• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

計画停電をする理由は?

今回の計画停電、電力需要が供給を上回っているからというのはわかります。 しかし、それならなぜ対象となる時間帯(18:00~19:00など)だけの実施としないのでしょうか? それとも、終日実施して需要の少ない時間帯は揚水発電などで蓄電する、ということなのでしょうか? また、計画停電といいながら「実施しない可能性もある」となると、停電を前提にコストをかけて準備したのが無駄になったり、営業休止をしたところが販売機会を逸したりすることになりますが、これは計画停電と呼べるのでしょうか? 私としては、地域ごとに時間を決めて計画通り必ず実施してもらった方が生産計画を立てられてありがたいのですが(経営者です)。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

確かに停電をするといったところは、一旦停電にして、その分を次の日の電力に あてられないのでしょうかね。。 一人ひとりが今の電力以下にすればなんとか持ちこたえるのですが、 寒いからといって、暖房をつけると昨日のような大規模停電の危険性が高まりますよね。 マイナス数十度ならまだしも、厚着でなんとかしのげますから、 自分はどんなに寒くても暖房は絶対つけないようにしようと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 今になって「夜節電しても意味がない」などと言われているようですが、 私のそもそもの疑問は「一日中計画停電したら、夕方以外に余った電力はどうするのか?」 ということでした。 電力システムとしては、電力を貯めるには揚水発電やエコアイスなどしか方法がないですから。 今の電力行政は、オール電化などとにかく電気を使わせ、 夏場のピーク電力にあわせて発電所、特に原発をどんどん作るという構造でした。 これからは、節電協力や省電力化でピーク電力を可能な限り押さえるとともに、 原子力に依存せず、化石燃料を使わないエネルギーを開発していくことが必要ではないでしょうか。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

やろうと思ったら、後からいろんな問題が分かったみたいですね。 踏切も停電になる=閉まった状態で停電すると、その時間道路も寸断される。 ⇒踏切上げた状態で停電できないか検討しなければ。 ⇒企業協力で予想以上に消費電力が抑えられた。 ⇒停電延期

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 踏切の電力が鉄道会社のものと電力会社のものが混在している、とか 同じ地域でも違う変電所から給電されている場合がある、とか。 しかもそれを電力会社がきちんと把握していなかった、という、 ある意味管理のずさんさが露呈した形ですね。 企業の操業停止で電力消費が抑えられるのはいいのですが、 ただでさえ震災の被害で操業が落ち込んでいるところに、復旧作業にも支障が出ますし、 高層オフィスでは勤務時間中の停電ではエレベーターも業務システムもトイレも使えず、 早帰りあるいは休業せざるをえないでしょう。 特に工場などは3時間動かせないなら一日稼動停止せざるを得ず、 生産活動に相当影響が出ているはずです。 こんなことも物の供給不足に影響しているのかな、と思ってしまいます。

  • 回答No.5
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

計画停電をしないと東京電力の管内全体が突然停電する恐れが有ります。 全停電から送電を開始するには極めて面倒な手続きが必要なため時間がかかります。 2003年に起きた北米大停電では回復までに2日以上かかりました。 http://criepi.denken.or.jp/koko/powerline/data/final.pdf 大規模な停電は影響が大きいのでぜひとも避けたいのです。 計画停電と言っても、停電した時の影響は少なくないので停電しないに越したことは有りません。 停電に備えておいて停電しないのと、備えなしに突然停電するのとどちらがいいと思いますか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 計画停電の趣旨はわかるし、できることなら協力したいのです。 震災から20日近く経ち、計画停電もだいぶ定着してきました。 やる地域、やらない地域がはっきりしたことが大きいですね。 最初からはっきりできなかったのか…とも思ってしまいますが。 今の疑問は、 ・今実施している地域としていない地域を入れ替えて公平化できないのか ・電力が足りない夕方の時間帯に集中して停電し、  それ以外はできるだけ停電しないようにできないか ということですね。 本社も工場も、私の自宅も計画停電エリア外なので申し訳なく思ってしまいます。

  • 回答No.4

気持ちは分かるのですが、医療機器のうちバックアップ電源が それ程長く持つ物がなく、生命の危機があるということを考えれば 出来る限り電源供給するのは良いと思いますが。 健常者だけの視点で物を語られるのはいかがかと。 各経営者様へ言いたいのですが、 要は会社の朝から夕方の通常勤務から勤務時間をずらせば需要ピークは 減りますよね。各会社共に勤務時間はずらせないのでしょうか? 需要ピークが極端でなければ停電は回避可能になるかも 知れないですよ。 後、会社や自宅の照明をLED化するように皆ですれば今より ずっと停電は減ると思うのですがね。 各会社主導でLED照明化を推奨し、補助金を出すというのは どうでしょうか。もちろんこれは政府も協力して推進させて欲しい のですけどね。 新規の発電所の建設は時間が掛かるので、当分は今の生活の ままです。ならば、皆が改善・適応するしかないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お客様とのやり取りや納品の都合上、常日頃からの時間シフトは当社の場合難しいです。 しかし、このような緊急事態ですから、そのようなアナウンスが政府あるいは東電からあれば協力は可能です。 もし計画停電が実施されれば工場は操業停止せざるをえないわけですから。 うちは以前から節電を実行しており、照明は蛍光灯しか使っていないためLED化は困難ですが、とりあえず自販機の温めを止めるなどできる限りの対策はしています。 さらにできることがないか考えて見ます。

