• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

アメリカ国債の保有について

アメリカの経済危機や財政赤字や貿易赤字でドルの暴落は確実であり、ドルが暴落したら日本が保有しているアメリカ国債の資産価値も暴落するので、これ以上は買うべきではなく、既存の保有分も市場で全て売却すべきだとの意見がありますが、日本国民の利益(生活水準の向上や社会保障・インフラの整備のために資金をつぎ込む)のためにはそうしたほうがいいのですか。日本はいくら米国債を保有していますか。 日本は貿易でもうけた黒字を、暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされているが、それは暴力団の上納金や、属国が宗主国から搾取されるのと同じで、日本国民は宗主国に間接支配されているというのは本当ですか。 その他に、アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字があり、アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2668
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • umaruko
  • ベストアンサー率73% (137/186)

No.1で回答したものです. 訂正:現在日本国家全体として6619億ドル保有→3月時点で日本国家全体として6867億ドル保有 細かいミスですが…すみません. No.2さんの回答を見ておもしろいことを思い出しました. http://www.ustreas.gov/tic/mfh.txt の日本の保有量を見る限り2004年以降減らし続けてきた米国債が1月以降急に増えていることがわかります. ああ,政府がアメリカを助けるために買っているんでしょ?ていう人はお馬鹿な方です.なぜなら日本の外貨準備高の証券部門を見る限り大幅な増加は見られないのです. http://www.mof.go.jp/1c006.htm つまり,政府は米国債を新規に買っていないのです.じゃあ,誰が買っているのか?もちろん民間しかありえないわけですが.まあ,野村さんかもしれないし,三井さんかもしれないし…. いや,年金事業団だ!間接的に政府が買っているんだっていう人は以下のPDFでもごらんください. http://www.gpif.go.jp/jyokyo/index.html そもそも外国証券の割合は国内と比べて少ないですし,むしろ最近は国内のほうに投資を振りわけていることがわかります. そんなわけで現在日本の銀行・証券会社が米国債を買い増している事実がわかったと思います.金融のプロが米国債を買い増しているということは…,まだ投資先としては有望だと考えているってことになるでしょうね.アメリカはまだ安全なんじゃないですか?(アイルランドやスペインと比べたら) なんかわかりづらくなったのでまとめ+追加 >アメリカの経済危機や財政赤字や貿易赤字でドルの暴落は確実 確実です.ただ一気に暴落することはないでしょう.時間をかけてゆっくり下げていくって感じでしょうね.(理由はアメリカにデフォルトという一気の環境変化はおこりえないため) >ドルが暴落したら日本が保有しているアメリカ国債の資産価値も暴落するので、これ以上は買うべきではなく、既存の保有分も市場で全て売却すべきだ ぜひやってください.ドルが本当に暴落しまして,アメリカからミサイルが飛ばされますけど.やるなら20年スパンでゆっくりと減らすしかないですね.(米国債の売却→ドルの売却→ドル安) >日本国民の利益のためには… 結局のところリスクヘッジしかないでしょう.じわじわと米国債を減らし,ユーロ債など他の債券を増やしていくことが外貨準備高に関してはベストでしょう. >日本はいくら米国債を保有していますか http://www.ustreas.gov/tic/mfh.txt 参考 >暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされている 間違い.No.1でも書いたけど,2005年から2008年にかけては日本の米国債保有は減り続けていた.無理矢理なんて迷信ですね.データはウソつかない. >アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字がある. なんともいえない.ソースもないし….まあ,うわさ話程度でしょう.まさかあの韓国じゃああるまいし….うわさであってもソースがつくからな,あの国は…. 通貨安定証券 http://blog.goo.ne.jp/debuo2006/e/b204cb377639891bf2b106d44d8c7937 ※通貨安定証券は中央銀行の債券.本来なら国家債務にいれなきゃいけんのに,スルーしている. >アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能 これも前で回答しましたが,アメリカは基軸通貨国のため絶対にデフォルト(破綻)はありえません.(債務はドル建て,そのドルを刷ることができるため無限に借金できる)ただ,シナリオ的に挽回不能になる可能性もあります.ドルが基軸通貨の地位から堕ちた場合です.まあ,中国・日本・産油国すべてが反対運動を繰り広げないかぎりありえないとは思いますが.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答をいただきありがとうございます。 >2005年から2008年にかけては日本の米国債保有は減り続けていた.無理矢理なんて迷信ですね.データはウソつかない. 米国債の保有額はアメリカ財務省のサイトを見ればわかると知り、勉強になりました。 日本の財務省のサイトを見れば、日本全体の米国債保有残高が2004年以後減り続けてきたのに、今年の1月から増えていて、日本政府の米国債保有残高は増えてないので、日本全体の米国債保有残高の増加は民間企業が買っている、日本の投資は外国よりも国内への投資のほうが大きいと知り、勉強になりました。 >一気に暴落することはないでしょう.時間をかけてゆっくり下げていくって感じでしょうね.(理由はアメリカにデフォルトという一気の環境変化はおこりえないため) >やるなら20年スパンでゆっくりと減らすしかないですね.(米国債の売却→ドルの売却→ドル安) >結局のところリスクヘッジしかないでしょう.じわじわと米国債を減らし,ユーロ債など他の債券を増やしていくことが外貨準備高に関してはベストでしょう. 対外投資や資産を、少しずつドル以外のものに移していくのが適切な方法ということですね。 >>アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字がある. >なんともいえない.ソースもないし….まあ,うわさ話程度でしょう 根拠があるなら事実ですが、ソースが無いということは陰謀論の類ということだと思います。 >アメリカは基軸通貨国のため絶対にデフォルト(破綻)はありえません.(債務はドル建て,そのドルを刷ることができるため無限に借金できる)ただ,シナリオ的に挽回不能になる可能性もあります.ドルが基軸通貨の地位から堕ちた場合です 基軸通貨国は有利だということですね。

