• ベストアンサー
  • 困ってます

区分所有建物の共用部分について

・30年前に区画整理に伴い6軒共同でビルを建てました。所有は、区分所有となっております。 今般、建物の老朽化に伴い塗装工事を行うこととなり建物の正面(北側)は、共用部分とし合意しましたが、東側と西側は、共用か建物の所有者の負担か揉めております。アドバイス願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数167
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

区分所有法14条3項で、専有部分は「壁その他の区画の内測線で囲まれた部分の水平投影面積による。」 と云う規定があります。 そして、同法2条4項で、「共用部分は専有部分以外を云う。」となっています。 従って、今回のお答えは「共用部分」です。 工事費の捻出は管理規約によります。 規約になければ専有部分の床面積の割合です。(同法19条)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • v4330
  • ベストアンサー率20% (417/2003)

  外壁は全て共有です。 http://www.hou-nattoku.com/consult/416.php 壁は屋根を支えてます、住人の都合で撤去されたら困るでしょ。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

・早々のご回答有難うございます。自分でも勉強してみます。

関連するQ&A

  • 区分所有建物の一部共用部分について

    複合用途型の区分所有建物の一室を所有している者ですが、今般新たにこの区分建物について管理規約を作成する予定です。 この区分所有建物は1階が店舗、2階~4階が住居となっています。 ワンフロアにつき一専有部分が存在するような形になっています。 また店舗部分と住居部分が給排水設備その他において完全に分離された仕様又は構造となっています。 そこで管理費、修繕積立金を店舗と住居に分けて負担するような規約に した方が良いと考え、一部共用部分(店舗部分と住居部分)を設けよう ということになりました。 ところで、この一部共用部分とは区分所有法の考え方又は標準管理規約(複合用途型)では「○○部分の区分所有者のみの共有」といった記載になっています。本件区分建物では店舗部分に関する専有部分は一つ しかないため、共有といった概念では不適当であると思われます。かといって「共用部分を単独所有する」という表現も違和感を覚えてしまいます。共用部分の単独所有でも一部共用部分といった概念が成り立つのでしょうか?詳しい方がいらっしゃいましたらご教示下さいますようお願い申し上げます。

  • 区分所有法の「共用部分の重大な変更」の定数について

    区分所有建物の管理のうち「共用部分の重大な変更」のみ四分の三以上の賛成から規約で区分所有者の頭数だけ過半数まで減らすことができるのでしょうか?教えてください。

  • 区分所有建物の共用設備について

    区分所有建物(商業ビル)の防災設備は、共用部分の範囲になると思いますが、専有部分内にある誘導灯などの防災設備は、共用設備と考えてよいでしょうか。 商標ビルの場合、改装などで、区画内の誘導灯の位置が変更になったり、増設されたりする場合もありと思います。その際の工事費用の負担、日常の保守費用の負担はどう考えたら良いでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 区分所有建物

    区分所有建物は、専有部分、共用部分の共有持分及び敷地利用権とされ ていますが、敷地利用権は専有部分の従たる権利であると思いますが、 共有部分の共有持分については、専有部分の従物と考えるのでしょう か?

  • 建物 区分所有法 共用部分について

    建物の構造上区分所有者の全員またはその一部の共用に供されるべき建物の部分は,専有部分とすることはできず,法律上当然に(法定共用部分となる)とあります。 そこで,法定共用部分は,専用部分とすることが出来ないのでしょうか。 法定共用部分を,専用部分とする場合には,共用関係の廃止となり,民法の規定によって共有者全員の同意が必要とありますがこれは一見矛盾に感じますが,教えていただきたいと思います。

  • 団地共用部分が数棟の建物に属するすべての区分建物の

    団地共用部分が数棟の建物に属するすべての区分建物の 所有者全員の共用に供される場合には、 当該数等の各建物の所在及び名称を申請書に記載して 団地共用部分である旨の登記を申請することができる ということについてですが、どういった状況なのか さっぱり掴めませんでした。 ■数棟の建物の共用物としての申請情報を作成するときの ことをいうってるんでしょうか? 団地共用部分である旨の登記の申請をするときは 団地共用部分を共用すべき者の所有する建物が 区分建物であるときは、 1当該建物が属する一棟の建物の所在事項 2構造、床面積又はその名称を申請情報としなければ ならない そこで一棟の建夫のの名称があるときは、その所在及び その名称を記載して申請することができる という説明があったのですが、 ■当該建物が属する一棟の建物の所在事項 の意味がわかりません。 数棟のうちの1棟だけについて建物の所在事項として 申請情報の内容とすればよいということなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 区分所有建物

    区分所有建物というと分譲マンションをイメージしますが、賃貸マンションの例えば一階テナントのみを後から別所有にするために区分所有にしたりすることもできるのでしょうか?

