• ベストアンサー
  • 困ってます

点火時期(場所)について

単純な質問になりますが、CDI式やイグナイター式の点火時期(場所)ってどのように決定しているのでしょうか?例えばピックアップコイル(パルサーコイル)の場合、ローターの出っ張りによって磁界が変化して起電力を発生させ、それがトリガーの役割をして各気筒に電気を流すと聞きましたが、例えばピックアップコイル(パルサーコイル)が一つの場合、何番の気筒に電気を流すか?をどのように判断しているのでしょうか? ピックアップコイルが一つで、ローターの出っ張りが一箇所の場合、どの気筒が上死点に来ているかが分からないような気がしますが・・・ どなたか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数392
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

多気筒の場合は、ローターの出っ張りも複数あります。 そして、組む時には何番のシリンダーを圧縮上死点にして組むか、マニュアルで指定されています。 ローターも、同じ形の出っ張りではなく、形を変えることで信号を変え、角度を検知しています。 ちなみに、2サイクルは毎回点火ですが、4サイクルでも火花は圧縮上死点だけではなく、排気上死点でも飛んでいます。 ただ燃えるものが無いので関係無いだけで。 ですので、1と4、2と3のプラグコードを入れ替えてもエンジンはかかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにローターの出っ張りも同じ形ではないですね! なんか納得できました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • GPZ900R 点火系不良

    GPZ900R (A8国内)走行距離 約50000キロ マフラーのみ交換に乗ってます 先日エンジンかからなくなってしまった為、原因を探ってみると、どうやら火花が飛んでない様子です プラグ外して、全気筒点検しましたが、全部火花飛んでませんでした マニュアル通り、イグナイターとピックアップコイルを点検 ピックアップコイルは隙間、抵抗共に問題無し イグナイターを点検しようと思ったら、カワサキハンドテスターを使用するとの事なので、とりあえず後回し(普通のデジタルテスターしか持ってません) イグニッションコイルへのプラス電源12V確認、一次、二次抵抗共に問題無し ここまでくると、イグナイターの不具合しか考えられないのですが、ネット等で症状を調べてみると、エンジン暖まると不具合が起きる・・・との情報が多く、もしかしたら私のバイクはイグナイターではなく、他の部分なのでは・・・と思ってしまいました 金銭的に余裕があれば、新品のイグナイターを購入し、取り付けてみればいいのですが、今現在は金銭的に余裕が無く、悩んでます どなたか詳しい方いらっしゃいましたら、アドバイス等お願い致します。

  • 誘導起電力は磁性体でも非磁性体でも発生しますか

    コイルと導体の関係について、にわか勉強しています。 コイルに交流電流を流すと、コイルとその周囲で、磁界が変化するので、「コイルの近くに置いた導体」に誘導起電力が発生するということのようです。 それで、質問です。 上記のように、「コイルに交流電流を流すことにより発生したコイルの周囲の磁界の変化」により「コイルの近くに置いた導体」に誘導起電力が発生するとされますが、この場合の「コイルの近くに置いた導体」は、磁性材料の導体でも、非磁性材料の導体でも、どちらでもよいのでしょうか? つまり、磁性材料の導体でも、非磁性材料の導体でも、どちらでも、誘導起電力が発生するのでしょうか?

  • コイルの設計 渦電流 非破壊検査機器

    コイルの設計についての質問です。 僕はこの分野では初心者で、常識はずれな質問があるかもしれないですがよろしくお願いします。 コイルに交流電流を流して変動磁界を発生させることで、測定対象物に渦電流を発生させ、交流電流による磁界と渦電流による磁界によってコイルに発生する誘起電力の変化から測定対象物を測定する装置を作製したいです。そこで、どのようなコイルを作製すればよいかわかりません。 測定対象物は直径5mm、厚さ1.5mmほどで、時間が経つにつれて電気抵抗率が0.5Ωm~2.0Ωmに変化します。この電気抵抗率が少なくとも0.1Ωm変化した時、コイルに発生する誘起電力の変化を測定できるようにしたいです。 そこでどのような手順でコイルを設計、製作すればよいかわかりません。 コイルの直径等の大きさやスペックをどのように決めればよいのかわかりません。 よろしくお願いします。

