、抗体を生産する。その抗体で抗原に対処する」 とされています。 それでは、「体液性免疫」と「抗原抗体反応」の違いとは何なのでしょうか? 「免疫」に焦点を当てた場合と「反応」に焦点を当てた場合の解釈の違いと理解することもできますが、 もしそうだとすれば、そのときの「免疫」と「反応」の違いとは何なのでしょうか? お教え下さればと存じます。 宜しくお願い致します。

  • 液性免疫と細胞性免疫 マクロファージ

    液性免疫は、B細胞によって抗体を産生し異物排除をする。 細胞性免疫は、抗原提示細胞をT細胞が認識し、そしてマクロファージが感染防御する。 液性免疫と細胞性免疫の違いについて、テストで説明しなきゃいけないんですが、これであっているかが不安です。もし、違っていたらご指摘・補足お願いします。 あと、教科書に 「マクロファージは抗原提示細胞ともなり、獲得免疫との橋渡しの役を果たす」 と書いてあるんですが、抗原提示細胞=樹状細胞ではないんでしょうか? いまいち、自然免疫と獲得免疫でのマクロファージの働きの違いもわかりません。 お願いします!

  • T細胞

    免疫の主体であるT細胞についてわからないことがあります。 免疫の過程で、はじめに食細胞が抗原提示をしてそこにCD4T細胞(未熟ヘルパーT細胞)が認識して、Th2やTh1になりそれぞれ体液性免疫、細胞性免疫として働きますが、CD4TがTh2やTh1に分化する認識はどのようにおこなっているのでしょうか? また、幹細胞はどこを通って胸腺に行きどのような過程を経てT細胞になりその後どのように分布していくのですか? 情報ください。

  • 細胞性免疫について

    細胞性免疫について 細胞性免疫で、質問があります。 活性化されたTH1細胞が、末梢でマクロファージと相互作用したのちに マクロファージが血液中の細菌を殺す場合には、 マクロファージは、とりあえず、TH1細胞が出した サイトカインの周辺に存在する物を(正常なものも含めて)貪食するのというニュアンスでしょうか。 それとも、何らかの方法で、マクロファージが細菌だけを認識する方法があるということでしょうか。 液性免疫では、抗体が細菌に結合していてマクロファージが貪食しやすくなっているのはわかるのですが、細胞性免疫の場合のみだと、どうなるのでしょうか。 基本的な質問ですいません。 ご存知の方が、いらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

  • 免疫について

    免疫について質問したいです。記憶B細胞の一部は身体の中で、常に細胞分裂して抗体を作り続けてるのでしょうか?それとも、休ん次に抗原が来てヘルパーT細胞の指示があるまで、じっとしてるのでしょうか?

  • 液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

    液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。 自然免疫にも液性免疫と細胞性免疫があるという考え方はありますか? またそれは考え方として一般的ですか? 私としては、獲得免疫には液性免疫と細胞性免疫とがありますが、 自然免疫は細胞性免疫のみという認識です。 これらを組み合わせて説明してある文章を時折見ますが、 著者(文責者?)によってそれぞれの認識が異なっているためか文章の意味が釈然としません。

  • 免疫寛容についての疑問です

    下記の問題の答えを検証しているのですが、どうも答えが2つ以上あるようなので意見をお願いします。 --------------------------------------------------------------- Q. 免疫寛容について正しいのはどれか? a. 幼児期に接触した抗原にたいして免疫寛容となる b. 自己抗原に対して免疫寛容となる c. 自己抗原に対しB細胞による抗体産生が起こる d. 自己抗原に対しT細胞による抗体認識が起こる e. 母体抗原に対して免疫寛容となる --------------------------------------------------------------- これの答えを一応取ってみますと・・・・・ a. 幼児期に接触した抗原にたいして免疫寛容となる  (○→正しい。 例えば、アレルギーが出やすい人は、きれい過ぎる環境で育った・・・など) b. 自己抗原に対して免疫寛容となる (×→間違い。 これがあるから自己細胞を認識してリューマチなどの病気が発病する) c. 自己抗原に対しB細胞による抗体産生が起こる (○→正しい。MHC II によってHelper T細胞、CD4よりB細胞に指令がでて、抗体産生される) d. 自己抗原に対しT細胞による抗体認識が起こる (○→正しい。CD8 Killer T細胞によって認識される、 MHC I) e. 母体抗原に対して免疫寛容となる (×→間違い。 Rh-の血液を持った胎児が母体から異物として攻撃される) したがって正しい答えは3つあるのではないか・・・・・というのが私の考えです。 間違っていれば教えてください。 お願いします。

  • 免疫、B細胞の増殖について

    免疫の問題を解いてて IL-2はT細胞、B細胞の増殖に関与するという問題があり、私はこれをバツだと思いましたが、正解はマルでした。 私は、IL-2はTh1細胞から産生されT細胞の増殖に関与すると考えていました。 なぜB細胞の増殖に関与するのでしょうか?? もし関与するとしたらIL-4とかではないのでしょうか? 申し訳ありませんがどなたかお願いします。

  • 免疫記憶細胞について

    高校の体液性免疫のところなんですが、僕は免疫記憶細胞(記憶細胞)はB細胞から(正確にはB細胞から分化した抗体産生細胞)一部が分化して二次免疫応答で活躍すると思っていたのですが、問題をやっていると「T細胞やB細胞から分化した」とありました。疑問に思ったので資料集を確認したのですが、やはり図を見た限りでは、抗体産生細胞からしか分化していませんでした。しかし小さめの生物辞典には記憶細胞は「T細胞やB細胞から分化した」とありました。 どっちなんでしょうか?詳しい方、どうか教えてください。

  • 免疫に関して

    血液検査でCD4/CD8というものがあり、よく分かりませんでしたので教えて下さい。 この値が低いと「免疫機能が抑制されていて悪い」と考えればよいのでしょうか。それとも「細胞性免疫が促進されていて良い」と考えればよいのでしょうか。 また自分で調べてみると以下の4つのうちCD4-/CD8+というものが分かりませんでした。 CD4+/CD8-:ヘルパーT細胞 CD4-/CD8+:キラーT細胞?サプレッサーT細胞? CD4+/CD8+:DP細胞 CD4-/CD8-:DN細胞 宜しくお願いします。