関連するQ&A

  • 中国が保有するアメリカ国債

    中国が保有するアメリカ国債について質問です。 中国が経済発展する中でドル決済で得たドルで米国国債を大量に保有することになり、今では日本を抜いて一番の米国債保有国なりました。 その結果として、アメリカは軍事ではなく経済で中国に首根っこを押さえられたのだと思っていましたが、現実にはどうなのでしょうか。 中国が米国債を大量保有している理由として 「中国に不利益になる米国の外交・通商・金融政策への介入のため・・・米国の反中国策動に対抗して、中国は米国債を売り払うことができ、中国は安全保障のためということもあって、米国債をもっている」というものです。 ところが、実際には中国はアメリカ国債を売ることはできないという説明もあります。 「中国が他国を侵略したり、米国債の大量売却を試みれば、IEEPAが発動され、中国が持つ1兆2732億ドル(約130兆円)もの米国債は紙くずになりかねない。」というものです IEEPAという法律は、そんな法律なのでしょうか。 そんな法律のある国債を本当に大量に買っている中国や日本は馬鹿みたいです。 もしそんな国債であるならば安心して買うことができないと思うのですがいかがでしょうか。 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3961

  • 日本政府全体で、保有米国債は総額でいくら?

    現在、"マーケット"は米国の財政赤字などをはやしてかなりの円高(というかドル安)となっていますが、財政赤字では、日本の方がはるかに悪く、すでに破綻しているといっても良い状況です。ですから、遠からず何らかのタイミングで、日本の財政赤字を理由とした大幅な円安への調整があると思います。 ただ、よく「日本は米国の財政赤字をファイナンス」しているといわれます。実際、日本政府もかなりの額の米国債を保有しているようです。先ず、外貨準備として40~50兆円ぐらいは確実だと思われます。これは米国財務省のホームページにも記載されているようです http://www.fms.treas.gov。さらに、日本政府がこの他に100兆円以上、なかには500兆円!もの米国債を購入しているとの主張があります。もし、日本政府が本当にこれほど巨額の米国債を保有しているとすれば、財政収支の悪化の過程で赤字補填のためこれを売却する可能性があり、これは(実際は米国の圧力により売却できないとしても)売却の思惑だけでもかなりの円高要因です。 質問ですが、日本政府全体(日銀など含む)で、保有米国債は総額でいくらぐらいと算定されるでしょうか?上記外貨準備の他にも、(例えば日銀などが)数百兆円単位で保有しているなどという可能性はあるのでしょうか?

