• 締切済み
  • 困ってます

為替介入なんて無意味なのに、兆円を湯水のように

『為 替介入なんてしても全く無意味。しかもその資金で米国債を買い、アメリカとの関係でその後は売ることも出来ず、そこで発生した利子さえも米国債の購入にあてられている。日本政府からアメリカ政府へ時に数十兆円単位でお金をプレゼントしているのと同じ。そしてそれらはすべて日本の国民負担。 ドル円相場は一日500兆円以上の市場であり、そこに数兆の円売り介入をしたところで円安になる訳もなく、馬鹿にお金を使わせるとこういうことになる」 との話で特にドル円相場は一日500兆円以上との話を聞くと、円安介入なんてほんと無意味だという話に納得させられます。 しかし、一方で著名な方々が昨今の円高動向を問題視して「・為替介入をするのが効果的で・・経済対策にもなる」との話があります。 こういった為替介入を推進する方々はどういった理由から為替介入をすべきと語っているのですか?たぶん「ドル円相場は一日500兆円以上」との実態も知らない訳ではないとおもいます。それでも円安介入をするように言っていると思うのですが、どのように反論をしているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数150
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
  • DCI4
  • ベストアンサー率29% (448/1538)

為替介入を推進する方々はどういった理由から為替介入をすべきと語っているのですか? どのように反論をしているのでしょうか? ★回答 (1)短期的には介入は意味ある 為替はレバレッジ投機で短期変動する ちなみにドル円100円以上だ  今は経済まぬけの民主党時代の 80円ではない レバレッジ投機資金よ  大口投機資金の参加者をびびらせ 急激な為替円安を阻止する 資源のない 日本の経済のもうけの中心は製造輸出業者 雇用者も多い 為替レートの円安は企業業績→ 個別企業の想定為替レートに連動 →給料 雇用も連動→株価下落→年金基金めべり (2)為替介入は 財務省 外為特別会計の利権も誘発 為替取引手数料だけでも膨大 (3)為替は おもに 各国のマネタリーベースで決まり  長期では適正値に収束していく 金融政策は USが景気回復  FRB イエレンが金利を上げ 先にテーパリング(金融緩和をゆっくりやめる) 日銀 黒田 岩田は 量的質的金融緩和の強化になる ソロスチャートと言うやつです ★円安介入をするように言っているのは(1)(2)の場合 (1)は◎OK (2)は×だめよ ・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・ 専門家の解説はここ↓がいいんじゃないかね 20130415高橋洋一アベノミクス磯セミナー 1.1 - マクロ経済から見た為替 http://www.youtube.com/watch?v=wAllhO28zSQ ・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・ ★補足解説  量的質的金融緩和とデフレと為替介入 アベノミクス以前、野田総理はなぜ為替介入をしたの? http://okwave.jp/qa/q8681414.html 【為替介入 本音 理由は】 財務省系の抵抗勢力 よって消費税を推進し ゆるやかデフレ 不況 にもどす戦略が本音と考えられる。 (1)外為特別会計は為替介入の資金で 関連為替業者との癒着が考えられる。 財務省の資金源となっているためである。 銀行系 為替の発言は信じられない理由はここにある。 運用手数料は闇である。リフレ政策がうまくいくと為替介入が出来なくなるのである。 100兆円ぐらいあるようだ。 取引手数料はどこへ行った?? (2)専務理事政策とは 天下り 利権奪取政策の呼び名で 官が民を支配する 財務次官OBの天下り 増税原理主義者の拡散が行われている。 (3)財務省増税原理主義とは 消費税賛成の理由とは 増税 税率を上げ 軽減税率を多くして 関連企業に にらみをきかせ 役所中高年の 天下り先を多くして利権を得るためである。 経済成長をめざしているわけではない。 (4)公正取引委員会 問題 消費税転嫁対策特別措置法のガイドラインを作成してるところに 財務省の天下りがある。 官が民間を支配し成長を妨げる仕組みである。 【結論 まとめ】 よって日本の消費税は 一部の中高年  増税原理主義 財務省官僚によって良く練られた作戦と言える。 消費税増税の必要がなくなる プライマリーバランスになることを止める行為ある。 デフレ気味にする 暗黒政策である。 海外の消費税と相関はない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 為替介入について

    かなり低レベルな質問ですが、こんなに円高になっているのに政府はなぜ為替介入しないのですか? あと為替介入するお金って誰のお金なんでしょうか?

  • 為替介入で差損がでたときの責任

    為替介入で差損がでたときの責任 先日、日銀(財務省)が為替介入をしました。 円安になればいいのですが、 また、円高に触れれば、資産が目減りします。 この場合、誰が責任を取るのでしょうか?