  • 共用部分と区分建物が絡んだ一棟の建物という表現がありますが、

    共用部分と区分建物が絡んだ一棟の建物という表現がありますが、 【一棟の建物】というのはどういったことをさすのか 曖昧になってます。 添付画像について(赤い部分が共用部分です) (1)ひとつの建物の一室をA専有部分、 B専有部分、C専有部分の共用部分とし、 この専有部分と共用部分を一棟の建物とする (2)区分建物3棟が同じ敷地内(緑の線で囲んだ部分)にある 他の1棟の建物を共用部分(共有部分ともいうのですかね?) とし、この3棟の区分建物と同じ敷地内にある他の1棟を 合わせて一棟の建物とする つまり、緑の線で囲まれている部分が一棟になる 【一棟の建物】という言葉は(1)について使うのでしょうか? それとも(2)についても使うのでしょうか? 区分建物ではない建物について『主たる建物』と『附属建物』 は一つの建物として扱いますよね? なので、区分建物の場合、(2)のようなときも一棟の建物として 扱うことがあるのか、 それとも(1)のみのことを一棟の建物というのかわかってないです。 よろしくお願いします。

  • 倉庫の区分所有建物

    倉庫の区分所有建物 こんにちは。区分所有建物について教えてください。 ひと部屋が畳1帖ほどの倉庫が10個程度ある建物を建てることは可能でしょうか? その場合、親類でひと部屋づつ所有することも可能ですか? なにか区分所有法?建築基準法?などの法律上で問題になりそうなことはありますか? よろしくお願いします。

  • 区分所有法「管理所有」、第三者は含まれる…!?

    はじめまして。 今年、マンション管理士と管理業務主任者を受験する者です。 11月末の試験に向けて、只今過去問を解いているのですが 「管理所有」に第三者は含まれる…?との表記がありました。 〔問A〕 管理所有に関する次の記述のうち、 区分所有法の規定によれば正しいものはどれか。 1 規約に特別の定めを設けても、 管理者以外の区分所有者に共用部分を管理所有させることはできない。 2 管理所有者は、 区分所有者以外の第三者であってもなることができる。 3 法定共用部分は、 区分所有者及び管理者以外のものであっても所有することができる。 以上の問題に対し、私の考えでは 区分所有者以外の者を共用部分の所有者と 定めることはできない。(区分所有法11条2項) を思い出し 「管理所有者」は「管理者と区分所有者」だけだな~と思い 1が正しいな…と思っていたのですが 解説を見たところ、1誤り2正しい3誤りと表記されていました。 何故なんでしょう。 区分所有法11条2項に「区分所有者以外は定めれない」と記載があるのに 何故、区分所有者以外(第三者)が「管理所有者」になれるのか ど~~しても理解が出来ないんです。 「管理所有者」=「管理者+区分所有者+それ以外」=だれでも!? もう混乱状態です… 知識がある方、ご教授頂けませんか? 解説は下記に記載しております。 どなたか判り易く教えて下さい。 【〔問A〕解説説明文】 1 誤り 規約により共用部分の所有者となる(管理所有)ことができるのは、 区分所有者か管理者である(区分所有法11条2項、27条1項) 従って、管理者以外の区分所有者を管理所有者とすることができる。 ≪平成24、問6≫ 2 正しい 管理者は、規約に特別の定めがあるときは、 共用部分を所有することができる(区分所有法27条1項) そして、この管理者(管理所有者)は 区分所有者以外の者であってもよい(11条2項参照)。 ≪平成20年、問5≫ 3 誤り まず、建物の共用部分には、区分所有法第4条1項に定める (1)法定共用部分「数個の専有部分に通ずる廊下又は階段室その他 構造上区分所有者の全員又はその一部の共用に供されるべき建物の部分は 区分所有権の目的とならないものとする。」と同条2項に定める (2)規約共用部分「第一条に規定する建物の部分及び附属の建物は、 規約により共用部分とすることができる。 この場合には、その旨の登記をしなければ、 これをもつて第三者に対抗することができない。」がある。 そして、共用部分は、同法第11条 「1項 共用部分は、区分所有者全員の共有に属する。 ただし、一部共用部分は、これを共用すべき区分所有者の共有に属する」 「2項  前項の規定は、規約で別段の定めをすることを妨げない。 ただし、第二十七条第一項の場合を除いて、 区分所有者以外の者を共用部分の所有者と定めることはできない 」 とあり、2項によれば、 第27条1項(管理者による管理所有)の場合を除き、 区分所有者以外には、 法定共用部分を含めて共用部分の所有者と定めることは出来ない。 ≪平成16年、問1≫ 引用サイト:マンション管理士/過去の試験問題 http://www20.tok2.com/home/tk4982/kako-table.html