• ベストアンサー
  • 困ってます

テラスハウス区分所有建物修繕の合法的扱い方について

複数戸の土地付き戸建住宅が隣の建物と共通の壁一枚を介して一列に連なる形態のテラスハウス区分所有建物の修繕に関して、法律的な視点で教えていただきたいことが有ります。  このテラスハウスは、区分所有者の専有部分を構成する建物が、100%個人所有の敷地内(現状は専有部分の区分所有者が敷地の所有者)に建築されています。この専有部分を構成する構造物(外壁、躯体など)は、100%個人所有の敷地内なので、排他的な専用となっています。  この区分所有者が所有する建物に(建物全体では、その一部分)が、その区分所有者が個人所有する敷地の地盤沈下で、敷地内に杭を打ち込み、持ち上げる大掛かりな工事が必要になりました。この場合、法律的には、修繕(原状回復)の責任(費用負担)は、1~3のいずれにあるのでしょうか。 1.区分所有建物を管理する管理組合 2.敷地の所有者 3.区分所有建物を管理する管理組合と敷地の所有者で分担   この場合、修繕費負担の割合はどのように割り振りが妥当でしょうか?  また、排他的に専用されている建物の特定な一部分のみ管理組合で修繕すると、各組合 員間の、負担に対する還元が著しく不均衡になり、区分所有法第30条3の区分所有者間の  利害の衡平にそぐわなくなるのではないでしょうか?その際の対処法ほとして考えれれ ることはどんなことでしょうか? (例えば、費用面では効率的では有りませんが、 建 物全体に同じ工事を行う など。)  また、この工事の可否を管理組合の集会で決議する場合、3/4以上の多数決、あるいは、全員の合意とすべきでしょうか。個人的には、個人所有の敷地にの所有権に関わることなので、全員の合意が必要ではなかと思うのですが、法的にはどのように扱うべきでしょうか。  もし、3/4の多数決で採決すると、個人所有の敷地の利用や処分について、敷地所有者の意向にかかわらず管理組合が制限を加えるようなことが出来ることになり、所有権を侵害することになるのではないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数304
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

No.1 merciusakoです。 補足ありがとうございました。 長屋式の1棟の建物だけが区分所有の対象になって、土地は個別の所有権ということですね。 初めて聞きました。 その土地に共用部分とされている部分はないのでしょうか。 柵とか塀とか…ですが。 管理組合とは、「共用部分」を区分所有者全員で維持管理するための組織ですから、原則として専有部分には及びません。 従って、共用部分が1棟の建物だけにとどまる、という場合は、その建物に影響が及ばない限り、地盤沈下の回復工事は、その区分所有者単独の負担ということになります。 その区分所有者が所有する土地に共用部分が設定されており、その共用部分が地盤沈下の影響を受けるということであれば、その影響を勘案して管理組合が関与することになるでしょう。 地盤沈下の原因によっても負担の主体は変わりますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ご回答頂き、大変感謝しております。私の理解を確認させていただく意味で、再度補足説明をさせていただきました。

質問者からの補足

再度ご回答ありがとうございました。そうなんです。土地が個別の所有権で登記上も、所有敷地の地番が記載されています。一棟として建築された建物の敷地内に、共用の通路(私道)はありますが細かく分筆されており、登記簿にも区分所有者の専有部分とともに地番が記載されています。共有の敷地は有りません。 敷地全体の周囲をコンクリート壁で取り囲んでありますが、登記簿には、このコンクリートの外側までが所有する敷地として記載されており、目印のプレートがはめこまれています。このことは、コンクリート壁を含めて、敷地として個人所有していることになるのでしょうね。コンクリート壁の上に金属製の柵が取り付けられていますが、個人所有の敷地部分の所有者に属するということでしょうね。 建物の回復工事の負担(工事方法は、建物の下を掘り下げ杭を打ちこんで持ち上げるそうです)は、回復工事の必要な敷地の所有者(区分所有者)ということですね。 個人所有で前記の共用に提供しているの敷地の管理は、全組合員の同意のもとに管理組合で管理しています。地盤沈下がこの部分に及ぶようなら、そこは管理組合も関与することになるのでしょうね。 地盤沈下の原因は、盛り土の工事にあるようですが、築後20年近くたっており業者が所在不明で確認できない状況です。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>販売開始後20年近くたった今、売り主の会社形態が複雑にかわり、現在はわからなくなってしまったようです。 20年経過しても、瑕疵を知った日から1年以内ならば瑕疵担保責任の追求は可能です。 売主会社が倒産し解散しておれば事実上請求しても無駄となるでしようが、合併や名称変更などでしたら取り立ても可能の場合はあります。 それらもお考えになってはどうでしようか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