  • 回答No.3

電力使用量を常に監視しながら 必要に応じて停電しているようです。 電力使用量によってはどの時間帯も 電力不足と停電の可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

きちんと周知徹底の上やるならやる、やらないならやらないとしてほしい、と思ってしまいます。 もしそうなら、せめて「計画停電の時間帯はいつ停電してもいいように準備を」とのアナウンスがほしいですね。

  • 回答No.2

変電所ごとにストップするため、どこのエリアが、どの変電所を使っているのか正確に分からないのです。 同じ市内でも3つのグループになったり、停電の負担を少なくするにはどこを止めればいいか。 考えてるうちに混乱してきたのでしょう。 最後には、「いよいよとなったらバタンと落ちます。」って言ってました。 それでいいのでしょう。っていうか、それしか言いようがないみたいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですね!私は東電には緻密な給電マップかなんかがあって、それに基づいてエリアと時間を決めているのだとばかり思っていました。 しかし「いよいよとなったらバタン」では困ります。PCで作業していれば最悪データが飛びますし、機械も中途半端に停止すれば故障する可能性もあります。うちの会社はセキュリティロックなので最悪閉じ込め・締め出しも起きます。信号や踏切が突然止まれば大事故です。 やはり、きちんと周知徹底の上やるならやる、やらないならやらないとしてほしい、と思ってしまいます。

  • 回答No.1

各企業の協力、一般商店の努力で、電力需給バランスが取れたもんで、「おっ、こりゃイケるやん」と思ったんじゃないですか? だから、実施しなかったが、あちこちからクレームが勃発して、やらざる終えなかったじゃないかな? それとも、県民性の癖を見越して、「あまり文句を言わなさそう」という地域を狙ったのか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 今回はあまりに準備が足りなかったですから、もし停電を実施していたら人命にかかわるのがわかってできなかったのかな?などと思ったりしています。

関連するQ&A

  • 計画停電

    関西エリアに住んでおりますが、今回の停電の影響は会社の他の事業所を通じて受けています(生活への影響が無いのが幸いです)。 さて疑問なのですが、計画停電をする代わりに、夜間のある時間を一斉停電にして、その間に浮いた電力を揚水式発電所に蓄え、昼間に使用する、ということはできないものでしょうか。確か東京電力の揚水式発電所は600万KWhぐらいの電力が蓄えられるのでは? それとも、今それをすでに目いっぱい活用してて、それでも足りないのでしょうか。

  • 計画停電っていつまで?これによる料金値引ある?

    東京電力管内では計画停電を実行しているそうですが、これっていつまでやるのでしょうか? 原因は福島原発が壊れてしまって、需要を満たさなくなったからですよね。 かといって、実際問題、一度増えた電力需要を減らすことはできません。 でも福島原発が壊れた今現在、電力供給は不足している。 もしかして福島原発に匹敵するだけの発電所を建造するまでの間、ずっと計画停電が続くのですか? それから、計画停電の間、各契約者は電気が使えませんよね。 使えるけど使わない、のではなく 使いたいけど使えない、ってことですよね。 これ、基本料金を差し引いてくれるんでしょうか? 東京電力の顧客はこういうこと言わないと思うが、関西電力の顧客だったら100人中98人までがこう考えるでしょうね。 「天変地異の場合は電気が止まるかも知れませんが、基本料金は必ずお支払いいただきます」 という契約条項が盛り込まれているのでしょうか? お詳しい方、お願いします。

  • 計画停電が実施されない時間の節電は無駄ですか?

    計画停電が実施されない日&時間帯は需要が供給より低い為、と言う事ですよね。 その時間は節電をしても社会貢献できていないのでしょうか? 上司が自然光が眩しいと計画停電実施有無と電力使用率<100%を確認すると電気使用を始める為、なんとか昼間の節電協力をお願いしたいのですが、計画停電実施されていない日時の節電が貢献できていないなら機嫌を損ねるだけなので・・・。 私見では計画停電自体を早期に無くす為にも、被災地への協力ももちろんですが、関東圏内の生産者達(工場、温度管理必須の生産農家等など)が、計画停電など気にせず以前の生産力を取り戻し稼働できるよう、非生産者の企業や個人が努力をし彼らを支えることで、「生産力低下」、「失業」、「経済の悪化」、「海外企業の撤退」、「日本製品の輸出低下」、「日本の国力低下」等、経済への悪影響を少しでも抑えることができるのではないか?と考えてましたが誤りでしょうか? これらの理由で今節電にあまり協力的でない方達への確実なアプローチがしたいので教えていただけください。

