• 締切済み
  • 困ってます

日本保有のアメリカ国債が増殖する件

日本政府が日銀を通じて為替介入をして、得た何の役にも立たないドルを遊ばせておく代わりに欲しくも無いアメリカ国債を買っていると思いますが、そのアメリカ国債は売りたくても売れない、日本の資産であって日本の資産で無いような状況が続いていると思います。 そこで質問ですが、 (1)アメリカ国債が期限になって償還された後、その資金はまたアメリカ国債を買う事になるのか? (2)アメリカ国債の利息分も、またアメリカ国債を買う事になるのか? (3)過去のアメリカ国債保有残高を見ると、ほんのちょっとづつ減っている時がありますが、これは為替を介して円に戻ったのか? 以上、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数329
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • higrik
  • ベストアンサー率58% (114/196)

専門ではないので、間違っているかもしれません。 (1)、(2) 日本において外貨が必要になるとき以外を除いては基本的に債券で受け取ります。 といいますのも、現金(すなわちドル)で受け取ってもてあますよりも、 保有により利子のつく債券で所有するほうがよいからです。 (通常アメリカ国債よりも確実で安全な投資先は少ないはずです。) (3) これは各種理由などで外貨が必要になった場合、 短期債券を現金(ドル)で償還している可能性が高いです。 為替介入(円買いドル売り)に使用したのでない限りはドルのまま使用されるはずですので、 日本円になってはいないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。よく分かりました。 (3)ですが、そうすると、一度得た外貨は準備金として保有し続ける、為替介入として円買いドル売りしなければ、外貨準備金は減少しない、という事でしょうか? 外貨準備金が減少しているという事は、為替介入したという事になりますが、その時は一々公表しないでこっそり行いますよね? 円売りドル買いの為替介入が余り効果が無いのと同様に、円買いドル売りの為替介入も余り効果が無いと思っています。 IMFに融資するくらいしか使い道の無いドルはさっさと売って、国内に流通させれば良いのに、と思ってしまいます。

関連するQ&A

  • 政府?の、アメリカ国債購入の会計処理

    日本が保有するアメリカ国債は、100兆円あって、金利は発生するといっても、償還は実際できないと聞きます。 この購入分は、どのような金の動きで、どのように(どの勘定項目で)会計処理されているのでしょうか? もし日銀の為替介入⇒そのあと米国債購入にまわす、という流れが主要な流れで、だいたいこれで100兆円に達したのであれば、日銀が米国債を持っていることになると思いますが、そういうことなんでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 日本がもってるアメリカ国債について

    日本がもってるアメリカ国債について はじめまて、こんにちは。9月15日(水)の池上彰の学べるニュースを見ての質問です。その日の放送のなかで、疑問に思ったことを教えていただきたいです。  その日の放送内容は民主党の代表選挙の説明のあと、日本政府と日銀が行った円売り介入の説明がありました。そのなかでの話のことです。  放送内容をかいつまんで説明すると、円売りドル買いの際のお金は政府の外国為替特別会計とゆう枠組みに短期の政府証券を発行し(金融機関が買う)、ドル買いのための円(お金)をストックして日銀にドルを買ってくれと依頼すると言ってました(なにぶん私はブルーワーカー労働者なので理解がまちがっていたらご指摘を)。そして買ってきたドルを日銀は政府に渡す(外国為替特別会計)、とのことでした。  次に、政府に入ってきたドルはどうするのかとゆうと、池上さんはこのドルを持っててもしかたないのでアメリカ国債を買うんです、と言ってました。 私が疑問に思うのはこの部分です。 1.アメリカ国債をもっていると(日本はたしか世界で1番アメリカ国債を持ってる)いいことがあるのか? ある経済学者(評論家?)名前はわかりません(女性50代くらい、メガネをかけて小太り、いつも甲高い声で家計の節約をワイドショーなどでコメントしてる方)が、アメリカ国債は紙くず同然だ、といっていました(もちろん私の知識ではウソか本当かは判断がつきませんが)、そうであるならば、もうこれ以上買わない方がいいんではないでしょうか。 2.アメリカ国債を大量に持っていたとしてもそれを実際、売ったりすることはできるのか?(もし今、日本が持ってるアメリカ国債の半分でも売ったら、それ以外に持っている国債の値段が下がって日本は損すんではないんでしょうか?) 3.円売り介入で得たドルはアメリカ国債を買うしか使い道(運用)はないのか? 以上の3つです。 このアメリカ国債、あるいは他国の国債についてのなんとゆうか重要性のようなものが私は全くわからないもので申し訳ありませんが、上記3つの質問に関する回答、また捕捉の解説などつけていただけたら幸いです。 私は学がなく、このような情報番組のようなもので得た知識なので、もし稚拙な質問、または駄文でありましたならば何とぞ御容赦いただたいとお願い申し上げます。 どうかよろしくお願いします。

