• ベストアンサー
  • 困ってます

原子吸光法について質問があります

 原子吸光分析法で標準溶液を調製したのですが1000ppmの溶液を3回希釈して5ppmにしました。なぜ1度で希釈しないのでしょうか。原子吸光光度計は感度に優れているのでそれが理由だと思うんですが...よくわかりません。  ご存知の方は教えていただけませんか。  よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1998
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

>こういう方法もあるんだーって感じで 実験方法は、正確、迅速、安全、費用、技術など、いろいろな観点から、基礎的な方法は、確立されています。「こういう方法もある」ではなく、「この方法」しかありません。希釈方法は、基礎的な方法ですから、確立されています。私の方法だと、まず10ppmにするのに1回、10ppmから0.2ppmなどの標準液にするのに1回の、計2回の希釈で済みます。これも、マイクロピペットが信頼できるからです。それでも、20μl以下は、自信がありませんが。  仮にいろいろな方法があっても、その中から最適な方法を選びます。ですから、最適すなわち一つの方法しかありません。その典型がタンパク質の定量法で、学生時代に教授から「タンパクの定量ができれは生化学者として一人前」と言われて、意味が分かりませんでした。タンパクの定量法には、実にいろいろあります。その中で、最適なものを選ぶには、多くの知識と判断力が要求されます。それができるようになれば、一人前、と解釈していますが、教授の意思と一致しているかは、確認していません。  教える方は、「このようにする」としか指示せず、「なぜ、そのようにするか」までの説明はしないのが一般的です。説明するのが面倒なのと、しないと理解できないような者に説明しても無駄だからです。ですから、「なぜ1で・・・」という疑問を持たれたことに好意を持ったので回答したのです。 >★私も売ればいいのにーって思います。 これは、考えてもらうために書き加えたものです。業者は、このようなものは作りません。理由は、標準液を何に溶かしているかを考えれば分かるハズ・・・。容器に小さな字で書いてあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 原子吸光法についての質問。

    複数あって申し訳ありません。ご存知の方、参考になるサイトの紹介でも助かりますので、よろしくお願いします。 (1)原子吸光法はなぜ元素ごとに光源を変えなければならないのか? (2)原子吸光光度計での操作で、ラインサーチはなぜ2回行わなければならないか? (3)ビームバランスとは何のためにあるのか? (4)標準溶液の調整で、Naの標準溶液は蒸留水に溶解したのに、Cdの標準溶液にはHClを加えたのはなぜか?

  • 原子吸光の吸光度と感度の関係

     原子吸光の吸光度と感度に関する質問です。  原子吸光のフレームの分析において,同じ元素,同じ濃度および条件で測定しても,測定のごとに吸光度が若干変化するのはなぜなのでしょうか?分光光度計などに比べると吸光度の変化が大きいような気がします(比較するのがおかしいかもしれません)。  また,あるカタログに「フレーム感度は従来より30%アップし、Cu5 ppm標準溶液の吸光度は0.75~1.0 Abs以上」というような記載があります。機器によって原子吸光の感度と吸光度が異なり,検量線の範囲が広いフレーム原子吸光光度計が存在するということでしょうか?  これまで使用していた原子吸光が古く教科書や文献の記載より狭い範囲で検量線しかできない(直線の範囲が狭い)こともありました。  質問自体がおかしいかもしれませんが,同様のことを経験されている方もいらっしゃるのではないかと思います。私の頭を整理できるヒントをご教授願います。

  • 原子吸光分析法

    この問題の解き方を教えてください。 原子吸光分析法で鉄鋼中のクロムCrの定量を行うために、標準添加法を試みた。 それぞれ鉄鋼1.00 gにクロムを0, 25, 50, 75 μg加えた後、 酸で溶解し調整した4個の溶液の吸光度は0.060, 0.112, 0.170, 0.215であった。 鉄鋼中のクロムの含有量はいくらか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

一般には再現性を高めるためでしょう。 ppmレベルであれば、自信があれば一度に200倍希釈しても大丈夫でしょう。 段階希釈と比較しても同じような検量線になると思います。 慣れると大丈夫…ですが、段階希釈のほうがよいですし、 公定法では段階希釈が原則です。 検量線はしっかりと引くことが目的です。 あくまでも自信があれば…です(笑)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまいすみません。 親切な回答ありがとうございます。 今後もppmレベルの希釈実験はおこなうので、参考にさせていただきたいと思います。 といってもまったく自信ありませんが… (T_T)

  • 回答No.2
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

希釈後に、均一に混ざるかどうかの問題でしょう。  微量のものを大量のものに混ぜると、均一になりにくいのです。てんぷらのころもを作るときに、少しずつ水を加えることを思い出してください。  私の場合、標準液などの希釈は100倍までにしています(サンプルの吸光度を測定した時に濃すぎる場合の希釈は、必ず10倍、100倍、1000倍と10倍毎にしなければなりません)。  原子吸光では、市販の1000ppm標準液100μl(最近のものは、精度0.2%程度でしょう)に9.9mを加えて10ppmの液を作ります。  ここから0.2、0.4、0.6、0.8、10ppmの標準液で検量線を引いています。と書けば、どの元素を測定しいるか分かってしまいそうですが。こちらの方が希釈回数が少なくて済むと思います。この濃度は、ほとんどの元素はもっと高濃度にする必要があるでしょうが。  ところで、10ppmの標準液を売ればよいのに・・・とは思いませんか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまいすみません。 わかりやすい回答をありがとうございます。 こういう方法もあるんだーって感じですごく参考になりました。 またよろしくお願いします。 ★私も売ればいいのにーって思います。

