• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

[SOV+to do]で、あれこれ考えています?

[SOV+to do]で、あれこれ考えています? NHKラジオ英会話講座より I've never knowen you to drink fewer than five or six. あなたが飲むのが5,6杯より少ないなんてことはないでしょう。 質問:不定詞でいろいろ思い巡らしています。youがdrinkの意味上の主語であるのは存じ上げていますが・・・。 (1)この文章は第3文型ですか? (2)to drinkは不定詞の形容詞的用法ですか?to drink以下がyou を修飾している? 訳すと「5,6杯より少なく飲んでいるあなたを知らない。」では如何でしょう? (3)現在分詞は使えませんか? 「・・している」ならingがいいのでは? I've never knowen you drinking fewer than five or six. (4)関係代名詞は使えませんか? I've never knowen you who drink fewer than five or six.  以上

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数140
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>(1)この文章は第3文型ですか? 第5文型です。Cが不定詞です。 >(2)to drinkは不定詞の形容詞的用法ですか? O=Cという関係にあるので、形容詞的用法又は名詞的用法です。どちらであると考えなければならないということはないと思います。意味は、「飲む」です。 >to drink以下がyou を修飾している? 違いますね。youが主語、to drinkが動詞、の関係になっています。次の(1)などと同じ形、同じ関係です。 (1)I saw you drink.(あなたが飲むのを見た。) to drinkが形容詞的用法又は名詞的用法であると分かるよりも、youが主語、to drinkが動詞であると感じることの方がずっと重要です。 >訳すと「5,6杯より少なく飲んでいるあなたを知らない。」では如何でしょう? 違いますね。to drinkはyouを修飾しません。youが主語でto drinkが動詞です。主語・動詞の関係です。 そのようになる理由は、SVOCの文はそのような意味を表すことになっているからです。そのような意味であるとして英米人は意思疎通をしているからです。 >(3)現在分詞は使えませんか? 「・・している」ならingがいいのでは? 使えませんね。 御質問の英文(2)は、文字どおりには(3)のような意味です。 (2)I've never known you to drink fewer than five or six. (3)あなたが5、6杯より少ない杯を飲むのを私は決して知ることはなかった。 もしdrinkingで言うと、次のようになります。 (4)I've never known you drinking fewer than five or six. (5)あなたが5、6杯より少ない杯を飲んでいるのを決して知ることはなかった。 (5)の日本語は次の(5-1)、(5-2)の2つの異なる意味を表すことができます。 (5-1)常日頃から飲んでいるのを決して知ることはなかった。 (5-2)「今飲んでいる」という瞬間を決して知ることはなかった。 (5-2)の「「今飲んでいる」という瞬間を知る」というのが分かりにくいかもしれませんが、これは次の(6)が「「今飲んでいる」という瞬間を見た」という意味であるのと同様です。 (6)I saw you drinking. (4)のdrinkingは現在分詞なので「今飲んでいる」という意味です。したがって、(4)は仮に表すとしても(5-2)の意味だけです。(4)は(5-1)の意味は決して表しません。 それなら、(5-2)の意味でなら(4)は正しいかと言うと、そういう意味だとしてもやはり正しくありません。正しくない理由は、(4)が「「今飲んでいる」という瞬間を知ることはなかった」などというややこしいかつ滅多に言うことがない意味であるとは、誰も夢にも思わないからです。思わない理由は、「~であるのを知る」、「常日頃から~しているのを知る」などはよくある動作ですが、また(6)のように「瞬間を見る/聞く/感じる...」(いわゆる知覚動詞)というのはよくある動作ですが、「瞬間を知る」という動作は滅多にない動作だからです。「え、どういうこと?」と誰もがその意味を尋ねたくなる動作だからです。 そのため、「そんなややこしいかつ滅多に言うことがない意味を言いたいのであれば、もっと分かりやすいほかの言い方(例えば次の(7))をしたらどうなの」と誰もが思うからです。 (7)I've never known (that) you were drinking fewer than five or six at that moment. 別の言い方をすると、SVO+to do と SVO+doingの2つの形は数や時制のない形の動詞を用いて簡単に素早く言えるようにしているため意味が分かりにくくなりやすいので、意味が分かりやすい内容以外では誰も用いないからです。意味が複雑な場合は(7)のように数や時制のある形の動詞を用いて意味明確に言うからです。(4)の意味が分かりにくい原因は、一重にknow(知る)という動詞の意味の特殊性にあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 皆様よりたくさんの御回答いただき有難うございました。今回も同文のお礼状で失礼致します。素晴らしい大切な内容ばかりでしっかりと身につけたいと思います。 1)ジーニアス英文法には[SVO+to do]で書かれていますが、第5文型であること。 2)不定詞は名詞/形容詞的用法のどちらとも取れること。 3)今回の文型はthink(考えるの意味)の一群であること。 4)受け身の表現が可能なこと。 5)通常の5文型とは別に考えること。 6)現在分詞は、今/瞬間を表すので意味が違ってくること。 7)SVO+to do/doingは意味がわかりやすい時に使われること。 8)関係代名詞がそぐわない理由。  たくさん教わりました。有難うございました。まずは御礼まで。