  • 素朴な疑問 赤字国債発行している国が米国債購入で出来るのでしょうか

    赤字国債(税収の倍ぐらい)、財政赤字出している国がどうして米国債を大量に保有、購入できるのでしょうか、理由は何なのでしょうか。 日本はアメリカのいいお財布(デパート1Rで米国人が財布を空にしても2Rで日本が財布にお金を入れてくれる)とは日本がお金を借りて米国債を購入しているから、又はアメリカに輸出した代金で米国債購入しているからアメリカの財布は減らないからなのでしょうか。日本はどうしてお財布になる必要があるのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#91323

>>日本は貿易でもうけた黒字を、暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされているが・・・ アメリカに売りまくって超円高になると脅かされるのでつい米国債を買います ならば不利とはいえ運命共同体でいこうかと安易な方向になってしまいました もうあとへは引けませんね >>アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字があり、アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。 残念ながらピ~ンポ~ンです 財閥さんがこけないようお金印刷所(FRB)はいま年率16%くらい印刷し続けてます 子会社に不良債権を移し変えるなんてあたりまえですね 州によっては金本位マネーにすることも議題になってます とりあえずドル価値が収まったとしてもその先大インフレが100%あります まあしかし戦前からの日本の経済の流れをみると驚くほどのことではないです 何とかなりますね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>脅かされるのでつい米国債を買います その根拠を知りたいというのが質問の趣旨です。根拠が示されないと信用が無いです。 >>アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。 >残念ながらピ~ンポ~ンです >財閥さんがこけないようお金印刷所(FRB)はいま年率16%くらい印刷し続けてます >子会社に不良債権を移し変えるなんてあたりまえですね その根拠を知りたいというのが質問の趣旨です。根拠が示されないと信用が無いです。 >州によっては金本位マネーにすることも議題になってます 金本位制は1970年代の初期に廃止されました。 金本位制の復活を主張するならその根拠を示さないと信用が無いです。 >とりあえずドル価値が収まったとしてもその先大インフレが100%あります その根拠を示さないと信用が無いです。

  • 回答No.2

日本はアメリカ追従政策を取っています。 日本国民がこれ以上アメリカ国債買うな! と言っても無駄です。 政治家の間ではその話題はタブーのようです。 発言した政治家はいましたが、次の日には圧力がかかり発言を撤回、修正しています。 今のアメリカは贅沢をし過ぎて酒に酔った状態です。 それに日本も協力して、自分もその酒を飲ませてもらって酔っている状態です。それは他の国も同じ状態です。 なんとかアメリカの酒を飲もうと必死なのです。 だから余計にアメリカ国債を購入してアメリカに輸出をしようとするのです。 しかし、アメリカもその酒(お金)が入ってこなくなったのと、使いすぎで自転車操業ができなくなってきてドルの増刷、粉飾決算を国を挙げて行っています。 更なる混ぜ物をした酒を飲んでいる状態です。 私の予測では、FRBのドル増刷により、資金が行き場を求めているのでいずれバブルが起こるでしょう。はじめに商品相場から始まり、株式にも行き渡るのではないかと思います。 時期に、経済回復宣言がなされ好景気が訪れるでしょうが、今回の深い傷はそんなに浅い傷ではありません。AIG一社で50兆ドルとも言われる焦げ付きがでているのです。アメリカ全体では1京ドルです。 次の段階では株は大暴落。商品の中でも、貴金属と食品関連は暴騰するでしょう。 今までにない大恐慌が訪れると考えます。 景気回復と言って浮かれる場合ではありませんよ。 まあ、浮上できるかどうかもまだわかりませんが、今は最悪期に突入したばかりです。 サブプライム→リーマン→第3の危機到来 が今の本当の市場観測です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>粉飾決算を国を挙げて行っています。 何の根拠も示さずにそういっても、振り込め詐欺に騙されるレベルの人以外には通用しないと思います。 >AIG一社で50兆ドルとも言われる焦げ付きがでているのです。アメリカ全体では1京ドルです。 アメリカ政府が公開している去年のGDPが約14兆ドル、IMFや世界銀行や国連が公開している去年の世界のGDPが約61兆ドルですが、 回答者様の回答では、AIGだけでアメリカのGDPの3.5倍の損失、アメリカの損失は世界のGDPの164倍、アメリカのGDPの714倍になりますが、何の根拠も示さずにそういっても、振り込め詐欺に騙されるレベルの人以外には通用しないと思います。あまりにもデタラメすぎると思います。 >日本はアメリカ追従政策を取っています。 戦争、軍職、外交、環境、人権、経済、社会保障など、日本はアメリカとは全く異なる政策を行ってます。

