• ベストアンサー
  • 困ってます

点火時期(場所)について

単純な質問になりますが、CDI式やイグナイター式の点火時期(場所)ってどのように決定しているのでしょうか?例えばピックアップコイル(パルサーコイル)の場合、ローターの出っ張りによって磁界が変化して起電力を発生させ、それがトリガーの役割をして各気筒に電気を流すと聞きましたが、例えばピックアップコイル(パルサーコイル)が一つの場合、何番の気筒に電気を流すか?をどのように判断しているのでしょうか? ピックアップコイルが一つで、ローターの出っ張りが一箇所の場合、どの気筒が上死点に来ているかが分からないような気がしますが・・・ どなたか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

多気筒の場合は、ローターの出っ張りも複数あります。 そして、組む時には何番のシリンダーを圧縮上死点にして組むか、マニュアルで指定されています。 ローターも、同じ形の出っ張りではなく、形を変えることで信号を変え、角度を検知しています。 ちなみに、2サイクルは毎回点火ですが、4サイクルでも火花は圧縮上死点だけではなく、排気上死点でも飛んでいます。 ただ燃えるものが無いので関係無いだけで。 ですので、1と4、2と3のプラグコードを入れ替えてもエンジンはかかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにローターの出っ張りも同じ形ではないですね! なんか納得できました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • GPZ900R 点火系不良

    GPZ900R (A8国内)走行距離 約50000キロ マフラーのみ交換に乗ってます 先日エンジンかからなくなってしまった為、原因を探ってみると、どうやら火花が飛んでない様子です プラグ外して、全気筒点検しましたが、全部火花飛んでませんでした マニュアル通り、イグナイターとピックアップコイルを点検 ピックアップコイルは隙間、抵抗共に問題無し イグナイターを点検しようと思ったら、カワサキハンドテスターを使用するとの事なので、とりあえず後回し(普通のデジタルテスターしか持ってません) イグニッションコイルへのプラス電源12V確認、一次、二次抵抗共に問題無し ここまでくると、イグナイターの不具合しか考えられないのですが、ネット等で症状を調べてみると、エンジン暖まると不具合が起きる・・・との情報が多く、もしかしたら私のバイクはイグナイターではなく、他の部分なのでは・・・と思ってしまいました 金銭的に余裕があれば、新品のイグナイターを購入し、取り付けてみればいいのですが、今現在は金銭的に余裕が無く、悩んでます どなたか詳しい方いらっしゃいましたら、アドバイス等お願い致します。

  • バリオスの点火不良?

    先日、オークションにて不動バリオスを購入しました。 地道に少しずつ直しているのですが今、プラグに火花がとばなくて困っています。 購入してからCDI、イグナイター、、イグニションコイルは中古ですが交換しプラグは新品に交換しました。 電気がきているかきていないかだけがわかるテスターでイグニションコイルの手前の配線までは電気がきていることはわかりました。 プラグキャップも1個は新品に交換しました。 説明不足かもしれませんがその他に疑うべき点などありましたらアドバイスをお願いします(;´д`)

  • ピックアップコイル、パルサーコイル、シグナルジェネレーターの点検方法について

    カタナ250ccに乗っています。 プラグから火花が飛ばなくなりましたので、イグニッションコイル、イグナイターを他のに交換しましたが、火花は飛びませんでした。そこでピックアップコイル(パルサーコイル、シグナルジェネレーター)の点検を行いたいのですが、良否判定はどうすればわかりますか?現在、コイル間の抵抗は334Ωで、クランキング中の電圧は1V位です。(ピークホールドアダプターは付いていないテスターで測定しました。) どなたか教えてください。

  • 誘導起電力は磁性体でも非磁性体でも発生しますか

    コイルと導体の関係について、にわか勉強しています。 コイルに交流電流を流すと、コイルとその周囲で、磁界が変化するので、「コイルの近くに置いた導体」に誘導起電力が発生するということのようです。 それで、質問です。 上記のように、「コイルに交流電流を流すことにより発生したコイルの周囲の磁界の変化」により「コイルの近くに置いた導体」に誘導起電力が発生するとされますが、この場合の「コイルの近くに置いた導体」は、磁性材料の導体でも、非磁性材料の導体でも、どちらでもよいのでしょうか? つまり、磁性材料の導体でも、非磁性材料の導体でも、どちらでも、誘導起電力が発生するのでしょうか?

  • 磁気学の演習問題サポートお願いします

    電気磁気学の教科書を勉強していて 「半径5cm、巻数200回の円形コイルが、一様な磁界中で、磁界に垂直な軸のまわりに毎分1500回転している。コイルに発生する交流電圧の周波数はいくらか。」 という問題でつまづいています。 半径をa、起電力をUとすると U=∫[0→a]rωBdr=(1/2)ω(a^2)B を出してみましたが、毎分1500回転をどう使えばいいかわかりません; 速度を使う式といえば、速度v、磁場内の長さをlとして U=vlB このような式しか知りません。 この先に進めるためのヒント等宜しくお願いしますm(__)m