  • 起電力についての質問です。

    起電力についての質問です! 巻き数n 一辺の長さL の正方形コイルがあり、 その隣あう2辺をx,y軸とする。 磁束密度 B=bsin(πy)sin(πx)sin(2πft) の変化磁界が 面に垂直な方向にあるとき、 コイルの起電力の最大値を求めよ。 という問題が出されたのですが、題意がよくわからず解けません。 どなたか回答よろしくお願いします。

  • 誘導起電力の大きさ

    誘導起電力は、ファラデーの法則からN回巻のコイルを貫いている磁束がt(s)間にΦ(wb)だけ変化したとすると、 瞬間の誘導起電力は e=-N・Φ/t となります。 1点目は、磁束が電流に比例するから、(略)  e=-L・I/t となる。  Lは自己インダクタンス という説明があるのですが、磁束が電流に比例するというのは、経験則?法則なのでしょうか? 2点目は、磁界を導体が切るときの誘導起電力の大きさについてですが、磁束密度B(T)、導体の長さL(m)、導体が磁界を直角に切るときの速度をv(m/s)とすると、e=Φ/t=BLv と示されているのですが、なぜ磁束を切るときは、e=Φ/t となるのでしょうか。コイルのように巻数Nがないことはわかりますが、単に磁束の変化を時間で割ることで求められると言うのがわかりません。

  • 不思議なモーター

    低電圧で高速回転するモーターを考えました。 普通モーターを高速回転させるには電圧を高くします。でも、回転しているときコイルの通電をやめます。すると、逆起電力はリセットされます。そしたらコイルに電気を流すと低電圧でも電流は流れ、モーターは加速します。逆起電力が大きくならないうちにコイルの通電をやめ、逆起電力をリセットしたらまた短い時間電気を流します。これで低電圧で高速回転すると思うんですが、何か勘違いはありますか?

  • 電磁気学のコイルについて

    下記の問が解けません。 問 均一磁界中に、半径2.5cm、巻き数15の円形コイルが、コイル面の法線と磁界の角度が30°になるように置かれている。磁界の強さが10秒間で1.5Tから0.8Tまで直線的に減少するとき、コイルに発生する誘導起電力の大きさはいくらか。 よろしくお願いします。

  • 開放された一回巻コイルについて

    開放された一回巻コイルについて N回巻コイルに外部から磁界Φが鎖交すると、逆起電力が発生しますが、画像のようにA端とB端が接続されていない一回巻のコイルに外部からの磁束Φが加わると、どのような現象が起きるのでしょうか?

  • 物理の問題です。

    コイル型のマイクロフォンの原理を説明せよ ただし、フレミングの右手の法則、音、磁界の向き、起電力の向きの4単語を用いること。 詳しい方いませんか? 教えてください。

  • コイルの性質 逆起電力

    (電源+)―(押しボタンスイッチ)―(リレーコイル)―(電源-) 上の直流回路でスイッチをOFFにした時にリレーコイルから逆起電力が発生すると思うのですが そこで質問なんですが。 1)スイッチOFFにすると、コイルが大きな電池のようなものになり回路が切断されていても、コイルを起点に電力を流そうとする力が働くと言う解釈であってますか? 2)逆起電力が発生しスイッチ間でアーク放電が起る時は電源+側のスイッチ接点からリレーコイル側のスイッチ接点に向かって放電が発生するのでしょうか? 3)スイッチ側にアークが発生すると言う事は閉回路になるという事だと思いますが、その際にまた電源+側と電源-側が繋がりそこも閉回路となり再びコイルに電流が流れ、逆起電力が弱まった時にアークがおさまり、すると再びコイルの逆起電力でアークが発生し・・・みたいな感じでループしたりしないんですか? 4)普通は電気は起電力の+側から-側に向かって流れると思いますが(電子は逆かもしれませんが)この場合のコイルの逆起電力というのは電力であって電流ではないのでコイルから発生してまたコイルに戻ってくると言う考え方ではないのでしょうか? 5)逆起電力によるアーク放電の電圧は凄く大きな電圧になると思いますが、大本のヒューズやブレーカーが飛ばないと言う事は、電流でいうとたいして流れてないのでしょうか? 以上変な質問ばかりですが、どれでも結構なのでわかりやすく簡単に教えてもらえるとありがたいです。