• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

タイミングベルト交換時の再度掛け直し方

ダイハツ・マックスRi・初年度登録:平成14年・原動機:EF-DET カムシャフト側マークに合わせせるとクランクシャフト側が1.5コマ分マークより先に行ってしまいます。 掛け直し方は、以下の手順・作業で間違っいませんでしょうか? (1)、ベルトを掛けた状態でクランクシャフト側のマーク(圧縮上死点なので)に合わせて、テンショナー・ベルトを外したのちに、カムシャフト側の1.5コマ遅らせる(戻す)両方のマークを合わせれば宜しいのでしょうか? (2)、両歯車の直径が違うので、クランクシャフト側が1.5コマずれは、カムシャフト側の1コマ遅らせる事で解消出来るのでしょうか?(クランク2回転に対してカムは1回転) (3)、クランクを回す場合にはスパークプラグは抜かなくて構わないのでしょうか?(手でクランクを回してもロッカーアームに影響が出てしまう様な気がするので) (4)、上死点の確認方法は、スパ-クプラグを外して箸の様なものをピストンまで差し込んでユックリクランクを回して、棒が一番上に来て下がる瞬間にクランクの合いマ-クを通過すれば正しいのでしょうか? 雑多な質問ですが、間違いが御座いましたらご指導お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2354
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

(1)は常に前進方向にまわす、という教科書的な支持には相違するけど問題ないように思う。 (2)はマークはキッチリ合うので0.5山というのが?だけど基本間違ってない。 (3)は抜いておいた方が圧縮の反力がないのでやりやすい。 (4)は一番シリンダーで、という注記があれば正しい。まさか違うシリンダーでやるということもないでしょうが。 かけ終わったらテンショナーをきかせて数回クランクを回してから合いマークをみる。ピッタリ合うはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなりまして申し訳ありません。 ご丁寧な回答ありがとうございます。 1.5コマ分のずれは、見方により2コマなのかもしれません。 カム側を1コマ遅らせて見ます。 今から思うと、新品で箱から出したばかりで畳んだ癖がありテンショナーを掛ける際に、恐らくクランクを回して仕舞った様です。 再度、チャレンジしてみます。 最後に気掛かりが、掛け直しは何度しても支障ないのでしょうか?

関連するQ&A

  • タイミングベルト交換作業

    質問です。 ダイハツEF-SE シングルカムのタイミングベルト交換。 タイミングベルト交換の際、1番圧縮上死点に合わせ、カムプーリーについても、合わせマークを確認。 カムプーリー・クランクプーリー共に、合わせマークに合わせ、ベルトにもマーキングしました。 それで新しいベルトに、マーキングを写し取り付けしましたが、 確認作業の、クランク2回転時に、クランク・カム各プーリーは、合わせマークに合うのですが、ベルトに付けたマーキングと、クランク・カム各プーリーの合わせマークが合いませんが、これって普通の事でしょうか? また、バネ式のテンショナーではなく、六角レンチで回してテンション掛ける物が1個付いてるのですが、あれも、他のテンショナーの様に、ベルトを回せば、テンションが自動的にかかり、テンションが掛かった所で、ボルトを締めれば大丈夫でしょうか? よろしくお願いします。

  •  タイミングベルト交換時のピストン位置はどうなっているの。

     タイミングベルト交換時のピストン位置はどうなっているの。  ユーノスロードスターで、タイミングベルトを変えるときのことです。整備書をの説明では、クランクシャフトプーリーの切欠きを真上に、IN側のカムシャフトプーリーは「I」が真上に、EX側のカムシャフトプーリーは「E」が真上に来るように指示しています。このとき、ピストンはどの位置にあるのでしょうか。パーツリストのクランクシャフトの絵を見ると、クランクシャフトプーリーの切欠きを(つまりクランクのキー溝を)真上にすると1番と4番のクランクが上死点にくるように見えます。ピストンが上死点にあると、カムやHLAの組みつけのときにバルブがピストンに干渉して美味くないと思うのですが。

  • タイミングベルトのテンションについて

    ジムニー平成7年車のエンジン F6Aのタイミングベルトを自分で交換したのですが、自分の決めたベルトテンションに自信がありません。 どの位でテンショナーを固定するべきでしょうか? ちなみに今は「テンショナーのナットを緩くしてスプリングの力だけで張った状態のままめがねレンチでクランクを2回転させ、そこでテンショナーのナットを締め付けた」という状態です。 交換後30km走行位までの間、タイベルとタイベルカバーがわずかにこすれて異音がしていたこともあり、不安になりご質問しました。 宜しくお願いします。

  • カムシャフトをはずした後でクランクシャフトボルトをはずしてもいいか。

    カムシャフトをはずした後でクランクシャフトボルトをはずしてもいいか。 ヘッドガスケットを交換するつもりで、カムシャフト、カムシャフトスプロケット、ロッカーアーム等をはずしたのですが、その後で気が変わってついでにクランクシャフトシールを交換することにしました。 現在はinとoutのバルブ、スパークプラグがついたままのシリンダーヘッドがシリンダーブロックに乗っています。 これからクランクシャフトボルトをインパクトレンチではずそうとする場合、またはずした部品(カムシャフトなど)を仮組み付けなければならないでしょうか、あるいはこれらの部品をはずしたままでインパクトレンチでクランクシャフトボルトを回しても支障は無いでしょうか。 エンジンはタイミングベルト式ではなくタイミングチェーン式です。 ですからカムスプロケットをはずしても、チェーンがクランクシャフトにリンクしたままです。 くだらない質問だとわかっています。素人です。 以前3回ほどタイミングベルトの交換はしたことはあります。ヘッドガスケットの交換は以前2度だけ。

