• 締切済み
  • 困ってます

為替介入について

為替介入について 為替介入で政府が「みんな80円を突破すれば介入するとみていたはずなので意外性を狙った」と言っていました。 これってどういう意味なんでしょうか? 市場の虚をついた方が政府にとって都合がいいように捉えることができますがなぜ都合がいいかわかりません。 経済についてわからないことばかりなのでどなたかご回答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数95
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.4
  • Willyt
  • ベストアンサー率25% (2858/11130)

>ならばなぜ日銀は最初、為替介入はしないというようなことを言っていたのでしょうか?確か市場に任せるようなことを言っていたような気がするのですが。。。 資本主義経済の原則はレッセフェール、つまり、政府の不介入です。今回の介入は飽く迄も非常事態を救うためのものだったということで、各国は非難はするものの、対抗措置を執るようなことはしなかったのです。ですから、これ以上の介入を続けて円を90円、100円へ持って行こうとするのは寝た子を起こすようなもので、各国の介入の口実を与えてしまいます。ここはじっと腕組みをして、円がまたぞろ上がり始めたらいつでも介入するぞという暗黙の脅しをかけることでじゅうぶんなのです。つまり何もしないで見ているだけでいいのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど! 大変勉強になりました。 非常に丁寧に教えていただきありがとうございます!

関連するQ&A

  • 為替介入について

    かなり低レベルな質問ですが、こんなに円高になっているのに政府はなぜ為替介入しないのですか? あと為替介入するお金って誰のお金なんでしょうか?

  • 為替介入なんて無意味なのに、兆円を湯水のように

    『為 替介入なんてしても全く無意味。しかもその資金で米国債を買い、アメリカとの関係でその後は売ることも出来ず、そこで発生した利子さえも米国債の購入にあてられている。日本政府からアメリカ政府へ時に数十兆円単位でお金をプレゼントしているのと同じ。そしてそれらはすべて日本の国民負担。 ドル円相場は一日500兆円以上の市場であり、そこに数兆の円売り介入をしたところで円安になる訳もなく、馬鹿にお金を使わせるとこういうことになる」 との話で特にドル円相場は一日500兆円以上との話を聞くと、円安介入なんてほんと無意味だという話に納得させられます。 しかし、一方で著名な方々が昨今の円高動向を問題視して「・為替介入をするのが効果的で・・経済対策にもなる」との話があります。 こういった為替介入を推進する方々はどういった理由から為替介入をすべきと語っているのですか?たぶん「ドル円相場は一日500兆円以上」との実態も知らない訳ではないとおもいます。それでも円安介入をするように言っていると思うのですが、どのように反論をしているのでしょうか?

  • 政府の為替介入はあるのでしょうか?

    政府の為替介入はあるのでしょうか?

  • 回答No.3
  • Willyt
  • ベストアンサー率25% (2858/11130)

>日銀はなんのリスクもなしに資金を調達できるということでしょうか?  そのとおりです。ただ印刷するのではなく、外貨を代わりに取得できるのですから、バランスシート上では何のリスクもないのです。ないどころか、介入が効いて円が安くなると、その時点で買った外貨で円を買い戻せば、日銀は巨利を得ることができるという余得までつきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そうだったんですね。 ならばなぜ日銀は最初、為替介入はしないというようなことを言っていたのでしょうか?確か市場に任せるようなことを言っていたような気がするのですが。。。 やはりリスクといえないまでも介入に関してなんらかの抵抗があったように思えるのですが。それは介入した際にでた国内外の批判がその抵抗にあたるのでしょうかね。

  • 回答No.2
noname#118086

こっちの戦略がばれていると相手も対処しやすいからです タイミングがばれていると例えばもっと円が高くなると思って ガンガン円を買う人はやりやすいです 85円で大量に買って→81円で売るようなことをされると どちらにしろ円を買われ円高にシフトするので好ましくないのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 政府Vs投資家みたいな対立があるんですね。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • Willyt
  • ベストアンサー率25% (2858/11130)

 これは世界中のトレーダーが固定概念にとらわれていたところを巧く衝いた日銀のファインプレーでした。 その固定概念というのは日銀が介入しても100兆円を超える資金が取引に参加しているので殆ど効き目がないだろうから、口先介入だけで放置するよりないだろうという見方だったのです。ところが、日銀がその油断の隙をついてどっと円売りに出たのです。市場はこれが投資家の利食い売りなのか、日銀の介入なのかが分からず戸惑っているうちにどんどん円が下がってしまったということだったのです。  これは円安を止める介入だと、円を買うための外貨が必要になり、日本の備蓄はせいぜい40兆円分くらいしかありません。ですから円の売り浴びせに対抗して大量の円買いに走れないのです。ところが円売りだと日銀は印刷工場でいくらでも印刷できるのです。トレーダーが迂闊にもこれに気付かなかったのです。円が上がりそうになったらいつでも大量に売り浴びせることができ、ドルやユーロを買い込むことができます。そうするとドルやユーロが市場からその分消えますから、輸入代金の決済で本当にドルやユーロが必要な人が買おうとするとドルやユーロが上がり、結果的に円安が進むのです。  ですから、トレーダーは日銀の円売りに対抗して買いまくると下がった円が手許に残り、これを外貨に戻そうとすると損をして買い戻すことになってしまうので、円をおいそれとは買えなくなってしまったのです。今の外為市場は日銀の動向をうかがいながら様子見をするしかない状態で、あとは日銀はこれを腕を組んで見守っていればいいのです。もう円ががズルズルと高値を更新うすることはないでしょう。もしまた上がり始めたとしても日銀がちょっと売る気配を見せれば円安にならないうちに慌てて買った円を売って来るでしょう。  よく考えてみれば中国はこの手を使ってずっと元高を阻止し続けており、それを見れば通貨の値上がりを阻止するのはたやすいことだと気付かなければいけなかったのです。但し、間違えてはいけないのは円が強いからこそできることであり、また、強くなければトレーダーは円を買うわけもないんですよね。円が強いことはいいことなのですよ。  また、こういう円売りを続けると本当にインフレが起きてしまい、石油を買うのに高い代金を払う羽目になるから困ることになってしまうではないかと言う人が必ず出て来ます。しかしそれは心配ありません。もしその兆候が見えたら大量に買ってため込んだ外貨で円を買い戻せば円安は簡単に止まります。円を印刷するといってもそれをただばらまいているのではなく、それに見合う外貨をちゃんといただいている限り、インフレは起き得ないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧なご説明ありがとうございます。 >円売りだと日銀は印刷工場でいくらでも印刷できるのです。 日銀はなんのリスクもなしに資金を調達できるということでしょうか?

