• ベストアンサー
  • 困ってます

電動機の欠相検出について

巻線電動機にて二次抵抗始動方式を使っています。 先日、3Eリレーの欠相が検出しました。 電動機を調査するとスリップリング付近にある短絡スイッチの1組が破損寸前でした。 何故、欠相検出となったのでしょうか? また、過電流ではなかったのでしょうか? 一次巻線と二次巻線の関係も含めてお教え頂けないでしょうか? 取り急ぎ、電動機は整備に出す計画です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1366
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • EleMech
  • ベストアンサー率52% (393/748)

巻線形誘導電動機は実際に使用したことが無いので、理論的にお答えします。 巻線型は、一次巻線の電磁誘導により二次巻線に電流を誘起し、反発吸引作用により二次巻線が巻かれた回転子が回転します。 この二次巻線は、スリップリングにより外部端子に接続されています。 この外部端子間に抵抗を入れるか、又は短絡するかで二次電流を変化させますので、それに伴って変化するトルク特性を利用しています。 始動時には抵抗器が接続され、低回転域にトルクを寄せて回転し易くし、徐々にその抵抗値を下げていく事でトルクを高回転寄りに変化させ、速度を上げていきます。 そして最終的には短絡し、定格回転速度となります。 今回の件では、一相のみが短絡スイッチの機能しない状態になっていたようですから、他の二相は正常に短絡状態であったと思います。 その為、三相間の負荷電流に差が生じたとして、単相運転と判断し欠相検出となったと思われます。 多分、短絡スイッチが何らかの理由で焼損した事が原因ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 短絡スイッチを含め、長期間未整備でしたので、 金属疲労等により短絡スイッチが変形したのが要因ではと 思っております。

関連するQ&A

  • クレーンの電動機で、規定以上の荷をつると、電動機の巻線に規定以上の電流

    クレーンの電動機で、規定以上の荷をつると、電動機の巻線に規定以上の電流が流れ、巻線の温度が異常に上がり、危ないと言われたのですが、なぜ規定以上の電流が流れるのでしょうか?電動機に詳しくないので、わかりやすい解答をお願いします。

  • 三相電動機、欠相時の電流

    デルタ結線の三相電動機がありますが、一相が欠相した場合、 電流値がどのようになるか教えてください。 欠相すると単相運転になり、 断線前の時の電流値 A1=√3V/R 断線後の電流値 A2=3V/2R とすると、A2/A1=0.866になり断線後の方が電流が減ると思うのですが、 あるサイトを見ると断線後の方が√3倍になるとありました。 よく分かりませんのでご回答の方お願いします。

  • 電動機の始動方法について

    電動機の始動方法について 小容量の電動機では全電圧始動が可能なのはなぜですか? 大学でこのような課題が出されました。大容量の電動機に比べて、小容量の電動機では始動電流が小さく、周辺機器への影響が小さくてすむため全電圧始動が出来るかと思ったのですが、教授は定格速度に達するまでの時間(始動電流の流れる時間)に着目しろと言っていました。 色々調べてみたのですが、よく分からなかったので宜しくお願いします。

  • 電動機の無負荷始動電流について。

    IE3の三相電動機の無負荷での始動電流について質問です。 1、三相200V、3.7KW-4Pの電動機を負荷を接続せず無負荷での回す際の始動電流はどの程度でしょうか? 2、一般的に始動電流は定格の(3.7KWの時は15A)3から5倍と聞いたのですが、その時の電動機の負荷は無負荷、全負荷どの状態なのでしょうか? 3、上記の電動機の適正サーマル設定値はどの程度でしょうか? 詳しい方教えて下さい。

  • 波巻きの分巻き電動機、直流分巻き電動機

    1、4極220V波巻き電動機があり、界磁電流5A、電気子回路の抵抗を0.04Ω、毎極の磁束を0.04Wb、電気子導体を160本、無負荷電流9A、全負荷電流95Aとすると、この電動機の無負荷、全負荷速度はいくらか?また速度変動率はいくらか?ここでは、電気子反作用は無視 2、電気子抵抗0.4Ω、界磁抵抗55Ωの直流分巻き電動機がある。これに定格電圧110Vを加えたとき始動電流はいくらか?また、始動電流を定格電流の1.5倍に制限するには、電気子回路にいくらの始動抵抗を入れればよいか? ただし定格状態で運転しているときの逆起電力は100Vとする 計算過程、途中式を書いて頂きたいです。