関連するQ&A

  • to不定詞の意味上の主語についての質問です

    to不定詞の意味上の主語についての質問です。 I need a friend to help me. 上の英文のto不定詞は形容詞的用法で、意味上の主語は a friend だとは分かります。 しかし、最初にto不定詞の意味上の主語はfor を使って表すと習ったので、ちょっと混乱しているのです。 上の文で、to不定詞の意味上の主語だからといって、a friendにforを付けてしまうと、おかしな文になることはよく分かります。(needの目的語がなくなります。強引にto help meを名詞的用法に取って目的語にすることはできるかどうか分かりませんが・・・) また、need + O + to Vと解釈し、OがV する、とto V を補語的に扱うことはできるのかどうか調べてみましたが、一般的な使い方としては、needにそういう使い方はないようです。 to不定詞の意味上の主語は上記した英文のように表すこともあるということでしょうか。(つまりforを使わずに意味上の主語を表すこともあるということでしょうか。)また、それはto不定詞でも形容詞的用法だけなのでしょうか。 細かい所の質問で恐縮ですが、お答え願えれば幸いです。

  • All you have to do is wash(to wash) the dishes.

    All you have to do is wash(to wash) the dishes. という典型がありますが、 なんで原型不定詞でもto不定詞でもかまわないのでしょうか。 また参考書には、 My wish was to sleep. というのも比較するようにかいてありましたが、これはなぜto不定詞でなければならないのでしょうか。 参考書の解説でもわからなかったので、教えてください。

  • to不定詞について

    He was surprised to notice that they were lending the poor boy their sledges. のto不定詞について Sはto不定詞の意味上の主語を兼ねていると説明されています。 He notice that・・・・ was surprisedで考えろということらしいのですが、 この to は 原因の不定詞とも説明されていて  ~して と訳するとも説明されています。 どちらで解釈してもいいのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

#4の続きです(2000文字制限にかかったので分割しました)。 >(4)関係代名詞は使えませんか? >I've never knowen you who drink fewer than five or six. 使えませんね。 使えない理由は次の(a)、(b)の2つです。 (a)youは、代名詞なので、関係代名詞で限定的に修飾することはできないからです。 (b)それならyouではなくてthe boyならいいかというと、それでも間違いです。 (7)I've never known the boy who drinks fewer than five or six.(その飲む男の子を知ることはなかった。) (7)が間違いなのは、(7)は(8)とは意味が違うからです。 (8)I've never known the boy to drink fewer than five or six.(その男の子が飲むのを知ることはなかった。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 今回もたくさん教わりました。皆様のお陰で、少しずつ英会話に慣れてきています。有難うございます。

  • 回答No.3

(1)通常の5文型では分類できません。   「英語の型と語法」(ASホーンビー著)では、   主語 + 他動詞 + 名詞/代名詞 + 不定詞(句)と分類さています。   (to はイギリス英語では省略可能ですので、ASホーンビー氏は省略しています。) (2) 不定詞用法です。   「~するのを見て(聞いて)知っている」と意味になります。   したがって、直訳は質問者さんのとおりです。   また、「あなたが、4~5杯しか飲まないとははじめて知った」という意味もありますが、   どちらの意味かは前後関係から判断できるでしょう。 (3) 分詞構文も文法的には可能ですが、その場合、   上記(2)の後者「あなたが、4~5杯しか飲まないとははじめて知った」   という意味にとられますので、今回は適切ではないでしょう。 (4) 関係代名詞は違和感がありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 皆様よりたくさんの御回答いただき有難うございました。今回も同文のお礼状で失礼致します。素晴らしい大切な内容ばかりでしっかりと身につけたいと思います。 1)ジーニアス英文法には[SVO+to do]で書かれていますが、第5文型であること。 2)不定詞は名詞/形容詞的用法のどちらとも取れること。 3)今回の文型はthink(考えるの意味)の一群であること。 4)受け身の表現が可能なこと。 5)通常の5文型とは別に考えること。 6)現在分詞は、今/瞬間を表すので意味が違ってくること。 7)SVO+to do/doingは意味がわかりやすい時に使われること。 8)関係代名詞がそぐわない理由。  たくさん教わりました。有難うございました。まずは御礼まで。

