• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

GSX1100Sカタナの点火タイミングについて

よろしくお願いします。 GSX1100Sカタナのクランクの回転にタイする点火タイミングを教えてください。 RG500ガンマの場合,2サイクル4気筒ですが,1回転で4気筒とも2回スパークしています。 (2気筒同爆) 1気筒だけでみると,上死点と下死点でスパークしていますが,そういう仕様とのことです。 (もちろん,下死点では混合気がないので爆発はしない) 4サイクル4気筒のカタナは同爆はないのですが,1気筒のプラグを観察した場合, 2回転1スパーク,1回転1スパーク,1回転2スパーク のパターンが考えられると思うのですが,どのパターンになりますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1849
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

4サイクルエンジンなので2回転1スパークで足りるのですが、実際には1回転1スパークです。 並列4気筒の場合、1-4番(外側の2つ)のピストンはそれぞれ一緒に上下しています。そしてイグニッションコイルも同じものを使用しています。つまり、1-4番は一緒にスパークされているということです。 2-3番(内側の2つ)も同様に、圧縮上死点の手前と、排気上死点の手前でスパークされています。 市販されている並列4気筒はほぼすべて同じ仕組みです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすいご回答,ありがとうございました。 イグナイターが2つしかないのはそのためですね。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • mongori
  • ベストアンサー率37% (135/360)

カタナに限らないのですが、一般的にバイクの4サイクル直列4気筒エンジンは1回転1スパークです。 4気筒の場合バイクにまたがって見下ろした状態で左から1番、2番、3番、4番シリンダーとなります。クランクシャフトの形状として1番4番と2番3番が180度ずれています。点火順序は1-3-4-2となります。点火系統として1番と4番、2番と3番のイグニッションコイルを兼用している場合が多く、例えば1番が圧縮上死点の時、4番は排気上死点ですが一緒にスパークしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

位相が180度ずれている分をまとめてスパークしているんですね。 丁寧な説明,ありがとうございました。 ミスファイヤの理由もこれにありそうですね。

関連するQ&A

  • 4サイクルエンジンの点火について

    素朴な質問ですみません。しかしながらどう考えても分からないのでお願いします。 質問は、単気筒4サイクルエンジンでの点火はクランク2回転当たり1点火ですよね? MD90はクランク2回転当たり1回転なので分かるのですが、カブなどのエンジンではクランク1回転当たり1点火となります。そうすると、2回転当たり2点火になりますよね? 2点火の内の1点火は、いつ点火しているのですか?お願いします。

  • おれのドラスタ何回転で一回点火?

    点火コイルへ行くパルス信号をなんとなく(?)眺めていたところ、4ストロークなのに 毎上死点(圧縮だけでなく排気上死点でも)点火パルスが出ているような気がしました。  車と違って気筒ごとに点火コイルがついているので他の気筒向けパルスとは考えられません。 私のバイクはいったい何回転で一回スパーク(気筒当り)しているのでしょうか?   ちなみにバイクはヤマハドラグスターです。  エンジンを手回ししながらプラグの火花を見ればよいのでしょうが、、、ちょっとそこまではやる気がありません。 皆様にちょこっと教えていただきたく お願いいたします。   バイク初心者より

  • 点火時期調整のデメリット

    4ストローク2気筒エンジンです。 一般的に点火時期を早くしたり・遅くしたりすると、 どのようなデメリットがありますでしょうか? どちら寄りにセッティングすると プラグが被る(焼けないパターン)になりますか? よくエンジンを始動させるためには圧縮上死点前5~35度で調整とありますが、 この範囲でしたら問題なくエンジンが始動できるという事ですか?

