• ベストアンサー
  • 困ってます

原子吸光の吸光度と感度の関係

 原子吸光の吸光度と感度に関する質問です。  原子吸光のフレームの分析において,同じ元素,同じ濃度および条件で測定しても,測定のごとに吸光度が若干変化するのはなぜなのでしょうか?分光光度計などに比べると吸光度の変化が大きいような気がします(比較するのがおかしいかもしれません)。  また,あるカタログに「フレーム感度は従来より30%アップし、Cu5 ppm標準溶液の吸光度は0.75~1.0 Abs以上」というような記載があります。機器によって原子吸光の感度と吸光度が異なり,検量線の範囲が広いフレーム原子吸光光度計が存在するということでしょうか?  これまで使用していた原子吸光が古く教科書や文献の記載より狭い範囲で検量線しかできない(直線の範囲が狭い)こともありました。  質問自体がおかしいかもしれませんが,同様のことを経験されている方もいらっしゃるのではないかと思います。私の頭を整理できるヒントをご教授願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4376
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

 通常の分光光度計は、どの機械を使っても、原理的には、同一サンプルなら同じ値になります。  しかし、原子吸光では、機械によって大きくことなります。原理はよく分からないのですが、基準の光に対する比ではないからかと・・・。  測定値に影響する条件は、同一の機械でも 1) サンプルの濃度  これは、通常の吸光度法と同じ            吸い上げ速度は、速い方が高感度 2) サンプルの噴霧  サンプルの状態。特に、ネブライザーの位置など 3) フレーム   フレームの温度(原子化に適した温度)         光の通過位置 4) ランプ  光の量が多ければ多いほど高感度。電流を上げるのが普通。  以上の調節を、完璧に同じにすれば、同じ値になりますが、現実には調節が難しく、同一にはできません。  特に、ランプは使用するたびに劣化し、考量が落ちます(1日や2日では変われませんが)。内部の機械も劣化します。  感度を上げるには、 フレーム中の濃度を上げる(フレームレス) 炎の位置や温度(空気とガスの混合比) 光を受けるフォトマルの感度を上げる 新品のランプを使う         などです。  繰り返しになりますが、原子吸光の吸光度は、絶対的な値で無いので、機械の調節に大きく左右されます。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 濁度は分光光度計?吸光度計?

    ご存知の方、教えてください!! よろしくお願いします! 濁度は、分光光度計または吸光度計、どちらでも測定できるようですが、 どちらで行うのが正しいというのはあるのでしょうか? また、何か別のフィルターが必要などということはあるのでしょうか? 測りたい試料は培養液中の菌体の濁度です。 菌体の場合、分光光度計でも吸光度計でも波長は600nm前後を使用するのが一般的のようですが、 なぜ600nm前後の波長なのでしょうか? どんな理由があるのでしょうか? 調べてみたのですが、基本的な事過ぎるのか、もう周知の事実なのか、 理由までは探せませんでした。 実際に培養液の吸光度を(誤って…)405nmで測定して、菌数をセルカウントで測定、 その結果をもって検量線を引いてみたのですが、R^2も0.94ぐらいで、まあまあよさそうなのですが、 やはり600nm前後の方が良いのでしょうか? 測定は620nmでやり直すつもりですが、なぜ600nm前後がいいのか理由が知りたく、こちらで質問させていただきました。 よろしくお願いします!

  • 吸光度 分光

    吸光度の測定について調べているのですが、吸光度を測定することでなんの役に立つのですか? 実際に調べているのは、赤外分光光度計と光電式分光光度計なんですが、これらがどんなことに使われ、これらによって吸光度を測定することでこんなことに役に立つというのを教えて頂きたいです。

  • 原子吸光分光光度計を使って正確に測定するには?

    原子吸光分光光度計を使ってミネラル測定をしています。同サンプルを測定日を変えて分析するとppbオーダーで2桁ほどのずれを生じるためどれが正しい値なのか分かりません。どうしたら正確に測定できますか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • paddler
  • ベストアンサー率53% (176/330)

原子吸光でも、基本的に吸光度は"ランベルト・ベールの法則"に従って、「試料濃度×光路長(測定光が試料の中を通る長さ)」で決まります。 私は、原子吸光そのものは専門ではないのですが、10mmセルを使う紫外可視分光光度計との違いで言うと、原子吸光の場合、  (1)フレーム中に噴霧される霧化された試料の濃度・量の分布の不均一  (2)霧化された試料の拡がりの光路方向の長さ  (3)フレームの温度分布の不均一 が10mmセルのようにはキチンと決まらないので、どうしても変動は大きいのではないでしょうか。 加えて、お使いの原子吸光光度計がシングルビームでしかもバックグランド補正機能がキチンとしていない場合には、吸光度の安定性はさらに低下することが考えられます。 また、機種によって上記の「測定光が試料の中を通る長さ」や「霧化された試料の拡がり」、「フレームの温度分布」などが同じでなければ、測定される吸光度も違ってくると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

大変参考になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 分光光度計・吸光度とは?

