• ベストアンサー
  • 困ってます

為替介入の原資

為替介入の原資には政府短期証券などが使われていると言われています。 政府短期証券の解説をみると60日程度で償還するらしいのですが 償還期限を迎えた政府短期証券ってどうなるのでしょうか? (為替介入したものをまた売りに出すなどはしていないと思います) また、政府短期証券も国債の一種なので利息がかかると思います。 国が購入する債券なので利息は我々の税金から払っているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数670
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • 4649D
  • ベストアンサー率60% (407/668)

まず為替介入の目的は、トヨタやソニーなどの輸出企業の業績悪化を防ぐのが 目的です。 例えばアメリカで、1000ドル売り上げがあったとします。それを円に戻す時(両替)に、 1ドル=76.5円だと76.500円ですが、1ドル=80円なら80.000円になります。 政府が為替介入をして円安に振れさせて、その時に輸出企業が両替をして少しでも 為替損をなくして、売り上げや利益が目減りするのを防ぎます。 23年度国家予算93兆円。この93兆円の収入(歳入)は、税金44.3%、国債などの 借金47.9%、その他の収入7.8%という構成です。 この収入からの支出(歳出)です。いわゆる予算オバーの場合、追加で赤字国債や 政府短期証券を発行しますが。 >償還期限を迎えた政府短期証券ってどうなるのでしょうか? ちゃんと返済します。返済できないことを債務不履行(デフォルト)といい、国家破たん です。為替介入で買ったドルはそのまま放置。ドル→円にしたら、さらに円高になって しまいます。 >国が購入する債券なので利息は我々の税金から払っているのでしょうか? 国が発行する債券(国債)の利息は、単純に歳入から判断して、税金は半分以下。 借金を返すために新たに借金をする多重債務での国家運営です(日本に限らず ほとんどの先進国もそう)。つまり、利息は税金と借金で払います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 為替介入の目的が輸出企業を守るためというのはよくわかりました。 あと償還期限を迎えた政府短期証券は返済するとのことですが、 返還の原資はどこから捻出するのでしょうか。 政府短期証券で購入した為替はそのままなんですよね。 そこがよくわからないのですが・・・

関連するQ&A

  • 為替介入の資金の出資者は?

    10月31日に円高ドル安を是正するために8兆円規模の為替介入を政府が行いました。 その時に政府短期証券を購入したということなのですが、 日銀が購入したのでしょうか? それとも民間の金融機関が購入したのでしょうか? 例えば、こちらでは、 http://bit.ly/uygYm1 債券市場で売買された資金で介入するとあります。 よくわからないので、教えていただけたら幸いです。

  • 中国人民銀行による為替介入は、どうやって元資金を調達しているのでしょう

    中国人民銀行による為替介入は、どうやって元資金を調達しているのでしょうか。 日本の場合は、政府が短期国債や政府短期証券を発行し、その資金で財務省が日銀に委託して日銀が為替介入を行うと聞いております。なぜ短期資金なのかというのもわけがわかりません。まさか、円を売った後2~3ヶ月後に円を買い戻すという話ではないと思いますが。為替介入のたびに国の借金が増えているのでしょうか。一方中国では外貨準備が2.45兆ドルと巨額です。調達する元資金も半端ではありません。中国が日本と同じ方法で行っているとすると、外貨準備が増えると同時に「国の借金」が増えているのでしょうか。

  • 為替介入について

    為替介入について 為替介入で政府が「みんな80円を突破すれば介入するとみていたはずなので意外性を狙った」と言っていました。 これってどういう意味なんでしょうか? 市場の虚をついた方が政府にとって都合がいいように捉えることができますがなぜ都合がいいかわかりません。 経済についてわからないことばかりなのでどなたかご回答お願いします。

  • 為替介入について

    かなり低レベルな質問ですが、こんなに円高になっているのに政府はなぜ為替介入しないのですか? あと為替介入するお金って誰のお金なんでしょうか?

  • 為替介入の資金

    最近、為替介入4兆円+9兆円とかありました。 紙幣を刷ってまかなうわけではないですよね。 短期証券等を銀行等に売って資金としてるでいいでしょうか?

  • 政府の為替介入はあるのでしょうか?

    政府の為替介入はあるのでしょうか?

  • 日銀の市場介入の損益

    で どこかで  大規模な為替介入資金の調達がかさみ、政府短期証券の残高が1年間で28兆6395億円増え86兆1259億円となった。 という記事がありました ここで不思議が。 円なりドルなり 安くなりすぎるから買い介入 高くなりすぎるから売り介入 普通に考えたら儲かりそうな気がするんですがなぜ損が出るのです?

  • 為替介入のやり方について

    為替介入のやり方について 政府や日銀が為替介入すると円相場が急激に変動するのですが、 急変しないような介入方法はできないのでしょうか。 1日50銭を目標に10日で5円変えるとうことは出来ないのでしょうか。

  • 為替介入はある?ドル円=80.1更新

    歴史的にかなり下がってますが、為替介入はありますか? 政府は、まったくその話をしませんね・・。

  • 為替介入時、誰がドルを売ってくれるの?

    日本政府は過去に数兆という単位で大量のドルを買い付け円安誘導を行って来ました。 この時、ドルを売る側は多額の円を買い付けることになるわけですので、将来を見越して損をしないという見込みが必要であり、リスクを取ることになります。 兆単位のリスクを背負うことが出来る機関は限られていると思います。 日本政府による為替介入時、どこの組織が多額のドルを売ってくれているの? またそのドルを売ってくれる多額のドルを保有しているところって、日本政府みたいに為替介入みたいなことして円高誘導したり、ドル高誘導したりして儲けたりしてないのですか?

専門家に質問してみよう