  • 回答No.1

原子吸光に限らず、ICPでも何でも分析に伴う希釈に関しては同様に3段くらいで希釈する方が望ましいです。 理由は単純。希釈精度の問題です。 1000ppm→5ppm ということは200倍希釈ですね。 これを1度で希釈しようと思うと、1000ppmを0.5ml取って100mlにメスアップする必要がありますが、残念ながら0.5mlのホールピペットでの分取はあまり精度がよくありません。(マイクロピペットでの分取ならば更にです) 一般的に、ある程度以上の分析精度を出すためには最低でも5ml以上のホールピペットの使用が必要と言われています。 ホールピペットに書いてある±0.002mlみたいな表示を見てください。 これが自分の操作に関わらず生じる可能性のある誤差範囲になります。 0.5mlと5mlのそれを比較し、最大誤差から最大濃度誤差を算出してみると分かりやすいかもしれません。 更に自分の操作による誤差が0.5mlの方が圧倒的に多いハズ。 こちらは精密天秤で5mlまたは0.5ml純水を分取し、質量を量ることを数回繰り返して標準偏差を比較してみると分かりやすいと思います。 ご参考まで。 勉強がんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまいすみません。 学校ではただ淡々と実験を進めていくだけなのできちんと原理が理解できていませんでした。すごく疑問に思っていたのですがこんなにわかりやすく教えていただいたので本当に勉強になりました。 ありがとうございました。 またよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 原子吸光でメッキ液の分析を、、、

    はじめまして 勤めている会社が金属のメッキをしています。 普段は分析などの化学の作業をしていません (学生のときやった事があるという記憶だけ もはや素人とと同じ、、orz) そんなんですが、いきなり手順書も無く これを分析しろ・と言われています。。 原子吸光でメッキ液の分析はどのような 手順でするのがよいのでしょうか?(;; 標準液の調整からいろいろあるようなのですが それすらわかりません。。。 使う実験器具、希釈の注意点など ありましたらお願いします><

  • フレーム原子吸光法の感度について

    フレーム原子吸光法で金属イオンの分析を行う場合、感度は元素の種類に依存するのでしょうか? また、鉄、カドミウム、バナジウム、クロム、マグネシウムを分析した場合、感度が最も悪い金属はどれになるのでしょうか? また、その理由も教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 原子吸光のスタンダードについて

    原子吸光のスタンダードの作成のさい、 仕様書には硝酸を適量加え、酸濃度を合わせるって あるんですけど、、 みなさんは合わせています?? もしあわせているならば、どのくらいの濃度で合わせているんですか?? ちなみに使用している原子吸光は フレーム原子吸光光度計 日立Z-5300です。 わかるかたお願いします。

  • 原子吸光分析

    原子吸光分析で原子線の線幅が極めて狭い理由を教えていただきたいです。

  • 原子吸光分析法と原子吸光分光分析法の違いについて

    機器分析初心者です。 機器分析の教科書などを見ていると、「原子吸光分析法」と「原子吸光分光分析法」というのがありました。 この両者には、どのような違いがあるのか良く分かりません。もし、よろしければ教えて頂けないでしょうか。

  • 原子吸光分析法の計算

    この問題の解き方を教えてください。 ************************************ 原子吸光分析法で鉄鋼中のクロムCrの定量を行うために、標準添加法を試みた。 それぞれ鉄鋼1.00 gにクロムを0, 25, 50, 75 μg加えた後、 酸で溶解し調整した4個の溶液の吸光度は0.060, 0.112, 0.170, 0.215であった。 鉄鋼中のクロムの含有量はいくらか。 ************************************* 添加濃度[μg]と吸光度Aでグラフを描くのはわかるんですが、含有量はその傾きの値に なるのでしょうか?また単位は[μg^-1]でよいのでしょうか。

  • フレーム原子吸光法について

    フレーム原子吸光法の原理について質問 させていただきます。 原子吸光分析という実験をやるのです が、フレーム原子吸光法の原理があまり わからないので、わかる方いらっしゃい ましたら教えてい ただきたいです。

  • 原子吸光分析における吸光度

    実験で原子吸光分析による、濃度測定の実験を行ったのですが、 吸光分析で吸光度が0.5以上の値は信用できないと先輩に聞きました。 なぜ?と質問しても理由まではわからないと言う答えで、分析化学の本などを調べましたが書かれているのは原理などばかりで、吸光度の信頼性などについては書かれていませんでした。 どなたかご存知の方教えてもらえませんでしょうか、宜しくお願いします。

  • 原子吸光分析法

    原子吸光分析法でカドミウムCdの濃度が1.5ppmの標準試料を測定したところ、吸光度は0.130であった。純水を使って同じ手順の測定を行ったところ、0.004の吸光度を示した。ついで、カドミウムを含む実験排水を同じ条件で測定したところ、吸光度0.085となった。実験排水中に含まれるカドミウム濃度を求めよ。 分からないので教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 原子吸光分析方法について。

    原子吸光分析について400字程度で概要をレポートで提出しなければならないのですが、教科書の図解だといまいち理解しづらいので、原子吸光分析について詳しい方、アドバイスお願いいたします。