  • 回答No.1
  • umaruko
  • ベストアンサー率73% (137/186)

>日本はいくら米国債を保有していますか。 以下のサイト参照。時系列で並べられているのでわかりやすいはず。現在日本国家全体として6619億ドル保有ってことです。 http://www.ustreas.gov/tic/mfh.txt >日本は貿易でもうけた黒字を、暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされている 完全にウソ。ソースは上のURL+Internet archiveの過去ページを見ればわかる。日本は2004年を最高に米国債保有は減少傾向です。むしろ、このあいだバカみたいに米国債を買う=アメリカに貢いでいたのは中国であるのは自明の事実。あなたの考え方なら中国がアメリカに間接支配されているってことになる。 >アメリカの経済危機や財政赤字や貿易赤字でドルの暴落は確実であり、ドルが暴落したら日本が保有しているアメリカ国債の資産価値も暴落するので、これ以上は買うべきではなく… 長期的に事実でしょう。いつかアメリカのドルの崩壊するときが来るでしょうね。ただ、それがいつなのかはわかりませんけど(5年後、10年後、もしかしたら100年後?)しかし、現在は米国債よりも他の国々であるイギリス・フランス・スペインなどの国債のほうが資産価値が下落しているため、米国債への投資は別にリスキーな投資ではないと考えています。 >とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。 それはうわさでしょうな。なぜならアメリカは無限に外国から借金ができるからデフォルトする可能性はゼロ。挽回できる。理由はアメリカ国債はドル建て以外ないから。いざとなったら、米国債の償還にドルを刷って諸外国にそれを渡してしまえばいい。基軸通貨を持つ国の特権ですね。 http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa4561949.htmlのNo.2さんの回答が参考になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答をいただきありがとうございます。 お礼と感想はNo3のお礼欄にまとめて書きます。 参考として示されている回答のように、インフレ政策で借金の実質価値を減らして返済負担を軽減するという方法はあると思います。

関連するQ&A

  • ドル暴落

    ドル暴落によりどのような障害が起こるか、予想しえるか教えて下さい。 ドルの暴落により、米国債の下落?→ 金利は?インフレは? 米国債保有国なんかは、資産の目減りがあると思うのですが、日本なんかはどのような事が予想されているでしょうか? ご回答お願いします。

  • 米国の双子の赤字とドル安との関係

    米国の貿易赤字と財政赤字が、何故ドル安要因になるのか分かりません。

  • 米国債が暴落するって言っている経済アナリスト。

    米国債が暴落するって言っている経済アナリスト。 米国債が出来た歴史を知ると絶対に米国債が暴落しないことが分かる。 まずアメリカは国債を発行しなくても財政は健全な状態でやって行けた。 米国債の発行を望んだのはアメリカではなく世界だった。 1番信用がある米国債を債権に欲しがった。 国の資産を管理するのに1番信用がある米国債を発行して貰ったわけだ。 米国債はアメリカが望んで発行したのではなく世界が望んだ。 そして世界通貨は米ドルではなく米国債である。 米ドルが世界通貨だと思っているがそれは間違いで米国債が世界通貨となっている。 だから米国債が買われなくなって大暴落することはないのだ。 どう思いますか?