  • 為替介入のやり方について

    為替介入のやり方について 政府や日銀が為替介入すると円相場が急激に変動するのですが、 急変しないような介入方法はできないのでしょうか。 1日50銭を目標に10日で5円変えるとうことは出来ないのでしょうか。

  • 回答No.2

為替介入はタイミングや規模など外部からはわかりませんが、短期的に効果が測定できるので、日銀も経験値があり無駄な介入はしないと思いますよ。為替は銀行や投資家が値動きを目を皿のようにしてみているので、取引総額に対して規模が小さかろうが絶妙のタイミングで介入して価格に動きを作れれば効果は上げらると思います。 この辺は低金利政策や金融緩和策などは長期的に見ないと効果がわからない政策とは違うので、うまい下手はあったとしてもうまくやれば確実に効果は上げられると思います。 ただ、経済の先行き不透明なのは全世界で、通貨安にしたいのは日本だけではなく韓国、中国など輸出に頼る国はすべて同じ。結果通貨安の国際競争が起きてしまい、景気が比較的良く金利の高いアメリカの足を引っ張る形にり、今ではアメリカが日本などを名指ししつつ中央銀行の通貨安介入に対して制裁を加えると言っているので大きな動きをかけられなくなりました。このことは、中央銀行の為替介入に効果があると言うことが認められていると言うことに他ならないと思います。 ただ、最近では中国やEUの景気見通し、各国首脳や中央銀行のトップの発言が与える影響の方が大きくなってきているのも確かで、直近では仮に為替介入が許されても効果が読みにくくい状態ではあるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

効果が無いのですからドブに金を捨てているのと同じですね。 ホントに馬鹿が大金つかえるようになると馬鹿なことにしか金使わないんですね。 > 短期的に効果が測定できるので、日銀も経験値があり無駄な介入はしないと思いますよ。 というか過去の為替チャートを観てみましたが、2000年以後の日本単独の為替介入ではすべて効果が出ていませんね。 結局しっかり効果をもった為替介入って日米協調介入が行われたものだけですよね。あとは全部無駄になってる。 > 今ではアメリカが日本などを名指ししつつ中央銀行の通貨安介入に対して制裁を加え > ると言っているので大きな動きをかけられなくなりました。このことは、中央銀行 >の為替介入に効果があると言うことが認められていると言うことに他ならないと思い >ます。 ちょっと無理がありますね。アメリカなんて戦争したくないって言いながら侵略戦争を戦争をしかける国ですからね~。 日本の為替介入に関しては民主党が不胎化で為替介入するといってアメリカ国債を買わなかったから、今回の為替介入間近と言われるタイミングでアメリカ側から牽制があったというのが実態らしいですね。自民党時代みたいに素直にアメリカ国債買っとけばこんなこと言われずに済んだのにって偉い官僚さんが言ってました。 まぁなんにしても日本が為替介入しても全く円安効果は出てないのが過去の実績ですし、そこで買ったアメリカ国債でも1円たりとも利益になっていないというのが実態としてありますからね~。ほんとアホらしい限りですね。

  • 回答No.1

仰るとおり、実体経済を反映した為替相場については操作しようもありません。為替介入は投機的な動きへの牽制、広報的な意味合いが強いです。 そして、質問者様は反論を待っていると思われますが、為替介入に長期的な効果があるかのように言っている人は経済学者ではほとんどいないと思いますし、政府も日銀もわかっています。ご心配には当たりません。 政府に批判的な(或いは本当に何も知らない)マスコミが「為替介入は無意味だった!」と騒ぎ、それに乗せられた大衆が「無意味なことをやっていたのか!」とびっくりするという構図ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日銀の為替介入

    日銀は為替介入をして円を売ってドル買いをして円安を誘導していますが、いつまでもドルを持っているわけにはいかないのでいつかはドルを売らないといけないと思うのですがドルを売って円を買ったら円高になって差し引き0になると思うのですがどうなんでしょうか?

  • 中銀の為替介入について

    ちょっとわかりづらいので日本の場合で例えて質問させていただきます。 円安を抑制するために日銀が為替介入したとしたら 日本円を買うということになって、 市中の日本円を回収した(またはそれに近い状態)ということにはなるのでしょうか? その逆も同じことが言えるのでしょうか?

  • 為替介入時、誰がドルを売ってくれるの?

    日本政府は過去に数兆という単位で大量のドルを買い付け円安誘導を行って来ました。 この時、ドルを売る側は多額の円を買い付けることになるわけですので、将来を見越して損をしないという見込みが必要であり、リスクを取ることになります。 兆単位のリスクを背負うことが出来る機関は限られていると思います。 日本政府による為替介入時、どこの組織が多額のドルを売ってくれているの? またそのドルを売ってくれる多額のドルを保有しているところって、日本政府みたいに為替介入みたいなことして円高誘導したり、ドル高誘導したりして儲けたりしてないのですか?

