• 締切済み
  • 困ってます

全窒素の紫外線吸光光度法のゼロ補正について

全窒素の紫外線吸光光度法のゼロ補正について 全窒素の紫外線吸光光度法のゼロ補正について 全窒素の紫外線吸光光度法のゼロ補正について はじめまして 私は分析業界で、排水の全窒素を工場排水試験方法(JISK0102)の紫外線吸光光度法で測定しています。 ブランクを試料と同じ以下の方法 1)蒸留水50ml採取 2)水酸化ナトリウム+ペルオキソ2硫酸カリウム溶液10mlを加え、混合。 3)高圧蒸気減菌器に入れ、120℃30分で加熱分解、その後放冷 4)上澄み液25ml採取し塩酸(1+16)を5ml加える で作製し、吸光度を測定時(分光光度計)にまずブランクでゼロ補正し、試料を測定しておりましたが、 ある方から まず、検量線のゼロ点である(蒸留水+塩酸)でゼロ補正を行い、その後、ブランクを測定し、試料を測定。試料の吸光度はブランクの吸光度を差し引いて算出するのでは?とご指摘を受けました。 しかし、どうも私としては、納得できません。 試料と違う条件のものでゼロ補正してよいのでしょうか? 1回測定回数が増え、測定誤差が広がるのではないでしょうか? JISにも加熱分解後のものでゼロ補正するよう記述されています。 ですが、私、まだ未熟で、うまく反論できませんでした....。 どちらが正しい方法で、正確な値が算出できるのでしょうか? 全窒素測定経験者の方、その道に詳しい方、分析業界の方 どうかご教授お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3166
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.1
  • elpkc
  • ベストアンサー率53% (626/1160)

たとえば、 蒸留水+塩酸の吸光度が0.1 ブランクの吸光度が0.2 試料の吸光度0.5 とすると、 ある方の考えだと、ブランクが0.2-0.1=0.1 試料が0.5-0.1=0.4 試料は0.4-0.1=0.3 となりますね。 あなたの方法だと、 0.5-0.2=0.3 ですね。 どちらも同じ値となるはずなのです。 それにあなたのおっしゃる測定回数も一回少なくて、誤差が少なくてすみます。 さて、そこで、吸光度のLambert-Beerの法則から、透過率に換算してみてください。 透過率より吸光度にしているため、透過率の誤差が、どちらで行った方が 吸光度にたいする影響が大きくなるか考えてみてください。 答えが出てきます。 その前に、JISに書いてある方法で行うのが当然で、 その方法で行った場合は、JIS準拠で行ったことにならないので、 いくら同じ測定結果であっても、JISで行ったと言えないことにご注意ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 抗酸化測定(ラジカル消去活性、DPPH)について

    今大学の実験にてある試料の抗酸化性をDPPHを用いて測定しよとして疑問があり困ってます(>_<) 試料は四種類ほどの希釈倍率を設定し、それぞれの試料+緩衝液+DPPHエタノール溶液を混合し(ブランクは試料の代わりに蒸留水)、暗所にて50度の恒温槽で20分置いたのち50%エタノールを足し、OD517で吸光度測定します。 その後ブランクの吸光度-試料の吸光度/ブランクの吸光度×100 にてラジカル消去率を求めます。 以上の方法を用いてます。 しかし疑問に思ったことがあります汗 1:吸光度を測定する際にオートゼロに合わせるブランクは蒸留水でよいのか? 上記で述べたように文献などでブランクは試料の代わりに蒸留水を用いると書いてあります。しかしこのブランクはゼロ合わせのためではないですよね? 何故なら計算式にブランクの吸光度と書いてあり、ゼロ合わせにブランク用いてしまったら吸光度はゼロですし(-。-; この場合ブランクは蒸留水でよいのでしょうか? あと試料には元々色が着いているので、それぞれの希釈倍率の試料を用いて、それぞれのゼロ合わせに使ったりなんてやり方ありますか? 2:二回ほどもう上記の方法で(ゼロ合わせは蒸留水)したんですが、計算式で使うブランク(蒸留水+緩衝液+DPPHエタ溶液)の吸光度が1.0をこえてしまいました(^_^;) この吸光度を1を超えないようにするには、ブランクに何かを加えて希釈するのか、又はDPPHエタ溶液を作る際にモル濃度を下げたものを使用するべきか? それとも他の方法(吸光度の測定方を変えたり)か? 先生があまり学校に来なく、自分で調べて頑張ってたんですが分からなく困ってます!(>_<) どなたか回答お願いします。

  • 吸光度測定の時間は?

    お世話になります。 吸光度測定について調べていますが、わからないところが あります。 同じ試料を吸光度測定した場合、時間の経過とともに吸光度は変化しないのでしょうか。 例えば、紫外線吸光度の場合、電子がエネルギーを受けて励起することで 吸光が起こりますが、エネルギーを受け続けると励起が飽和していって 吸光度が変化(最後にはゼロ)になるのではないかと思うのですが、間違いでしょうか。 間違いでしたらその理由も説明して頂きたくお願いします。

  • ELISAのブランクの吸光度

    初歩的な質問となるのですが, ELISA法で吸光度を測定し濃度を算出する際に 標準液及び検体の吸光度から, ブランクの吸光度を差し引きますよね, その時に,ブランクの吸光度が「-0.003」だったとすると 「+0.003」すると考えて良いのでしょうか?