  • 界磁電流を流さずに、電動機を始動したとき

    直流電動機(他励)を、界磁電流を流さずに始動したとき、電機子電流に膨大な量の電流が流れるとあるのですが、これは何故でしょうか? 電動機を始動するときの電圧は、電動機の定格電圧です。

  • 直流直巻電動機の無負荷運転について。

    直流直巻電動機の負荷について、 供給電圧が一定のとき無負荷だと電流が小さくなると書かれていたのですがなぜですか? なぜ、無負荷で電動機が回転しているのに、なぜ電流が小さくなるのでしょうか? すみませんが、教えていただけますか。

  • 三相巻線形誘導電動機の原理

    三相巻線形誘導電動機の原理についてよく分かりません。かご形は理解出来ました。しかし、巻線形がよく分かりません。固定子の内側スリットに巻線、回転子の外側スリットに巻線…という記述があったんですが、要するに、巻線を2つという事ですか?電動機の場合、固定子内側スリット巻線(電気子ですよね?)に電源与えて、回転子周りに回転磁界を作り、回転子(界磁)を回転させるという事ですか?回転子の外側スリット巻線も回転する?巻線要するに導線が回転するんですか?ちぎれませんか?ちぎれるからスリップリング使ってるんですか?特に回転子の外側スリット巻線は、かご形にはない2次回路というもので、ここでブラシや外部可変型抵抗使って、速度制御や始動特性改善するという事でいいですか?私の理解間違っている?電動機だから機械回転運動を最終的な目的とする事は分かっているのですが。

  • 400V特殊かご形誘導電動機が2Eリレー欠相表示で停止します

    当初は20秒程度は回転しました。 リアクトル始動で、2つ目のMCがメークする前に欠相動作します。 本当に欠相の場合は、始動しないと聞いたことがあります。 欠相表示の原因の調査方針をご教示下さい。 定格110kW 215A 負荷は揚水ポンプ(手で回せる程度に軽いです) 状況) 2Eリレーと、2Eリレーへのカレント・コンバータは良品と交換しました。 電動機本体の巻き線抵抗は、三相とも0.03Ωでした(5%rdg 6dgtの抵抗計)。 盤据付の2CT形電流計での三相電流(欠相表示までのわずかの間ですが)は 500A-350A-500A程度です。 制御盤出口での、無負荷線間電圧は405V-404V-405Vです(直接測定)。 再度、調査のために運転した結果は次の通りです。 このときは、1つ目のMCがメークして1秒程度で欠相表示しました。 電動機は、わずかですが回転しました。 電圧 各230V程度:デジタル計3つで測定 電流をクランプ3つで測定 650A:負荷線、デジタル計 630A:CT二次側測定値から換算、デジタル計 420A:同上の換算、アナログ計 欠相感度35%は±10%なので、420Aは欠相もやむなしかと思います。 この値だけ、アナログ計なので、デジタル計との表示特性の違いとかあるのでしょうか? 助言を頂きたいこと 1) 原因究明のためには、あと何が出来るでしょうか。 2) 欠相要素をH(35%)からL(65%)にして始動した場合に発生しうる影響は どういうものでしょうか。 2Eリレーの過負荷要素は on 。 300/5のCTで、14A-30秒の設定にしてあります(納入業者の初期設定)。 なので 欠相で始動に失敗しても、過負荷要素での保護が間に合えば、 最悪、電動機焼損をのがれられないものだろうか、 などと考えてもいます。 もちろん、メーカにも問い合わせ中ですが、 質問するにしても、善後策を投げかけるにしても 手詰まりの状態です。 皆様のお力を拝借したく、お願い致します。

  • 三相誘導電動機で欠相した場合の電流値

    三相誘導電動機で欠相した場合の電流値 三相三線デルタ結線の電動機で、U、V、W各線にXアンペア流れているとき、Vが断線したとします。 このとき、単相運転になってしまいますが、U、Wに流れる電流値は何アンペアになりますが? (三相のときの何倍になりますか?)

専門家に質問してみよう