  • TBSの煽る”国の借金1143兆円”の嘘

    ■「国の借金」9月末時点で約1039兆円に http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2346489.html これまで円高になるたびに”無意味”に為替介入を繰り返してきました。 この円を売ってドルを買うという為替介入資金がその後アメリカ国債へと化けているのです。 つまりは円高是正を口実に為替介入でドルを買ってそのドルでアメリカ国債を買う ということです。 そしてこれは日米両政府によって行われた当初の為替介入は意味がありましたが、その後の為替介入はほとんど無意味で為替介入で円高が是正されてもせいぜい数日間でありすぐにまた元に戻ってしまうというものでした。 現在の日本政府の外貨準備高は118兆円ありますが、そもそもIMFに10兆$ほど貸出してます。 日本政府へはこの利回りがあり、その利回りでまたアメリカ外債を購入します。 ASEANの通貨スワップに100億円というのも、このIMFに貸し出しているアメリカ外債の1億$のことです。※貸出先を指定しているに過ぎません。 この他にODAなどでの対外資産が500兆円あります。 http://ecodb.net/country/JP/imf_ggxwd.html ▲ 日本の国際はバブルが弾ける前までは300兆円程度でしたが、弾けた1990年度以降は急速に増え続け、毎年50兆円ほどの発行するようになりました。 24年で1200兆円ですが、国債は10年償還です。 アベノミクスで、この償還国債を”日銀が購入”するようになりました。 2014年度の短期国債だけでも6-9月期で5000億円も国債残高減りました。 記事では一時的なものと揶揄しますが、アベノミクスが続く限りは、今まで無駄に為替介入に使っていた資金の30兆円が、国債購入に使われることになります。 今までは為替リスクに泡のように消えていましたが、今度はしっかり30兆円が国債の償還に使われます。 つまり財政は果てしなく健全化します。 ▲ ということは、普通は円高になりますが、円をその分余計に刷って、無理やり円安にするわけです。 これを打出の小槌と言います。 アメリカでも今まで散々やって来ましたが、外債の長期金利が3%を超え、遂には金利を支払えなくなるに至りました。 それで昨年はデフォルト仕掛けました。 追加金融緩和でなんとか乗り切りましたが、そもそも国民が貯蓄どころか口座すら持てないアメリカですので、日本のように国民から借金しているわけではないのです。 日本の成人がほぼ銀行に預金口座をもっていますし、預貯金で1500兆円あると言われています。 この額を国際が上回って、尚且つ外債を仕出す様になるのならTBSの話も分からなくもないですが、この記事では、何も知らない国民の不安をただ煽っているに過ぎないのではないでしょうか? 安倍総理を嫌いなのは結構ですが、いい加減にして欲しいです。

  • 日本の為替介入がなかったら

    本来のルールどおり、為替介入などを日本がせずに、日本がアメリカ国債保有もしなかったら、アメリカ経済ってどうなってたと考えられるのでしょうか?

  • 為替介入時、誰がドルを売ってくれるの?

    日本政府は過去に数兆という単位で大量のドルを買い付け円安誘導を行って来ました。 この時、ドルを売る側は多額の円を買い付けることになるわけですので、将来を見越して損をしないという見込みが必要であり、リスクを取ることになります。 兆単位のリスクを背負うことが出来る機関は限られていると思います。 日本政府による為替介入時、どこの組織が多額のドルを売ってくれているの? またそのドルを売ってくれる多額のドルを保有しているところって、日本政府みたいに為替介入みたいなことして円高誘導したり、ドル高誘導したりして儲けたりしてないのですか?

  • 日本が買っているアメリカの国債

    大量に保有しているそうですが これは為替介入で得てしまったドルで買っていて これのせいで円高にするわけにはいかず ますます為替に介入しなければいけないということでしょうか? これが解消するシナリオとかあるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • アメリカ国債?誰が買う?

    さて、いつも、日本の財政危機の話題になると、 「日本の保有しているアメリカ国債を売れ!」 という意見が出て、もっともだと思うのですが、 日本政府が、もし、アメリカ国債を売却した場合、 誰が、買うのですか? お知らせ頂けると、ありがたいです。

  • 中国が保有するアメリカ国債

    中国が保有するアメリカ国債について質問です。 中国が経済発展する中でドル決済で得たドルで米国国債を大量に保有することになり、今では日本を抜いて一番の米国債保有国なりました。 その結果として、アメリカは軍事ではなく経済で中国に首根っこを押さえられたのだと思っていましたが、現実にはどうなのでしょうか。 中国が米国債を大量保有している理由として 「中国に不利益になる米国の外交・通商・金融政策への介入のため・・・米国の反中国策動に対抗して、中国は米国債を売り払うことができ、中国は安全保障のためということもあって、米国債をもっている」というものです。 ところが、実際には中国はアメリカ国債を売ることはできないという説明もあります。 「中国が他国を侵略したり、米国債の大量売却を試みれば、IEEPAが発動され、中国が持つ1兆2732億ドル(約130兆円)もの米国債は紙くずになりかねない。」というものです IEEPAという法律は、そんな法律なのでしょうか。 そんな法律のある国債を本当に大量に買っている中国や日本は馬鹿みたいです。 もしそんな国債であるならば安心して買うことができないと思うのですがいかがでしょうか。 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3961

  • アメリカ国債について

    今までアメリカ国債の保有No.1は日本だったのが、中国がそれを抜いて いまは1位になっていると言われています。中国が輸出で稼いだドル外貨でアメリカ国債を購入している流れと認識しております。  そこで、中国がドル外貨をアメリカ国債に変換する事で何かメリット でもあるのでしょうか? お詳しい方いましたら、教えて下さい。

  • アメリカ国債の保有について

    アメリカの経済危機や財政赤字や貿易赤字でドルの暴落は確実であり、ドルが暴落したら日本が保有しているアメリカ国債の資産価値も暴落するので、これ以上は買うべきではなく、既存の保有分も市場で全て売却すべきだとの意見がありますが、日本国民の利益(生活水準の向上や社会保障・インフラの整備のために資金をつぎ込む)のためにはそうしたほうがいいのですか。日本はいくら米国債を保有していますか。 日本は貿易でもうけた黒字を、暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされているが、それは暴力団の上納金や、属国が宗主国から搾取されるのと同じで、日本国民は宗主国に間接支配されているというのは本当ですか。 その他に、アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字があり、アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。

専門家に質問してみよう