    ある液体の濃度測定をお願いしたところ、「分光光度計にて595nmにおける吸光度を測定する」と言われました。僕にはさっぱり意味が分からず、結果の数値を見ても人に説明できません。で、分光光度計とは?吸光度とは何でしょうか?何を測定したのでしょうか?まったくの無知なもので、よろしくお願いします。

  • 原子吸光の分光方式について

    原子吸光分光光度計を購入するのですが、分光器の方式で、ツェルニターナ方式とエバート方式とエシェル方式の3種類がありました。どのような違いがあって、どの方式が安定した検量線を作成することが出来るのでしょうか。 ご存じの方があれば、教えて下さい。

  • 吸光度と光損失の関係

    分光光度計を用いて溶液の吸光度を測定し、その吸光度から光損失を求めるということはどういうことでしょうか? また、求める式等はあるのでしょうか? どなたかおわかりの方よろしくお願いします。

  • 吸光光度法

    溶媒抽出法で酸解離定数と分配定数を求める実験で 8-キノリノール(HL)の検量線を作るために さまざまな濃度の溶液の吸光度を測定しました。 分光光度計で透過率を測定する際に溶液に0.1M塩酸を加えたのですが なぜでしょうか? H^+が過剰になり HL+H^+⇔H2L^+ の平衡が右にずれると思うのですが 透過率を測定するときは溶質はイオンで存在するほうがいいのでしょうか? わかる方いらっしゃいましたら 教えていただけると助かります。 よろしくお願いします

  • 粉末の吸光度

    粉末の吸光度測定について質問です。 粉末の吸光度を分光光度計で測定する場合、 水に分散させた粉末の吸光度と水の吸光度を測定し それらを引き算すればよいですか? それと、この方法は水以外の溶媒にも適用できますか? よろしくお願いします。

  • HPLC-UV とUV吸光度計との感度の違い

    HPLC-UV とUV吸光度計を比べた時に、感度はどちらがいいのでしょうか? ちなみにUV吸光度計ではセルの長さは1センチです。 HPLC-UVの方がだんぜんいいと思っていたのですが実験してみたら良くにた感度ということになりました。これってなにか機械の異常ですか? 詳しくないのですが、HPLC-UVの場合なんらかの方法で増幅して感度がUV吸光度計に比べずっといいと思っていたのですが。。。 考えを聞かせてくれませんか?ちなみに230nmで測定しています。

  • 分光光度計の吸光度の調節

    分光光度計を用いて様々な濃度の溶液を測定したのですが、純水の吸光度を0.00に合わせてから始めるところを、合わせずに純水も測ってしまいました。この場合は、この純水の吸光度を他の吸光度から引けば解決できるのでしょか。 よろしくお願い致します。

  • 水の吸光度

    実験で紫外分光光度計を使用して、市販されているミネラルウォーターの吸光度を測定しました。 その結果、ミネラルウォーターによって吸光度に違いがみられるのですが、その理由はなんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 吸光度のついて

    Lowry法により、BSA溶液を用いて、タンパク質の定量の実験を行いました。そこで、吸光度を測る際、750nmの吸光度を水を対照として分光光度計で測定したのですが、「750nm」という値は、実験により、青色に呈することに関係するのでしょうか?吸光度についてよくわからないのでよろしくおねがいします。

  • 吸光度 からの酵素活性の測定方法について

    職場で酵母菌の数量変化の測定の為に分光光度計を購入したのですが、 吸光度から 酵素活性を調べられることを聞き、試してみたくなりました。 全く判らないのでどのような操作や公式で算出すればよいのか教えて判らないので教えて頂けないでしょうか? 参考までに 可視分光光度計は Thermo SCIENTIFIC の SP200という型式です。(40万位の機械です) 波長範囲は 340~1000nm 側光範囲 吸光度:-0.1~2.5ABS        透過率:-0.1~100%T となります。 よろしくお願いします。