関連するQ&A

  • 為替介入のやり方について

    為替介入のやり方について 政府や日銀が為替介入すると円相場が急激に変動するのですが、 急変しないような介入方法はできないのでしょうか。 1日50銭を目標に10日で5円変えるとうことは出来ないのでしょうか。

  • 為替介入はある?ドル円=80.1更新

    歴史的にかなり下がってますが、為替介入はありますか? 政府は、まったくその話をしませんね・・。

  • 為替介入

    どうして80円で介入しないの? 75円で介入しても意味無いと思うんですけど。 バカなの? 日本政府は馬鹿だから 75円まで介入しないでしょう。 でも75円で介入して85円までいっても また75円まで下がる 同じ事の繰り返し。 80円・83円で介入したら 勝手に88円まで いくと思うんですけど。

  • 日本の為替介入がなかったら

    本来のルールどおり、為替介入などを日本がせずに、日本がアメリカ国債保有もしなかったら、アメリカ経済ってどうなってたと考えられるのでしょうか?

  • 為替介入時、誰がドルを売ってくれるの?

    日本政府は過去に数兆という単位で大量のドルを買い付け円安誘導を行って来ました。 この時、ドルを売る側は多額の円を買い付けることになるわけですので、将来を見越して損をしないという見込みが必要であり、リスクを取ることになります。 兆単位のリスクを背負うことが出来る機関は限られていると思います。 日本政府による為替介入時、どこの組織が多額のドルを売ってくれているの? またそのドルを売ってくれる多額のドルを保有しているところって、日本政府みたいに為替介入みたいなことして円高誘導したり、ドル高誘導したりして儲けたりしてないのですか?

  • 為替介入の資金の出資者は?

    10月31日に円高ドル安を是正するために8兆円規模の為替介入を政府が行いました。 その時に政府短期証券を購入したということなのですが、 日銀が購入したのでしょうか? それとも民間の金融機関が購入したのでしょうか? 例えば、こちらでは、 http://bit.ly/uygYm1 債券市場で売買された資金で介入するとあります。 よくわからないので、教えていただけたら幸いです。

  • 為替介入の原資

    為替介入の原資には政府短期証券などが使われていると言われています。 政府短期証券の解説をみると60日程度で償還するらしいのですが 償還期限を迎えた政府短期証券ってどうなるのでしょうか? (為替介入したものをまた売りに出すなどはしていないと思います) また、政府短期証券も国債の一種なので利息がかかると思います。 国が購入する債券なので利息は我々の税金から払っているのでしょうか?

  • 日本政府の為替介入

    質問させて下さい。急な円高で、1USD100円も視野に入るのではないかと思われます。つきましては、日本政府は為替介入を行なうと予想できるでしょうか?

  • 最近、円高対策で、日銀と政府が話し合いをしています。でも、為替介入の仕

    最近、円高対策で、日銀と政府が話し合いをしています。でも、為替介入の仕事は政府(財務省)の仕事であって、なぜ日銀が関係あるのかがわかりません。日銀の仕事は市場に出回るお金の量を調整したり、短期金利の調整をしたりすることなので、為替介入は日銀の管轄外と思うのです。なぜ政府は日銀と話し合いをしているのでしょうか。

  • 為替介入より借金返済が優先では?

    ※私は経済や金融、政治の事には疎いので、 出来ればその点を考慮に入れてお答え下さい。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 下記にあるように、早くも円高是正の為に 為替介入があるのではないかと訝るメディアが出てきています。 そこで疑問なのは、円高是正目的で為替介入するより お札を刷って借金返済する方が一石二鳥なのでは?という事です。 過去にも為替介入は一時的な是正で留まったケースがあります。 まったくの無駄だったとは思いませんが、 借金返済に回した方がよっぽど有益だったような気がします。 また、国債の信用云々言っている方がおられますが、 国債は金融商品で購入目的は利益の為なので 投資家にとってマイナスではない方法で買い上げれば 信用が下がる事は無いように思うのですが・・・。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ [東京 7日 ロイター] 麻生太郎財務相は7日、閣議後の会見で、 前日の海外市場で一時95円台まで急伸した円高について、 「値動きが激しい」と警戒し、市場動向を注視しているとしたが、 「介入するとか今すぐなんとかということはない」と語り、 為替介入などは考えていないとの認識を示した。