瑕疵担保責任のアドバイス有りがとうございました。今回の件では、1年以上立ってしまったので、今後、同様のことが新たに発生した場合には考えたいともいます。

  • 回答No.2

>この専有部分を構成する構造物(外壁、躯体など)は、100%個人所有の敷地内 と言うことは、土地の所有権は個別で、持分権ではないでしよう。 そして、一棟の建物全体が、土地の沈下で傾いたわけではなく、一棟の建物の一部であって、その区分所有者所有の土地のみのが沈下したのでしよう。 その工事ならば、その土地所有者単独のことなので、2、です。 他の建物に影響のないように工事する必要があります。 なお、地盤沈下が瑕疵とすれば、売主の責任で改修工事します。 仮に、土地の所有権が持分権である場合は、1、です。(共用部分ですから) また、3、は規約に定めがあれば、それでいいと思います。 ただし、土地は持分権の場合です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすく、有益なご回答誠にありがとうごいました。説明不足の点を若干補足させていだ頂きました。

質問者からの補足

ご回答有難うございました。土地の所有権は個別で登記簿にも建物と区別して地番が記載されています。一棟の建物の一部のみが地盤沈下で傾いたものです。地盤沈下が瑕疵といえなくもないのですが、販売開始後20年近くたった今、売り主の会社形態が複雑にかわり、現在はわからなくなってしまったようです。となると、2、ということになるのでしょうね。ご回答いただいた内容が大変参考になりました。

  • 回答No.1

1棟の建物を垂直に分けて区分所有するという形式ですね。 この場合の土地の所有権は、1棟の土地全体に対する持分割合になります。 各テラスハウスに附属する土地としての所有権ではありません。 固定資産税なども、土地全体に対しての割合が示されています。 各テラスハウスの庭などは、1棟全体の区分所有者全員のもので、それぞれの庭に専用使用権があるということです。 従って、ご質問のケースでは、管理組合による修繕ということになりますね。 大規模な工事で多額の費用を要するでしょうから、管理組合の総会で3/4以上の多数決になります。 これに限らず、建物の場合でも、あるお宅の外壁に亀裂が生じた、という場合などでも、外壁は管理組合の共用部分ですから管理組合が修繕することになります。 管理規約があると思いますので、共用部分、専有部分がそれぞれどこなのかを確認してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

迅速なご回答に感謝しております。説明不足が有りましたので補足させていただきました。

質問者からの補足

早速、ご回答ありがとうございました。説明不足の点が有りましたので補足させていただきます。このテラスハウスは、通常のマンションと形態が異なり、戸建てのように敷地が個人所有で、各戸独立に登記されています。土地付きの戸建住宅が横一列につながって一つの建物になっているものです(長屋式)。そのため、敷地と建物が共有の一般的な区分所有建物と異なり、一般的な管理規約では、組合員の全員が同意しない限り、敷地の扱いで所有権の侵害という問題が生じます。現在では、非常にまれな形態の区分所有建物のようで、適切な対処法を模索しています。現行の管理規約自体、標準管理規約に準じた内容になっていて、3/4多数決で暫定的に定めているため、合法的に成立してるとは言えないようです。