  • ディーゼルエンジンの2サイクルと4サイクルの原理が

    ディーゼルエンジンの2サイクルと4サイクルの原理がわかりません。どういう構造にすると、2サイクルや4サイクルになるのですか?ピストンが2個2気筒?4個4気筒?で起きるんですか? 2サイクルなら、クランク軸1回転で吸気圧縮膨張排気1サイクル行い、 4サイクルなら、クランク軸2回転で吸気圧縮膨張排気1サイクル行うそうです。 これってピストンやバルブやインジェクションノズルをどう設計すると、2サイクルや4サイクルにする事ができるんですか?マンガ見たんですが、クランクがクルクル回って確かに1回転で全行程、2回転で全行程やってるのみます。しかし、そのようにさせるためにどのような設計したらなるのかわかりません。ピストンの数?断面のマンガではピストン1つですよね、、、 http://crown.kt.fc2.com/enjinehowto.htm

  • タイミングベルト交換時の再度掛け直し方

    ダイハツ・マックスRi・初年度登録:平成14年・原動機:EF-DET カムシャフト側マークに合わせせるとクランクシャフト側が1.5コマ分マークより先に行ってしまいます。 掛け直し方は、以下の手順・作業で間違っいませんでしょうか? (1)、ベルトを掛けた状態でクランクシャフト側のマーク(圧縮上死点なので)に合わせて、テンショナー・ベルトを外したのちに、カムシャフト側の1.5コマ遅らせる(戻す)両方のマークを合わせれば宜しいのでしょうか? (2)、両歯車の直径が違うので、クランクシャフト側が1.5コマずれは、カムシャフト側の1コマ遅らせる事で解消出来るのでしょうか?(クランク2回転に対してカムは1回転) (3)、クランクを回す場合にはスパークプラグは抜かなくて構わないのでしょうか?(手でクランクを回してもロッカーアームに影響が出てしまう様な気がするので) (4)、上死点の確認方法は、スパ-クプラグを外して箸の様なものをピストンまで差し込んでユックリクランクを回して、棒が一番上に来て下がる瞬間にクランクの合いマ-クを通過すれば正しいのでしょうか? 雑多な質問ですが、間違いが御座いましたらご指導お願いします。

  • 低燃費・高出力の夢のエンジン

    4サイクルエンジンでは、吸気、圧縮、爆発、排気の4工程があり、クランク2回転につき1回の爆発しかありません。 また、吸気、圧縮というエンジンの回転をそぐ工程が含まれています。 そこで、吸気、圧縮工程を省いたエンジンは出来ないでしょうか。 燃料はLPガスなどを使います。LPガスは元々圧縮されています。 LPガスとは別に、圧縮した空気ボンベも搭載しています。 燃焼室へ送り込む手前では、LPガスと空気を高圧のまま混合します。 ピストンが上死点を過ぎた直後、既に圧縮された混合気を注入します。(この際、排気バルブは開いておき、燃焼室の圧力が上がり始める寸前に、閉じる必要があります) すでに混合されているため、燃焼室の構造は、スワールを発生させるなどの工夫は必要なく、燃焼室全体にいきわたる直前に点火すれば、低燃費も期待できると思います。

