• 締切済み
  • すぐに回答を!

個人事業開業による節税とその方法をおしえてください

私は今年2月会社を辞め、一部年金をもらい始めました。並行して、以前より地方都市でアパート経営をしています。(収入10百万円、所得1百万円、将来的には所得3百万円に増加) 更に去年、海外の会社と技術協力をし、一時金を、去年約5万ドル(4百万円)を得、今年1.5万ドル(1.2百万円)を得る予定です。更に、別の会社から私の特許にかかわって、職務発明の対価として10-15万ユーロ(11-13百万円)を得る予定です。 去年度分の申告は給与所得と不動産所得と雑収入で行いました。節税のため、個人事業をアパート経営と技術コンサルタントとして申請しようと思います。利点は幅広い諸経費と290万円の控除、デメリットは5%の事業税と考えていいのでしょうか。節税という観点から何かいい考え方、忠告頂けませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数122
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

>利点は幅広い諸経費… 申告に当たって、経費は実際にかかった分のみが引けるだけで、幅広いなどというものではありません。 実際に幅広い経費が発生するなら、それは商売のやり方が下手ということです。 経費はなるべく少なくすることが商売のこつです。 >290万円の控除… 290万というのは、個人事業税の足切りラインというだけの話であって、所得税や住民税まで 290万が控除されるわけではありません。 >デメリットは5%の事業税と考えていいのでしょうか… メリット、デメリットなどというものではありません。 申告方法の如何によらず、一定額以上の事業をしている実態があれば個人事業税は発生します。 開業届を出さず適切な申告もしないでおこうと考えるのは、スーパーで小さな商品を、いや大きな商品をレジ係や警備員に見つからないように持ち出そうとするのと同じことです。 >節税という観点から… 個人事業での節税といえば、青色申告特別控除です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2072.htm ほかに、大きな設備投資が予定されているなら、開業当初から消費税の課税事業者になっておくことです。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6501.htm 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 事業税の計算

    {不動産所得+事業所得+青色申告特別控除額(65万円)-290万円}×5%で事業税を計算している本がありました。 不動産所得と事業所得は損益通算しています。 65万円はどうしてプラスにするかわからないでいます。

  • 個人事業主の申告について

    今年の8月に小さな雑貨屋を開店させました。 1ヶ月10万ー15万くらいの収入です。 申告の仕方がわからず パソコンで調べていたら ↓のような文を見つけました。年間290万までまでは 申告しなくていいって。 申告書の提出  個人事業税の申告書の提出期限は3月15日です。ただし、事業所得や不動産所得が事業主控除額(290万円)以下の場合は申告書を提出する必要がありません(繰越控除を受けようとする場合は、290万円以下でも毎年、申告書の提出が必要です。)。  なお、所得税の確定申告書を提出した人や住民税の申告書を提出した人は個人事業税の申告書を提出する必要はありませんが、この場合には、それぞれの申告書の「事業税に関する事項」の欄に必ず必要事項を記入してください。記入されていないと、個人事業税のいろいろな控除が受けられません。 私は 申告しなくてもいいのですか?? ????

  • ネット事業で既に開業済み。不動産事業始めるには?

    よろしくお願いします。 会社員で給与ももらっていますが、副業として、ネットで、webデザイン業をやっております。個人事業開業届けはすでに提出しています。 これから、アパートを購入して、不動産事業もはじめる予定です(5棟10室は満たす予定)。事業所得のための開業届とは別に、不動産所得のための開業届を、あらたに提出する必要があるのでしょうか。 また、何か注意点があれば、教えてください。

  • 個人事業税

    自営業者ですが、確定申告はちゃんとしてるんですが、事業税って払ったこと(請求されたこと)が無いのですが、これは申告書の「所得金額、事業、営業等(1)」に記載する金額が、290万円を超えないとかからないんですよね?農業(2)はありません。

  • 事業的規模の不動産貸付業について

    不動産貸付業は事業的規模でも所得区分は不動産所得だと 思っていたのですが、 事業税になることもあると聞きました。 「下宿で食事を提供する場合」など以外に 事業的規模であるかないかの違いだけで、 事業税になるのはどのような場合なのでしょうか? その場合、不動産所得と事業税の区別は どのようにすればよいのでしょうか?