  • 日本が保有する米国債残高などについて

    いろいろネット、その他で調べてみたのですが諸説入り混じり判然としません。下記についてご存知の方おられましたらご教授お願いいたします。 (1)2010年11月現在、日本が保有する米国債残高(官民合算) (2)上記の円高による推定毀損額 (3)2010年11月現在、日本が保有するドル建て外貨準備金(官民合算) (4)上記の円高による推定毀損額 (5)2010年11月現在、アメリカの債務合算合計(国債、金融機関損失、貿易赤字、個人・法人債務等) よろしくお願いいたします。

  • アメリカの債務について

    今まで、アメリカは貿易赤字の穴埋めとして自分で紙幣(ドル)や債権を発行してそれを貿易相手(日本やアジア諸国)に支払って、 自国で物をじゃんじゃん消費して、世界経済を回して来ました。 アメリカに多くの製品を納入している日本と中国が ドルと米国債を大量に保有しているのが象徴的です。 今回の金融危機でアメリカは自国の産業保護や、金融システムの修復に大量のお金を使っています。 これからも、新規産業の創出や自動車産業の救済や清算の天文学的な金額(数百兆円)が必要でしょう。 現在、アメリカの債務が今6000兆円を上回る額になっていると聞きました。 当然、利息の支払いも凄まじい事になっていると思います。 今までは自国の商品を買ってくれたり、金利が非常に高かったりしたお陰でアメリカにはお金が入ってきました(米国債や株を買って貰えた)。 ですが、今回は資金の供給先があるようには思えません。 百兆円単位の支出は金額が大きすぎます。 ドルの暴落と米国債の金利の大幅上昇は避けられそうに無い様に思えます。 オバマ大統領が国家債務不履行宣言(デフォルト)を行うという主張もあながち的外れではないと思うのですが。 ネットでの書き込みを見ると多くが抽象的で数値に基づいた議論がありません。アメリカの国家債務不履行宣言の現実性を、 確かな数値データに基づいて説明出来る方はいらっしゃいませんか?

  • 円高と金利との関係

    今朝の新聞で、「日本が米国債を積極的に買った。この旺盛な投資が米の財政赤字を埋め、米国の金利を低く抑え、米国民の消費を刺激し経済を下支えしている。」という記事が載っていました。  そのあとに、「明確なドル安は金利上昇を招き、米経済を失速させかねない」とあるのですが、素人の私は、なぜドル安と金利上昇が直結するのか分かりません。  どうかお教え下さい。

  • 米国の財政赤字と貿易赤字のデータ

    米国の財政赤字と貿易赤字の年度ごとの推移のデータを知りたいのですが、どなたか良いサイトを教えて頂けないでしょうか。

  • 日本政府の財政赤字は社会保障費が原因か、円高か?

    政府は、消費税アップをするようです。  日本政府は、消費税アップの理由として、財政赤字の解消が、必要だからと。 日本政府は、財政赤字は、社会保障費が原因と言っています。 私は、日本政府は、財政不安を公表して円安にして、日本製品を安くして、貿易を黒字にし、税収を増やす。 これが正解と思いますが? 皆さん、どう思いますか?

  • プラザ合意

    プラザ合意について教えてほしいんですが、 この時期に日本って輸出をたくさんしていたんですよね? それで貿易黒字国になって、一方アメリカは 貿易赤字と財政赤字に苦しんで、日米間の貿易摩擦が深刻化し、 そこでプラザ合意が行われ、この時にドル高の是正に向けて ドル売りの協調介入を行うことを合意したとのことですが、 日本が輸出をたくさん行ってたのになんでドル高だったんでしょうか? 輸出をたくさんすれば、ドルで支払われるのでドルがたくさん増えて ドルを円に変えようとする人が多くなって、 ドルの価値が低くなる・・・っていうのが自分の中のの知識なんですが、 プラザ合意のときって日本からの輸出が多かったのになんで ドル高なんでしょうか?すごく知識が浅いので程度の低い質問 だとは思うのですが、どなたか教えてください! また間違った所があったら指摘してほしいです。

  • アメリカずっと双子の赤字、でもずっと非破綻、なぜ

    アメリカは財政赤字、貿易赤字がずっと続いていますが、まったく破綻しません。またそれどころかどんどん豊かな国になっています。先日のニュースによればアメリカでは20年ほどで物価は20%ほど上昇したが、所得は40%ほど上昇しているとの話です。 アメリカは赤字続きで破綻どころか、どんどん豊かになっています。 アメリカはずっと財政は赤字、貿易でも赤字であるのにずっと破綻しないのはなぜですか?