関連するQ&A

  • テラスハウスの修繕

    個人所有(現在は区分所有者に同じ)の敷地に、敷地の所有者でもある区分所有者の専有部分に当たる建物が立っている形態のテラスハウス(長屋)の修繕について助言をお願いします。 個人所有の敷地の地盤沈下のため、その敷地所有者でもある区分所有者の専有部分に当たる建物(建物全体の一部のみ)が傾きその修繕が必要な状況になっています。この修繕のために、管理組合がその責任と費用で本格的な修繕をする動きをしています。 ただ、傾きが生じている部分は、一部の区分所有者の専有部分の建物に限られ、他の部分は異常がありません。10数軒が一列に並べ1棟として建築された小規模の建物で、これまでは管理組合は付帯設備等小規模の補修に対応してきたため、少額の月額共益費のみで、積立修繕費などはありません。もし、今回の修繕費が専有面積に応じた修繕費の負担となると、各区分所有者あたり100万円近くの負担を強いられることになります。その見返りとなる利益は、傾きが生じた区分所有者のみが収取することになり、傾きが生じていない区分所有者には全く利益が及ばない無いという不合理が生じます。 1)そもそも、建物が傾いたのは、敷地の地盤沈下が原因で、地盤の沈下は(結果的には)その敷地の所有者のメンテナンスを怠ったことに起因するものですから、管理組合は敷地の所有者に対して、建物の保存行為(修繕)を請求すべきであり、管理組合の責任と負担でやるのは不合理と思うのですが、いかがなものでしょうか? 2)もし、管理組合の責任と負担でやることになった場合、各区分所有者の負担とこれに基づく利益の公平化を図るためにはどうしたらよいでしょうか。 3)また、区分所有者が保有する専有部分の関連する建物部分は、同じ区分所有者が保有する敷地にあり、他の区分所有者に関係する建物本体はなく、この区分所有者がほぼ100%これを専用している状態です。そこで、建物の共用部分の持分(建物:躯体、外壁、土台、屋根等を含む。)を、その敷地内にある部分とし、専用部分に準じた扱いで、その管理は当該区分所有者の責任と費用で行うのが妥当なように思うのですが、このように管理規約を決めることはできないのでしょうか。 以上、三点について助言をよろしくおねがいします。

  • 区分所有建物

    区分所有建物は、専有部分、共用部分の共有持分及び敷地利用権とされ ていますが、敷地利用権は専有部分の従たる権利であると思いますが、 共有部分の共有持分については、専有部分の従物と考えるのでしょう か?

  • 前区分所有者の管理費未納金の扱いについて

    ・市税滞納で差押えられ、競売されたマンションを購入しましたが、前区分所有者が管理組合(受託管理会社が業務代行している)への管理費等(管理費、修繕積立費、水道使用量等)も2年間滞納しています。 ・管理組合の規定で、旧区分所有者の未納金は新区分所有者が継承する旨の規定が記載されています。また、区分所有者の未納金が発生した時、管理会社は督促電話や文書を出し3カ月を経過すると掲示板に掲示し理事長に請求権を返し、その後の督促や請求は理事長が実施する旨、記載されています。 ・どの程度の督促や請求がなされたかの証憑は管理組合に閲覧請求中です。 質問1.旧区分所有者の未納金に関し、新区分所有者はどの程度責務を負     うのでしょうか? 質問2.新区分所有者は、旧区分所有者に支払った分の債権を確保するこ     とは出来るのでしょうか?

  • 区分所有建物の一部共用部分について

    複合用途型の区分所有建物の一室を所有している者ですが、今般新たにこの区分建物について管理規約を作成する予定です。 この区分所有建物は1階が店舗、2階~4階が住居となっています。 ワンフロアにつき一専有部分が存在するような形になっています。 また店舗部分と住居部分が給排水設備その他において完全に分離された仕様又は構造となっています。 そこで管理費、修繕積立金を店舗と住居に分けて負担するような規約に した方が良いと考え、一部共用部分(店舗部分と住居部分)を設けよう ということになりました。 ところで、この一部共用部分とは区分所有法の考え方又は標準管理規約(複合用途型)では「○○部分の区分所有者のみの共有」といった記載になっています。本件区分建物では店舗部分に関する専有部分は一つ しかないため、共有といった概念では不適当であると思われます。かといって「共用部分を単独所有する」という表現も違和感を覚えてしまいます。共用部分の単独所有でも一部共用部分といった概念が成り立つのでしょうか?詳しい方がいらっしゃいましたらご教示下さいますようお願い申し上げます。

  • 区分所有建物について

    ”区分建物と分離して処分することができない敷地の共有持分は、その持分権者が相続人なくして死亡しても、他の共有者に帰属しない” この意味がわからなくて困っています。 ”敷地利用権のない専有部分の所有という不都合な状態が生じるから”なのだそうですが???です。 わかるかた教えていただけないでしょうか。 お願いします。