  • 為替介入はある?ドル円=80.1更新

    歴史的にかなり下がってますが、為替介入はありますか? 政府は、まったくその話をしませんね・・。

  • 9/15の為替介入で米ドルに日本政府が介入して、米ドルに対して円安にな

    9/15の為替介入で米ドルに日本政府が介入して、米ドルに対して円安になりましたが、 他通貨でも円安になっています。 http://www.moneypartners.co.jp/market/ なぜ、他通貨も連動して円安になるのでしょうか? ご教授頂ければ幸いですm(_ _)mペコリ

  • アベノミクス以前、野田総理はなぜ為替介入をしたの?

    アベノミクス以前、民主党の野田総理時代に何兆円もの税金(将来の税金も含む)を為替介入で使用し、大手マスコミが賛美していた気がするのですが、あのお金ってどうなったのでしょうか? またなんでアベノミクスのように金融緩和や国債発行ではなく、アメリカにお金をプレゼントするかのような為替介入を野田総理は行ったのでしょうか? 上記に2点について教えてください。

  • 語るに落ちた韓国の為替介入

    『韓国、米国に為替操作禁止を約束?』 韓米自由貿易協定(FTA)改正合意に為替操作禁止問題が含まれることが確認された。 27日(現地時間)、ロイターの報道によると、米国行政府官僚は「通貨切り下げを防ぐ内容の付属文書を入れることに(韓米)両国が合意した」と説明した。この関係者は、この日の電話ブリーフィングで、米財務省と韓国企画財政部間で通貨政策関連規定についての交渉があったとし、このように明らかにしたと同通信は報じた。 この関係者は続いて「今回の通貨関連の合意は、ウォンの通貨切り下げを阻止して韓国の為替介入に対する透明性を向上させるためのもの」と明らかにした。あわせてこの関係者は、韓国が米国新薬に対する価格割り増し関連規定を緩和することにしたと明らかにした。 米国財務省は2年に一度、他国の政策を評価した後、為替操作について判断している。韓国は為替操作国リストには入らなかったが、韓国の為替政策は2国間で長く論争が続いていた。 韓国は昨年10月に米財務省が発表した為替報告書で観察対象国にも指定されていた。韓国政府は、最近、外国為替市場介入内訳を公開する案も検討していたことが分かった。韓米FTA改正合意に為替操作禁止問題が含まれれば、韓国は通貨政策で身動きの幅がさらに狭まることが予想される。 2018年03月29日07時55分(c) 中央日報 韓国政府が為替介入による為替操作を行っていた事は、韓国政府は否定してきたものの、長い間公然の秘密で広く信じられていました。しかし対米FTA交渉でいよいよ隠し通せなくなってきたようです。前文の最後『韓米FTA改正合意に為替操作禁止問題が含まれれば、韓国は通貨政策で身動きの幅がさらに狭まることが予想される』というのは韓国がついに為替操作を公式に認めるということでしょうか。 辛うじて為替操作で生き延びてきた韓国経済もいよいよ破綻に向かってヤバヤバになっていくのでしょうか。

  • 最近、円高対策で、日銀と政府が話し合いをしています。でも、為替介入の仕

    最近、円高対策で、日銀と政府が話し合いをしています。でも、為替介入の仕事は政府(財務省)の仕事であって、なぜ日銀が関係あるのかがわかりません。日銀の仕事は市場に出回るお金の量を調整したり、短期金利の調整をしたりすることなので、為替介入は日銀の管轄外と思うのです。なぜ政府は日銀と話し合いをしているのでしょうか。

  • 中国人民銀行による為替介入は、どうやって元資金を調達しているのでしょう

    中国人民銀行による為替介入は、どうやって元資金を調達しているのでしょうか。 日本の場合は、政府が短期国債や政府短期証券を発行し、その資金で財務省が日銀に委託して日銀が為替介入を行うと聞いております。なぜ短期資金なのかというのもわけがわかりません。まさか、円を売った後2~3ヶ月後に円を買い戻すという話ではないと思いますが。為替介入のたびに国の借金が増えているのでしょうか。一方中国では外貨準備が2.45兆ドルと巨額です。調達する元資金も半端ではありません。中国が日本と同じ方法で行っているとすると、外貨準備が増えると同時に「国の借金」が増えているのでしょうか。

  • 外貨準備高

    日本の外貨準備高が高止まりしています。十年前の円高圧力が高かった時代は、為替介入も必要で外貨が積みあがるのはやむをえないと思います。ですが今はドル円相場も安定しています。財政も厳しいわけですし外貨をおもいきって円にかえて、国庫に少しはお金を入れるべきだとおもうのですが、なぜ大量の外貨を抱え続けるのでしょうか?