  • 節税の方法について

    節税の仕方を聞きたいので、教えてください。 私は、今独身で、結婚式の司会と声楽教室をやっています。 来年度から、始める予定なのですが、二つやると200万円くらいの収入になる予定です。 知り合いによると、司会者とか教室経営(自宅)をすると、美容代、打ち合わせ代などなど、 経費をたくさん計上できると言われました。 さらに、これから、18棟のアパートを購入する予定です。 そこで、質問ですが、 アパートの収入と司会者、教室経営の仕事を、一つの事業として、申告できるのでしょうか。 具体的に言うと、司会等で経費がたくさんかかるので、アパートの収入から、その経費も引くことが出来るのでしょうか。 このような状況ですが、どうするのが一番節税になるのでしょう。 詳しい方、教えていただけませんか。 よろしくお願いします。

  • 個人事業の事業税の課税対象事業について

    個人事業の事業税の課税対象事業について教えてください。 個人事業でシステム開発を行っていて所得が控除額(290万円)を上回っています。 しかし、事業税の区分の中に該当する業種がありません。 この場合どうなるのでしょうか? http://www.pref.osaka.jp/zei/shoukai/kojnjgyo/index.html また、該当する業種はどのように判断されるのでしょうか? 個人事業の開業届けと確定申告の用紙に業種を書きましたが、それらが参考にされるのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 節税について教えてください。

    節税の仕方を聞きたいので、教えてください。 夫と二人暮らしです。 夫は、会社員で、アパートを1棟もっています。 それから、これからアパートを3棟買おうと思っているのですが、額も大きくなるので、 節税の方法を考えています。 実は、妻の私は、結婚式の司会と声楽教室をやっています。 来年度から、始める予定なのですが、二つやると200万円くらいの収入になる予定です。 知り合いによると、司会者とか教室経営(自宅)をすると、美容代、打ち合わせ代などなど、 経費をたくさん計上できると言われました。 で、会社を作って(1円から作れる?)事業内容を、いろいろ入れれば、節税になる、と言う話でした。 これから、主人が買うアパートは、ローンを組むので、収入の多い主人名義でしか買えないと言われたのですが 収入の一部をなんとかして、経費が多くかかる私の方に入るようにして、節税したらいいのかと考えています。 このような状況ですが、どうするのが一番節税になるのでしょう。 詳しい方、教えていただけませんか。 よろしくお願いします。

  • 個人事業の複数開業について教えてください。

    個人事業の複数開業について教えてください。 現在、昼間にIT系の仕事についています(個人事業主です)。 来年あたりから、夜は飲食店を開きたいと考えています。 1.この場合、全く違う業種ですが、  改めて、開業届けが必要しょうか? 2.違う業種が個人の事業所得として認めてもらうことは  そもそも可能なのでしょうか?  (もしかしたら、飲食店は雑所得にならざらるを得ない?) 3.もしどちらかが事業所得してみなされない場合は、節税のためには  どちらか?もしくは両方を会社にするしかないのでしょうか? 基本的なことかも知れませんが、アドバイス頂けると助かります。

  • 事業税の納付の必要条件

    過去の質問等も参考に読ませてもらいましたが 同様の質問になってしまう形になりますが 宜しく回答お願いします 個人で小売業をおこなってます 従業員はいなく 忙しい時だけ両親から無償で手伝ってもらってます 毎年の所得ですが200万弱です 事業税の計算方法を見ると (事業所得-損失の繰越控除等-事業所控除290万円)×税率 となってますので そもそも事業所得が290万円以下であれば事業税の請求は こないのでしょうか? 事業始めて3年ですが 今まで一度も届いておりません 宜しく回答お待ちしてます