  • 2段膨張式内燃機関の特許名

     何年も前の自動車雑誌(うろ覚えですが、おそらくモーターファン)で、僅かに触れられていたアイディアに関してですが、そのアイディアが何という名称で特許(或いは実用新案等)に登録されいるのか御教え願います。(その雑誌の記事では、特許等に申請済みである様にも取れる書き方がされていたと、記憶しています)  そのアイディアとは、4サイクルのレプシロ式内燃エンジン(オットーかディーゼルかは問わず)に関する以下の様なものです。  各気筒毎のクランク室に仕切りを設けると、ピストンの下降行程においては、燃焼室容積は増加し、クランク室容積は減少します。  逆に、上昇行程においては、燃焼室容積は減少し、クランク室容積は増加します。 4サイクル機関は2回転に1回しか燃焼しないため、燃焼室から排気が行われるのも、2回転に1回です。(720°で1周期)  偶数気筒を持つレプシロエンジンにおいて、各気筒を2つ1組とし、対になっている気筒の位相が、互いに360°(丁度1回転)ずれている様にしますと、1回転毎に、対になっている気筒の内の、どちらか一方から排気が行われる事になります。  一方、クランク室容積は、360°周期で増減して、且つ、その位相は燃焼室容積の変化とは逆位相となっているため、1つの燃焼室から排気が行われる際には、2つのクランク室において、容積が増加している事になります。  そのため、クランク室容積の増加量は、排気行程が行われている燃焼室容積の減少量の、2倍近くになります。(ピストンロッドが占める空間の体積の分だけ、クランク室容積は目減りしますが)  そこで、クランク室の気密性を確保した上で、対となっている気筒同士のクランク室の空間を繋ぎ、そこへ燃焼室排気を導けば、高い圧力を持つ燃焼室排気を、機関内で更に膨張させる事になり、燃焼室排気の持つ圧力の一部がピストンを押し上げる力として利用され、圧縮比よりも膨張比を大きくする事が出来るため、熱効率の向上が期待出来る、というものです。  同様に、圧縮比よりも膨張比の方を大きくする事で熱効率の向上を図っている機関には、ミラーサイクルエンジンがありますが、ミラーサイクルは吸気量を減らす事で膨張比を大きくしているため、通常のレプシロエンジンと比べて、排気量あたりの出力が低下します。  これに対し、上記の方式では、燃焼済みのガスの更なる膨張を、従来は使用されていなかった空間で行っているため、排気量あたりの吸気量を減らす必要がありません。  この様なアイデアは、何という名称で、特許として登録されているのかを知りたいと思います。  「クランク室を使用したレプシロ2段膨張式4サイクル内燃機関」とでもいうのでしょうか?  又、出来ればどの様な方が、いつごろ申請したものなのという事も、御教え頂ければ幸いです。  尚、添付画像の図は、回答者の皆様に、上記のアイディアがどの様なものであるのかを御理解して頂く際の一助になる事を期待して、私が描いたものに過ぎず、どこかに掲載されていた図では御座いません。  あくまで、概念を解り易くする為のものですので、各部の寸法や構造等は、何らかの計算に基づいたものでは御座いませんし、2段階目の膨張が行われる空間も、クランク室とは別の空間となっていたり、吸・排気口を結ぶ直線を引いた場合、その直線の向きが、燃焼室上部から見てクランクシャフトの軸に平行な方向となっていたり、各気筒の位相の関係が、現実の4気筒エンジンの振動対策に反するものとなっています。

  • GSX250Sカタナ

    スズキGSX250Sカタナに乗っていますが、2ヶ月程前にキャブOHしたときは、一発始動でした。チョークも閉めていません。最近ですが、2時間程度エンジンを止めた状態で再始動する際には、スターターを何回も回してバッテリーが弱くなる程です。それでも掛からないので、しばらく放置してスターターを回すと掛かる状態です。チョークで掛けても掛からず、燃料を一瞬PRIにいれても掛かりません。これは、どのような状態なのか分かりません。どのようなことが疑われますか?専門知識のある方教えて下さい。

  • GSX250Sカタナ

    こんにちは、質問させてください。 250カタナに乗っているんですが、中古で購入して5年、走行距離は25000キロ程度です。 最近エンジンのかかりが悪いのが悩みのタネです。購入当初はすこぶるほどのかかりの良さだったのですが、最近では押しがけをしないとかからない調子の悪さです。 日々乗っていてかかりの悪さは感じていましたが、ここ半年くらいで最悪の状態となっています。 症状は、乗っていてふけ上がりの悪さなどは感じず、低速域でギアが合っていないときにノッキングよりもカブリつきを感じることがあります。エンジンもかかってしまえば止まることなどは無く、絶好調に回っていると思います。 この様な症状です。あまり機関のことは詳しくないので上手に症状を伝えきれていないと思っていますが、察してプラグの交換程度で回復するような状態でしょうか? 他にもエアフィルターの清掃で復活するのとも思っています。 バイクに詳しい方、同じような体験をした人に教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

  • GSX400S KATANAについて

    普通二輪免許が取れたので、バイク購入を考えていたところ GSX750SIII型カタナに一目惚れてしまいました。(笑 ですが、今更大型を取りに行く気も無いので、GSX400Sカタナの購入を考えています。 でも、どうしてもあのIII型カタナのアッパーカウルが忘れられないのです;; なので400カタナにIII型カタナのアッパーカウルを取り付ける事は可能でしょうか? それと、もし付いたとしても車検は確実に通らないですよね(>_<)??