• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

原子吸光光度法

ヒ素や重金属類などの測定で使う、原子吸光光度法とは普通の紫外可視光吸光度法とは違うのでしょうか?違うのなら何が違うのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2325
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 はい違います。 何が違うかというと、それぞれの原理を学ばれると判ると思うのですが、計っている物質そのものが違います。 原子吸光の方は、フレーム(炎)などを用いて、原子をプラズマ状態に単離して、その吸光を測りますね。 普通の吸光測定では、目指す原子などにキレート物質や結びつくと色が出る発色物質を加えて、その原子団(分子、イオンなど)の色を計ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 紫外可視吸光度測定法について

    紫外可視吸光度測定法の問題で・・・ 「紫外吸光度測定法は電子エネルギーの吸収を利用したものであり、可視吸光度測定法は原子核間の振動エネルギーの変化を利用したものである」 という文が正しいか間違っているのか考えているのですが、ちょっと困っています。。 紫外可視吸光度測定法というのは、簡単に言えば、紫外線から可視光線まで波長を変えた光を試料にあてていって、試料中の物質の電子が光のエネルギーを受け取って励起(電子遷移)する現象を利用して、その励起の度合いをそれぞれの波長で測定するわけですよね?ということはこの問題の答えは「×」だと思うのですが、本を見るとなんか可視部と紫外部で違う、というようなことが書いてあってよくわかりません。 どなたかわかる方がおられましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 紫外可視吸光度測定法

    紫外可視吸光度測定法が全くわかりません。 簡潔にでもかまわないので教えてください。 お願いします。

  • 原子吸光の吸光度と感度の関係

     原子吸光の吸光度と感度に関する質問です。  原子吸光のフレームの分析において,同じ元素,同じ濃度および条件で測定しても,測定のごとに吸光度が若干変化するのはなぜなのでしょうか?分光光度計などに比べると吸光度の変化が大きいような気がします(比較するのがおかしいかもしれません)。  また,あるカタログに「フレーム感度は従来より30%アップし、Cu5 ppm標準溶液の吸光度は0.75~1.0 Abs以上」というような記載があります。機器によって原子吸光の感度と吸光度が異なり,検量線の範囲が広いフレーム原子吸光光度計が存在するということでしょうか?  これまで使用していた原子吸光が古く教科書や文献の記載より狭い範囲で検量線しかできない(直線の範囲が狭い)こともありました。  質問自体がおかしいかもしれませんが,同様のことを経験されている方もいらっしゃるのではないかと思います。私の頭を整理できるヒントをご教授願います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

補足の補足ですが 紫外線の場合は、帯スペクトルで測定するので、不純物があると測定は困難です。原子吸光の場合は、線スペクトルなので、吸光の幅が狭く、不純物があっても、それほど気にする必要はありません。 また、感度が高く、元素の種類にもありますが、0.01ppmでも正確に測定できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • KK_T
  • ベストアンサー率62% (10/16)

myeyesonlyさんが、概要を答えられましたので、「補足」ということで書き 込ませていただきます。 原理の違いの概要は、わかったと思います。 では、どのように使い分けるかと言うことですが、 吸光光度法は、発色させなければ検出できないため、pH調製、緩衝液の添加、 発色液の添加、反応時間を合わせて測定するなどの操作が必要で、共存物の 影響も受けやすいです。 これに対し、原子吸光光度法は、基本的には、pH調製や発色剤の添加などの 必要は無く、比較的簡便に測定することが出来ます。共存物の影響も、吸光 光度法に較べると格段に少ないです。 ということで、今は、元素の定量分析には、原子吸光光度法かICP発光分 析法が一般的に用いられております。 但し、原子吸光は安価なものでも300万円位はします(ICP発光分析装置 は1千万円~)ので、これだけの投資が出来ない場合は、吸光光度法を用いる 事になると思います。 わかっていただけましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 原子吸光分析における吸光度

    実験で原子吸光分析による、濃度測定の実験を行ったのですが、 吸光分析で吸光度が0.5以上の値は信用できないと先輩に聞きました。 なぜ?と質問しても理由まではわからないと言う答えで、分析化学の本などを調べましたが書かれているのは原理などばかりで、吸光度の信頼性などについては書かれていませんでした。 どなたかご存知の方教えてもらえませんでしょうか、宜しくお願いします。

  • 水の吸光度

    実験で紫外分光光度計を使用して、市販されているミネラルウォーターの吸光度を測定しました。 その結果、ミネラルウォーターによって吸光度に違いがみられるのですが、その理由はなんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 原子吸光光度法とは?

    食品や物質の分析方法である原子吸光光度法やICS法とはいかなるものか、どなたか教えて下さい!お願いします。

  • 原子吸光分光光度計を使って正確に測定するには?

    原子吸光分光光度計を使ってミネラル測定をしています。同サンプルを測定日を変えて分析するとppbオーダーで2桁ほどのずれを生じるためどれが正しい値なのか分かりません。どうしたら正確に測定できますか?

  • 原子吸光分析法

    原子吸光分析法でカドミウムCdの濃度が1.5ppmの標準試料を測定したところ、吸光度は0.130であった。純水を使って同じ手順の測定を行ったところ、0.004の吸光度を示した。ついで、カドミウムを含む実験排水を同じ条件で測定したところ、吸光度0.085となった。実験排水中に含まれるカドミウム濃度を求めよ。 分からないので教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 吸光度 分光

    吸光度の測定について調べているのですが、吸光度を測定することでなんの役に立つのですか? 実際に調べているのは、赤外分光光度計と光電式分光光度計なんですが、これらがどんなことに使われ、これらによって吸光度を測定することでこんなことに役に立つというのを教えて頂きたいです。

  • 吸光光度法について

    紫外・可視光の吸収は光と物質とのどのような相互作用の結果生じるものなんでしょうか?どなたか教えてください、お願いします。

  • 吸光度法

    吸光度と濃度の検量線をつくっています。 吸光度は0.25~0.7に入ると精度がよいと聞きました。これはどういう理由からでしょう?また、この範囲で測定するにあたって何かすべきことはあるのでしょうか?

  • 吸光度

    吸光度は3.0でも測定可能であるが、なぜたいてい1.5で測定するのか? 理由は?

  • 吸光度

    Fe(II)とフェナントロリン錯体の吸光度測定をしました。 Fe(II)、フェナントロリンの濃度を変えて測定して、どちらかの濃度が0の時に吸光度が0にならない理由を教えてください。