  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5687)

verb+object+to-infinitive という用法の一つで、考える(think)意味の一群の動詞 believe, consider, declare, discover, expect, feel, find, imagine, know, prove, reveal, show, suppose, suspect, understand とともに用います。文法の理屈より慣れて頂く意味で例文を下記に示します。ややフォーマルでな言い回しです。 We believe the picture to be genuine. I know it to be impossible. I have known it to be given. I have never known it to be otherwise. I have never known you to be awake this early. I have never known you to drink so much that you dropped your glass and fell asleep. that 節に書き換えることが出来ます。 We believe that the picture is genuine. 受け身にすることが出来ます。言い方としてこの方が普通かも。 The picture is believed to be genuine.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様よりたくさんの御回答いただき有難うございました。今回も同文のお礼状で失礼致します。素晴らしい大切な内容ばかりでしっかりと身につけたいと思います。 1)ジーニアス英文法には[SVO+to do]で書かれていますが、第5文型であること。 2)不定詞は名詞/形容詞的用法のどちらとも取れること。 3)今回の文型はthink(考えるの意味)の一群であること。 4)受け身の表現が可能なこと。 5)通常の5文型とは別に考えること。 6)現在分詞は、今/瞬間を表すので意味が違ってくること。 7)SVO+to do/doingは意味がわかりやすい時に使われること。 8)関係代名詞がそぐわない理由。  たくさん教わりました。有難うございました。まずは御礼まで。 追伸:たくさんの例文を有難うございました。この文型になれるよう反復音読をします。感謝です!!

  • 回答No.1
  • sayshe
  • ベストアンサー率77% (4555/5903)

まず [SOV+to do] という文型は英語では考えられません。おそらく [SVO+to do] についてのご質問と考えます。また knowen の綴りは正確には known です。 I've never known you to drink fewer than five or six. (1) [S+V+O+C(=to do)] の第5文型です。 (2) to do は補語の役割を果たしていますから、名詞的用法に分類されると思いますが、O の状態を説明しているのですから形容詞的用法と考えられないこともないと思います。ただし you を後ろから修飾しているのではありません。 (3)know のあとに現在分詞が来る例は無いと思います。 I've never seen you drinking fewer than five or six. あなたが5,6杯より少なく飲んでいるところは見たことがない。 なら可能だと思います。 (4)関係代名詞を使うことは理論上可能かもしれませんが、ここで言う「あなたは酒が強い」という意味合いでは使えないと思います。 以下に示す以上の大きさの英和辞典で know の取りうる文型をお調べになることをお勧めします。 アンカー(学研)、ライトハウス(研究社)、ジーニアス(大修館)、プログレッシブ(小学館),etc.

参考URL:
http://www.eibunpou.net/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 皆様よりたくさんの御回答いただき有難うございました。今回も同文のお礼状で失礼致します。素晴らしい大切な内容ばかりでしっかりと身につけたいと思います。 1)ジーニアス英文法には[SVO+to do]で書かれていますが、第5文型であること。 2)不定詞は名詞/形容詞的用法のどちらとも取れること。 3)今回の文型はthink(考えるの意味)の一群であること。 4)受け身の表現が可能なこと。 5)通常の5文型とは別に考えること。 6)現在分詞は、今/瞬間を表すので意味が違ってくること。 7)SVO+to do/doingは意味がわかりやすい時に使われること。 8)関係代名詞がそぐわない理由。  たくさん教わりました。有難うございました。まずは御礼まで。

関連するQ&A

  • to不定詞のtoの品詞はなんですか?

    to不定詞か前置詞のtoかを見分ける方法みたいな説明をしているウェブサイトはたくさんありますが、そもそもto不定詞のtoがなんなのかを説明しているところはみつけられていません。 to不定詞の不定詞は原形不定詞ですよね? では、このtoはいったいなんなんでしょうか?

