• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

フランス語 la mi-avril はなぜ la?

初心者です。手元の辞書に la mi-avril 四月の半ば とあるのですが、mi は形容詞、avril は男性名詞です。どうして定冠詞が la になるのでしょうか?

noname#185706
noname#185706

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

-ok さん はじめまして ご質問の回答は、其処に祝日が隠れているからです (これを、nom Fête sous-jacent といいます) 詳説 複合語の性別という文法上の分類で 今回の単語は接頭辞mi-プラス名詞 このmi-の語は、最初にmi-aoûtが作られたようです 意味は、単なる8月半ばではなく大祝日l'Assomption つまり、mi-aoûtと記述して人々は la Fêteを念頭に置きました ここから、mi-の付いたその他の月の場合も、それが祝日でなくても 自然と、全て女性名詞として記述されて来ました (お休みとなる祝日があればいいなぁとの願望の現われでしょうか) 言葉が背負っている歴史を この小さなmi(ミ)の中に 是非是非、見(み)て下さい。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ミごとなご説明、ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • ooyama_
  • ベストアンサー率27% (61/218)

la moitie からの類推、の、ような気がする。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3502/7239)

よくは知りませんが、「半分」 つまり la demi になるからではないでしょうか。「四月」 ということより 「半分の日数」 という意味の方からそうなったのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

mi-avril でひとつの女性名詞なのですね。そのことに気づいていませんでした。辞書で、形容詞 mi の説明の中にあったものですから、mi はあくまでも形容詞でavril だけでひとつの名詞であると思ってしまいました。(辞書で少し先を見ると、mi-aou^t があり、 n.f.inv. となっています。)mi- が付くと女性名詞に変わる理由はご回答のとおりかもしれませんね。

関連するQ&A

  • スペイン語について

    elなどの冠詞とmiなどの所有形容詞・前置形は一つの名詞につけることはできるのですか? また、父親padreとかには冠詞をつけて使うのでしょうか? 詳しい方、ぜひ教えて下さい。

  • スペイン語の水

    スペイン語で水は、Aguaですが、どうして女性名詞なのに、冠詞がlaではなくelなんですか? 女性名詞だから、当然形容詞は女性形で修飾しているようです。不定冠詞はunでもunaでも良いみたいですが。 ほかにもあるかもしれませんが、どうして女性名詞に男性形の冠詞が付くのですか?

  • [フランス語] 前置詞deの用法について!

    前置詞「de」の中には「種類・性質」の用法があります。 辞書の例文としては、livre d'histoire、objet de luxeなどがあり、これらは理解できるのですが、以下の例文がよくわかりません。 La question est de grande importance. (1)このdeは形容詞+名詞の場合につける冠詞deとは違うのでしょうか? (2)La question est tellement importante.とはニュアンスが違うのでしょうか?

  • フランス語

    フランス語分かる方、お願いします。 「春の秘密基地」はフランス語でどのように言うのでしょうか? 「春の」が printanier, printanière プランタニエ、プランタニエール (最初が男性名詞につく形容詞、次が女性名詞につく形容詞) 「秘密基地」が la base secrète(ラ バーズ スクレート)というのは 調べて分かったのですが、「春の秘密基地」だとどうなるのかが分かりません。 よろしくお願いします。

  • イタリア語: 形容詞のような働きをする名詞

    ma non e`colpa mia. と Di chi e`la colpa? を比較すれば前者は無冠詞で後者は冠詞付きです。前者が無冠詞なのは名詞があたかも形容詞であるかのごとく振舞うから、と考えられませんか。このことには文法用語があるのでしょうか。英語とも共通しますが、He is Japanese. という場合の無冠詞、というのも名詞なのに形容詞ぽく振舞う例だと思います。

  • フランス語にしてください(単語です)!

     こんにちは。    「藤(ふじ)」とういう植物はフランス語でなんというのでしょうか?    「幸せ」という名詞(形容詞でもかまいません)はなんと言うのでしょうか?  「1」はなんと言うのでしょうか。  これらの単語には性があると思いますが、それらに付ける冠詞などはひつようありませんので・・・  出来たら教えてください!!

  • フランス語のLeやLaにつきまして、

    英語の定冠詞に関して言えば、固有名詞にはtheを付けることは無いと思いますが、フランス語の場合La JaponとかLe Japonかしれませんが、ついているのですが、なぜなんでしょうか。その気持ちが解りません。 英語であればtheとくれば、なにかこちらの知っていることを言おうとしているのは解りますが、フランス語の場合LeとかLaとする時に話し手は何を伝えようとしているのでしょうか。 英語ではtheは定冠詞と言う言葉が示すようなにか特定されている物を暗示していますが、フランス語でも定冠詞と呼ぶのでしょうか。文法は勉強するつもりはないのですが、気になるところだけは解決しておきたいと思いますので、教えてください。

  • フランス語の基本的な質問です

    un と le は男性名詞につけて une と la は女性名詞につけますよね? こういうときはun(une)をつけて、 こういうときはle(la)をつけるのだという 決まりはありますか?二つの違いを教えて下さい。 他に冠詞のことなどで大切なことを教えて下さい。

  • (1)フランス語で、国名にa`やdeが付くとき、かなり変わった例外があ

    (1)フランス語で、国名にa`やdeが付くとき、かなり変わった例外があります。 女性名詞に付く場合、a` laがenになり、de laではlaが「省略」されて、deになります。 (2)また、参考書やウェブの断片的な情報を総合すると、 母音で始まる国に付く場合、iranは男性名詞であるにも拘わらず、 a` l'→auではなくen、de l'ではなくてd'が付くと思います(あたかも女性名詞であるように。italieは女性名ですが、同様。)  これは、なぜなのでしょうか? まず、(1)のような例外があること自体が、非常に奇妙です。 (2)は、形容詞の第二男性形(ceのcetを含む。)や、 mon amieのように、女性名詞に付く所有形容詞が男性形になるのと、似ていると言えば似ているのですが、 enになったり、d'になってしまうのは、奇妙です。  言語は理屈だけでは説明できませんが、 記憶の助けになるようなことでも知りたいと思っています。 よろしくお願いします。

  • フランス語 la méthode の使い方について

    フランス語に詳しい方教えてください! la méthode「方法、手順」の使い方に関する疑問です。 たとえば la méthode de cuisineで「料理方法」ですが、 la méthode+動詞での使用は可能でしょうか? (la méthode de cuisiner のように) どこを調べてもわからないので、こちらで質問させていただきました。 辞書などを見る限り、la méthode+名詞 のようですが・・・