  • 『区分所有マンションでの専用部分と共用部分が一体化した修繕工事の費用分

    『区分所有マンションでの専用部分と共用部分が一体化した修繕工事の費用分担について』 最近居住するマンションで、地上放送受信設備と、インターフォーン設備の交換工事が行われました。地上放送受信施設の多くは共有部分に関わるもので、ブースターは各戸毎に設置されました。 インターフォーン設備は、マンション入り口のものは共用部分ですが、各戸毎に玄関子機と室内親機が各戸の専有部分に設置されました。設備の交換そのものは必要不可欠なもので、こういった共有部分を含んだ設備の工事自体を管理組合が主導で行うことには何の違和感がありませんが、問題はその費用分担です。管理会社、管理組合とも、管理組合が行うとした工事であるから、共有部分・専有部分に関わらず、全て持分比率で徴収している修繕費から出すのが当然としていました。マンションの全ての住戸が全て同じ大きさであればそれでもいいかと思います。私の居住しているマンションは、一番小さな住戸と一番大きな住戸では専有面積が倍ほど違います。考え方によっては、こういった共有部分と一体化した専有部分の工事に、大きな住戸の所有者は二倍の負担が強いられ、小さな住戸の所有者は半分の負担となり、おかしいと思うのですが。総会でこういった意見も述べて見たのですが、管理会社から管理規約に管理組合が行える工事としている、それは積立て修繕金を利用しての工事ができるとの説明で、委任状を含めた圧倒的多数で進められました。これって本当に正しいでしょうか、また何とか次のような一矢報いることできないものでしょうか? (1)総会で決議されたとしているが、専有部分、共有部分を分けて当該工事の費用分担と正しく清算させる方法。 (2)今後も、共有部分と専有部分が一体化した工事を管理組合が行う時、マンション内の広めの住戸が割りを食わないようにしておく方法。 よろしくお願いします。

  • 区分所有の商業ビルの管理組合の管理費の消費税

    区分所有の商業ビルの管理組合の管理費等の消費税についてお聞きします。(店舗・事務所) 商業ビルで、各所有者は、賃貸していたり、自分で営業をしていたりしています。(自分で営業していても所有は個人、営業は法人の場合が多い) 現在、区分所有者が集まって、管理組合をつくり、ビルを管理しています。管理組合を通して契約している各メンテ業者には、消費税を含んだ金額を支払っていますので、管理費の計算基礎は消費税込の金額となっています。管理組合から各区分所有者に管理費を請求する場合、消費税をどう扱ったら良いのでしょうか。マンション管理組合の管理費は、非課税であると聞きましたが、住居の場合と営業の場合と違うのではないかと悩んでいます。 また、所有者の中で賃貸している方は、借家人からは、消費税込で賃料等をいただいていると思いますので、管理組合が、消費税を明記しないのはおかしいような気もします。 なお、現在、管理組合は申告はしていません。 どうか、ご助言をよろしくお願いいたします。

  • 区分所有建物の固定資産税

    マンション、事務所、店舗が混在する区分所有建物があります。土地の権利形態は敷地権です。 この場合、それぞれの区分所有者は土地の固定資産税について住宅用地の特例を受けられるのでしょうか? マンションの区分所有者にとっては住宅用地として扱ってほしいでしょうし、マンション以外の区分所有者にとっては非住宅用地とされても仕方ないように思えますが、物理的には敷地は一つなので課税上どのような考え方をするのか詳しい方がいましたら教えてください。

  • 区分所有法第17条の特別の影響を及ぼすべき時?

    ・管理組合から当棟の前の植栽(共用部分)を大幅な剪定、伐採するという計画がだされました。 ・私は植栽のおかげで、景観や隣家からのプライバシーが保てており、困ると主張しましたが、管理組合は植栽の大幅な剪定をする方針を変えてようとしません。 質問: ・区分所有法第17条第2項の『共用部分の変更が専有部分の使用に特別の影響を及ぼすべきときは、その専有部分の所有者の承諾を得なければならない。』というので対抗しようと思うのですが、過去判例とかあるのでしょうか? ・お手数を掛けますが回答お願いします。

  • 区分所有建物

    区分所有建物というと分譲マンションをイメージしますが、賃貸マンションの例えば一階テナントのみを後から別所有にするために区分所有にしたりすることもできるのでしょうか?