  • ヤマハTDR250 点火不良で教えてください。

    まず、キーをONにするとYPVSがウィーと動くと同時にプラグが点火します。なのでキーをONに下だけでアフターバーナーが発生します。そしてキックをしてもエンジンがかかりません。数回キックをしてエンジンがかからないのでキーをOFFにしてまたONにするとアフターバーナーが発生します。1発だけ『パン』といってその後はエンジンがかかりません。 今までに行った作業 点火プラグ・イグナイター・プラグコード・プラグキャップ・レギュレーター・CDI(中古)交換済み そのた点検項目 マグネットの点火ポイントをテスターにて測定済み。点火ポイントからCDI経由、イグニッションコイルまでのハーネスの点検済み(テスターで測定高年式の為ハーネスは多少の抵抗はありました10Ω前後) メインキーのスイッチ接点と導通点検。 キルスイッチの接点がよくなかったのでそちらは解除しています。(外した状態) キャブはオーバーホール済み。フロートバルブ等細かい部品は交換してあります。 時々だけエンジンがかかることがあるのですが、一度かかると絶好調にかかり続けます。しかし、一度エンジンを止めるとまたアフターバーンが発生してエンジンがかからなくなります。 一番不思議な事は、メインキーをONにしただけで点火するということです。 CDIは2YKです。 すでに5日間も色々作業していまして全く解決できません。なにとぞアドバイスをお願い致します。

  • プラグに火が飛びません

    DR250S(バッテリーなし)に乗っています。 先週までかかっていたエンジンがかからなくなりました。ガスは来ているのでプラグをチェックしてみたら火が飛びません。プラグを新品にしてもだめです。 マニュアルを見て ●イグニッションコイル●レギュレータ●CDI●ステータコイ ル(ピックアップコイル)の抵抗値を計ってみたところ、どれも微妙に基準値を外れている個所(配線間)がありました。決して大きく外れているところはなく、導通なしというところはありませんでした。 ●イグニッション●キルスイッチも異常なしです。 バイク屋に持っていったところ、とりあえずCDIを新品にして(4万円位)それで直らなければステーターコイル、それで直ならければ次のパーツ・・・。というものでした。 ちなみに点火方式は「CDI式マグネト点火」と、アニュアルにあります。ということはレギュレターやイグニッションコイルは大きく抵抗値を外していない今の状態では点火には関係ないのでしょうか。 ということは、CDIかステータコイルの異常ということなのでしょうか。 アドバイスよろしくお願いします。

  • HONDA VF エンジンカーボン異常堆積の原因

    高負荷時エンストします。プラグ、プラグコード、IGコイル、ピックアップコイル、イグナイター、エアクリーナ、燃料ポンプ、燃料フィルター、燃料ホース、サーモスタットは点検または交換しました。エンジンオイル、オイルフィルター、冷却水は交換しました。キャブレータは分解点検、OHしました。チョークケーブルも調整しました。この状態でエンジンを始動しましたが、暖気のアイドリングだけで4気筒の内2気筒はプラグは真っ黒です。他の2気筒は多少のカーボンは付着しますがプラグの焼け方は正常です。コンプレッションを測ると4気筒全て基準値内でした。カーボンの付着のひどい二つのキャブレータのパイロットスクリューを緩めて調整しましたが症状は改善しません。高負荷時のエンストの原因はこのカーボンの異常発生と考えますが、カーボンの異常発生の原因が分かりません。よろしくお願いします。

  • 電磁誘導の基本(コイルと導体と誘導電流と誘導電圧)

    電磁誘導の基本的なことが分かりません(私が基本的なことを誤解しているかもしれません)ので、質問します。 「コイルに直流電圧(直流電流???)を供給すること」により、その「コイル(直流磁化コイル)」の周辺に「直流磁界」を発生させて、その「直流磁界」の中で「導体」を動かした場合、についてです。 (1)上記の「直流磁界」を発生させるために「コイル」に供給するのは、「直流電圧」でしょうか「直流電流」でしょうか? (2)この場合、電磁誘導の現象により「電磁誘導による電流(誘導電流)」が流れるのは、「コイル(直流磁化コイル)」の方ではなく「導体」の方でしょうか? (3)上記(2)の電磁誘導の現象が生じた結果、「誘導電圧(誘導起電力)」が誘起される(発生する)のは、「導体」の方ではなく「直流電圧(直流電流???)が供給されたコイル(直流磁化コイル)」の方でしょうか?

  • 相互インダクタンスの問題

    ある参考書片手に、電気工学を勉強しています。 その中で、コイルに関する問題があるのですが、どうしてもわからない箇所があるので、お聞きしたいと思います。 問 大小2つのコイル(大:半径a、巻数N1 小:半径b、巻数N2)が同軸同一平面に配置されている。 1)コイル大に電流Iを流した場合、コイル大の中心に発生する磁界Hを求めなさい。 2)コイル間の相互インダクタンスMを求めなさい。 3)コイル大に交流電流I=sinωtを流す時、コイル小に誘起する起電力Vの大きさを求めなさい。 ただし、a>>bで、コイル小を貫く磁束φは断面内で均一とする。また、真空の透磁率をμ0とする。 1)はビオ・サバールの法則を用いて説くことができました。 ですが、2)と3)については、どのように解いたらいいかすらわからないのが現状です。 どなたかよろしくお願いします!