  • 不公平感のある計画停電

    私は中電管内なので詳しく知りませんしよく事情が分からないのでなんでかなぁ~っと思ってるのですが、東京電力管内では計画停電を実施していますよね で夏場に向けて供給電力が需要に足らなくなるという事で今まで計画停電の対象ではなかった東京23区内も計画停電の対象にすると言うことらしいのですが、今までも入っていなかったことが不公平だと思うのですが何故荒川区足立区だけ計画停電の対象で その他の区は対象になっていなかったのですか? またこれから夏場に向けてそれらの区は対象になるのでしょうか?TVで見ている限りTV局は一杯電力使っているみたいだし、交代でTV局も計画停電の対象にするべきだと思うのですが、おかしい考えでしょうか?国民みんなで節電しようと言ってるのに例外があるのはおかしいと思いますがいかがでしょう?

  • 電力不足に陥ると大規模停電が起きる理由は?

    計画停電をしないと、制御不能な大停電が起きるので、計画停電をするとのことですが、 どうして計画停電なしで電力不足に陥ると大規模停電が起きるのですか? 【ポイント1】 たとえば、もし需要が供給電力を3%上回ったら、各利用者への供給電力が100/103に低下するだけではないのですか? 【ポイント2】 もし、水道だったら、各家庭で蛇口をひねる量の総計が供給量を上回っても地域全体が断水することにならない気がするのですが、違うのですか?

  • 計画停電の経済への影響?

    東京電力から、次のような発表がされました。 「休眠していた火力発電所の活用などで4200万キロワットまで発電能力を復旧できる。しかし、通常、冬場で5000万キロワット、夏場で5500万~6000万キロワットの電力供給力が必要。ゆえに、夏には東京都の千代田、中央、港の3区を除く20区でも本格的に計画停電を実施せざるを得なくなる見通し。」 この状態で首都圏経済は回るのでしょうか。 ニューヨークなど海外の大都市では、人々が停電に慣れている街もあると聞きますが、 日本人の几帳面さや要求レベルでこれだけの計画停電を受容できるかどうか・・・? 何か参考になりそうな事例や考え方はあるのでしょうか?

  • 計画停電 送電の能力増強と蓄電

    東京電力は計画停電を今後一年近くも続けなければならないとの見通しを発表したようです。 http://www.asahi.com/business/update/0321/TKY201103210361.html 必要な電力供給を賄うためには、被災した発電所を復旧するか、新しい発電所を建設する必要があると思うのですが、その前に緊急避難的に、中部電力や北海道電力からの送電に頼るという方法が考えられます。 しかし、この記事でも伝えているように、関西→関東は100万キロワットまで、北海道→本州も60万キロワットしか受けられないとのこと。 発電所の復旧もしくは新設と、このボトルネックの解消とではどちらが容易(時間的・コスト的に)なのでしょうか。 もしボトルネック解消が実効性が高い、ということであれば、日本全国で、より大規模かつ有意義な節電ができるように思うのですが。 それと、電気については蓄電ができない、とのことですが、たとえば、電力に余剰があるときにダムの上まで電動ポンプで水をくみ上げ、需要の多い時期に水力発電量を上げる、といったようなエネルギーの(この例だと電気エネルギーを位置エネルギーに) 変換して備える、ということは考えられないのでしょうか。 できたとしても、ロスが多くて、実効性に欠けるので実現していないのでしょうか。 詳しい方のご説明をお待ちしております。

  • 計画停電しない、するかもしれない。

    東京電力の計画停電ややもえないことと思います。しかし直前になって予想使用量がすくなかったから第一グルーブは停電しないと言ったり、その1時間後にはするもしれないと言ったり、しています。 これではかえって混乱するのでは、一般は計画の所は行い、その電力を自家発電のない医療機関 、交通機関等のようなところのみ送電すればよいのでは、最後に、1日も早い完全復旧を望んでいます。

  • 計画停電

    東京電力による計画停電ですが、 やるやると言って実際には見送りになることが多いみたいですね。 僕の住んでいる地域では震災後、計画停電が行われたのは二回だけです。 思うのですが我々が少し節電するだけで、電力って実際には足りるんじゃないんですか。 もしそうなら原子力アレルギーの日本で原子力発電をしなくても良いんじゃないんですか。 考え方が単純すぎますかね。

  • 計画停電

    今回の災害により東京電力供給地域内で計画停電が実施されていますが なぜか東京23区は一部を除いて、計画地域に含まれていません 日本の中枢機関が多いから 23区を止めると日本全体の企業が停止するから 細かく地域を分けることができないから など諸説があがっていますが、一番の理由は何だと思われますか? 冷静なお答えをお待ちしています よろしくお願いします