  • 点火

    バイクのスパークプラグからの点火は、2ストロークだとクランクシャフト1回転に1回点火で、4ストロークだとクランクシャフト2回転に1回点火です。 プラグ点火は4ストロークでもクランクシャフト1回に1回点火があると聞きました。その理由を教えてください。 またカワサキのD-Tracker(ディートラッカー)とかは1回に1回点火ですか?? 宜しくお願いします。

  • GSX1100Sカタナの点火タイミングについて

    よろしくお願いします。 GSX1100Sカタナのクランクの回転にタイする点火タイミングを教えてください。 RG500ガンマの場合,2サイクル4気筒ですが,1回転で4気筒とも2回スパークしています。 (2気筒同爆) 1気筒だけでみると,上死点と下死点でスパークしていますが,そういう仕様とのことです。 (もちろん,下死点では混合気がないので爆発はしない) 4サイクル4気筒のカタナは同爆はないのですが,1気筒のプラグを観察した場合, 2回転1スパーク,1回転1スパーク,1回転2スパーク のパターンが考えられると思うのですが,どのパターンになりますでしょうか?

  • 4気筒ツインカムの圧縮上死点とカムシャフト

    ホンダCB400SF4気筒エンジンを少し直そうと思い クランクとカムシャフトの関係が いまいちなので 質問しました 1番と4番ピストンが上死点の時のカムシャフトの合いマークを合わせて プラングコードを1-1 2-4 3-2 4-3と差そうと思います これで良いと思うのですが 自信がありませんので アドバイスお願いします

  • スバルヴィヴィオのエンジンから異音が!

    シビアコンディション(走らなさ過ぎ 月200kmくらい)、13年で12000キロしか走っていないヴィヴィオの、予防修理で、タイミングベルト、テンショナー、ファンベルト2本、ウォーターポンプ、カムシャフトシール、クランクシールの交換をしました。納車時は「少し音が変わった」と思いましたが、部品を替えたのでと、良い方向に解釈していましたが、次第にカンカンカンという打音に変わり、4日目ではっきりしたので、整備した工場に再び持ち込み、修理中です。整備士いわくですが、「下のほうのクランクから音がする」とのことですが、前記の整備をしただけで、クランクの大端部のメタルが焼きつく事なんてあるんでしょうか?ご教授下さい。

  • F6Aタイベル交換後のオイル下がり

    JA11ジムニー(1型)のタイミングベルトを自分で交換しました。 その後マフラーから白煙が出るようになってしまいました。 エンジンをかけてすぐ出ます。 オイルがレベルゲージにつくかつかないかの量になると白煙は出なくなります。 オイル下がりではないかと思っています。 ここ数カ月の間、車について失敗したことが思い当たります。 白煙が出はじめたのは、私の失敗に基づくものか、経年劣化によるものか皆様の見解をお聞かせください。 失敗(1) 2月に山で冷却水のホースが破裂。水なしのままなんとか下山。 その後プラグ、プラグコード、水ホース交換。 エンジンオイルは交換を忘れていた。 失敗(2) 5月、タイベル交換時、カムシャフトに工具をかけて圧縮上死点を出した。 何回か回したときに、すごく硬くなったので力いっぱい回したところ、変な音がして、ベルトコマズレ。 コマズレのままクランキング。 コマズレを戻したところ、エンジンはかかりました。 しかし、それ以降、圧縮上死点に合わせるためにクランクシャフトを回しても、圧縮の手ごたえなし。 くるくるまわりました。 エンジンがかかったので、問題ないだろうと思い、カバーをつけて作業終了としました。 タイベル交換後、油圧警告灯がついたのでオイル量を確認したところ、少なかったです。 オイルを足してみたのですが、白煙吹くようになりました。 私の整備上の失敗が白煙の原因となっているのでしょうか。 それとも、経年劣化による故障が偶然発現したのでしょうか。

  • 10万キロ走行車の4回目の車検(9年目)

    三菱のCN9A ランサーエボリューションIVに乗っています。 今回4回目の車検を受けるのですが、走行距離も10万近くまできたことですし、ディーラーで点検・整備を受けようかと思います。 ざっと見積もりを出してもらいましたので、適正な金額であるのか、他にも交換整備したようなところがないかチェックを頂きたいと思います。 以下見積もりまま、タイミングベルトはウォータポンプ関係に含まれるそうです。 ウォータポンプASSY交換 56280 オイルシール,クランク 1155  ベルト,バルブ 7297 オイルシール,カムシャフト 1196 プーリ,テンショナ 2520 アジャスタ,ベルト 6300 テンショナ,ベルト 3150 ベルト,バランサ 2257 オイルシール,LH 850 オイルシール,ポンプ 714 ウォータポンプK 13650 サーモスタット交換 10080 サモスタットキット 2047 エンジンロッカカバー ガスケット交換 5880 ガスケット,カバー 1365 ガスケット,カバー 1512 シール,Cヘッド 210 ブレーキホース交換 33600 ホース,リアブレーキ 3647 ホース,フロントブレーキ 3254 ブレーキオイル 2310 計 技術料 105840   部品代 53461 ただし作業的には重複するところがあるので、作業工賃そのものはもう2万程安くなるそうです。