  • 吸光度計

    現在使っている吸光度計のことです。 石英セルに蒸留水をいれブランクとしたいのですが 400nmでなんどオートゼロを押しても吸光度0.000になって くれません。(0.004などになります) 600nmではきちんと0.000になるのですが。 なぜなのでしょうか???

  • 全窒素を測定しているのですが

    全窒素を測定しているのですが 紫外線吸光光度法で全窒素を測定しているのですが ブランクの濃度(mg/L)が0.2以上のなったり酷い時には0.4位になったりします。 しかし これも毎回高いわけではなく、日によっては低いときもあります。 そこで 試験時に使用する試薬、ガラス瓶等などを洗浄をしたりしたが 変化がありません。 どの様にすれば ブランク値が低くなるのでしょうか?

  • 吸光度から・・・

    今回実験でラクトアルブミンの吸光度を測定しました。 測定条件は以下の通りです。 ・200mlの牛乳から中和上清164mlを得た。その中和上清のうち30mlを用いてラクトアルブミン(0.18g)を塩析させて取り出した。 ・実験により得られたラクトアルブミン(0.18g・湿重量)を蒸留水で2mlにメスアップ。 ・その2mlのなかから0.2mlとり、5mlに希釈した。(25倍希釈) ・その5mlをA280で吸光度を測定した。 ・測定結果は ピーク時の吸光度 280.8nm = 0.279  でした。 ※実験書によると、280nm付近でピーク吸光度が1の時のタンパク質の濃度を1mg/mlであると仮定して、タンパク質の定量をせよ。 とあります。 このような条件で、中和上清30mlあたりのラクトアルブミンをどのように計算したらよいのかいまいち解りません。 ただ単に、吸光度より、タンパク質濃度0.279mg/mlだから・・・・×30??? でも何かおかしいですし・・・ それとも希釈したから、0.279mg×25 で、さらに吸光度に使用したのは溶液2mlの中の0.2mlだから ×10・・・ 0.279mg×25×10で中和上清30mlあたりのラクトアルブミン量??? 考えていると余計に訳解らなくなってしまって・・・ どなたか教えてください。 ヨロシクお願いします。

  • 窒素測定における注意点について

    環境分析の会社で水などの窒素、リンを測定しています。まだ経験が浅く、環境分析を専門に勉強してきた身ではないので、どうか教えていただきたく思います。 トータルの窒素量をペルオキソ二硫酸カリウムを使って、紫外吸光光度法で測定しているのですが、この操作ではどういった点に気を付けて分析されていますか? 特に、機器の洗浄や使いまわしといった汚染の影響についてお聞きしたいです。検体が多いときはメスピペットやメスシリンダーなどどうしても使いまわしになってしまいます。蒸留水ですすいだり、共洗いをやっていますが、これで問題はないのでしょうか?また、分解瓶をどうやって洗われていますか?私は、使用後に洗剤で洗って水ですすいで、最後に蒸留水をかけるだけです。塩酸などにつけるとよいという噂も聞きましたが、どうなのでしょうか? 窒素の測定では汚染が大きな問題だと思うので、アドバイスお願いします。

  • 分光光度計での対照について

    分光光度計を用いてNADHの吸高度を測定したのですが、蒸留水でAUTOZEROした後、対照として蒸留水ではなく、Tris-HCl緩衝液pH8.0を使用しました。サンプルには臓器より得たLDHと蒸留水、NADH溶液、ピルビン酸ナトリウム溶液が入っています。サンプルにも蒸留水が入っているのになぜ、対照には緩衝液を用いたのでしょうか。蒸留水でも測定は可能なのでしょうか。教えてください!!!

  • 紫外可視吸光度測定法について

    紫外可視吸光度測定法の問題で・・・ 「紫外吸光度測定法は電子エネルギーの吸収を利用したものであり、可視吸光度測定法は原子核間の振動エネルギーの変化を利用したものである」 という文が正しいか間違っているのか考えているのですが、ちょっと困っています。。 紫外可視吸光度測定法というのは、簡単に言えば、紫外線から可視光線まで波長を変えた光を試料にあてていって、試料中の物質の電子が光のエネルギーを受け取って励起(電子遷移)する現象を利用して、その励起の度合いをそれぞれの波長で測定するわけですよね?ということはこの問題の答えは「×」だと思うのですが、本を見るとなんか可視部と紫外部で違う、というようなことが書いてあってよくわかりません。 どなたかわかる方がおられましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 吸光光度法

    マンガンを含むアルミニウム粉末からマンガンの含有率を求めたのですが、どのような仕組みでそれを求めたのか分かりません。 ちなみに方法はスペクトロニック20を使って過酸化マンガンカリウムの10ppm,20ppmを測定し、吸光度が一番高い波長で、上記の試料を測定し、検量線から試料の濃度を出して含有率を求めました。