  • to不定詞の否定

    不定詞句を否定したい場合不定詞句の直前にnotをおきますよね。 I close the door for you not to enter. (あなたが入らないように私はドアを閉める) 否定したい場合notではなくneverで否定する場合にはtoの直後にneverを置くのですか? I want you to never hide your eyes. (目を背けずにいて欲しい) という文を見たのですが。どうなんでしょうか?

  • 不定詞の意味上の主語

    不定詞の意味上の主語で悩んでいます. 名詞的用法の場合、「意味上の主語=文の主語」ですよね?では、 To do good is to be happy. の不定詞の意味上の主語ってそれぞれなんですか?お願いします.

  • to不定詞の形容詞的用法

    「英語の勉強をする目的」というのを英語にする場合、 purpose of studying English が一般的だと思いますが、これを purpose to study English とは言わないのでしょうか?それとも言えないのですか? この場合、to不定詞の形容詞的用法だと思いますが、形容詞的用法を使えない場合というのはあるのでしょうか? 調べたところによると、 (1)名詞が後に続く不定詞の意味上の目的語になる場合。 (2)名詞が後に続く不定詞の意味上の主語になる場合。 (3)名詞が後に続く不定詞と同格になる場合。 と書いてあり、(3)はどんな名詞にも使えるのでしょうか?それとも限定されているのでしょうか? お願いします。

  • 不定詞の用法

    We just can't wait to see you again. のto seeは不定詞の何的用法ですか? また、wait for something to happen のような形もforは後の不定詞の意味上の主語を表わすと考えればいいのでしょうか?

  • seem to

    不定詞はよく未来志向と言われますが、seem to 不定詞の不定詞はどこが未来志向なのでしょう? それから、どう考えても未来のことを表わしていると思えないのにどうしてseem の後に不定詞が来るのでしょうか? お教えください。

  • be動詞+to不定詞

    「beV+to不定詞」は、「可能・義務」などを表すことがありますが、to不定詞がただの補語である可能性もあると思います。 この二つの見分け方ですが、 ▼S=to不定詞 →補語(~すること) ▼S≠to不定詞 →可能・義務、、、 と単純に考えてもいいでしょうか。 また、イコールの考え方なのですが、例えば、 You are to be here.(君はここにいなくてはならない・義務) では、「あなた=ここにいること」。つまり「あなた」は 「ここにいること」と同じである…と解釈できるような 気がします(偏屈ですね^u^;)。 ぱっと見分けられる方法はありますでしょうか?アドバイスお願いします1

  • I've never known you to be a quitter.

    NHKラジオ英会話講座より I've never known you to be a quitter. あなたが簡単にあきらめるなんて今までなかったわ。 質問: (1)SVOの文章ですか?  (2)to be は不定詞だと思いますが、形容詞的用法ですか? 「簡単にあきらめてしまう人である(ような)→あなた」と考えていますが間違いですか? (3)SVOCとは考えられませんか?you=to be a quitterが成り立つと思いますが? 補語は名詞句(節)や形容詞句(節)でも可能なのでしょうか?この文章にとらわれずご回答いただけませんか?  以上

  • toのあとに動詞がくる場合

    いつもありがとうございます。 I am looking forward to seeing you. という文章が正解だったのですが、わたしはなんとなく to see youにしてしまいました。 答えを見てみればたしかに名詞が来ることもあると思えばseeingがあってるのかとも思うんですが、 たぶん to 不定詞の影響でか私はまたこの次も to see youにしてしまいそうな気がします。 toのあとに動詞が来る場合で、どういうときが to不定詞になって原形になり、また原形にならない場合にはどんなものがあるかわかるといいな、と思ったのですが・・ もしよかったら教えてください。 よろしくお願いします。

  • to不定詞のtoを省略できる法則

    不定詞の勉強をしていたのですが、 What is more important than anything else is (to) think for yourself. という文は、カッコでくくったtoは省略可能と参考書にありました。 to不定詞のtoを省略するかしないかは、何か法則があるのでしょうか?